観劇

ハルナガニ@シアタートラム

Photo

薬師丸ひろ子さん主演ですが
そっちには全然興味なくcoldsweats01
脚本がドラマ「すいか」の木皿泉、
演出が南河内万歳一座の内藤裕敬、
この組み合わせがもうたまらなく興味をそそったので
見に行ってきました。

しかしちょっとむずかしい芝居だったわ。
消化にちょっと時間がかかりそうthink

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神なき国の騎士―あるいは、何がドン・キホーテにそうさせたのか?

Photo_2

世田谷パブリックシアターにて。
久々の萬斎さまのお芝居。
M山さんとともに。

しかしこのお芝居むずかしかったわーbearing
いわんとすることは何となく分かるんだけど
でも何かはっきりしない。。。

芝居の前後は
M山さんとともに
三茶グルメを堪能。
楽しかったーhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく新歌舞伎座に行ってきた

昨日、投票を済ませた後
いそいそと歌舞伎座へheart04
節約モードの為
観劇の回数を抑えていますが
そろそろ菊之助クンに会いたくなったのです。
結婚してもパパになっても
私は菊之助クンのファンよweep(←なぜ涙w)

夜の部の四谷怪談の方がおもしろそう、とは思ったのですが
諸般の事情により
昼の部の「加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)」に。

Kabukiza_201307f

東銀座駅から直結されている
歌舞伎座の地下が
超一大お土産ショップゾーンになってて驚きましたcoldsweats02
何か祭気分あふれてて良し、って感じですgood
木挽町広場、というらしい。

エスカレーターで地上へ。

002

003

「加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)」は
初めて観たけど
中盤の岩藤が出ている部分と
その前後の部分のストーリーがつながってないように思えたんだけど
ネットで調べてみたら
岩藤が征伐されたって話の後日譚って位置づけだったのね、納得。

久々の菊之助君、素敵だったわ~heart04

この舞台、仕掛けも結構見ものでしたhappy01
オープニングに花道からスルスルっと出てきた舟が
舞台下手からきれいに弧を描いて回り込む動きとか
「え?これ動力は何?coldsweats02」って思ったし。
(江戸時代にはきっと黒子が押してたに違いない)

岩藤の骨が合体するとことか
「あ゛~間違って変なくっつき方したらどうしようcoldsweats02
とか変な心配してヒヤヒヤしたし。
(なぜ客の私がそんな心配を?coldsweats01

岩藤の宙乗りシーンとか
「これ、どういう風にワイヤー通ってるんだ???coldsweats02
傘の柄の下からJ字型のブランコ状のものが出てて
松緑さんはそれに乗っかってる感じ?」
とか。

帰りに木挽町広場をブラつきました。
「揚巻ソフト」なるものがあったので買ってみました。
あ、歌舞伎座でも幕間にアイス最中食べましたよ。
それが何か?smile

Image003

ソフトクリームの上に
歌舞伎揚げの粉末がふりかけてあるものなんですが。。。
歌舞伎揚げはともかくクリームの部分がイマイチだったなぁ。
なんか氷粒が感じられる舌触りで
全然滑らかじゃないdespair
シャビシャビしたクリームって感じでちょっとがっかり。
今後改善を期待したい。

でも
twitterの方にも書きましたが
歌舞伎揚げ振りかけるよりも
みたらし味のソフトとかの方が
良さそうな気がするけど。

超ダイエット強化期間中なので
買うのはやめましたが
個人的に興味を引いたお菓子達をメモっときます。

KABUKU~へん

Kabukuhen

http://www.saneido.biz/cgi-bin/blog/diary.cgi?no=68

バームクーヘンをくりぬいたもの。
形がかわいいhappy01
しかしくり抜いた外の部分のバームクーヘンは一体どうしているのだろう?


これでよしなに

Koredeyoshinani

http://www.minatoya.biz/shohin/shinmotsu/koredeyoshi.html


こういうの好き!happy02
悪代官様ごっこ、したくなりますね。
「お主も悪よのぅ」って一度言ってみたいわぁ~happy01

木挽町広場は
歌舞伎座に入らなくても行けるので
チケット持ってなくても買い物できます。
帰省土産とかにしても良さそうな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観劇日記:マクベス(+グルメ日記)

観に行ったの2週間前なんですが
なかなかブログ書く時間がとれなくてsweat01

ここんとこ節約気味だったので
久々の観劇でしたwink

マクベス

鑑賞方法:劇場(世田谷パブリックシアター)
お気に入り度:★★★★★
お勧め度:★★★★☆

Macbeth

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2013/02/post_307.html

萬斎さまのマクベスは
2010年3月にも観てます。
役者さんは同じでしたが
セットが大幅に変わっていました。
今回はセットが思い切りシンプルになっていました。

抽象的で必要最低限のセットしか置かない、みたいな感じ。
以前観た時のセットも
ある程度抽象的なものではありましたが
お城のセットとかもうちょっと作り込んであった気がしたし、
オープニングとエンディングのシーンで
舞台上でくるくる回る輪のような台が登場してたと思うのですが
今回はそういうのは一切無し。

セットをシンプルにした分、演技で魅せるってことですかね。

萬斎さまは
刀や薙刀を持つシーンが
さすがに決まってて
惚れ惚れする美しさlovely
(何でマクベスで薙刀?と思うかもしれませんが
 衣裳などが和風のアレンジなのですわ。
 蜷川幸雄が演出するシェークスピア物っぽい感じ。)

マクベス夫人役の秋山さんも舞台映えする演技で迫力。

そしてマクベスとマクベス夫人以外を全て演じる
3人の男優さんの身体能力の高さに驚愕coldsweats02
(ええ、3人の魔女も男優さんが演じるんですよeye
3人ともそんなにお若くないのですが(失礼)
本業はダンサーですか?ってくらいの
動きでお見事good

約1時間半とちょっと短めのお芝居でしたが
(まぁ原作がそんなに長くないですからね)
とても堪能できましたshine

お気に入り度は
もう萬斎さまが出てれば何でも星5つですがcoldsweats01
お勧め度が星4つなのは
まぁシェークスピアだから
ちょっと小難しい部分もあるかな、ということでthink

 


今回は久々にM山さんとご一緒したので
グルメも堪能いたしましたrestaurant
お芝居前のランチを
以前にも行ったラ・テール メゾンで。


ワンプレートディッシュでお腹いっぱいになりました。

002

デザートもしっかり注文。

↓こっちはM山さんの。

003

↓こっちが私の。ハート形のお皿がかわいいhappy01

004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Come Fly Away@Bunkamuraオーチャードホール

8/11(土)夜の部を観てきました。
http://cfa2012.jp/

2006年の夏に観た
「Movin' Out」が非常に良かったhappy02
このミュージカルは
(タイトルで分かる人には分かるが)
ビリー・ジョエルの曲で構成されたミュージカル。
元々ビリー・ジョエルの曲が好きだった、というのも
あるんだけど
演奏、ダンス、演出すべてが素晴らしい出来だったgood

※ちなみにその感想を書いたブログはこちら

トワイラ・サープ(Twyla Tharp)という振付師のことを
知ったのはこの"Movin' Out"の時で、
"Come Fly Away"は彼女が手掛けている、と知って
即チケット購入。
・・・ここんとこ節約を意識してたから
あんまりステージ物観に行かないように自制してたんだけど。

・・・結論を先に言っておきます。
"Come Fly Away"、私的にはイマイチでしたdespair

まず、フランク・シナトラってのが
私にとってツボを外れてましてcoldsweats01
ビッグバンド系の曲はまぁイイんですが
実は"My Way"はヘドが出るほど嫌いでしてgawk
「唄がうまい」と思ってるオッサンの定番ソングのような印象が
刷り込まれてるせいかなsweat02

シナトラの曲をほとんど知らないから
あの舞台で演じられていたストーリーが
ほとんど分からなかった。
まぁパフォーマンスから何となーく分からなくはなかったけど。
"Movin' Out"は曲をほぼ全曲知ってたから
どんなストーリーなのかバッチリ分かったけど。

ダンスについては
それほど詳しくない私がエラソーに語るのもナンですが
一人、ピルエットで軸がズレる男性ダンサーがいたthink
ダンサーとして「それどうなの?」と思った。
オリジナルキャストじゃないのかな?あの人。
ブロードウェイミュージカル、と銘打たれてはいても
日本に来る時は2軍のキャスト、とか
よく聴くものね。。。

そんな中、一人気に入ったダンサーがいるhappy02
マシュー・ストックウェル・ディブル(Matthew Stockwell Dibble)。
http://cfa2012.jp/caststaff.html

よく見ると若い頃のゲリオ(ゲイリー・オールドマン)に似てる。
・・・気に入った理由はそれか?smile
いや、私の席からは顔までは分からなかったから
純粋にダンスが気に入ったんだと思うsweat01

あんまり背が高くないんだけど
何だろう、独特の空気感を感じさせる
いいダンスをするgood
この人はオリジナルキャストみたい。
熊川哲也のカンパニーに居た期間もあったようで。

それと演奏も素晴らしかったです。
ボーカルはシナトラのものを使ってて
それに舞台上の生演奏を合わせる。すごいsign01

まぁ"Movin' Out"が素晴らし過ぎたので
及ばず感を持ってしまった、ってトコですかね。
"Movin' Out"、再演してくれないかな。
あれは本当に素晴らしかったshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サド侯爵夫人@世田谷パブリックシアター

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2012/03/post_268.html

3/6(水)に観てきました。
このお芝居、萬斎さま出るんだと思ってた。。。despair
演出だけだったのね。
お姿が見られず残念でした。。。weep

役者が語るセリフのみで進行する芝居。
ちゃんと発声できる滑舌のよい役者さんでないと
この手の芝居は観せるのがキツい。
この6人の女優さん、大変だったと思いますshine
それにしても白石加代子さん、すごい存在感ですなぁcoldsweats02

この芝居の最後、あれどう解釈すべきなのかな?
「悪」というものは「美」を含むもので
その「美」を失うと「悪」そのものも存在意義を失うということ?
それとも「善」も「悪」も表裏一体で
どちらにせよ永遠ではない(栄枯盛衰、みたいな)ってこと?

このお芝居、18:30開演で途中10分ほどの休憩を2回挟んで
22:00ちょい過ぎに終了、という非常に長いお芝居でした。
この日、21:05頃に結構大きな地震がありましてshock
もうすぐ3幕目が始まる、という休憩時間だったので
芝居に影響なくて良かったです。
あれだけ揺れたらさすがに芝居止まるよなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団四季「ウィキッド」@新名古屋ミュージカル劇場

名古屋の四季の劇場って
確か昔はオアシス21の場所にあったのよね。
その頃に「オペラ座の怪人」を観に行った覚えが
あるんだけど。
新名古屋ミュージカル劇場は初めてです。

「ウィキッド」も東京でやってる時は
全然興味なかったんだけど
Gleeのシーズン1#9で聴いた"Defying Gravity"と
シーズン2#22で聴いた"For Good"が良かったので
この2曲が劇中歌である「ウィキッド」が観てみたいな、とsmile

東京でやってる時に観に行く気になってれば
楽だったんだけどねぇ。。。
観に行きたくなって
名古屋でやってると分かった時は
もう何だったら新幹線で日帰り!
とかいう勢いでcoldsweats01
「ブロードウェイのガーシュイン劇場まで行くこと思えば
 安いわ!」
とかだんだん考えがメチャクチャな方向へcoldsweats01

「待てよ、帰省のついでに行けないか?」と
調べてみたら運良く元旦のチケットが取れましてhappy01
K列だからそこそこ観やすい席だったし。

というわけで
ニューイヤー駅伝を途中まで見て
(夜、続きを見たwink
新名古屋ミュージカル劇場に行ってきました。

Image009

もう幕が開いてセットが見えた途端
「Gleeのシーズン2最終回のと同じだぁ。。。」
とそれだけで目がじわっとcoldsweats01

"Defying Gravity"は1幕の最後、
"For Good"は2幕の最後のそれぞれ見せ場に
唄われました。
いつもiPhoneで聴いてる曲が芝居の流れの中で聴けて
感動shine
そうか、こういうシーンで唄われる曲だったのね。
でもこの2曲いつもレイチェルとカートの歌声で聴いてるので
ちょっと違和感がcoldsweats01
そして"For Good"の方、
カートが唄ってるパートがグリンダの方だった、というのが
今回良く分かりましたsmile

この「ウィキッド」というのは
「オズの魔法使い」を別の方向から描いたお話なのですが
ワタクシ、「オズの魔法使い」の
詳細を随分忘れていることに今回気づかされましたcoldsweats01
大筋は覚えてるんですけどねぇ。。。
ジュディ・ガーランドの「オズの魔法使い」観たの
もう大分前だしなぁ。。。

しかしロッキー・ホラー観に行かせたり
ウィキッド観に行かせたり
Glee恐るべし。
シーズン3が終わる頃には
また別のミュージカルが観に行きたくなってたりしてbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッキー・ホラー・ショー@KAAT(2回目)

もうロッキー・ホラー・ショー最高っっっhappy02

12/22(木)に2回目行ってきました!
2回目でもまったく飽きることなく
新鮮な気持ちで楽しめます!
KAATでの公演は昨日が千秋楽でしたが
東京公演がまだあります。

前売りは完売みたいですが
当日券ならまだGetできる可能性あり!
観ようかどうしようか迷ってる方は
是非観て下さいっ!

・1回目は2階席だったが
 2回目は1階席前から5列目という好位置。
 近くで見ると
 「古田新太さん、これやる為にきっと体絞ったのね~coldsweats02
 というのがよく分かりました。
 近くで見ると意外と美脚smile

・1回目でコートが邪魔というのがよく分かったので
 今回はコインロッカー(100円返却式)に預けました。
 前回ばさばさと2~3回落としてしまったチラシ類も一緒に。
 おかげで今回は思う存分(?)踊れました\(^o^)/
 Time Warpのフリもバッチリです!

しかしこれを観ると
Gleeのロッキーホラーの回が
もう1度観たくなってきたので
今日帰りにTSUTAYAに寄って
借りてきてしまったcoldsweats01
夕ご飯食べながら見たsmile
やっぱ舞台見てからGleeのを見ると
また全然違う!
あぁこのシーンのここは舞台でこうだからか!とか
新たな発見が!
7泊で借りたから
あと2~3回見よう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロッキー・ホラー・ショー@KAAT

いやーこれ、こんなに楽しいとは思わなかった!
あまりに楽しかったんで
「もう1回観たい!happy02
帰ってきてすぐ別の公演日のチケットを購入してしまったcoldsweats01

http://www.parco-play.com/web/play/RHS/

Rhs

ロッキー・ホラー・ショー、
存在は以前から知っていましたが
まったく興味がなくてノーマークでした。

Gleeのシーズン2のエピソード#5でこれを扱ってて
「あら、何かおもしろそう」と思って。
正確に言うと
内容がおそろしく荒唐無稽な芝居であることは
Gleeのドラマからも充分伝わってきたのですがcoldsweats01
楽曲がいいなぁ、と思って。

で、今回行ってみたわけですわrun

いや、ホント楽しい!!!
内容が荒唐無稽なのは
想像通りだったのですがcoldsweats01
(なので万人に安心してお勧めすることができないsweat02
曲はGleeで予習済みなので
(気に入った曲はiTunesでDLしてヘビロテ中)
一緒に唄って盛り上がれたし♪

これから行く予定の人に楽しみ方のポイントをwink

・予備知識なしでもOKかもしれないけど
 曲は予習しておいた方が楽しめるかも。
 特に"Time Warp"は予習しておいた方が絶対イイ!

・手荷物はなるべくロッカーに預けましょう。
 最後はみんなで踊りますhappy02
 コート等膝に乗せてると
 踊る時に邪魔です!!

・パンフレット、漫画好きの方は買った方がいいです!
 (1,800円。高いweep)
 大和和紀さんのインタビューが載ってますhappy01
 「はいからさんが通る」によく登場していた
 ボンテージファッション、あれロッキーホラーだとは
 全然知らなかった!coldsweats02
 (そして古田新太さんが"はいからさん"を読んで
  ロッキーホラー好きになったという意外な事実!)

私は劇団☆新感線の芝居って観たことないんですが
それにも音楽でたびたび参加している岡崎司さん、
今回のロッキーホラーにも参加しているのですが
この人「おかげ様ブラザーズ」の人だったのですねっcoldsweats02

「おかげ様ブラザーズ」といえば
私の中では「印度人になりたい」とか
タイトル忘れたけど"七福神の歌"とか
(We are 7 Gods~♪ って唄うヤツ)
正統派なメロディに荒唐無稽な歌詞が
私の中では非常に印象深いのですが
(実は「印度人になりたい」は歌詞カード無しでも歌えるcoldsweats01
ロッキーホラーの歌も
メロディはとても正統派なんだけど
歌詞と芝居は荒唐無稽だったり
結構通じ合うモノがあるかもthink

ロッキーホラー2回目は12/22に行くことにしました♪
本当は違うハコ(劇場)でも観てみたいな、と思ったのですが
東京公演のチケットは既に完売。
KAATの公演はまだ空きがあります(土曜日夜の時点)。
興味のある方は是非!

Let's do the Time Warp again~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第三舞台「深呼吸する惑星」@紀伊國屋ホール

11/27(月)に観てきました。
※チケットを譲ってくれた
 会社のお友達に本当に感謝shine

学生の頃、まだお芝居をあまり観ていなかった頃に
第三舞台の「朝日のような夕日をつれて」を観て
それはそれは衝撃を受けました。

その時「是非また観たい!」と思ったのですが
名古屋在住だったので
(アンド若い頃は貧乏weep
そうしょっちゅう東京まで観に来るわけにもいかず。
川崎勤務になった時には
第三舞台は既に封印期間に入っていたしdespair

封印解除&解散公演が観られて
本当に感無量ですweep

まだ公演中なので
ネタバレしない程度に感想を書きます。

ちょっと「惑星ソラリス」なモチーフが使われてます。
舞台の上の登場人物が見る「幻覚」が、
客席から見る私たちにも「なつかしい幻覚」を見せます。

昔、第三舞台の芝居は「難解だな」と思ったのですが
(舞台は1回しか観てないが、脚本はいくつか読んだ。)
今回のお芝居は「分かりやすかったかな」と思いました。
私が歳をとったからか?coldsweats01
鴻上さんが歳をとったからか?
その両方か?
「人は"絶望"するのではなく、"諦めて"しまうのです」
みたいなセリフが出てくるのですが
そういうことなのかな?と思ったり。

舞台の上で扱っていた「幻覚」は
おそらく10年ぶり、そしてこれが最後ということで
昔の第三舞台の「幻」を意図的に見せようという部分も
あったと思います。
その意図に関連あるのか、別なのか、
私は第三舞台のお芝居を初めて観た頃のことを思い出し
「ずいぶん遠くまで来てしまったなぁ」
と劇場を出ながら思わず涙ぐんでいましたweep

ともあれ
とても幸せな時間を過ごせました。

客入れの時にかかっていた曲、
Roxy Musicの"More than this"。
第三舞台の客入れ曲は毎回これなんだそうで。
80年代っぽくって
余計になつかしさを感じさせますcoldsweats01

余談ですが
紀伊國屋ホールの椅子は
肋骨負傷中の私にはチト辛かったdespair
特に悪化はしてないので大丈夫ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)