« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

豚しゃぶ食べながらレミゼ振り返り会

川崎在住の私が
何で渋谷の映画館でレミゼ観たかというと
その後で代官山のしゃぶしゃぶ屋に行きたかったからですwink

間人 代官山
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13003389/dtlrvwlst/431911/

しかし、レミゼ振り返り会としては、、、

・あまりに不幸なシーン続きで精神的に拒否反応を示し、
 途中で眠ってしまった人:約1名

・開始早々10分で早くも号泣し始めた超涙腺ゆるい人:約1名

・だからクラい話のミュージカルは嫌いなのよーと
 悪態つきながら観た人:約1名(これ私coldsweats01)

というメンバーでは感想がすれ違いまくりで
結局普通のお食事会となりましたがsmile


黒豚しゃぶしゃぶのコースと
単品で2品ばかり注文。

照明が雰囲気イイ感じに暗いので
写真はイマイチ見づらいですがsweat01
ちょっと補正したんだけどね。。。

生ゆば。うまい!happy02

002

お刺身3種。

003

クレソンのサラダ、だったかな?
上に生ハム載ってます。

004

えびパン。激ウマhappy02
これがおいしい、と聞いたので
来てみたかったのだ!
期待を裏切らないおいしさ!good

005

ホタテのさつま揚げと海老しんじょ。

006

で、メインの豚しゃぶ。

007

とってもおいしいのですが
ここで通路を挟んだ隣のテーブルの
若者4人組が来た早々タバコを吸い始めangry
せっかくのおいしい豚しゃぶが台無しbearing

しゃぶしゃぶの後
この鍋においしい蕎麦を投入するのですが
せっかく香り高い蕎麦も
隣から漂ってくるタバコの臭いで台無しangry

全席喫煙可、となってるのでしょうがないけど
せっかくおいしい料理出してくれるお店なので
せめて分煙化してほしいなぁ。。。

デザートは桜餅アイス。

008

私は気づかなかったのですが
途中で倖田來未が赤ちゃん抱いて
ダンナさんと一緒に入ってきたらしいです。
同行の2人は気づいたのですが
私は全然気づかなかったcoldsweats01
ゲーノー人が来るとは
さすが代官山eye

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シネマ日記:レ・ミゼラブル

久々に映画館で鑑賞。
うーん、世間での評判は非常に高いのだが
私はあんまり好きな種類の話ではなかったcoldsweats01

レ・ミゼラブル

鑑賞方法:映画館(TOHOシネマズ渋谷)
お気に入り度:★☆☆☆☆
お勧め度:★★★☆☆

Lesmiserables

http://www.lesmiserables-movie.jp/

お気に入り度が低いのは
私が暗い話のミュージカルが嫌いだから、という
全くもって個人的好みの問題coldsweats01
でも作品の質的には別に悪いわけではないので
お勧め度はそこそこ。

始まってから1時間くらいまで
(ファンテーヌが死ぬ辺りまで)が
もう暗くて暗くてsad
ひたすら不幸で不幸でbearing
もう全く救いが無い
不幸のどん底なシーン続きでgawk
正直言って観ているのが嫌になりましたsweat02

そういえば私がレミゼの
舞台ミュージカルも観ず
原作も読んでないのは
「何か暗い話だなー」と思ったからで
その感覚は見事に当たっていたわけですねthink

そうは言っても文豪ヴィクトル・ユーゴーの原作、
このままひたすらクラい、では終わらんだろう、と
何とか気力(?)を繋いで観ました。

一番気に入ったシーンは
革命(歴史上は六月暴動と呼ばれている?)の最中
ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)が
囚われの宿敵ジャベール(ラッセル・クロウ)と
再会するシーン。
そうそう、私はこういう
心の葛藤があるシーンが好きなのよgood

でも
「私はお前を恨んでいないぃ~♪」と
単純に唄で表現してしまわずに
こういうシーンは役者の絶妙な演技で観たいわねぇ。。。despair
ま、ミュージカルだからしょうがないか。

「スウィーニー・トッド」の時も
同じ感想を書いたのですが、、、
ミュージカルって歌とダンスで芝居を進行させる特性上
(レミゼはダンスはありませんが)
明るくて楽しいハッピーエンドな話の方が
向いてると思うんですよねthink
クラい話をミュージカルで表現しよう、という意図が
どうもよく分からない。。。

ヒュー・ジャックマンはさすがに唄うまいですgood
この人、歌って踊れる人だとは知ってましたが、すばらしいshine

しかしヒュー・ジャックマンより唄上手いと思ったのが
マリウス役のエディ・レッドメイン君。
他の役者と歌う時の発声が全然違うeye
もしかして元々声楽をしっかりやってきた役者さん?と思ったら
イギリス人で
イートン校(パブリック・スクールよねぇ。いいトコの子?)から
ケンブリッジに進んだというインテリ君だった。
声楽の訓練を受けてないのにあのうまさ?coldsweats02

それにしてもマリウスとコゼットの最後が
個人的にいただけない。
革命に参加しながら
実はじーちゃんが金持ちだったんで
仲間たちが死んだら
じーちゃんとこ戻って
好きだったコゼットとも結婚してって、何それ?
とか思ってしまったgawk
エポニーヌが可哀想過ぎるだろう!とrock
マリウスを守って死んだのに
それでもエポニーヌに気持ちが傾かんのか?!と。

誰かエポニーヌを主役にしたスピンオフ作ってやれよ、と
思ったthink

あぁ!そして最後に一言。
クラいミュージカルは嫌いじゃ、とは言いながらsmile
映画中盤の革命前夜、
メインキャスト達が歌い継ぐ
"One Day More"が素晴らしかったですhappy02

それぞれの運命が革命の大きなうねりに
否応なく巻き込まれていくという壮大さを
見事に表現してて
これぞミュージカルって感じ。圧巻です!
唄が終わった時
思わず立ち上がって拍手しそうになったcoldsweats01
待てここは映画館だ、と思いとどまりましたが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

シネマ日記:ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

シネマ日記の方も
公約(?)通り、観た都度UP。
年初はやっぱりコメディよね、ということで
1作目も大いに気に入ったコレ。

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える
鑑賞方法:録画
お気に入り度:★★★★☆
お勧め度:★★★☆☆

個人的には
こういう悪ふざけが過ぎる映画って大好きなんだけど
万人受けはしないのかな、ということで
お勧め度が星3つ。
1作目よりはややパワーダウン気味かなー
と、いうか
1作目が新鮮過ぎて度肝を抜かれたせいもあるかも、だけど。

ビリー・ジョエルの「アレンタウン」という曲が
私は大好きなんですが
不運な花婿・ステュが運河で弾き語りする
替え歌「アラン・タウン」が
もう絶妙過ぎて
膝を叩いて爆笑しましたhappy02

かなり毒が強い映画だと思いますが
落ち込んでいたり、
何となーく気分が沈んでる時に観ると
間違いなく元気になれるんじゃないかと思います。
バカバカし過ぎてsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書日記:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

これも会社の図書館で借りたヤツ。
こういうのも一応仕事関連ってことで
会社の図書館にあるんですわsmile

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
著:岩崎 夏海
お気に入り度:★★★☆☆
お勧め度:★★★★☆

昨年かな?NHKで放送された
アニメを見てます。
AKBの子が主演した映画は観ていません。
(この先も観ないでしょうcoldsweats01

原作を読んで
アニメの方はものすごく原作に忠実に作ったんだなー、というのが
良く分かりました。
アニメを見て「何だかなー」と鼻についた部分が
原作ではスッキリと読めました。
これ読むと
確かにドラッカーの「マネジメント」読んでみたくなりますねsmile
これも会社の図書館にあるんじゃないかな?
探してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書日記:スティーブ・ジョブズ2

さて今年は公約通り
読み終わった都度UPしていくことにします。
・・・でも読み終わったの2週間前だけどねsmile

スティーブ・ジョブズ2
著:ウォルター・アイザックソン
訳:井口 耕二
お気に入り度:★★★★☆
お勧め度:★★★★☆

こちらも「1」と同じく会社の図書館で借りたもの。
「1」の方は予約してから約1年待ったのに
「2」の方はすぐ手元に来た。
「2」の方は人気がないのだろうか?smile

「2」の方はジョブズがアップルに復帰してから
お亡くなりになるまでの話です。
「1」に続き、相変わらず嫌な奴ですcoldsweats01
しかも「どっかおかしいんじゃないの?」的行動満載です。
ガンが発見されて
闘病の為に体力つけないといけないから
医者から肉を食べなさい、と言われているのに
若い頃ヒッピーやってて
変な東洋精神に感化されたせいで
有機野菜しか食べないので
全然良くならない。
しかも最初はガン摘出手術を頑なに拒むしwobbly
「東洋精神で治す」とかワケ分からんこと言って。
初期の段階でガン摘出してたら
ジョブズ今でも生きてたかもしれんのにねーgawk

個人的に印象深かったのは
2005年にスタンフォード大学卒業式での
伝説のスピーチの話。
最初、スピーチの草稿を脚本家:アーロン・ソーキンに
依頼してたんだそうだ。
アーロン・ソーキンと言えば
「ア・フュー・グッド・メン」「ソーシャル・ネットワーク」等の
脚本を書いた人で
私が一番気に入っている脚本家だ。

なのでこのくだりを読んだ時
「お!あの伝説のスピーチはアーロン・ソーキンが書いたのか?」
と思ったのだが
結局待てど暮らせどアーロン・ソーキンからの草稿が届かないので
焦りまくったジョブズが自分で書いたスピーチなんだそうだ。
まぁそれが結果として伝説となったわけだが、
でもアーロン・ソーキンが書いたらどんなスピーチだったんだろう、というのも
ファンとしては興味あるsmile

それにしても
読むのに時間がかかる本だった!
私は読むのはそんなに遅い方じゃないと思ってるんだけど。
この本は厚さから見て
「まぁ6時間くらいかなー」
と思ったのだが
結局10時間くらいかかったsad
それで目算を誤り
「1」の方は返却日前日
朝3時までかかって何とか読み終え、返却したのだsad
「2」の方は冬休みを跨いでいたので助かった。
訳文がそんなに不味いとも思えなかったんだけど
何であんなに時間がかかったのかしらん。。。think

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第32回フロストバイトロードレース完走記

1週間前の話ですが・・・coldsweats01

1/13(日)に第32回フロストバイトロードレース@横田基地で
ハーフマラソンを走ってきました。
ヴェニスで走らなかったから
レースは昨年6月のJAL千歳のハーフ以来だなぁthink

この大会は2010年にも走ってるので
2回目の参加です。
前回は年明け早々インフルエンザに罹り
直前に全然走ってない状態で出て大変だったsad
後半膝が痛くなってきちゃったし。

今回は
ストレートネックはもうほぼ完治しているので
体調は万全。
体重が少しばかり増えていることを除けばsmile

ハーフのスタートは11:00なので
9:30にJR牛浜駅で
会社のRUN友・M川さんと待ち合わせ。
フルだともうちょっと早く会場に着くようにするんだけど
ハーフなのでまぁ1時間半前に着いてればいいでしょsmile

会場が米軍基地内なので
入場時にチェックが結構きびしいです。
身分証明書必携だし
金属探知機とかで荷物チェックするし。

そんなわけで入場時に多少混むのはしょうがないんだけど
今回は入場してからスタート/ゴールや
荷物置き場等があるメイン会場に着くまでが
すごい渋滞で会場入りが結構ギリギリになってしまったshock
前回は入場後の渋滞なんてなかったのになぁ。。。

まぁウェアは下に着て家を出ているので
上に着ているものを脱ぐだけなんですが
そうじゃなかったら焦りまくりですわcoldsweats02

荷物置き場の体育館で上に着てきたものを
脱いでいる間に
「ズンバをしますので皆さんお集まり下さーい」という
場内放送が聞こえる。

・・・ズンバって何(・・?)

「ずん」という音に
何となく田舎くさいものを感じたのだけど(偏見coldsweats01
どうもラテン系のエクササイズのようだった。

↓こんな感じの。

やりたかったな~happy02
楽しそう!
入場後の大渋滞さえなければー!

ズンバの大音響の音楽が終わった頃
私たちはようやく着替えを終えて
トイレに行こうとしたんだけど
スタート近くのトイレがまた激混みbearing
RUN友・アトムさん情報によると
体育館のトイレの方が空いてたらしいbearing

とにかく大急ぎでトイレから出たのが
10:59sad
まぁスタートも混んでてなかなか進まなかったので
スタート地点に着くのが多少遅れたのは
大したハンデにはならなかったがthink

この日はこの時期にしては結構暑くて
ウェアは私の手持ちのものの中で
一番防寒性が高いものを着て行ったのだけど
あの気温だったら
半袖で走っても全然平気だったなぁ。
因みにこの翌日の月曜祝日に
大雪が降ったわけですsnow

給水は水のみ。
ハーフで水だと辛いなぁ。。。
前もそうだったっけ?
粉末のスポーツドリンクの素を持っていけばよかった。

給水所は5kmごとにあるんだけど
10km地点の給水所がなぜか激混みshock
バーゲン初日のデパートのような感じだったshock
もう紙コップさえ並べられてなくて
紙コップが置かれるや
奪い合い発生shock
ボランティアさん達がコップに水を入れる間もなく
ランナー達が奪い取ったコップで
水が入ったクーラーボックスから直接水を汲む、という有様。
ちょっとこれって衛生的にどうなのよーーーshock
でも水飲まない方がもっとヤバいと思ったので
まぁ飲みましたよgawk

給食も12, 3km地点辺りで
オレンジがもらえただけだった。
前回は16, 7km地点辺りでバナナがもらえたのになぁ。。。
スタート時間が11:00で
レースが通常のお昼ご飯時間をまたぐので
スタート前にウィダーinゼリーを飲んでおいたのだけど
それでもやっぱり途中でお腹が空いてきた。
前回の記憶から
「もう少し行けばバナナがもらえるはず。。。」
と思いながら走っていて
あれ?今回はバナナ無し?
と思った時、心がポキッと折れましたcoldsweats01

因みにゴール後、バナナが1本もらえました。
あまりにお腹が空いていたので
1本では空腹を満たせず
もう1本頂戴、と言ったら「1人1本だけ」と
ボランティアの金髪のお姉さんに言われましたweep

あとゴール後にアミノバリューも1本もらえましたが
走ってる途中で欲しかった。。。

ゴール後、着替え用のテントに向かったのですが
このテントがカーキ色の大型テントで
いかにも「軍用です!」って感じcoldsweats01
通常着替えテントは狭くて激混みなのですが
さすが軍用、広々としています。
何となくゲリラ戦に向かう兵士な気分を味わいながら
着替えましたcoldsweats01

レース後は立川で
M川さんと打ち上げbeer
時間は既に15:00になっていて
もうお腹ぺこぺこでした。
行ったのはM川さんが見つけておいてくれた
カンテラ」というイタリアンのお店。

ピザが激ウマだった!
ここはまた行きたいなぁ。。。
しかし「カンテラ」と聞くと
スペインサッカーを見ている者としては
「下部組織?」と思ってしまうのだがcoldsweats01

さて今回のレースの完走賞です。

Img_1882

このレース、もらえるトレーナーが
カッコイイ、ということで評判なのですが、、、
前回も同じことを書いた気がするのですが
・・・私、これあんまりカッコイイと思えませんcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書日記(2012年12月分)

12月は3冊読了。

・花宵道中(著:宮木 あや子)
・廃墟建築士(著:三崎 亜記)
・スティーブ・ジョブズ1(著:ウォルター・アイザックソン、訳:井口 耕二)



・花宵道中(著:宮木 あや子)



エロいですcoldsweats01
ビックリするほどエロかったですcoldsweats01coldsweats01
そういう意味で通勤電車の中で読むのはお勧めできませんcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
あれ?この感想、前にも書いたような?
そうだ、「1Q84」の時も同じ感想だった。
でも「1Q84」よりずーっとエロいですsweat01

まぁ吉原遊郭の話なので
エロいのはある程度しょうがないのですが。

でもこの小説、単にエロいだけではありません!!!

遊女たちの恋が悲し過ぎますweep
もうどんだけ泣いたか分かりませんweepweep
同じ遊郭で働く遊女たちがそれぞれの章の主人公である
短編集っぽい感じの構成なのですが
中でも「十六夜時雨」が切なすぎて泣けますweepweepweep
そういう意味でも通勤電車の中で読むのはお勧めできませんng

それに文章が何だか流麗で美しいのですよshine
宮木あや子さん、初めて読んだけど
他の作品も読んでみたくなりました。
(他の作品もエロいんだろうか?coldsweats01


・廃墟建築士(著:三崎 亜記)



三崎亜記さん読むの2作品目です。
相変わらずシュール。
ちょっと安部公房っぽいシュールさ?
前に読んだ「鼓笛隊の襲来」もシュールでしたけど。
こういうシュールな小説、好きですhappy01
三崎亜記さんのは、また読んでみようgood


・スティーブ・ジョブズ1(著:ウォルター・アイザックソン、訳:井口 耕二)

基本的に本は買う派なんですが
この本は会社の図書館で借りたもの。

でもずーーーーーっと前に予約しといて
忘れた頃に私の番が回ってきましたgawk
まぁ発売当時結構話題になった本なのでしょうがないですけどねdespair

1巻はジョブズ生誕~ピクサーでのお仕事あたりまで。

まぁこの本読む前から
エキセントリックな人だとは思ってましたが
想像以上にヒドイ人だったcoldsweats01
周りの人を平気で「能無し」とののしるわ、
部下のアイデアを「こんなのダメだ」とけなしておいて
後日その案を「いい案を思い付いたんだけどさ」
とさも自分が考えたかのように披露するとかΣ( ̄ロ ̄lll)
「ジョブズってアスペルガーってヤツなんじゃないの?」
と思った。
この本を読んで彼は確かに天才だったと再認識はしたけど、
でもこういう人が同じ職場にいたら嫌かも。。。coldsweats01


本の方は2012年トータルでは34冊。
月3冊ペースには及ばず、残念。
2013年はがんばろう。。。

読書日記の方も
シネマ日記と同じく
読了した都度UPする形式に変えようかな、と思ってますwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

シネマ日記(2012年12月分)

12月は1本のみ。

・しあわせのパン[録画]

何というか、、、「かもめ食堂」系ですねcoldsweats01
食べ物の映像とかすごーくおいしそうで
「あー、観てると何か癒されるわー」とは思うんだけど
私はもうちょっとパンチの効いた映画の方が好きなんだよなぁ~think
「かもめ食堂」はすごく好きな映画なんだけど
同じような系統のものがあんまり続くと
ちょっと食傷気味、というか。

でもパンを焼く映像とか
料理の映像はすごくイイですgood
「かもめ食堂」と同じフードスタイリストかなぁと思ったら
その師匠(?)にあたる人が
本作のフードスタイリストなんだそうで。

こういう映画見ると
「私もおしゃれな料理作りしよう♪」とか思うんだけど
いつの間にか忘れてますcoldsweats01



2012年に観た映画は
全部で38本でした。
月によってバラつきがあったけど
月3本は観たことになるので
まぁ良し、とするかconfident

月ごとにまとめて書いた方が
ブログ書く時間を短縮できるかなぁ、と思ってたのですが
そうでもなさそうなので
2013年は観た都度書く、かも?
(その時の気分によって変わるcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

焼きたてパン曜日:マヨマヨロール

焼きたてパン曜日の在庫、
やっと一掃しました\(^o^)/
積年の(?)宿題をようやく終えた気分。
キッチンの棚がスッキリしましたhappy01

今回焼いたのは
「マヨマヨロール」です。
名前がかわいいnote

Img_1879

生地にマヨネーズパウダーを練り込み、
焼きあがった表面にもふりかけるわけですが
写真のはまだ表面パウダー前の状態です。

冷ましてから
ビニール袋にパウダーを入れ
そこにパンを入れてシャカシャカしろ、と書いてあるので
まぶしてからだと写真撮りづらいなぁ、と。
やっぱりお写真は網に載っている状態じゃないと
焼きたて感が出ないでしょwink

かわいいボール型なので
おやつ感覚で味わえます。

cute焼きたてパン曜日cute
http://monthly.bellemaison.jp/200/pr/880200862/300844/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

焼きたてパン曜日:チーズフランス

明けましておめでとうございますhappy01
今年もよろしくお願いします。

1月3日は
箱根駅伝の復路を見ながら
パンを焼くのが
もう毎年の行事みたいになってきました。
実家でおせちやらお雑煮やらを食べてくるので
3日辺りになると
パンが食べたくなるのよね~bread

今回焼いたのは「チーズフランス」。
つぶつぶチーズが入ったフランスパンです。

Img_1877

見た目がイマイチごつい感じだなーdespair
楕円形にする時の綴じ目処理が
甘かったのかもしれんthink

それに焼き上げ前に振るった小麦粉、
今使ってる小麦粉が
特殊処理で粒子が細かいので
思ったよりたくさん振るえてしまってbearing

それにしても
焼きたてのフランスパンは
ホントおいしいですhappy01
皮はパリっと香ばしく
中はほわっとしててgood

さて
ようやく在庫があと1個になりました!
冬休み中に作ってしまおう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »