« 奈良西大寺展@三井記念美術館 | トップページ | 咳喘息、その2 »

2018/08/14

大人の喘息?~咳喘息~

昨年(2017年)10月~11月と風邪から咳喘息を患い、
会社を約2週間ほど休んだばかりか
予定していたニューヨークシティマラソンも断念せざるを得なかった
結局ジョギングも1ヶ月ほど休んでしまい
散々な目に遭った。

もうあんな目に遭うのはこりごりだ、と思っていたのに
この夏また風邪から咳喘息になってしまった!
風邪自体引かないようにかなり気を使っていたのに
この夏の異常な暑さで夜よく眠れなかったのが悪かったのか?
はたまた一晩中エアコンをつけてたのがまずかったのか?
(でもエアコンつけてないと夜暑くて起きてしまうのよ!)

で、結局またレルベア(ステロイド剤)を吸引するハメになったのだが
前回よりも効くのが遅い気がする。。。
前回は3~4日で効き目が感じられたような気がするんだけど
今回は吸引開始から1週間経ってもあんまり効き目が感じられない気が。。。

前回の時の体験記をブログに残してないから分からないなぁ。。。
ということで今回は今後に備えてブログに残しておくことにする。
もしかしたら誰かの役にも立つかもしれないし。


7/25(水)
朝から何だか喉がイガイガする。空咳も出る。

7/27(金)
気管が痛くなるようなゲホゲホという感じの咳が出る。
この日は朝から電話会議だったのだが、咳のせいでまったくしゃべれず。。。
急きょ午後半休をとって近所の内科に行く。
まぁ風邪だよね、ということで
・トラネキサム酸
・フスコデ
・ツロブテロール(貼り薬)
が処方される。

7/28(土)7/29(日)
多少咳が緩和されるが、相変わらず気管が痛い咳が出る。
夜、特に咳込んで全然眠れず。
咳が出過ぎて腹筋が痛い。

7/30(月)
あまりに咳がひどいので会社を休んで
再び内科へ。
前に咳がひどかった時効いた薬を処方してもらう。
・メジコン
・リン酸コデイン
・ツロブテロール(貼り薬)

この日の午後から、なぜか右目が真っ赤に充血し
白濁した目ヤニが出るように。
何?一体何が起きているの???

7/31(火)
メジコンかリン酸コデインかどっちが効いているのか分からないけど
咳がだいぶ緩和してきた。
が、右目がヤバいので今度は眼科へ。
特に目に傷は付いてないので
風邪で免疫力が落ちて炎症を起こしたのであろう、と。
・クラビット点眼液
を処方される。

午後から会社に行くが
咳がどんどんひどくなっていった。
安静にしていた方がいいのかもしれない。

8/1(水)
咳が治まらないので
しばらく安静にしていた方が良いと判断。
無理すると昨年のように2週間休むハメになる。
急きょ夏休みを取らせてもらうことにする。
本当は8/10から取る予定だったのだけど
回復優先。
8/1(水)~8/6(月)まで夏休み。

8/4(土)の晩あたりから、やっと夜咳込まずに眠れるようになる。

8/7(火)
夏休みが終わり、出勤。
が、やっぱり会社に行くとしゃべることが多くなるせいか
だんだん咳が悪化。
これはやっぱりステロイド剤じゃないと治らないかな、、、と断念し
定時までがんばって働いた後、呼吸器内科へ。

あ、ちなみに今回の私のように
風邪が治った後も咳だけがしつこく残るような症状の場合は
呼吸器内科に行った方が良いです。

呼吸器内科で案の定「咳喘息ですね」と診断され
半年前にお世話になった
・レルベア100(ステロイド剤)
・モンテルカスト
を処方される。

Asthma

8/8(水)
この日の朝からレルベア吸引開始。

8/12(日)
レルベア吸引5日目。
前回はこの辺りからほとんど咳が出なくなったんだけどなぁ。。。
咳の状態あんまり変わってないような。。。
8/14(火)まで会社自体が夏休みなので
安静にしながら様子をみることに。

8/14(火) ←今ココ
レルベア吸引7日目。
朝3時頃、猛烈に咳込んで目が覚める。
水を飲んだりするが、横になろうとすると咳込む。
結局1時間くらい眠れず。
このままだと睡眠不足で体が弱って治るものも治らん!
再び呼吸器内科へ。
今吸引してるのはレルベア100だけど
レルベア200に変えた方がいいのでは?と相談してみるが
先生は「もう少し様子をみましょう」と。

曰く、その時の気管の炎症状態によって
効いてくる速さが違うので
前回は炎症が軽かったから4日くらいで効いてきたけど
今回は前回より炎症が重いのかもしれないので
2週間くらいは待ってみてください、と。
まぁあんまり効き目が強い薬に安易に変えるのもよくないもんねぇ。。。

でも「効き目が感じられないようだったら1度に2回吸引してみてください」と。
い、いいのか???

結局レルベア100を引き続き吸引することにして
・モンテルカスト(追加)
・フスコデ
・アストモリジン
を処方してもらう。
アストモリジンは「寝る前または席がひどい時」と書いてあって
薬局で
「夜寝る前に飲んで、夜中に咳込んで起きてしまった時にまた飲んでも
 過剰服用にはならないんでしょうか?」
と聞いてたら
「うーん、ダメではないですけどこの薬、睡眠薬も入ってるから
 中毒になる可能性があるからあんまりお勧めしないですね」と。
ち、中毒???
睡眠薬中毒になるのはイヤだ!
夜、咳が止まらずどうしても眠れない時だけ飲むことにしよう。

これで回復にむかってくれるといいんだけどなぁ。。。
早くジョギングを再開しないと横浜マラソンに間に合わぬ。。。

<スポンサーリンク>

 

|

« 奈良西大寺展@三井記念美術館 | トップページ | 咳喘息、その2 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の喘息?~咳喘息~:

« 奈良西大寺展@三井記念美術館 | トップページ | 咳喘息、その2 »