« 整形外科通い、本日で終了\(^o^)/ | トップページ | 読書日記(2012年1月分) »

シネマ日記(2012年1月分)

1月は4本。

・インセプション[録画]
・インディ・ジョーンズ/最後の聖戦[録画]
・アイガー北壁[録画]
・ソルト[録画]



・インセプション[録画]

映画館でも観て
ディカプリオよりもジョゼフ・ゴードン=レヴィットに惚れたheart04
この映画、世界観がおもしろいのよね。
原作物じゃないから
監督&脚本のクリストファー・ノーランがこのストーリー考えたんだよね。
よくこんな話考えられるなぁ、すごいshine

音楽もいい。ハンス・ジマー。
今、映画音楽作る人でこの人が一番好きかも。
シャーロック・ホームズ(マドンナ元夫が監督のヤツ)の音楽も
この人が担当だったし。


・インディ・ジョーンズ/最後の聖戦[録画]

「失われた聖櫃」と「魔宮の伝説」は
ずーっと昔に見てて。
(そしてストーリーはほとんど忘れているcoldsweats01

そうか、インディの子供時代を
今は亡きリバー・フェニックスが演じたんだったな。
リバー君。。。weep
生きてたらどんなにいい役者になっていただろうかsad

そしてインディ・パパがショーン・コネリー。
思えばめちゃくちゃ豪華なキャスティング。

途中で出てくるベルリンの空港、
「おや、ここはベルリンマラソンの時のゼッケン受取場所だった
 テンペルホーフ空港では?」
と思い
画面を一時停止し、
自分のブログに載せたテンペルホーフ空港の写真と見比べてみたら
違ってたcoldsweats01
調べてみたら、アメリカ国内の空いてた建物を
当時のテンペルホーフ空港に似せて作って
そこでロケした、と書いてあった。
見比べると違うんだけど、雰囲気出てた。
やっぱハリウッド映画はこういうとこがすごいよなぁ。。。


・アイガー北壁[録画]

スイスでアイガーを生で見なければ
この映画観ることはなかっただろうなぁ。。。

ユングフラウヨッホへ行く時に
電車乗り換えた
クライネシャイデックが映画に出てきた時
最初「おぉ~shine」と思ったのだが
ここに宿泊して
アイガー北壁に命がけで挑む登山家たちを
望遠鏡とかで見てる
新聞記者や富豪の人達に
なんだか割り切れないものを感じた。

ユングフラウヨッホへの登山鉄道で
アイガーヴァント駅で休憩した。
そこは北壁のど真ん中で、
「北壁のすぐそこまで来てたのに
 結局そこで命を落としてしまった」
という登山家の話を聞いた。
この映画の主人公の一人、トニー・クルツのことだった。

北壁ルートで登頂を目指しながらも、
仲間(厳密には仲間とはちょっと違う)に負傷者が出て
下山を余儀なくされる。
だけど過酷な天候変化で下山中仲間が次々に
命を落としていく。
トニー・クルツは最後まで生き残った一人なんだけど
救助が待つアイガーヴァントまでほんの数メートル
というところまで来ているのに
ザイルの結び目がカラビナにひっかかって
救助隊のところにたどりつけず
(彼にはもう結び目をほどけるだけの体力が残ってなかった)
彼等の目の前で宙吊りのまま死んでしまうのだweep
(史実だそうです。)

あぁやっぱりこの映画を観てからスイスに行けば良かったdespair

その後、ハインリッヒ・ハラー達のチームが
アイガー北壁ルートからの登頂に成功するのだが
彼は「セブン・イヤーズ・イン・チベット」で
ブラピが演じた人だった。

スイスで聞いた話と
昔観たブラピの映画が
パズルのピースのようにパチっとはまった瞬間。

今からスイスに行く人で
ユングフラウヨッホに行こうと思ってる人は
この映画観てから行くことをお勧めします。

でもこの映画観てから
アイガーヴァントからの風景を見たら
泣いちゃうかもweep
(そして回りには観光客がいっぱいcoldsweats01


・ソルト[録画]

うーん、あんまりおもしろくなかったなぁgawk
アクション映画は好きなんだけど
この映画は何だかしっくりこなかった。
何でだろう?
(別にアンジーが嫌いなわけではないcoldsweats01

|

« 整形外科通い、本日で終了\(^o^)/ | トップページ | 読書日記(2012年1月分) »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/53895064

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ日記(2012年1月分):

« 整形外科通い、本日で終了\(^o^)/ | トップページ | 読書日記(2012年1月分) »