« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

パン屋と本屋とシャーロック@代官山

These are a few of my favorite things ~♪karaokehappy01

8/25(土)、イベント参加の為、代官山⇔自宅を2往復run

せっかくのおしゃれスポット・代官山なので
イベントだけではなく
他にもいろいろ探索してみました。

cuteパン屋cute

メゾン イチ 代官山
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13099140/

メゾン・カイザーのチーフだった人のパン屋さん。
お店が地下なので
知らないと通り過ぎてしまうかも。
持ち帰りだけじゃなく
イート・インも充実してますwink
今回は持ち帰りで5個ほど購入しましたが
次はイート・インも試してみたいrestaurant


cute本屋cute

代官山 蔦屋書店
http://tsite.jp/daikanyama/store-service/tsutaya.html

前から行ってみたかったのーーーhappy02
やっと行けました。
お洒落で趣味心くすぐるレイアウトの本屋さん。
私、ここだったら1日居ても飽きないhappy01

「蔦屋」という名前からピンとくると思いますが
レンタルのツタヤさんの書店業態だそうです。
3棟から形成されていて、3棟とも1階は本屋さん。
こだわりが感じられる品揃えが私好みlovely
第1棟の2階は映画の、第3棟の2階は音楽CDのレンタルショップです。
(第2棟の2階はおしゃれなカフェバーbar

ここはまた是非近いうちに再訪したい!happy02

cuteシャーロックcute

「代官山アートストリート」というイベントの中で開催された
ニコニコ動画にBBCチャンネル開設記念イベント。
SHERLOCK / シャーロック のシーズン1エピソード1の
パブリック・ビューイングをやる、というので出掛けていきました。

http://d-art-street.org/special-event/bbc-nikoniko-live/

シーズン1のエピソード1はもう5回は見ているのに
DVDも持っているのに
なぜあえて代官山まで行って見なければならないのか?
ファンというのはそういうものですcoldsweats01

整理券配布が10:00から、
イベント開始が18:00からということで2往復run

上映開始から15分間、
なぜか?英語音声と日本語音声が同時に流れる、というトラブルがcoldsweats02
結局日本語吹き替えで最初から上映し直し。
ま、無料イベントなので文句は言いませんthink

上映後、茂木健一郎さんのトーク。
撮影禁止の為、生・茂木さん撮れずdespair
茂木さん、イギリス留学経験があるそうで
BBCフリークなんだそうです。
モンティ・パイソンにインスパイヤされた、というくだりで
激しく同意。
私、モンティ・パイソンのComplete DVD-BOX持ってるもんねscissors
楽しいトークショーでした。

TAKEPYONちゃん、お付き合いありがとうございましたwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宝探し&花火見物@横浜港

雨傘が 日傘替わりの 夏の午後

一応、五七五。季語もあるwink

宝探しイベント目当てで
横浜スパークリングトワイライトに行ってきました。
宝探し、といえばTAKEPYONちゃんとともに参戦ですrock

8/18(土)、午前中は雷thunderを伴う大雨rain
雨傘を持って出掛けたのですが
山下公園に着く頃には晴れてましたsun
午前中の雨はなんだったの???ってくらい暑いしgawk
・・・長靴で行かなくて良かったcoldsweats01

今回の宝探しはキッズイベント扱いだから
前世トレジャーハンター(?)の私達にとっては楽勝、
と思っていたらちょっと手こずった場面もdespair

もう会期終了したので地図載せちゃいますねwink

Img_1634

まずはランチしながら地図を解読。

本当はEggs'n Thingsに行きたかったbearing

まぁ原宿店よりは行列短かったけど
それでも結構な待ち人数で
待ってると何時に食べられるか分からなかったので
別のパンケーキ屋へ。

こちらは待たずに入れましたが
店内はほぼ席が埋まってました。
いいタイミングで行ったみたい。

パンケーキ・リストランテ
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14003042/

Img_1607

パンケーキの形がかわいいhappy01
どうやったらこんな形に焼けるのかしらん。

TAKEPYONちゃんはパンケーキ2枚でオーダーだったけど
私は迷わずデフォルトの3枚でbleah

ランチ後、宝探し開始。

炎天下の中、雨傘で日差しを遮りつつ
宝探し。
冷静に考えると、何を好き好んでこの暑い中宝探し?
とちょっと笑えてくるw

でも男性一人参加で宝探ししてる人もみかけたし
世の中には宝探しにハマった人たちが結構いるのだsmile

Img_1608

シャーロックの見過ぎで、大観覧車を見ると
頭の中がロンドンにワープする私coldsweats01

Img_1609

宝探しは無事クリアscissors
・・・ですがキッズ向けなイベントなので
景品がヨーヨー釣りとかスーパーボールすくいとかgawk
なので景品はその辺にいたお子ちゃまに差し上げました。
まぁいいのよ、宝探しがしたかっただけなのでsmile

