« 読書日記(2012年5月分) | トップページ | 読書日記(2012年6月分) »

シネマ日記(2012年6月分)

6月はEUROを見るのに忙しく
文化活動の方にあまり時間を割けませんでしたdespair
1本のみ。

・外事警察 その男に騙されるな[映画館]

ドラマ版の方は住本が誰かに刺されて終わってたと思うんだけど
結局無事だったのか?
何の説明もなかったけどthink

またしても田中泯さん登場。
この人もうNHK系のシリアスドラマには欠かせませんなsmile

ラストを最初に見せてから
過去に戻る方式だったけど
あの演出、あんまり効果なかったようなthink
普通に時系列で展開、で良かったんじゃないのかな?

最後のシーンがイマイチよく分からなかった。
あれは結局子供を誘拐したのは
住本の手のものだった、という意味だったのかしらんthink

それにしても真木よう子がカワイイですね。
あんなボブにしたいなぁ。。。
(私はちょっとクセ毛が入ってるので
 あの長さのボブは無理weep

|

« 読書日記(2012年5月分) | トップページ | 読書日記(2012年6月分) »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/55139781

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ日記(2012年6月分) :

« 読書日記(2012年5月分) | トップページ | 読書日記(2012年6月分) »