« 忘年会@とうふ屋うかい鷺沼店 | トップページ | 読書日記:「時間がない」から、なんでもできる! »

シネマ日記:アルゴ

今年のアカデミー賞作品賞受賞作。
ややアメリカ賛辞が過ぎる感じはありますが
期待通りのいい出来でしたgood

アルゴ

鑑賞方法:録画
お気に入り度:★★★★★
お勧め度:★★★★★



元々この手の国際諜報モノが大好きなんだけど
ベン・アフレックがあんまり好きじゃないのよね。。。think
なので心配してたんですが
この作品でベン・アフレックを見直しました!
監督/主演ともにベン・アフレックですが
抑えた演技が素晴らしいです!
それと彼はヒゲがあった方がいいですね。
ヒゲがないとケツ顎が目立つのでcoldsweats01

実話を元にした話らしいです。

1979年11月。
イランで贅沢三昧だったパーレビ国王が国を追われ
ホメイニ師が国を掌握。
そのパーレビ国王をガン治療の為受け入れた米国に
イラン国民は怒り心頭。
イランのアメリカ大使館が暴徒達に襲われ、
6人の外交官がカナダ大使公邸に逃げ込む。
見つかれば彼等は公開処刑shock
陸海空路、全て軍に制圧されたイラン。
6人の外交官を脱出させる為に
CIAの人質奪還のプロ、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が
単身、動乱のイランに乗り込む。
脱出手段は
架空のSF映画「アルゴ」のロケハンに
イランを訪れた映画クルーを装う、という荒唐無稽なものcoldsweats02
果たして彼らは無事イランから脱出できるのか?

・・・珍しく真面目にあらすじを書きましたcoldsweats01

まぁ結果は分かってるんですよ。
無事脱出できるんだろうなーって。
分かってても、もう手に汗握るドキドキハラハラの連続です!
特にラストの空港からの脱出。
飛行機のタイヤが撃たれて
離陸できないのでは?!と思ったcoldsweats02
イランの領空を無事脱出した時は
思わず拍手してしまった(自宅で良かった)。

私にしては珍しく
お気に入り度/お勧め度ともに星5つ。
イッキ見したくなる作品なので
年末年始のお休みの間にでも是非good

|

« 忘年会@とうふ屋うかい鷺沼店 | トップページ | 読書日記:「時間がない」から、なんでもできる! »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/58744624

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ日記:アルゴ:

« 忘年会@とうふ屋うかい鷺沼店 | トップページ | 読書日記:「時間がない」から、なんでもできる! »