あ、参加賞は横浜ハーバーの
マロンケーキでした。

Img_1635

宝探し後、暑くて死にそうだったので
中華街でかき氷。

Img_1610

その後、赤レンガ倉庫で涼みつつ
花火タイム待ち。
花火が始まる頃を見計らって大さん橋へ移動。

ライトアップした船で花火を待つ方々も。

Img_1621

Img_1624

19:45~花火開始。

意外と近くから打ち上げられていたので
となりに陣取っておられたカメラおじさんが
「広角レンズじゃないと撮れん!」と
アタフタとレンズを交換しておられましたw

Img_1616

しかし毎度のことですが
花火を撮るのはムズカシイsad
結局
「花火はカメラで撮るもんじゃなくて
 記憶に焼き付けるものなのよrock
と早々に撮影を諦める私coldsweats01

Img_1619

何かこの日1日で夏をすっかり満喫(?)した感じ。
もういつ秋になってもいいです、私maple

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Come Fly Away@Bunkamuraオーチャードホール

8/11(土)夜の部を観てきました。
http://cfa2012.jp/

2006年の夏に観た
「Movin' Out」が非常に良かったhappy02
このミュージカルは
(タイトルで分かる人には分かるが)
ビリー・ジョエルの曲で構成されたミュージカル。
元々ビリー・ジョエルの曲が好きだった、というのも
あるんだけど
演奏、ダンス、演出すべてが素晴らしい出来だったgood

※ちなみにその感想を書いたブログはこちら

トワイラ・サープ(Twyla Tharp)という振付師のことを
知ったのはこの"Movin' Out"の時で、
"Come Fly Away"は彼女が手掛けている、と知って
即チケット購入。
・・・ここんとこ節約を意識してたから
あんまりステージ物観に行かないように自制してたんだけど。

・・・結論を先に言っておきます。
"Come Fly Away"、私的にはイマイチでしたdespair

まず、フランク・シナトラってのが
私にとってツボを外れてましてcoldsweats01
ビッグバンド系の曲はまぁイイんですが
実は"My Way"はヘドが出るほど嫌いでしてgawk
「唄がうまい」と思ってるオッサンの定番ソングのような印象が
刷り込まれてるせいかなsweat02

シナトラの曲をほとんど知らないから
あの舞台で演じられていたストーリーが
ほとんど分からなかった。
まぁパフォーマンスから何となーく分からなくはなかったけど。
"Movin' Out"は曲をほぼ全曲知ってたから
どんなストーリーなのかバッチリ分かったけど。

ダンスについては
それほど詳しくない私がエラソーに語るのもナンですが
一人、ピルエットで軸がズレる男性ダンサーがいたthink
ダンサーとして「それどうなの?」と思った。
オリジナルキャストじゃないのかな?あの人。
ブロードウェイミュージカル、と銘打たれてはいても
日本に来る時は2軍のキャスト、とか
よく聴くものね。。。

そんな中、一人気に入ったダンサーがいるhappy02
マシュー・ストックウェル・ディブル(Matthew Stockwell Dibble)。
http://cfa2012.jp/caststaff.html

よく見ると若い頃のゲリオ(ゲイリー・オールドマン)に似てる。
・・・気に入った理由はそれか?smile
いや、私の席からは顔までは分からなかったから
純粋にダンスが気に入ったんだと思うsweat01

あんまり背が高くないんだけど
何だろう、独特の空気感を感じさせる
いいダンスをするgood
この人はオリジナルキャストみたい。
熊川哲也のカンパニーに居た期間もあったようで。

それと演奏も素晴らしかったです。
ボーカルはシナトラのものを使ってて
それに舞台上の生演奏を合わせる。すごいsign01

まぁ"Movin' Out"が素晴らし過ぎたので
及ばず感を持ってしまった、ってトコですかね。
"Movin' Out"、再演してくれないかな。
あれは本当に素晴らしかったshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「SHERLOCK / シャーロック」シーズン2終了

もう今日から
何を楽しみに生きていったらいいのか分からない(w)
完全に「ハゲタカ」最終回後と同じ状態coldsweats01

「ライヘンバッハ」というのは
既に一種の記号なので
大抵の人は「シャーロックはここでは死なない」と分かったはずですが
「ちょっとーーー!!!
 種明かししてから終わってよーーー!
 この宙ぶらりんな気持ちのまま
 シーズン3を待てってかーーー!」
と日本中のシャーロック・ファンがtwitterで叫んだ(含、私coldsweats01

(以下、多少ネタバレ有り)

飛び降りた後、ジョンが脈をとった時止まってたのは
バーツ(聖バーソロミュー病院)のラボで
コロコロしてたボールを使ったトリックだろうし
(いかにも意味有り気に映ってた)
死体はモリーが協力したんだろうし
(だから敢えてバーツの屋上を選んだ)
とは思うんだけど あの高さから飛び降りて
一体どうやって生き延びたんだ???coldsweats02
まさか原作と同じく「バリツ」?
日本の「バリツ」という武道は
そんなマジカルな手段なのかっっっcoldsweats02
(大体「バリツ」って何だよ?な永遠の謎もcoldsweats01

そして予想通り ジョンの気持ちにシンクロして泣いてしまったweep
そして意外にも(?)
シャーロックの気持ちにもシンクロして泣いてしまったweep
シャーロックが飛び降りる前に泣いてたのは
「ジョンを救う為に、ジョンを悲しませないといけない」
っていう気持ちなんだろうなぁ。。。
・・・何かこう書くとホモ臭がプンプン漂いますがcoldsweats01
まぁ、手つないで逃亡ってとこで もうホモ臭漂いまくりなんですけどgawk
いや、これはもうこのドラマのお約束なので 何も言うまい。。。

それにしてもモリアーティの I.O.U.(I owe you.)が謎。
一体シャーロックにどんな借りがあるっていうんだ?
S1、S2通して 借りなんてなかったと思うけど。
あのプールのシーンで ジム(モリアーティ)に電話がかかってきて中断、
ってのが 借りだとは思えない。
たぶん製作陣が考えてるサイドストーリーが あるんだろうなぁ。。。

シーズン3以降でこの辺りも描かれて行くのかしら?
※私の想像では  シャーロックとジムは昔(子供の頃)実は会ってて  
シャーロックはそのことをすっかり忘れちゃってるんだけど  
ジムが「借り」だと感じるような何かがあったんじゃないか、と  
想像。  
S1#3のカール・パワーズ(運動靴の子)のエピソードからも  
そうなんじゃないかなぁ、と。

あと A型の私としては ディテールにすごく目がいっちゃうんだけどsmile
シャーロックがジムが来るのを悟って 紅茶淹れて待ってるのがすごく象徴的。
S2#2では シャーロックがジョンにコーヒー淹れてたじゃん。
まぁ最初のは砂糖を飲ませたかったからだけどsmile
ドラマの最後ではちゃんと(淹れたのを?)渡してた。
このドラマではシャーロックの日常の飲み物って 元々コーヒーなのよね。
S1#1の最初でもモリーに 「ラボに持ってきて。砂糖は2つね」 って言ってたし。
(モリーはデートに誘ってるつもりだったのにw)

それにしてもシーズン3が待ち遠し過ぎる!!!bearing
撮影は2013年1月から始まるらしいけど
日本での放送は一体いつになるのだ???
それまでは DVDをヘビーローテーションしながら 待つしかないbearing
「ハゲタカ」は セリフをシャドウイングできるくらい
繰り返して観たので シャーロックも同じ状態になる、と想像smile
あ、シーズン2の日本版DVDは 既に予約ポチ済みですsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書日記(2012年7月分)

7月は2冊。
こっちも消化率悪しdespair
先日BookOffに40冊ほど売って
読了本置き場が空いたので
せっせと消化しようthink

・イニシエーション・ラブ (著:乾 くるみ)
・海と毒薬 (著:遠藤 周作)


・イニシエーション・ラブ (著:乾 くるみ)

確かキャラメルボックスの成井豊さんが
イイって言ってたのよ。
(あ、私はキャラメルボックスの芝居は未見なんですがcoldsweats01

いや、正確にいうと
「スリープ」という小説がイイと言っていて
前に読んだ「イニシエーション・ラブ」も良かったって
言い方をしてたんだけど。

で、amazonの書評を拾い読みしてみたら
口を揃えたように「最後のどんでん返しがスゴイ!」とか
絶賛されてるので
これは読んでみようと思ってたんだけど。

会社のSNSにこの小説の感想を書いた人がいて
その人も友人が絶賛してたんで買ってみたそうなんですが
曰く
「女性の描き方がご都合主義過ぎ。
 すごいと言われてるどんでん返しも途中で分かってしまった」
と。

で、
「評判いいので買う予定のリストに入れてあるんですが
 そんなにつまらなかったですか?」
とコメントしたら
「こんなの買うのもったいないですよ。貸しますよ」
とのことだったので
貸してもらいました。

で、読んだのですが。。。

twitterでボヤき済みなので
あんまり酷評はしたくないんですが、、、
いや~これは酷かった!
もう読むのが辛いレベル。
読んでて気持ち悪かった。
なんじゃこれ?!?!って感じだった。

そして私も半分を少し過ぎた辺りまで読んで
どんでん返しが何なのか分かってしまったgawk

しかしここまで読後感が悪い小説も珍しい。

先週のBS11の「すずらん本屋堂」に
また成井さん出てて
今度は米澤穂信の「ふたりの距離の概算」がイイ!
と推薦していた。
・・・米澤穂信って
私が前に「クドリャフカの順番」を読んで
「あ~こういうのあんまり好きじゃないなぁ」と思った作家さんだ。
しかもこの二つの小説同じシリーズだしgawk

成井さんが薦める小説って私とは相性が悪いんだな、と
いうことがよく分かったcoldsweats01

・海と毒薬 (著:遠藤 周作)

「イニシエーション・ラブ」があまりに酷かったので
まともな小説で頭を浄化しなければ!!!
と未読本置き場から選んだのがこれ。

だいぶ前に買ったんだけど
テーマが重そうなので
なかなか読まずにいたのよね。
まぁ想像通りの重い話でしたが。

これ第二部の続編構想があったみたいですね。
確かに「え、ここで終わり?」な感じで終わってる。
まぁ読者の想像で補完させるって感じで
これはこれでアリだと思いますが。

遠藤周作は
「沈黙」「わたしが・棄てた・女」「深い河」を
読んだことがありましたが
「海と毒薬」はちょっと大人(?)にならないと
読解できないかなぁ、と思いました。
「沈黙」なんかは
高校生の夏休み課題用にぴったりだと思うけど。
(「沈黙」の最後は今思い出しても泣けるweep名作good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネマ日記(2012年7月分)

6月に引き続き7月も1本。
消化率悪しdespair
SHERLOCKを繰り返し見てた時間を
映画に当ててれば
もっと消化できていたハズなんだがcoldsweats01

・レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏[録画]

EURO2012の終了後、すぐくらいに観ましたsoccer
この映画はEURO2008当時の
レフェリー達の様子を撮ったドキュメンタリー。
EURO2008の頃は
私、サッカー見てなかったんでsweat01
なかなか新鮮でしたconfident



別エントリーに書きましたが
ヴェニスマラソンにエントリーしたので
ヴェニス行きの気分を盛り上げる映画を
出発までに見とこうかなぁ、と。

「旅情」はたまたま録画できたので観る予定。
この映画好きなのよね~heart04

「ヴェニスに死す」も観ときたいけど
出発までにどっかで放送してくれないかしらん。
5回くらいは観てますけどcoldsweats01

「鳩の翼」も確かヴェニスが舞台だったなぁ。。。
でもあの映画はちょっとコワかったので。
(ホラーという意味ではなく
 人間の「業」がコワい、という意味。)

「ヴェニスの商人」は当然ヴェニスが舞台。
アル・パチーノがシャイロックをやったヤツ。

あとはマドンナの
Like a Virginのプロモーションビデオ?smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェニスマラソンにエントリー

昨年は肋骨疲労骨折の為
断念した海外マラソンweep

今年はヴェニスマラソンにエントリーしましたshine

ヴェニスマラソン
http://runnet.jp/runtes/oversea/venice.html

今回初めて
英語の健康診断書を提出せよ、と要求されましたcoldsweats02

英語の健康診断書なんて一体どこで書いてもらうのさ?!
(所定のフォーマット有り。)

会社の隣にある病院に電話して
こーゆーのは何科で書いてもらえるのか?!と問い合わせmobilephone
健康診断もここでやってるので
去年の健康診断のデータを元に
内科の先生に無事書いてもらえました。

東京も名古屋ウィメンズも
骨折回復直後で練習不足だった為
ちょっと不完全燃焼気味。

今度はまともに走りたい!

10月28日(日)開催です。
日本から応援お願いしますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »