« 焼きたてパン曜日:紫いものメロンパン | トップページ | 読書日記(2012年8月分) »

シネマ日記(2012年8月分)

相変わらず「シャーロック / SHERLOCK」ばっかり見てますbleah
日常生活に支障を来たすので
「1日30分まで!!!」と
制限しています。
何回見てもイイですgood飽きませんhappy01

が、HDDに映画がたまる一方なので
こちらもがんばって観ています。
8月は3本消化。

・タワーリング・インフェルノ[録画]
・ブラック・スワン[録画]
・旅情[録画]


・タワーリング・インフェルノ[録画]

往年のパニック映画の傑作ですね。
私は実は初見ですcoldsweats01
165分と長い映画なのですが
長さを感じさせません。
スティーブ・マックイーンも
ポール・ニューマンもカッコイイですhappy02

それにしても火事ってこわいshock
割れた窓から外に落ちる人の画とか
9.11を思い出しちゃって余計にshockshock

こういう映画見て、つくづく思うのは
「最後にモノをいうのは体力」ってことcoldsweats01
爆発で階段の踊り場に
ポール・ニューマンとその他3人が取り残されて
垂れ下った手すりを伝って下の階に移るところなんて
「うわー、これ腕の筋肉がないと絶対無理bearing
 私も腕立て伏せ、がんばろう」
とか本筋と全く関係ないこと考えてしまいましたcoldsweats01

手に汗握るイイ映画です。
火事にトラウマのない方は是非good

・ブラック・スワン[録画]

こわい映画だったーshock

思うにこれ、一番の元凶は
ニナ(ナタリー・ポートマン)のお母さんなんじゃないのかなgawk
エンドロール見て初めて分かったけど
お母さん演じてたのバーバラ・ハーシーだったのね。
ロバート・レッドフォード主演の「ナチュラル」って映画が好きで
それに出てた女優さんなのよね。
(主要女性キャラ3人の内の一人を演じていた。)

それと、ウィノーナ・ライダー!
全然気付かなかった!
これもエンドロール見て
「え!ベスってウィノーナだったの?!coldsweats02」と。
いい女優さんだったのに
万引き騒ぎとかあって
何だか過去の人っぽくなっちゃったわね。
きれいで演技力もある人なので
復活できるといいけど。
ロバート・ダウニー・Jrみたいに。
でも男優さんと女優さんはちょっと事情が違うかな。。。

・旅情[録画]

先月のシネマ日記でちょっと書いたけど
ヴェニス行きの気分を盛り上げよう、ということで。

ずいぶん昔に見たことがある映画なんだけど
やっぱこの映画、いいわ~
よく見たら監督がデビッド・リーンだった。
駄作なわけがないgood

昔この映画観た時に衝撃を受けたのが
「腹が空いてるのに
 ステーキしか食べないなんていうな。
 腹が空いてるなら
 目の前のラビオリを食べればいい」
っていうセリフ。

ひょえ~~~!coldsweats02と思いましたよ。
さすがイタリア男、すごい口説き方するなぁ、とcoldsweats01

原題は"Summertime"。
なんか、大人な恋のお話ですわよ。
「私たちの関係には未来がないcrying
「このままフェスティバルに居られたらいいけどcrying
とレナートに相談せず
アメリカに戻ることを決めたジェーン。
最後に駅まで追ってきたレナートが
渡せなかった箱の中身がくちなしの花だったのがもう
涙腺壊れまくりですcrying

さすが巨匠デビッド・リーン。名作ですgood

ところで
劇中、ジェーンとレナートが広場のコンサートで聴く
ロッシーニの曲。
「あれ?この曲最近どっかで聴いたぞ?」と
記憶を漁ってみると
SHERLOCKのシーズン2epi#3で
ジム(モリアーティ)が王冠のガラスを消火器で割るシーンで
イヤホンで聴いてた曲だった。
「泥棒かささぎ」という曲だそうで。
何やら意味深ですなぁ。。。think

・・・と最後は結局SHERLOCKに話が行き着くのであったcoldsweats01

|

« 焼きたてパン曜日:紫いものメロンパン | トップページ | 読書日記(2012年8月分) »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

「タワーリング・インフェルノ」は、高校生くらいの時にTVで放送されてたものを見て、映画に疎かった私は、誰が出ているのか知らなかった!ポール・ニューマンだったのか!!あの映画の記憶があったので、9.11は、まるで映画を現実化したかのような絵で、すごくぞっとした・・・coldsweats02
「ブラック・スワン」。怖いんだけど・・・ちょっと妄想シーンが、ややチャチい気がしてしまった・・・・。ウィノナ・ライダー、私もエンドロール見るまでわからなくて、さっすがだなぁ、と思った。ホント、ぜひぜひ復活大活躍をしてほしいわgood
「旅情」も、やっぱり高校生の時にTVでやってたのを見たので、記憶がとてもおぼろげ・・・coldsweats01「景色が美しいわぁheart04」と思った記憶しかない。今こそ見るべき映画よねcoldsweats01

投稿: モンブラン | 2012/09/11 23:14

>モンブランちゃん

「旅情」はある程度歳いかないと
分からない映画だと思うなぁ。
映画とか本とかって
人生経験のない時に見たり読んだりしても
分からない作品ってあると思うthink
「タワーリングインフェルノ」はあの時代に
あれだけの特撮をしたってのもすごいよね。
どこまでがリアルでどこからが特撮なのか
分からなかったってのもすごいgood

投稿: takeco | 2012/09/13 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/55565313

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ日記(2012年8月分):

« 焼きたてパン曜日:紫いものメロンパン | トップページ | 読書日記(2012年8月分) »