« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

焼きたてパン曜日:ピザベーグル

台風ですっかり週末の予定が狂ったので
パン焼きました。
「ピザベーグル」です。

Img_2263

ベーグルは"つるん"とした表面が好きなんですけどね。
今回は茹でないレシピだったので。
レシピ無視して茹でても良かったんですが
今回は生地にピザ味のチップが混ぜ込んであり
茹でるとこれが落ちそうだったんですよねthink
で、しょうがないので茹でずに焼きました。

たっぷり霧吹きしたつもりでしたが
やはり茹でないとあの"つるん"感は出ないのねぇ。。。
味はいいんだけどねぇ。。。

ベルメゾン:焼きたてパン曜日
http://monthly.bellemaison.jp/200/pr/880200862/300844/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネマ日記:世界にひとつのプレイブック

これも行きのエール・フランスで観た映画。
予想以上に良かった!happy02
飛行機の中であるにもかかわらず
思わず泣いちゃったわーweep
回りの席の人、みんな寝てて良かったcoldsweats01

世界にひとつのプレイブック

鑑賞方法:エールフランスの機内サービス
お気に入り度:★★★★☆
お勧め度:★★★★☆



ジェニファー・ローレンスが
この役でアカデミー主演女優賞を取った、と
いうことで観てみた。
(授賞式の階段でコケたのがキュートでしたw)

主演男優が「ハングオーバー!」シリーズの
ブラッドリー・クーパーということもあって
「おもしろいラブコメなんだろうなー」くらいの予測で
見始めたのですが。。。

主人公2人が
双極性障害(いわゆる躁鬱病)持ちってのが
普通のラブコメと違うところで、
独特な思い込みの激しさに爆笑www

でも爆笑続きの最後が泣かせるんですわweep
この落差がズルい。
でも、いい映画でした。
もう1回観たいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネマ日記:プラチナデータ

メドックマラソン旅行時の
行きのエールフランスの中で鑑賞。

予告を見て
「映画館に行くほど好きな映画じゃないな」
と思いましたが、
監督が「ハゲタカ」の大友啓史さんだし、
ロケ地にウチの会社が使われた、とのことだったので
観てみました。

プラチナデータ

鑑賞方法:エールフランスの機内サービス
お気に入り度:★★☆☆☆
お勧め度:★★☆☆☆



原作は読んでいません。
私、元々東野圭吾の作品に
あんまりトキメかないタチでしてcoldsweats01

話はおもしろかったです。
近未来の話として有り得るよなーと思ったし。
でも何か全体的にパッとしない映画だなぁ、とthink

杏ちゃんはカッコ良かったです。
ライダースーツ姿でバイクに乗る姿が
さすが元モデル決まってます。

杏ちゃんとは逆に
鈴木保奈美にはすごく違和感を感じてしまった。
若い頃は何とも思わなかったのですが
外見はある程度年とったのに
声は相変わらず甲高いgawk
元々演技力で売ってた人じゃないから
若い頃のままの演技スタイルだと
見てる方が辛かったsweat01

時間潰しにはいい映画なんじゃないですかね?
ということで機内で観るのにちょうど良い1本でしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ:メドックマラソン後

ようやくフランスネタ最終回coldsweats01

特にワイン愛好家でもない私が
なぜ今回メドックマラソンを走ろうと思ったのか?

実は
NHKで改装されたオルセー美術館の特集をやっていて
「あー改装されたオルセー行きたいなぁ」
と思ったのがそもそもの発端だったりしますcoldsweats01

ずいぶん前にパリに1週間ほど滞在した時は
(何年前かは定かにしないsweat01
 通貨がまだフランだった頃、とだけ言っておこう。)
オルセー美術館に2度行ったほどの気に入りようだったのだ。
(基本的に印象派の絵画が好きなんですわhappy02

そしてその時、ルーブル美術館を観るために
1日予定を空けておいたのに
従業員のストライキで開館せずweep
帰国前日の午後にようやくスト解除の報を聞いて
あわててルーブルへ行き
約2時間程度でとりあえず有名なものだけ
駆け回って観たsweat01
・・・という心残りもあったりしました。

・改装したオルセー美術館に行きたい!
・心残り有りまくりのルーブル美術館に行きたい!

そうだ、今年はフランスのマラソンにしよう!
ということになったわけです。

そういうわけなので
パリマラソンの方が都合が良かったといえば良かったのですが
休みが取りづらい時期だったので
9月のメドックマラソンにして
帰りにパリに立ち寄るプランにした、というわけwink



9/8(日)午後、パリ入り。

まずは最初の目的にオルセー美術館へrun
地下鉄のCorentin Cariou駅の近くのホテルだったので
Palais Royal Musée du Louvre駅まで行き
そこから歩いて
ルーブルを横切り、オルセーへ。

Img_2176

バトーは前来た時乗ったので今回はいいや。

Img_2180

オルセー美術館到着。

Img_2181

そういえばお昼ご飯を食べてないことに気づき
美術館前のスタンドで
パニーニを買って小腹を満たしてから
3時間ほど美術鑑賞shine
やっぱりオルセー好きですhappy02
これでやっと今回の旅の目的が果たせましたconfident

その後、街を散策。
この時期のパリは夜8時くらいまで
平気で明るいんで散策時間はたっぷりあります。

リヴォリ通りのアンジェリーナ。
モンブランは前来た時に食べたので
今回はアイスをhappy01

Img_2185

私の前に並んでた人が
味見させてもらってから選んでたので
「私も味見したい!」と言ったら
味見用のスプーンがちょうど無くなったところだったdespair
「あ、じゃあいいや。味見無しで選ぶよ」
とキャラメル味のアイスを選択。

アイスを受け取ると、
アイス担当のお譲さんが
「ちょっと待っててもらえる?」
と店の中にバタバタと戻って行って、
駆け戻ってきたかと思うと
味見用スプーンを持って来てて
「あなたが買った味じゃないヤツ選んでいいわよ」と
サービス業の鑑ですなぁnote

↓アンジェリーナのアイスを食べるの図。

Img_2184

アイスを食べながらしばし散策。

↓オペラ座とか。

Img_2187

↓ヴァンドーム広場とか。
日曜なんでひっそりしてますケドsweat02

Img_2188

↓中国人アーティストによる
漫画チックな仏像っぽいオブジェが。
前に来た時はこんなもの無かったぞ。

Img_2189

↓コンコルド広場。オベリスクとエッフェル塔。

Img_2190

↓コンコルド広場から凱旋門を臨む。

Img_2192

↓夜8時近くになってようやく日が暮れ始めるコンコルド橋。
奥に見えるアレクサンドルⅢ世橋の方がカッコイイけどねwink

Img_2193

そういえば
コンコルド広場の近くの
地下鉄の駅入り口で
金髪のお嬢さんに
「すいません、この駅の名前分かりますか?」
と英語で聞かれた。

ふと見ると
確かに地下鉄の入り口であることは分かるが
駅名が書いてない。
「うーん、私も地図を見ないと分からないんですが」
と、相手が持っている地図を覗き込むと
あれ?この地図、日本語???

「あなた日本語分かるんですか?」
と聞いてみると
相手は流ちょうな日本語で
「あ、もしかして日本人ですか?」
と。
で、結局日本語で
「地図に書いてある通りコンコルド駅だと思いますよー」
と言って別れました。

因みにこの時一緒にいたU原さんは
この金髪の彼女のことを
「絶対スリだと思った!」
そうで警戒態勢100%だったそうです
まぁ確かにどうみても観光客でしょ、な私達に
何で聞く?とは思いましたが。
でも別にスリじゃなかったし
財布無事でしたcoldsweats01


日にち変わって9/9(月)。
帰国日ですが
23:30シャルルドゴール発なので
19:00くらいまでプラプラできますgood

前回のパリ訪問で心残りだったルーブルで
たっぷり時間を使うことに。

開館が9:00なので
8:45くらいには到着して列に並びました。

Img_2195_2

この日はなにやらトラブルがあったようで
開館が1時間遅れました
信じられないような長蛇の列が。

Img_2196

ルーブル内は撮影自由なので
興奮して写真をバシバシ撮りましたが
まぁ、本物を見るにしくはなし、ですねthink

私の座右の銘、
「目には目を、歯には歯を」の
ハンムラビ法典だけUPしとこうhappy01
倍返しじゃないからカワイイもんですnote

Img_2197

いつの間にか雨が
最後のパリ滞在日なのにぃ~sad

Img_2218

ルーブルの後は
オランジュリー美術館に行きました。
オランジュリー、モネの睡蓮だけじゃなく
私の好きなアンリ・ルソー、ユトリロなどのコレクションが
充実していて
とっても満足できましたhappy01

その後、お土産を購入し
小腹を満たしてパリ満喫終了。

他にも行きたいところはいろいろありましたが
今回は約1.5日のパリ滞在なのでこんなもんですね。
まぁ主だったパリの観光地は前回行きましたから
これでOKですgood


恒例(?)のお土産集。

↓会社の皆さんへの配布用。

Img_2228

上はボルドーのスーパーで買った
オレンジチョコ。
ネスレとかリンツのチョコが並んでたんで
「フランスのチョコを買わなきゃ」
と思ってはいたのですが
後で調べたらコートドールは
ベルギーのチョコだったcoldsweats01

下はパリの典型的な土産物屋で買った
観光名所写真付きチョコ。
やはりどこへ行ったのか分かる土産が一番、
というのが私のモットー。

↓自分用の土産。

Img_2227

La Cure Gourmande という
クッキーの量り売りのお店が
あちこちに出来ていて
つい買ってしまったcoldsweats01

右上のはオレンジピールチョコ。
↓左上のはこんなかんじのチョコ。

Img_2229

↓缶の中身はクッキーやチョコの詰め合わせ。

Img_2230

2週間ほどで完食しましたcoldsweats01

↓残りのユーロを使い切ろうと
帰りのシャルルドゴール空港免税店にて。
ラデュレのマカロンhappy02

Img_2222

Img_2221

満喫しましたnote
やっぱパリ好きだなぁ~happy02
次はパリマラソンにして
もっと長く滞在しようかなwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルドー:ワイン以外のあれこれ

メドックマラソンがメインイベントではありましたが
それなりに観光したり食を楽しんだりもしましたhappy01

↓ボルドー空港の荷物受取場。
空港からして既にワイン気分wine

Img_2068

↓サンテミリオンでのランチ。

Img_2092

Img_2093

Img_2094

ボルドーで泊まったホテルから
歩いて行けるところにあるブルス広場。
夜になると「水鏡」なるものが出現し
ライトアップされた様子がそれは美しい
と聞いたので行ってみることに。

地図の"Le miroir d'eau"というのが水鏡。

この日の夕飯はスーパーで惣菜を買い込み、
暮れゆくブルス広場を眺めながらいただきましたrestaurant
ご一緒したU原さんは
酒豪と自称していた通り、ワインを1本空け
飲み足りなかったらしく
ホテルに戻ってからもバーへ行って飲んだそうです。
どんだけ酒豪なんやcoldsweats02

↓水鏡出現中。

Img_2108

Img_2110

Img_2111

Img_2113

Img_2114

暗くなると幻想的ですねnight

Img_2117

↓靴脱いで立ってみました

Img_2118

Img_2119

↓ガロンヌ川。

Img_2115

↓と、ピエール橋。

Img_2116

レースの前日9/6は
U原さんのお誕生日だった為、8名ほどで
お誕生お祝いディナーを
アルハンブラ」というレストランにて。

アルハンブラ、といってもスペイン料理ではなく
普通のフランス家庭料理といった感じ
おいしかったですhappy01

Img_2163

Img_2164

Img_2165

Img_2166

Img_2167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メドックマラソンの前々日と前日に訪れたシャトー

台風で予定が狂ったんで
この機会に溜まってたのを全部UPしてしまおうcoldsweats01
もうそろそろ2ヶ月前のネタになってしまう
メドックマラソン関連ネタです。

まずは9/5午前に訪れた
ソーテルヌ地区のCh. Suduiraut.

Img_2070

Img_2072

Img_2073

Img_2074

Img_2077

ここでは貴腐ワインを試飲しましたhappy01

Img_2081

ファーストラベルとセカンドラベルが
1杯づつ試飲できます。

Img_2084

↓こっちが確かセカンド。写真の順番的にbleah

Img_2082

↓で、こっちがファースト。

Img_2083

確かに味が違うのですが
どっちもおいしいですhappy02

お次はサンテミリオン地区に移動。
街全体が
「一大ワイン観光地!」って感じでした。

Img_2088

Img_2089

Img_2091

ここで各自ランチをとった後、
Ch. Cardinal-Villemaurine へ。

Img_2095

家族経営の小じんまりとしたシャトーでした。

Img_2096

娘さん作らしいオブジェがあちこちに
ちなみの奥のピンクワンピの女性は現地ガイドさん。
ラブリーな服装が印象的でした。
・・・私より年上っぽいんだけどcoldsweats01

Img_2097

このシャトーでは地下の貯蔵庫も見せていただきました。
この日は結構暑かったのですが
地下の貯蔵庫、すごい寒いsad

Img_2100

↑暗くて何が何やら分からないので以下フラッシュ有り撮影。

Img_2103

Img_2104

どこをどう掘ったのか分からないくらい
入り組んでて
ここに一人で放り出されたら
永久に出られないのでは?って感じの迷路状態。

↓無事地上に戻って試飲。

Img_2105

日にち変わって
10/6午前。
給ワイン所のブログで既出の
メドック地区ポイヤック村の
Ch. Lynch Bages へ。

Img_2122

↓そういえばここの壁には
おどろおどろしい絵がいっぱいかかっていた。
なぜ?
ワインがおいしくなるおまじないか???

Img_2125

Img_2128

Img_2130

楽しい試飲タイムhappy01

Img_2132

Img_2133

マラソン前日に訪れたので
給ワイン所設営中↓

Img_2134

「がんばれ!あと22.195kmだよ!」
まぁこのくらいのフランス語なら
英語読みで何とか理解できますね。

Img_2136

↓カヌレはボルドーの伝統菓子なんだそうで。
食べてみましたhappy01

Img_2137

メドックマラソン、エキスポ会場の様子。
小規模な感じです↓

Img_2138

↓ここも給ワイン所ブログで既出。
Ch. Pichon Longueville.
ここは外から見ただけ。

Img_2140

Img_2141

9/25にBS-TBSで放送された番組↓で
http://www.bs-tbs.co.jp/genre/detail/?mid=SPT1303700
Qちゃん憧れのシャトーとして紹介されてました。

このシャトーを見てからクルリと後ろを振り向くと・・・

Img_2143

この帽子のような建物は、、、

Img_2147

です。
見るなりワイン好きの皆さんが駆け出して行きました
5大シャトーの1つらしいです。
まぁワインには詳しくない私でも
シャトー・ラトゥールって名前くらいは
聞いたことありますもんね。

↓走って行っても中には入れませんよ。

Img_2145

ここも外から見るだけだった
Ch. Margaux。
同じく5大シャトーの1つらしいです。

Img_2149

Img_2148

ここはCh. Latourのように看板さえありませんでした。
名乗らんでも分かるやろ、みたいな威厳?
さすがシャトー・マルゴー。

そしてCh. Margauxの近くの
Ch. Rauzan Gassie。

Img_2153

Img_2155

Img_2159

ここでは3種試飲させてもらえましたhappy01

Img_2157

Img_2156

私は基本的にフルマラソンの前日には
アルコールは飲まないのですが。
(マラソンの神へのみそぎ?coldsweats01
でもシャトー巡りしてて飲まないのはもったいないので
今回は飲んじゃいましたwine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書日記:あなたの人生を変える睡眠の法則

「人生を変える」っつーのは
ちょっとオーバーだと思うけど
会社最寄りの本屋で
平積みされていたのを見て
タイトルが気になり購入。

前にも何かの読書日記で書いた気がしますが
「睡眠」と「運動」と「脳の活性化」の関連性に
非常に興味を持っておりますので
この手の本はつい買ってしまいますcoldsweats01

あなたの人生を変える睡眠の法則

著:菅原 洋平
お気に入り度:★★★☆☆
お勧め度:★★★☆☆



この本に書かれている
・朝起きて6時間後に5分間目を閉じる
・朝起きて11時間後に5分間姿勢を正す
ってのを4~5日間くらいやってみた。
そのうちの2日間くらいは
午後眠気を感じたりしたので
「うーん、効果ないんか?」
と思ったりしたが
巻末についている資料を見ると
速攻性があるのものではないので
習慣化すると効果あるのかもしれないthink

「午後の会議はなぜ眠くなるのか」とかは
なるほどな~と思ったり。
あと私は飴を食べると噛み砕いてしまうクセがあるのですが
これは睡眠時間が足りてないからなんだそうで
1日6時間睡眠は死守してるんだけどなぁ。。。
睡眠の質が悪い、ってことか???

徹夜せざるを得ない場合の休憩方法などについても
かかれているので
該当する方は読んでみてはいかがでしょう?

受験生時代は
「睡眠時間を削っても勉強する」ってのが
当たり前だと思ってましたが
あの方法間違ってたのかもなぁ、と思ったり。

余談ですが
この本の読了2日後くらいに
NHKの朝のニュースで
寝苦しい朝の快眠方法みたいな話をやっていて
この本の作者が出演してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書日記:竜馬がゆく①②③

これもだいぶ前、
GWに読了した分ですcoldsweats01

座右の書にあげる人が多い本書ですが
私、幕末史が割と苦手でしてcoldsweats01
大河ドラマ「篤姫」「龍馬伝」「八重の桜」で
多少明るくなりましたが。。。
幕末を扱った小説読むの、初めてかも。

竜馬がゆく①②③

著:司馬 遼太郎
お気に入り度:★★★☆☆
お勧め度:★★★☆☆

   

読了したのも大分前ですが
買ったのは更にもっと前で
大河ドラマで「龍馬伝」をやってた頃coldsweats01

「龍馬伝」は「ハゲタカ」チームが制作だったので
ものすごく期待していたのですが
「うーん、何か龍馬のキャラとドラマの流れが
 一致してない気がする。。。」
と何だか釈然としなかったので
小説で読んでみよう、と購入したのでした。
(ドラマの原作ではないですけどね)

「龍馬伝」では福山が演じる
イケメンな龍馬でしたが、
「竜馬がゆく」の方は
見た目は冴えない、って感じの描き方ですねcoldsweats01
素行もガサツな感じだし
でも剣の腕は抜群で
男にも女にもめっぽうモテる、って設定。
あ、男にモテるってのは
モーホー的な感じではなくて
天性の「人たらし」的な感じですかね。

③巻の終わり辺りで
「あーもうすぐ武市さん失脚するなー」ってところなので
そろそろ物語が動き出しそうな感じですね。
④巻読むの楽しみなんですが
GW以降、他の本にちょっと寄り道してますbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書日記:太陽のパスタ、豆のスープ

これもだいぶ前、
屋久島旅行の往復時に呼んだヤツcoldsweats01

太陽のパスタ、豆のスープ

著:宮下 奈都
お気に入り度:★★★☆☆
お勧め度:★★★☆☆



おいしそうなタイトルに釣られて購入coldsweats01
裏表紙を見ると
「うーん、ちょっと自分探し系?」
な感じ。

読んでみると確かに自分探し系で
「自分探し大好き」
って人には
お勧め度、星5つです。
でもいい加減大人になってくると
こういう自分探し系な話って
ちょっとウザいというか
青臭いなぁと思ってしまうthink
まぁ私が歳をとったということですねcoldsweats01

とはいえ
読み物としてはまぁまぁおもしろいです。
ということで星3つ。
薄い本なのですぐ読めるし
気軽な息抜きにはいいんじゃないでしょうかgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書日記:鸚鵡楼の惨劇

8月くらいに読んだ小説だけど
今更感想coldsweats01

最近「イヤミス」というジャンルが
確立されているようで。
湊かなえさんに代表される
「読後、いやーな気分にさせられるミステリー」
のことを指すんだそうな。

鸚鵡楼の惨劇

著:真梨 幸子
お気に入り度:★★★☆☆
お勧め度:★★★☆☆



そこそこ文章量多いですが
一気に読めました。

1962年、西新宿に建っていた鸚鵡楼(おうむろう)という洋館。
そこで起きた惨劇。
その跡地に建ったバブル期の高級マンションで
再び目を覆う惨劇が起きる。
というプロットに興味を引かれて買いました。
古い洋館が好きなもんでついcoldsweats01

この作家さん初めて読みましたが
人物描写が巧みです。
セレブ幼稚園に通うママ友達の
何ともイヤーな感じとか
ダサい姑のイヤーな感じとかcoldsweats01

ただ幼女に対する性犯罪が結構出てくるので
「うぇ・・・gawk
って感じがします。
読んでて眉間にシワが寄ってましたthink

ラストが巧妙でした。
小説ならではのレトリックを巧みに利用というか。
そして「あらま、殺しちゃったんですか?coldsweats02
な終わり方。

そこそこおもしろいので
そこそこお勧めできる小説です。
(思えばひどい評価かもしれんsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼きたてパン曜日:りんごブリオッシュ

10月といえども暑いですが
ストック置き場がいっぱいになってしまうので
1つ消化しました。
今回は「りんごブリオッシュ」です。

Img_2261

シナモンをまぶしたりんごが
生地に混ぜ込んであります。
シナモン&りんご、
不味いわけがありませんhappy02

前にブリオッシュを雪だるま型にした時は
オーブンで焼いている間に
上の玉が滑り落ちてきてcoldsweats02
大変なことになりましたが
今回は下の台になる部分の穴を
思い切り大きく開けてみたら
いい感じの焼き上がりになりましたscissors

溶き卵もいつも塗り過ぎて
焦げてしまうんだけど
今回は控えめに塗ったので
きれいに焼けましたgood

ベルメゾン:焼きたてパン曜日
http://monthly.bellemaison.jp/200/pr/880200862/300844/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書日記:必ず食える1%の人になる方法

藤原和博さんの著書は
なかなか視点がおもしろくて
過去にも何冊か読んでます。

横浜の地下街の本屋で
平積みになってるのが目についたので購入。

必ず食える1%の人になる方法

著:藤原 和博
お気に入り度:★★★★☆
お勧め度:★★★★☆



1%の人になる、って言葉だけ見ると
なかなかハードルが高い気がしますが
要は100人に1人の人になれ、ってことで
がんばれば誰だって100人に1人くらいにだったら
なれる、と
藤原さんは説いています。

でも「がんばれば」ってところがミソで
その頑張り方について4つの分野に分けて説明してます。
端的にいうと
A:社長タイプ
B:自営業タイプ
C:公務員タイプ
D:研究者タイプ
で、
それぞれの分野で100人に1人になる方法について
7段階に分けて説明しています。
(その内最初の3段階は4分野共通。)

4分野×7段階ってのが
すっきりとしてて読みやすいです。
さすが元リクルートの営業。
分かりやすいプレゼンのセンスが光りますshine

冒頭で
・パチンコをする人
・電車の中で携帯ゲームに没頭する人
はダメだ、と
一刀両断しているところに
藤原節が感じられます
現代の若者への警鐘でもあるんでしょうねぇ。
リクルート辞めた後、中学の校長先生になったって人だから。

読みやすい本なのですぐ読めます。
社会人歴が浅い人は、もちろん
自分の働き方について再考したい人にも
お勧めかな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書日記:BOSS

読書日記もシネマ日記も
たいぶ溜まってるので
ぼちぼちUPしていきます。
メドックマラソン旅行記も
まだ終わってないや、そういえばcoldsweats01

とりあえず昨日読了した
堂場瞬一さんのBOSSを。
堂場さんの本は
前に警察物を読んだので
今回はスポーツ物を。

BOSS

著:堂場 瞬一
お気に入り度:★★☆☆☆
お勧め度:★★☆☆☆

メジャーリーグの
ゼネラルマネージャーの話。
映画「マネーボール」を観てると
特に興味深く読めると思います。

スポーツ物だけど
リーダー論みたいな読み方もできます。
メッツの日本人ゼネラルマネージャー、高岡と
ブレーブスのゼネラルマネージャー、ウィーバー
タイプの違う2人のゼネラルマネージャーの話。

野球の試合シーンの描写が
生き生きとしていて
目の前で試合を観ているような感じがします。
2人のゼネラルマネージャーの心の葛藤も
なかなか読みごたえあります。

でも星が2つなのはなぜかcoldsweats01というと
「まぁ結論としてはこうなるよね」って
終わり方なのと
高岡の恋人の描き方がなんだかねぇ。。。
って感じだったので。
前に読んだ「雪虫」の主人公・鳴沢了の恋人も
こんなタイプだったなぁ、と思ったので
堂場さんの好きなタイプなのかもしれませんが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地で朝ご飯&中央区宝探し

今年も参加してきました!
中央区宝探しhappy01

http://www.takarush.jp/promo/chuo/

3年連続参加してるので
大分慣れてきましたscissors
とはいうものの
2問ほど暗号解読に苦戦し
少々寝不足状態にcoldsweats01

例年通り8:00にTAKEPYONちゃんと
築地で待ち合わせてまずは朝ご飯happy01

Img_2238

Img_2239

Img_2240

もちろん焼きたて玉子焼きも食べましたhappy01
これを食べないと宝探しは始められません(?coldsweats01

Img_2241

今日は生憎の雨でrain
こんな日に宝探しするなんて
私達くらいだろう、と思っていたら
いやいや、あちこちでお仲間に遭遇しましたhappy01
みんなどんだけ宝探し好きなんやcoldsweats01

会期が11/4までなので
ネタバレは避けます。
今回も無事8つのキーワードを探すことが出来ました!good

ちょっと遅いランチとして
月島でもんじゃ焼き食べたので
キーワード提出は
月島でしても良かったのですが
今回はまだまだ「あまちゃん」で沸く
銀座の「いわて銀河プラザ」に提出しました。

まめぶ、食べてみたい~~~!happy02
と思ったのですが
まめぶ試食販売はやっておらず
(来週実演販売があるらしいです)
代わりに「ずんだアイス」をいただきましたnote

Image002

中央区宝探し、今年も楽しませてもらいましたshine
来年も是非参加したいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »