« 焼きたてパン曜日:りんごブリオッシュ | トップページ | 読書日記:太陽のパスタ、豆のスープ »

読書日記:鸚鵡楼の惨劇

8月くらいに読んだ小説だけど
今更感想coldsweats01

最近「イヤミス」というジャンルが
確立されているようで。
湊かなえさんに代表される
「読後、いやーな気分にさせられるミステリー」
のことを指すんだそうな。

鸚鵡楼の惨劇

著:真梨 幸子
お気に入り度:★★★☆☆
お勧め度:★★★☆☆



そこそこ文章量多いですが
一気に読めました。

1962年、西新宿に建っていた鸚鵡楼(おうむろう)という洋館。
そこで起きた惨劇。
その跡地に建ったバブル期の高級マンションで
再び目を覆う惨劇が起きる。
というプロットに興味を引かれて買いました。
古い洋館が好きなもんでついcoldsweats01

この作家さん初めて読みましたが
人物描写が巧みです。
セレブ幼稚園に通うママ友達の
何ともイヤーな感じとか
ダサい姑のイヤーな感じとかcoldsweats01

ただ幼女に対する性犯罪が結構出てくるので
「うぇ・・・gawk
って感じがします。
読んでて眉間にシワが寄ってましたthink

ラストが巧妙でした。
小説ならではのレトリックを巧みに利用というか。
そして「あらま、殺しちゃったんですか?coldsweats02
な終わり方。

そこそこおもしろいので
そこそこお勧めできる小説です。
(思えばひどい評価かもしれんsweat01

|
|

« 焼きたてパン曜日:りんごブリオッシュ | トップページ | 読書日記:太陽のパスタ、豆のスープ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/58457527

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記:鸚鵡楼の惨劇:

« 焼きたてパン曜日:りんごブリオッシュ | トップページ | 読書日記:太陽のパスタ、豆のスープ »