« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

June 15, 2013 (Sat.) 屋久島旅行、第2日目

AM4:00に縄文杉トレッキングのガイドが
宿まで車で迎えに来てくれることになっていたので
朝3:00起床night

トレッキングシューズと靴下はレンタルだが
(2泊3日のレンタルで1,200円。)
それ以外は自前で
ほとんどフルマラソンに出る時の装備である。

最初、トレッキングってどんなものか
いまいちピンとこなかったんだけど
体験者のブログ等読んでる内に
「・・・これはナメたらイカンぜよcoldsweats02
なくらい大変な「スポーツ」であることが分かりsweat02
物見遊山なハイキング気分で行くと
とんでもない目に遭うぞ、と
いうわけで
速乾性の長袖TシャツにCW-Xのタイツ、
ザックにはウィンドブレーカーと
富士登山の時に買ったカッパ上下、
そしてフルマラソン並みに
ウィダーINゼリーやらキャンディやら
カロリーメイト(←これはマラソンの時は持って行かないが)
あとは宿に注文しておいた朝・昼のお弁当
を詰め込んで準備。

そして迎えに来てくれたガイドさんの車に乗って
別の宿の女性2名を途中でPickUp。
この5人グループで縄文杉目指して山を登るわけである。

車はまず屋久杉自然館へ。
まだ暗い早朝の道路、
車道にいきなり鹿が飛び出してきてwobbly
びっくりしたりしながら到着。

縄文杉トレッキングは
荒川登山口がスタート地点なのだけど
ここは車両乗り入れ禁止の為
屋久杉自然館にガイドさんの車を駐車し
そこから登山バスで約50分ほどの
荒川登山口へ。
朝早いのにバスは補助席まで使っての満員である。
まぁ屋久島に来たからには
縄文杉見たいもんねthink

ようやく辺りが白々としてきた頃、
荒川登山口到着。
ここでお弁当を食べ
ストレッチをし
トイレもしっかり済ませて
5:30、縄文杉目指して出発run
因みに想定往復時間は10時間であるsweat02

登山口から約8kmはトロッコ道。
途中柵のない鉄橋をおののきながらshock渡ったり
しながら進む。

きれいな翠の水が流れる川。

Img_1959

マラソンと同じく給水は大事!
ところどころで休憩しながら進みます。

Img_1960

約8kmのトロッコ道の終わりで一旦休憩。
この先がいよいよ険しい登山道の始まりです。

いきなり股関節の柔軟性が求められる
急な岩道を登る登山道sad
軍手必須です!
私は忘れてきてしまったので
トレッキングシューズレンタルの店で
軍手を購入しましたが
岩に手をついて体を支えないと
登れないような道が多々あります。
ホント、縄文杉トレッキングはナメたらイカンですsad

道は険しいが
周りの景色は緑が深くて素晴らしいですhappy02
癒されますshine

Img_1961

Img_1962

↓「もののけ姫」に出てくるシシ神様に似てるらしい。

Img_1963

私は自称・映画通ですがcoldsweats01
アニメは観ないので
ジブリは「風の谷のナウシカ」しか観てませんcoldsweats01

屋久島は宮崎駿監督が
「もののけ姫」を製作するにあたって舞台のモデルとした土地なんだそうで
「もののけ姫」を観ずに屋久島に来る人は珍しいらしいcoldsweats01
ガイドに「シシ神様の杉ですよ~」と言われ
ぽか~んとしていた私は
「あなた、反応悪いよ」とたしなめられましたcoldsweats01
だからアニメは観ない人なんですってば!

Img_1964

フツーに鹿がいます。
鹿、いっぱい見ました。

Img_1966

Img_1967

Img_1968

Img_1970

Img_1972

トロッコ道が終わってから0.6kmほど行ったところに
ウィルソン株があります。
縄文杉トレッキングコースの
人気ポイントの一つです。

なぜかというと・・・

Img_1977

株の中が空洞になっていて
中から見上げるとハート型に見えるからですheart01
でもここが恋愛のパワースポットとか
そういうことはなさそうですcoldsweats01
でも中に一応小さな祠があるので
ちゃんとお参りしましょう。

この登山道、いたるところに湧水が出ていて
飲んでも安全な湧水はガイドさんが教えてくれます。
このウィルソン株から少し先へ行ったところの湧水がおいしいですhappy01
是非飲みましょう。
湧水があるので
持参するスポーツドリンクは
500mlボトル1本で十分です。
但し、湧水だけではエネルギー不足なので
粉末のスポーツドリンクの素を持っていくといいです。
私はアミノバイタルの粉末を持参し
おいしい湧水でいただきましたnote

世界遺産登録地域に入る手前のところで
お昼ご飯。
お弁当をいただく。
ガイドさんが湧水をやかんに汲んで
携帯コンロで湯を沸かし
味噌汁orカフェオレをふるまってくれましたhappy01
私は塩分補給の為、味噌汁をいただきましたが
森の中でいただく味噌汁は
インスタントでもウマい!!!good

Img_1980

Img_1982

木でできたトンネルをくぐります。

Img_1983

ようやく縄文杉に到着ーーー\(^o^)/

Img_1986

その大きさに圧倒されます!

Img_1987

でもガイドさんに言わせると
縄文杉、弱ってるそうですweep
縄文杉を観光スポットとする為
周りの木を無計画に伐採したりしたのが
影響しているようです。
観光客は集めたいけど、その為縄文杉が弱っていくweep
悲しいアンチノミーですね。。。

しばし縄文杉を堪能した後、
帰路へ。

↓メドゥーサと呼ばれる木らしいですw

Img_1994

Img_1996

ウィルソン株に至る少し手前で
回り道すると「妖精の家」と呼ばれる
樹洞があるらしい。
同行の方の中にジブリ&メルヘン好きの方がいたので
「妖精の家」へ行ってみることに。

・・・しかし。

この道がハンパないくらい険しかった!!!sad
これ道なの???ってくらい。

ようやく「妖精の家」に到着。

「妖精の家」単独で撮った写真がなく
私も写ってるものをUPしますがご容赦下さい(?)。

Img_1995

私が立ってる場所が
「妖精の家」の屋根とお考え下さい。
この中が空洞になってて
家のような感じになってるんですわ。
因みに私には妖精は見えませんでしたがcoldsweats01
スピリチュアルな人がここを訪れると
何かが見えるのかも?しれませんthink

「妖精の家」からウィルソン株の脇に出る道を行くのですが
この道が苔むしてて
きれいな水が流れてて
とてもマイナスイオンたっぷりshineでした。

Img_1998

Img_1999

Img_2000

15:40、ようやく荒川登山口に到着\(^o^)/
長かったわーーー!

無事下山するとこんなのがもらえます。

Img_2040

マラソンの完走証みたいなもんですね。
でも手書きのところは自分で書くので
あんまりありがた味ないかもcoldsweats01

ちなみにこの翌日から
3日間筋肉痛に見舞われましたgawk
週3回ジョギングしている私ですらこうなので
縄文杉トレッキングに行こう、と思ってる方は
それなりに鍛えていくことをお勧めします。

屋久島旅行、第3日目編に続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

June 14, 2013 (Fri.) 屋久島旅行、第1日目

旅立ちの朝からトラブル続きgawk

6:20羽田発の飛行機に乗る為
最寄りの駅5:00の始発に乗って
ギリギリ間に合うプランだったのに・・・

何と5:00の電車に乗り遅れましたshock

小降りだと思っていた雨が
意外と雨脚が強く
キャスター付きバッグにビニール袋掛けたり、とか
やってるうちに
家を出る時間が遅くなり
タッチの差で乗り遅れてしまったwobbly

雨の中、キャスター付きバッグを引きずりながらも
走って駅にたどり着いた私の前を
無情にも走り去る電車traintraintraindash

頭の中が真っ白になるとはこのことだったshock

早朝なので次の電車なんてすぐ来るはずはなく
ウチの最寄り駅はさびれた駅sweat01なので
昼間でもプールしてるタクシーなんてない。
おののきながらもタクシーの配車センターに電話すると
「あ~5分くらいでそっちに行ける車がありますからぁ~」
と地獄に仏な応答shine

早朝で道も空いてたせいか
5:50には羽田に着きました。やれやれcoldsweats01
電車で行ってもそれくらいに到着だったし、
車なので出発ロビーに横付けなので
却って楽だったかもwink
が、いきなり7,000円というイタい出費weep

8:10鹿児島空港に到着airplane
雨降ってた川崎とは
同じ国内とは思えないくらいの晴天sun

Img_1951

あまりに空腹だったので
(朝ごはんは一応食べてから家を出たのだが。。。)
ドトールで
日本全国どこで食べても同じサンドイッチを食すbread
朝早過ぎて、空港内で開店してるのが
ドトールくらいしかなかったのだthink

鹿児島から屋久島へは高速船shipで移動するので、
空港からシャトルバスbusで鹿児島港まで移動する。
バスが出るまで30分ほど時間があったので
土産物屋を冷やかし
鹿児島といえばさつま揚げrockなので
揚げたてのチーズ入りさつま揚げを買い食いrestaurant
あ、写真撮るの忘れましたcoldsweats01
でも揚げたて、というわりには
あんまり熱くなかったなぁ~despair
ほんのりあたたかい程度。

その後シャトルバスにて鹿児島港へ移動。

船の向こうに見ゆるは
雄大な桜島!

Img_1952

富士山も見ると元気が出ますが
桜島も見ていると何だかパワーがもらえますup

出港までに小1時間ほどあるので
港から歩いてすぐの鹿児島市内の繁華街、
天文館をブラブラすることに。

天文館にあるデパート、山形屋が
レトロな建物でとってもいい感じshine

Img_1953

鹿児島に来たからには
やはり白くまが食べたいhappy02

Img_1956

山形屋最上階のレストランで
白くまフェアをやってるとのことなので
行ってみることにした。

・・・しかしsweat02

最上階のレストランは
レトロな外観からは想像を異にする
実に庶民的な「食堂」だった。
山形屋って
1階は普通のデパートの特選フロアなんですよ。
ヴィトンとかエルメスとかが入っていて。
最上階の「食堂」の庶民的な感じが
かなりのギャップcoldsweats01

何はともあれ白くまを注文。

Img_1954

氷がフワフワでおいしい~happy02

ところでこの食堂にはナゾのものが
テーブルに鎮座してました。

Img_1955

このビールジョッキ大のもの、
中身は三杯酢です。
なぜこんなにいくつも三杯酢?
と不思議に思い
帰ってきてから調べてみたら
この食堂、焼きそばがおいしいらしくて
有名(?)なんだそうです!
その焼きそばに三杯酢を
ドボドボにかけて食べるとおいしさUPなんだそうな。
今度行くことがあったら焼きそばを注文してみようsmile

さて、鹿児島港から
高速フェリーで約2時間ほどで屋久島に到着。

宿に荷物を置き
ちょっと遅めの昼食。

「トビウオの刺身定食」をオーダー

Img_1957

お向かいのお皿は
TAKEPYONちゃんが注文した
「首折れサバの刺身定食」。
トビウオも首折れサバも
屋久島の名物だそうです。

しかし、泊まった宿では
毎晩トビウオ料理が出た。
だったら、この日のお昼は首折れサバにしておくべきだった、と
ちょっと後悔coldsweats01
でも宿で出たトビウオ料理は
揚げor煮だったので
刺身で食べられて良かったのかも?
淡白な感じのお刺身でした。
小骨がちょっと多いがcoldsweats01

ランチ後、お土産を買ったり
翌日の縄文杉トレッキングに行く為の
トレッキングシューズをレンタルしたり、で
翌日の朝3時起きに備えて
初日は21:00頃に眠りにつきましたsleepy

「屋久島旅行、第2日目」編に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シネマ日記:ワン・デイ 23年のラブストーリー

鑑賞方法:録画
お気に入り度:★☆☆☆☆
お勧め度:★☆☆☆☆

この映画、予告観た時に
すごーくいいなぁと思ったんだけど
観てみたら
何かイマイチだったdespair

前半はすごーく良かったんだけど
何か主役の男女があまりにすれ違い過ぎて
観てていい加減イライラしてきてcoldsweats01
やっとお互いの気持ちが通じ合ったかと思ったら
アン・ハサウェイが・・・でしょthink
(ネタバレになるので多くは語りませんが。。。)
何かあまりに救いがなくないか?と思ってしまったgawk

そんなわけでお気に入り度・お勧め度ともに
星一つというイマイチな評価となりましたsweat01

あ、ただ一つアン・ハサウェイの演技は素晴らしいです!
最初のダサダサな大学生から
次第にオーラを放つ美女に変身shine
お見事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »