旅行

愛媛マラソン2017完走記

愛媛マラソン、完走しました!


でも結果が不本意(ToT)
今回は直前に怪我もしなかったし、
3週間前の21km走もできたし
月間100kmもキープできたから
最後までちゃんと走り切れる予定だったんだけど
35km地点で左ひざが痛くなり
それ以降は歩いたり走ったりでゴール。
練習方法、どこか見直さないといけないのかもしれません。。。despair

でも愛媛自体はすごく満喫しました!

 

写真1枚目:
メダルがない大会だったので完走タオルで完走を証明(^o^)

Img_1512

写真2枚目:
左上 梅の木のバックに映える松山城。
右上 松山の素敵な洋館、萬翠荘。
左下 坊ちゃん列車。乗らなかったけど(^-^;
右下 愛媛のゆるキャラ、みきゃんと記念撮影。
みきゃんが私に押されて傾いている(^o^;

Img_1521

写真3枚目:
愛媛マラソン出場者は道後温泉の神の湯階下(一番安いヤツ)の
無料券が貰えます(^-^)v
到着した日はそのチケット使って、
レース翌日は自腹で霊の湯3階のお茶菓子付きを堪能。

Img_1522_1
温泉のおかげか? いつもより筋肉痛の回復が早かったような(^o^;
やっぱりマラソン後の温泉、最高ですshine

<スポンサーリンク>

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ:メドックマラソン後

ようやくフランスネタ最終回coldsweats01

特にワイン愛好家でもない私が
なぜ今回メドックマラソンを走ろうと思ったのか?

実は
NHKで改装されたオルセー美術館の特集をやっていて
「あー改装されたオルセー行きたいなぁ」
と思ったのがそもそもの発端だったりしますcoldsweats01

ずいぶん前にパリに1週間ほど滞在した時は
(何年前かは定かにしないsweat01
 通貨がまだフランだった頃、とだけ言っておこう。)
オルセー美術館に2度行ったほどの気に入りようだったのだ。
(基本的に印象派の絵画が好きなんですわhappy02

そしてその時、ルーブル美術館を観るために
1日予定を空けておいたのに
従業員のストライキで開館せずweep
帰国前日の午後にようやくスト解除の報を聞いて
あわててルーブルへ行き
約2時間程度でとりあえず有名なものだけ
駆け回って観たsweat01
・・・という心残りもあったりしました。

・改装したオルセー美術館に行きたい!
・心残り有りまくりのルーブル美術館に行きたい!

そうだ、今年はフランスのマラソンにしよう!
ということになったわけです。

そういうわけなので
パリマラソンの方が都合が良かったといえば良かったのですが
休みが取りづらい時期だったので
9月のメドックマラソンにして
帰りにパリに立ち寄るプランにした、というわけwink



9/8(日)午後、パリ入り。

まずは最初の目的にオルセー美術館へrun
地下鉄のCorentin Cariou駅の近くのホテルだったので
Palais Royal Musée du Louvre駅まで行き
そこから歩いて
ルーブルを横切り、オルセーへ。

Img_2176

バトーは前来た時乗ったので今回はいいや。

Img_2180

オルセー美術館到着。

Img_2181

そういえばお昼ご飯を食べてないことに気づき
美術館前のスタンドで
パニーニを買って小腹を満たしてから
3時間ほど美術鑑賞shine
やっぱりオルセー好きですhappy02
これでやっと今回の旅の目的が果たせましたconfident

その後、街を散策。
この時期のパリは夜8時くらいまで
平気で明るいんで散策時間はたっぷりあります。

リヴォリ通りのアンジェリーナ。
モンブランは前来た時に食べたので
今回はアイスをhappy01

Img_2185

私の前に並んでた人が
味見させてもらってから選んでたので
「私も味見したい!」と言ったら
味見用のスプーンがちょうど無くなったところだったdespair
「あ、じゃあいいや。味見無しで選ぶよ」
とキャラメル味のアイスを選択。

アイスを受け取ると、
アイス担当のお譲さんが
「ちょっと待っててもらえる?」
と店の中にバタバタと戻って行って、
駆け戻ってきたかと思うと
味見用スプーンを持って来てて
「あなたが買った味じゃないヤツ選んでいいわよ」と
サービス業の鑑ですなぁnote

↓アンジェリーナのアイスを食べるの図。

Img_2184

アイスを食べながらしばし散策。

↓オペラ座とか。

Img_2187

↓ヴァンドーム広場とか。
日曜なんでひっそりしてますケドsweat02

Img_2188

↓中国人アーティストによる
漫画チックな仏像っぽいオブジェが。
前に来た時はこんなもの無かったぞ。

Img_2189

↓コンコルド広場。オベリスクとエッフェル塔。

Img_2190

↓コンコルド広場から凱旋門を臨む。

Img_2192

↓夜8時近くになってようやく日が暮れ始めるコンコルド橋。
奥に見えるアレクサンドルⅢ世橋の方がカッコイイけどねwink

Img_2193

そういえば
コンコルド広場の近くの
地下鉄の駅入り口で
金髪のお嬢さんに
「すいません、この駅の名前分かりますか?」
と英語で聞かれた。

ふと見ると
確かに地下鉄の入り口であることは分かるが
駅名が書いてない。
「うーん、私も地図を見ないと分からないんですが」
と、相手が持っている地図を覗き込むと
あれ?この地図、日本語???

「あなた日本語分かるんですか?」
と聞いてみると
相手は流ちょうな日本語で
「あ、もしかして日本人ですか?」
と。
で、結局日本語で
「地図に書いてある通りコンコルド駅だと思いますよー」
と言って別れました。

因みにこの時一緒にいたU原さんは
この金髪の彼女のことを
「絶対スリだと思った!」
そうで警戒態勢100%だったそうです
まぁ確かにどうみても観光客でしょ、な私達に
何で聞く?とは思いましたが。
でも別にスリじゃなかったし
財布無事でしたcoldsweats01


日にち変わって9/9(月)。
帰国日ですが
23:30シャルルドゴール発なので
19:00くらいまでプラプラできますgood

前回のパリ訪問で心残りだったルーブルで
たっぷり時間を使うことに。

開館が9:00なので
8:45くらいには到着して列に並びました。

Img_2195_2

この日はなにやらトラブルがあったようで
開館が1時間遅れました
信じられないような長蛇の列が。

Img_2196

ルーブル内は撮影自由なので
興奮して写真をバシバシ撮りましたが
まぁ、本物を見るにしくはなし、ですねthink

私の座右の銘、
「目には目を、歯には歯を」の
ハンムラビ法典だけUPしとこうhappy01
倍返しじゃないからカワイイもんですnote

Img_2197

いつの間にか雨が
最後のパリ滞在日なのにぃ~sad

Img_2218

ルーブルの後は
オランジュリー美術館に行きました。
オランジュリー、モネの睡蓮だけじゃなく
私の好きなアンリ・ルソー、ユトリロなどのコレクションが
充実していて
とっても満足できましたhappy01

その後、お土産を購入し
小腹を満たしてパリ満喫終了。

他にも行きたいところはいろいろありましたが
今回は約1.5日のパリ滞在なのでこんなもんですね。
まぁ主だったパリの観光地は前回行きましたから
これでOKですgood


恒例(?)のお土産集。

↓会社の皆さんへの配布用。

Img_2228

上はボルドーのスーパーで買った
オレンジチョコ。
ネスレとかリンツのチョコが並んでたんで
「フランスのチョコを買わなきゃ」
と思ってはいたのですが
後で調べたらコートドールは
ベルギーのチョコだったcoldsweats01

下はパリの典型的な土産物屋で買った
観光名所写真付きチョコ。
やはりどこへ行ったのか分かる土産が一番、
というのが私のモットー。

↓自分用の土産。

Img_2227

La Cure Gourmande という
クッキーの量り売りのお店が
あちこちに出来ていて
つい買ってしまったcoldsweats01

右上のはオレンジピールチョコ。
↓左上のはこんなかんじのチョコ。

Img_2229

↓缶の中身はクッキーやチョコの詰め合わせ。

Img_2230

2週間ほどで完食しましたcoldsweats01

↓残りのユーロを使い切ろうと
帰りのシャルルドゴール空港免税店にて。
ラデュレのマカロンhappy02

Img_2222

Img_2221

満喫しましたnote
やっぱパリ好きだなぁ~happy02
次はパリマラソンにして
もっと長く滞在しようかなwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルドー:ワイン以外のあれこれ

メドックマラソンがメインイベントではありましたが
それなりに観光したり食を楽しんだりもしましたhappy01

↓ボルドー空港の荷物受取場。
空港からして既にワイン気分wine

Img_2068

↓サンテミリオンでのランチ。

Img_2092

Img_2093

Img_2094

ボルドーで泊まったホテルから
歩いて行けるところにあるブルス広場。
夜になると「水鏡」なるものが出現し
ライトアップされた様子がそれは美しい
と聞いたので行ってみることに。

地図の"Le miroir d'eau"というのが水鏡。

この日の夕飯はスーパーで惣菜を買い込み、
暮れゆくブルス広場を眺めながらいただきましたrestaurant
ご一緒したU原さんは
酒豪と自称していた通り、ワインを1本空け
飲み足りなかったらしく
ホテルに戻ってからもバーへ行って飲んだそうです。
どんだけ酒豪なんやcoldsweats02

↓水鏡出現中。

Img_2108

Img_2110

Img_2111

Img_2113

Img_2114

暗くなると幻想的ですねnight

Img_2117

↓靴脱いで立ってみました

Img_2118

Img_2119

↓ガロンヌ川。

Img_2115

↓と、ピエール橋。

Img_2116

レースの前日9/6は
U原さんのお誕生日だった為、8名ほどで
お誕生お祝いディナーを
アルハンブラ」というレストランにて。

アルハンブラ、といってもスペイン料理ではなく
普通のフランス家庭料理といった感じ
おいしかったですhappy01

Img_2163

Img_2164

Img_2165

Img_2166

Img_2167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メドックマラソンの前々日と前日に訪れたシャトー

台風で予定が狂ったんで
この機会に溜まってたのを全部UPしてしまおうcoldsweats01
もうそろそろ2ヶ月前のネタになってしまう
メドックマラソン関連ネタです。

まずは9/5午前に訪れた
ソーテルヌ地区のCh. Suduiraut.

Img_2070

Img_2072

Img_2073

Img_2074

Img_2077

ここでは貴腐ワインを試飲しましたhappy01

Img_2081

ファーストラベルとセカンドラベルが
1杯づつ試飲できます。

Img_2084

↓こっちが確かセカンド。写真の順番的にbleah

Img_2082

↓で、こっちがファースト。

Img_2083

確かに味が違うのですが
どっちもおいしいですhappy02

お次はサンテミリオン地区に移動。
街全体が
「一大ワイン観光地!」って感じでした。

Img_2088

Img_2089

Img_2091

ここで各自ランチをとった後、
Ch. Cardinal-Villemaurine へ。

Img_2095

家族経営の小じんまりとしたシャトーでした。

Img_2096

娘さん作らしいオブジェがあちこちに
ちなみの奥のピンクワンピの女性は現地ガイドさん。
ラブリーな服装が印象的でした。
・・・私より年上っぽいんだけどcoldsweats01

Img_2097

このシャトーでは地下の貯蔵庫も見せていただきました。
この日は結構暑かったのですが
地下の貯蔵庫、すごい寒いsad

Img_2100

↑暗くて何が何やら分からないので以下フラッシュ有り撮影。

Img_2103

Img_2104

どこをどう掘ったのか分からないくらい
入り組んでて
ここに一人で放り出されたら
永久に出られないのでは?って感じの迷路状態。

↓無事地上に戻って試飲。

Img_2105

日にち変わって
10/6午前。
給ワイン所のブログで既出の
メドック地区ポイヤック村の
Ch. Lynch Bages へ。

Img_2122

↓そういえばここの壁には
おどろおどろしい絵がいっぱいかかっていた。
なぜ?
ワインがおいしくなるおまじないか???

Img_2125

Img_2128

Img_2130

楽しい試飲タイムhappy01

Img_2132

Img_2133

マラソン前日に訪れたので
給ワイン所設営中↓

Img_2134

「がんばれ!あと22.195kmだよ!」
まぁこのくらいのフランス語なら
英語読みで何とか理解できますね。

Img_2136

↓カヌレはボルドーの伝統菓子なんだそうで。
食べてみましたhappy01

Img_2137

メドックマラソン、エキスポ会場の様子。
小規模な感じです↓

Img_2138

↓ここも給ワイン所ブログで既出。
Ch. Pichon Longueville.
ここは外から見ただけ。

Img_2140

Img_2141

9/25にBS-TBSで放送された番組↓で
http://www.bs-tbs.co.jp/genre/detail/?mid=SPT1303700
Qちゃん憧れのシャトーとして紹介されてました。

このシャトーを見てからクルリと後ろを振り向くと・・・

Img_2143

この帽子のような建物は、、、

Img_2147

です。
見るなりワイン好きの皆さんが駆け出して行きました
5大シャトーの1つらしいです。
まぁワインには詳しくない私でも
シャトー・ラトゥールって名前くらいは
聞いたことありますもんね。

↓走って行っても中には入れませんよ。

Img_2145

ここも外から見るだけだった
Ch. Margaux。
同じく5大シャトーの1つらしいです。

Img_2149

Img_2148

ここはCh. Latourのように看板さえありませんでした。
名乗らんでも分かるやろ、みたいな威厳?
さすがシャトー・マルゴー。

そしてCh. Margauxの近くの
Ch. Rauzan Gassie。

Img_2153

Img_2155

Img_2159

ここでは3種試飲させてもらえましたhappy01

Img_2157

Img_2156

私は基本的にフルマラソンの前日には
アルコールは飲まないのですが。
(マラソンの神へのみそぎ?coldsweats01
でもシャトー巡りしてて飲まないのはもったいないので
今回は飲んじゃいましたwine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

番外編:屋久島+鹿児島お土産

まずは会社の皆さんへの
大量配布用。
縄文杉せんべい。

Img_2031

45枚入りなんだけど
これがかさばって帰り道大変だったbearing
15枚入りのを3つ買えば良かった!
45枚入り1つでも
15枚入り3つでも値段同じだったし。
次土産を買う時の教訓にしようthink

この縄文杉せんべい、
大量配布用なので
どこ行ったか分かればいいや、くらいの気持ちで買ったのですが
「おいしい!」と意外にも大評判でしたhappy01

お次が
ランチ友達さん用
「永田の塩クッキー」

Img_2032

Img_2033

ウミガメ型がキュートheart01
砕いたヘーゼルナッツが入っていて
食べ応え有り。

フェスティバロの
「唐芋レアケーキ ラブリー」

Img_2034

Img_2035

超うまい~o(^o^)o
でもレアケーキなので
賞味期限が短いうえに136kcal。
朝食べて体重増にならないよう調整しました。

かりんとう饅頭「サンクロウ」

Img_2036

Img_2037

これも思ったより賞味期限が短かった(>_<)
カロリーが推定170kcal。
冷蔵庫で冷やした方がおいしい。

というわけで食の面でも大満足の
屋久島+鹿児島の旅でしたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 17, 2013 (Mon.) 屋久島旅行、第4日目

屋久島旅行、最終日です。
内容的には鹿児島ですcoldsweats01

10:45宮之浦港→鹿児島の船に乗る予定だったので
出発時間までヒマgawk
都会人なら暇つぶしと言えばカフェ、、、な話は
第3日目にも書いたので、以下省略coldsweats01

ところがこの日は月曜日。
普通の観光地でも月曜休みはよくあるのですが
屋久島ではもう月曜となると
営業しているカフェは皆無といって良いgawk

宮之浦には
屋久島観光センターというのがあり
1階が土産物販売&トレッキング必要品のレンタルショップ、
2階がレストランになっています。
1階が8:00~、2階が9:00~の営業。
もう時間を潰す場所はここしかない!ので
レストランが開くまで1階の土産物やでウロウロし
(大きな荷物は預かってくれた!ありがたい!happy01
2階の9:00開店とともに入店し
コーヒー1杯で10:00まで時間を潰しましたcafe
(まぁでも他にお客さんいなかったので
 長居しても別に迷惑ではなかったかとcoldsweats01

10:00に宮之浦港に移動し
10:45、船に乗って屋久島を出発。
「楽しかったし、癒されたよ~屋久島
 また来るからね~(^o^)/~」
と心の中で言ったかどうかは覚えてないが
たくさんの思い出と、かさばるお土産を抱えて
(もうちょっと小さい土産を買えばよかった、ブツブツ)
屋久島を後にしたのでした。

12:30鹿児島港に到着。
飛行機が20:40発なので
鹿児島滞在時間が結構たっぷりあります。

ざっくりした予定は、

私の希望:
・鹿児島黒豚を食べる
・黄くま(白くまの黄色版)を食べる
・豚骨ラーメンを食べる
・フェスティバロでサツマイモのお菓子を買う

TAKEPYONちゃんから
「観光の希望はないの?」と聞かれ
「ないcoldsweats01」と答えた私。
旅の目的が分かり易過ぎて清々しいくらいですshine

TAKEPYONちゃんは
・仙厳園に行きたい

鹿児島での行動可能時間は約6時間。
がんばればお互いの希望が全部できそうだ!
ということでまずはお昼ご飯からスタート

お昼は
鹿児島黒豚も食べられる
薩摩料理屋「熊襲亭」に行きました。
・・・店名が何か恐ろし気ですcoldsweats01

ランチのコースを選択。

まずはきびなごの刺身happy01

Img_2012

給仕してくれたお兄さんに
「屋久島に行ってこられたのだったら
 きびなごはもう散々食べられたでしょう?」
と聞かれ
「いえ、ひたすらトビウオばっかり食べてましたよ」
と応答smile
あ、トビウオもおいしかったですよ>屋久島のみなさん
キビナゴ、きらきらしてて美しーhappy02

さつま揚げとサツマイモの素揚げ。
鹿児島!って感じですね♪

Img_2013

黒豚の味噌煮。
名古屋人好みの味付けでGood!good
肉もホロホロっとほどける感じでうまい!

Img_2014

ご飯、さつま汁、香の物。

Img_2015

デザートに芋羊羹2種。

Img_2016

大変おいしゅうございましたhappy01

さ、旅人にぐずぐずしている時間はありませんdash
食後、即座に最寄りのタクシー配車センターから
タクシーに乗って仙厳園へ。
あ、バスでも行けますよ。
でもちょうど良い時間のがなかったので
タクりました。
車で15分程度で仙厳園へ。

薩摩藩島津家の別邸だそうです。

Img_2017

大河ドラマ「篤姫」のロケも行われたそうで
あちこちに「このシーンが撮影されました」という説明札が立ってました。

Img_2018

Img_2019

御殿を20分ほどで案内してくれるガイドツアーに参加。

Img_2020

Img_2021

Img_2022

執務室や寝室、応接間、
お風呂、トイレなどを見学。
最後にお菓子とお抹茶をいただきましたhappy01
あのお菓子、おいしかったなぁ。
柚子味噌が効いた小ぶりなお饅頭状のもの。
御製は明石屋で仙厳園内のみでの販売だそうです。
買ってこればよかったdespair

御殿内は撮影禁止だったので(御殿内から庭を撮るのは可)
↓この写真は仙厳園のHPから拝借。
Maccha

ガイドツアー後、お庭を散策。

Img_2023

Img_2024

Img_2025

Img_2026

この別邸、あの時代にしては最先端な
水力発電もしていたそうですflair

Img_2027

Img_2028

この日は暑かった!bearing
ソフトクリームをいただいた後、尚古集成館という
資料館を見物して仙厳園を後にしました。

お次は「黄くま」ですhappy01
カフェ彼女の家天文館」というお店でいただきました。
いたって普通の喫茶店、といった感じの店です。

Img_2029

右側のは少食のTAKEPYONちゃんがオーダーした
ミニサイズの黄くま。
左のが私のです。
まぁ氷ですから、水分でお腹がいっぱいになります。
でもまぁ4/5くらいはたべましたよ。

お次はフェスティバロでさつまいも(彼の地では唐芋という)
のお菓子を購入。
いろいろ試食させてもらえるので
じっくり選びましょう。
ダイエット中でなければ2~3種類買ったのですが
順調に体重が減っているので
ここはぐっとがまんして
「唐芋レアケーキ ラブリー」のみを購入。
しかし、この「ラブリー」鹿児島空港でも買えるので
空港で買った方が良かったかもsad
店舗は東京の大丸にもありますが
「ラブリー」は売ってないらしい。

ラストはラーメンnoodle
細麺がおいしそうな「こむらさき」へ。

Img_2030

お腹いっぱいになりました。
御馳走さまhappy01

と、鹿児島での予定を全てクリアして
鹿児島港→鹿児島空港へ。

鹿児島空港で最後のお土産を購入して
帰路につきましたairplane
20:40鹿児島空港発→22:15羽田着。
家に着いたのは24:00ちょい前でしたdespair
・・・火曜日午前半休にしといてホント良かったcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

June 16, 2013 (Sun.) 屋久島旅行、第3日目

前日の縄文杉トレッキングの疲労が残っていることは
事前に予測できたので
3日目の予定は

・きれいな浜辺で海を見て和むmist
・疲労回復の為に温泉に行くspa

程度のゆるーい予定。

まずはレンタルしたトレッキングシューズと靴下を返却に行く。
12:00過ぎると延滞料金が取られるので
朝9:00の開店を待ち構えるようにして
(実際は9:00より1~2分早かった)
返却。

さて島内での移動手段ですが
TAKEPYONちゃんも私もペーパードライバーの為
レンタカーは危険過ぎるsad
ということで、移動手段はバスbus
路線は島を一周できるくらい充実しているのだが
1時間にほぼ1本程度、という便の悪さgawk
「出発前にじゃんけんでもして
 負けた方が1週間自動車学校に行って
 猛特訓してきた方が良かったねぇ」
などとちょっと後悔しながら
バスを待つことにした。

時間潰しにはカフェ、というのが
都会人(?)の定番だが
屋久島、お洒落なカフェがあることはあるのだが
いかんせん絶対数が少ない。
おまけに営業日が金・土・日のみとかcoldsweats02
17:00閉店とか書いてあるのに
15:00にもう閉店してるとかcoldsweats02
やりたい放題というか自由過ぎるというかcoldsweats01

ともあれ
宮之浦港近くにある
屋久島観光文化村センターに併設されているカフェが
営業していたので
そこでコーヒーなど飲みつつ
のんびりバスを待つことにした。
まぁ都会の便利さ(?)に慣れた身には
こういう不自由さが逆にリフレッシュできていいのよ、と
半ば諦め気味に思いながらcoldsweats01

ようやく来たバスに乗って
きれいな浜辺がある永田いなか浜までcancerfish

屋久島の永田浜は
ウミガメの産卵地として有名。
6月はちょうどウミガメ産卵シーズンで
この時期屋久島に来る人は
大抵ウミガメ産卵を見るのが目的なんだとか。
「え?あなた達ウミガメの産卵見に行かないの???」
と宿の女将にえらく驚かれたが
だってウミガメ産卵って早朝じゃないnight
縄文杉トレッキングの翌日にウミガメだと
2日連続で朝3時起きじゃん。
・・・もう若くないからそんな無理できませんcoldsweats01

というわけで
もうすっかり陽も高く昇った
ウミガメ産卵後の永田浜に到着。

Img_2002

これぞ「海ー!」って感じ\(^o^)/

Img_2003

Img_2004

縄文杉トレッキングの時を除いて
私は屋久島滞在中は
ひざ丈のパンツで過ごしました。
(いわゆるバミューダパンツというヤツです。)
海に来た時に重宝するんですなぁ~この丈!
靴と靴下さえ脱いでしまえば
水辺でチャプチャプできますwave

つば広麦わら帽子+白いワンピースだと
波打ち際チャプチャプも美しいのですが
その服装は年齢制限があると思われる為
自粛して年相応にバミューダパンツで。

↓チャプチャプ中、波打ち際接写camera

Img_2005

Img_2006

屋久島の観光名所を巡る
はとバスツアー的なものがあるようで
この浜辺には大型バス用の駐車場があります。
ウミガメ見られる時間帯じゃなくても
浜辺がとてもきれいなので
観光バスの定番立ち寄り地のようです。

私達が浜辺にいる間も何台かバスが来てました。
お客さん達が自由に浜辺を歩いている間
暇を持て余した運転手が
ご親切にも私たちに
ウミガメの解説をしてくれたりしてsmile
こういう離島に来ると
地元民のあたたかさに触れられますなぁwink

こんなでっかいウミガメの像も。

Img_2009

この後再び島内の巡回バスで温泉へspa

温泉の前にランチ。
屋久島空港近くのイタリアンレストラン「イルマーレ」で。
屋久島の海の幸を使ったパスタがおいしかったhappy01

ランチ後、同じく空港近くの温泉施設
縄文の宿 まんてん」へ。

JRホテルの温泉が
トロ味があってすごく良かった、と
前日トレッキングでご一緒したお二人に聞いたのですが
ちょっと巡回バスで行くには遠いので
もうちょっと近場の「まんてん」にしました。
お風呂の種類が豊富で楽しかったですhappy01
できればフットマッサージも受けたかったが
16:00以降のみ営業、ということで断念despair
(今回は宿が民宿だったので
戻る時間が遅くなると夕飯時間に間に合わない恐れがsweat01

・・・しかし温泉に浸かっても回復しなかった筋肉痛bearing
縄文杉トレッキングおそるべし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

June 15, 2013 (Sat.) 屋久島旅行、第2日目

AM4:00に縄文杉トレッキングのガイドが
宿まで車で迎えに来てくれることになっていたので
朝3:00起床night

トレッキングシューズと靴下はレンタルだが
(2泊3日のレンタルで1,200円。)
それ以外は自前で
ほとんどフルマラソンに出る時の装備である。

最初、トレッキングってどんなものか
いまいちピンとこなかったんだけど
体験者のブログ等読んでる内に
「・・・これはナメたらイカンぜよcoldsweats02
なくらい大変な「スポーツ」であることが分かりsweat02
物見遊山なハイキング気分で行くと
とんでもない目に遭うぞ、と
いうわけで
速乾性の長袖TシャツにCW-Xのタイツ、
ザックにはウィンドブレーカーと
富士登山の時に買ったカッパ上下、
そしてフルマラソン並みに
ウィダーINゼリーやらキャンディやら
カロリーメイト(←これはマラソンの時は持って行かないが)
あとは宿に注文しておいた朝・昼のお弁当
を詰め込んで準備。

そして迎えに来てくれたガイドさんの車に乗って
別の宿の女性2名を途中でPickUp。
この5人グループで縄文杉目指して山を登るわけである。

車はまず屋久杉自然館へ。
まだ暗い早朝の道路、
車道にいきなり鹿が飛び出してきてwobbly
びっくりしたりしながら到着。

縄文杉トレッキングは
荒川登山口がスタート地点なのだけど
ここは車両乗り入れ禁止の為
屋久杉自然館にガイドさんの車を駐車し
そこから登山バスで約50分ほどの
荒川登山口へ。
朝早いのにバスは補助席まで使っての満員である。
まぁ屋久島に来たからには
縄文杉見たいもんねthink

ようやく辺りが白々としてきた頃、
荒川登山口到着。
ここでお弁当を食べ
ストレッチをし
トイレもしっかり済ませて
5:30、縄文杉目指して出発run
因みに想定往復時間は10時間であるsweat02

登山口から約8kmはトロッコ道。
途中柵のない鉄橋をおののきながらshock渡ったり
しながら進む。

きれいな翠の水が流れる川。

Img_1959

マラソンと同じく給水は大事!
ところどころで休憩しながら進みます。

Img_1960

約8kmのトロッコ道の終わりで一旦休憩。
この先がいよいよ険しい登山道の始まりです。

いきなり股関節の柔軟性が求められる
急な岩道を登る登山道sad
軍手必須です!
私は忘れてきてしまったので
トレッキングシューズレンタルの店で
軍手を購入しましたが
岩に手をついて体を支えないと
登れないような道が多々あります。
ホント、縄文杉トレッキングはナメたらイカンですsad

道は険しいが
周りの景色は緑が深くて素晴らしいですhappy02
癒されますshine

Img_1961

Img_1962

↓「もののけ姫」に出てくるシシ神様に似てるらしい。

Img_1963

私は自称・映画通ですがcoldsweats01
アニメは観ないので
ジブリは「風の谷のナウシカ」しか観てませんcoldsweats01

屋久島は宮崎駿監督が
「もののけ姫」を製作するにあたって舞台のモデルとした土地なんだそうで
「もののけ姫」を観ずに屋久島に来る人は珍しいらしいcoldsweats01
ガイドに「シシ神様の杉ですよ~」と言われ
ぽか~んとしていた私は
「あなた、反応悪いよ」とたしなめられましたcoldsweats01
だからアニメは観ない人なんですってば!

Img_1964

フツーに鹿がいます。
鹿、いっぱい見ました。

Img_1966

Img_1967

Img_1968

Img_1970

Img_1972

トロッコ道が終わってから0.6kmほど行ったところに
ウィルソン株があります。
縄文杉トレッキングコースの
人気ポイントの一つです。

なぜかというと・・・

Img_1977

株の中が空洞になっていて
中から見上げるとハート型に見えるからですheart01
でもここが恋愛のパワースポットとか
そういうことはなさそうですcoldsweats01
でも中に一応小さな祠があるので
ちゃんとお参りしましょう。

この登山道、いたるところに湧水が出ていて
飲んでも安全な湧水はガイドさんが教えてくれます。
このウィルソン株から少し先へ行ったところの湧水がおいしいですhappy01
是非飲みましょう。
湧水があるので
持参するスポーツドリンクは
500mlボトル1本で十分です。
但し、湧水だけではエネルギー不足なので
粉末のスポーツドリンクの素を持っていくといいです。
私はアミノバイタルの粉末を持参し
おいしい湧水でいただきましたnote

世界遺産登録地域に入る手前のところで
お昼ご飯。
お弁当をいただく。
ガイドさんが湧水をやかんに汲んで
携帯コンロで湯を沸かし
味噌汁orカフェオレをふるまってくれましたhappy01
私は塩分補給の為、味噌汁をいただきましたが
森の中でいただく味噌汁は
インスタントでもウマい!!!good

Img_1980

Img_1982

木でできたトンネルをくぐります。

Img_1983

ようやく縄文杉に到着ーーー\(^o^)/

Img_1986

その大きさに圧倒されます!

Img_1987

でもガイドさんに言わせると
縄文杉、弱ってるそうですweep
縄文杉を観光スポットとする為
周りの木を無計画に伐採したりしたのが
影響しているようです。
観光客は集めたいけど、その為縄文杉が弱っていくweep
悲しいアンチノミーですね。。。

しばし縄文杉を堪能した後、
帰路へ。

↓メドゥーサと呼ばれる木らしいですw

Img_1994

Img_1996

ウィルソン株に至る少し手前で
回り道すると「妖精の家」と呼ばれる
樹洞があるらしい。
同行の方の中にジブリ&メルヘン好きの方がいたので
「妖精の家」へ行ってみることに。

・・・しかし。

この道がハンパないくらい険しかった!!!sad
これ道なの???ってくらい。

ようやく「妖精の家」に到着。

「妖精の家」単独で撮った写真がなく
私も写ってるものをUPしますがご容赦下さい(?)。

Img_1995

私が立ってる場所が
「妖精の家」の屋根とお考え下さい。
この中が空洞になってて
家のような感じになってるんですわ。
因みに私には妖精は見えませんでしたがcoldsweats01
スピリチュアルな人がここを訪れると
何かが見えるのかも?しれませんthink

「妖精の家」からウィルソン株の脇に出る道を行くのですが
この道が苔むしてて
きれいな水が流れてて
とてもマイナスイオンたっぷりshineでした。

Img_1998

Img_1999

Img_2000

15:40、ようやく荒川登山口に到着\(^o^)/
長かったわーーー!

無事下山するとこんなのがもらえます。

Img_2040

マラソンの完走証みたいなもんですね。
でも手書きのところは自分で書くので
あんまりありがた味ないかもcoldsweats01

ちなみにこの翌日から
3日間筋肉痛に見舞われましたgawk
週3回ジョギングしている私ですらこうなので
縄文杉トレッキングに行こう、と思ってる方は
それなりに鍛えていくことをお勧めします。

屋久島旅行、第3日目編に続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

June 14, 2013 (Fri.) 屋久島旅行、第1日目

旅立ちの朝からトラブル続きgawk

6:20羽田発の飛行機に乗る為
最寄りの駅5:00の始発に乗って
ギリギリ間に合うプランだったのに・・・

何と5:00の電車に乗り遅れましたshock

小降りだと思っていた雨が
意外と雨脚が強く
キャスター付きバッグにビニール袋掛けたり、とか
やってるうちに
家を出る時間が遅くなり
タッチの差で乗り遅れてしまったwobbly

雨の中、キャスター付きバッグを引きずりながらも
走って駅にたどり着いた私の前を
無情にも走り去る電車traintraintraindash

頭の中が真っ白になるとはこのことだったshock

早朝なので次の電車なんてすぐ来るはずはなく
ウチの最寄り駅はさびれた駅sweat01なので
昼間でもプールしてるタクシーなんてない。
おののきながらもタクシーの配車センターに電話すると
「あ~5分くらいでそっちに行ける車がありますからぁ~」
と地獄に仏な応答shine

早朝で道も空いてたせいか
5:50には羽田に着きました。やれやれcoldsweats01
電車で行ってもそれくらいに到着だったし、
車なので出発ロビーに横付けなので
却って楽だったかもwink
が、いきなり7,000円というイタい出費weep

8:10鹿児島空港に到着airplane
雨降ってた川崎とは
同じ国内とは思えないくらいの晴天sun

Img_1951

あまりに空腹だったので
(朝ごはんは一応食べてから家を出たのだが。。。)
ドトールで
日本全国どこで食べても同じサンドイッチを食すbread
朝早過ぎて、空港内で開店してるのが
ドトールくらいしかなかったのだthink

鹿児島から屋久島へは高速船shipで移動するので、
空港からシャトルバスbusで鹿児島港まで移動する。
バスが出るまで30分ほど時間があったので
土産物屋を冷やかし
鹿児島といえばさつま揚げrockなので
揚げたてのチーズ入りさつま揚げを買い食いrestaurant
あ、写真撮るの忘れましたcoldsweats01
でも揚げたて、というわりには
あんまり熱くなかったなぁ~despair
ほんのりあたたかい程度。

その後シャトルバスにて鹿児島港へ移動。

船の向こうに見ゆるは
雄大な桜島!

Img_1952

富士山も見ると元気が出ますが
桜島も見ていると何だかパワーがもらえますup

出港までに小1時間ほどあるので
港から歩いてすぐの鹿児島市内の繁華街、
天文館をブラブラすることに。

天文館にあるデパート、山形屋が
レトロな建物でとってもいい感じshine

Img_1953

鹿児島に来たからには
やはり白くまが食べたいhappy02

Img_1956

山形屋最上階のレストランで
白くまフェアをやってるとのことなので
行ってみることにした。

・・・しかしsweat02

最上階のレストランは
レトロな外観からは想像を異にする
実に庶民的な「食堂」だった。
山形屋って
1階は普通のデパートの特選フロアなんですよ。
ヴィトンとかエルメスとかが入っていて。
最上階の「食堂」の庶民的な感じが
かなりのギャップcoldsweats01

何はともあれ白くまを注文。

Img_1954

氷がフワフワでおいしい~happy02

ところでこの食堂にはナゾのものが
テーブルに鎮座してました。

Img_1955

このビールジョッキ大のもの、
中身は三杯酢です。
なぜこんなにいくつも三杯酢?
と不思議に思い
帰ってきてから調べてみたら
この食堂、焼きそばがおいしいらしくて
有名(?)なんだそうです!
その焼きそばに三杯酢を
ドボドボにかけて食べるとおいしさUPなんだそうな。
今度行くことがあったら焼きそばを注文してみようsmile

さて、鹿児島港から
高速フェリーで約2時間ほどで屋久島に到着。

宿に荷物を置き
ちょっと遅めの昼食。

「トビウオの刺身定食」をオーダー

Img_1957

お向かいのお皿は
TAKEPYONちゃんが注文した
「首折れサバの刺身定食」。
トビウオも首折れサバも
屋久島の名物だそうです。

しかし、泊まった宿では
毎晩トビウオ料理が出た。
だったら、この日のお昼は首折れサバにしておくべきだった、と
ちょっと後悔coldsweats01
でも宿で出たトビウオ料理は
揚げor煮だったので
刺身で食べられて良かったのかも?
淡白な感じのお刺身でした。
小骨がちょっと多いがcoldsweats01

ランチ後、お土産を買ったり
翌日の縄文杉トレッキングに行く為の
トレッキングシューズをレンタルしたり、で
翌日の朝3時起きに備えて
初日は21:00頃に眠りにつきましたsleepy

「屋久島旅行、第2日目」編に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツ食べ放題番外編:彦根城でひこにゃんに会うの巻

八日市~彦根間は
電車で約40分程度の距離なのですが
八日市が僻地(スイマセンsweat02)なせいか
電車が1時間に1本という便の悪さgawk

ひこにゃん登場は
1日3回で
13:30~14:00の回に
何とか間に合いそうだった。

電車が来るまでの時間を
駅前の閑散とした(スイマセンsweat01)ショッピングセンターで
潰すことに。
何せお腹が満腹過ぎるので
食べ物の匂いを嗅ぐと気持ち悪くなるbearing
食品売り場を避け、
少しでも運動しようと
階段で3階まで移動してみたりrun

と、そんな感じで時間を潰してから
彦根に移動。

彦根駅から彦根城までは
歩いて10~15分くらい。

Img_1920

晴れてはいるのですが
一部厚い雲が出ているせいか
キツネの嫁入りっぽい雨が。
晴天ならひこにゃん、外に登場するみたいなのですが
この日は博物館の講和室に登場。
「ひこにゃん、猫だから水が嫌いなの~」
とは行列整理のお姉さんの弁。
うまいこと言うよな~smile
「着ぐるみ濡れると大変なの~」とは言わないのだ。

最近くまもんに人気を奪われたか?と思いきや
なかなか長蛇の列ができました。

Img_1921_2

ひこにゃんとの2ショット写真とかは不可で
前でひこにゃんがゆるーいパフォーマンスをするのを
5分ほど見ながら写真撮影会。

Img_1925

ホントにゆるーいパフォーマンスでしたcoldsweats01
ポーズ取ったり、お手玉っぽいので遊んで見せたり。
係のお兄さん曰く
「ひこにゃん、ゆるキャラなので
 本当にゆるいパフォーマンスしかできません。
 音楽等もありませんので
 あまり期待しないで下さいね。。。」
だそうで。
お兄さんの説明があまりにすまなそうだったので
誰も文句は言いませんでしたthink

まぁ、でもかわいかったですよ、ひこにゃんhappy01

小雨も上がったようだったので
彦根城の天守閣も見学していくことに。

Img_1926

向こうの方に琵琶湖が見えます。

Img_1927

Img_1929

Img_1931_2

Img_1932

この天守閣、中に入って上に登れます。

えー、今回の旅はあくまでスイーツ食べ放題がメインだったので
服装はウエストがゴムのスカートにしようと思ってました。
が、夕方天気が崩れるかも?という予報だったので
スカートはやめてジーンズにしました。
が、ここの天守閣を登るのには
ジーンズが好都合でした。
だって、中の階段、ほとんど垂直でしたよcoldsweats02
スカートだったら断念してたかもしれん。。。

苦労して登っただけに
なかなか良い見晴しhappy01

Img_1933

天守閣を降りて
(垂直の階段なので下りの方が余計に恐怖だったshock)
ついでに庭園も見ていくことに。

庭園への道。
何だか時代劇のロケで見たことあるような。。。

Img_1935

↓これはお堀。

Img_1937

↓庭園内の茶室、だったかな?

Img_1940

この庭を眺めながらのお抹茶サービスもありました。
が、いかんせん食べ放題でお腹が飽和状態だったので
いただく気が起きず。。。
・・・いや、この頃には大分復活していたのですが
(意外と消化が早い?coldsweats01
ちょっと自粛しときました。

Img_1941

Img_1942

Img_1943

日帰り弾丸旅行だったので
あとはお土産を買って帰りましたpresent

お土産はやっぱりひこにゃんクッキー。

Img_1945

クッキーとしては
あんまりおいしくない方でしたがcoldsweats01
なにせ絵がかわいいので
職場でのウケはものすごく良かったhappy01

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