« 読書日記:現実を視よ | トップページ | 読書日記番外編:トルコで私も考えた(トルコ料理屋編) »

読書日記:わたし革命

これ、有森さんご本人が書いたのかな?
ゴーストライターさんが書いたんだろうか?

わたし革命

著:有森 裕子
お気に入り度:★★☆☆☆
お勧め度:★★☆☆☆

文中に素人臭い比喩表現が
いっぱい出てくるんですわgawk
ダイヤモンドを砕いたような
そのキラキラした粒の一粒一粒を、、、とか
うぇ、臭い!!!って感じbearing
文筆が専門でない有森さんが書いたから、とも言えるけど
アスリートがこんな臭い表現するかな?
三流のゴーストライターが書いたからかな?とか
いろいろ勘ぐりながら読んでしまったcoldsweats01

私が走り始めたのは
有森さんが活躍していた頃を過ぎてからなので
プロ宣言とかガブ君との結婚の騒動とか
「あ~そういえばそんなこともあったね」って
ニュースでチラ見した記憶しかないのですが
その辺りのことも書かれていて
有森さん結構苦労されていたのね、って感じです。

でも、まぁ、上記のような臭い表現が鼻に付く為
普通のエッセイとしておもしろいかどうかは不明think
何らかのスポーツをやってる人には
それなりに興味深く読めるとは思います。

|
|

« 読書日記:現実を視よ | トップページ | 読書日記番外編:トルコで私も考えた(トルコ料理屋編) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/57217135

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記:わたし革命:

« 読書日記:現実を視よ | トップページ | 読書日記番外編:トルコで私も考えた(トルコ料理屋編) »