« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

ペルー料理@インティライミ

すごくおいしかったです!!!
ペルー料理って、こんなにおいしかったんだbell

コトの発端は
1ヶ月ほど前のサッカー・キリンチャレンジカップ、
日本対ペルー戦。
試合を見ながら
「そーいえば名古屋にいた頃
 リトルワールドでペルー料理食べたことあったよね。
 結構おいしかった記憶があるんだけど。。。」

※リトルワールドって何?って方は
 こちらをどうぞ → http://www.littleworld.jp/

この時一緒に行った人がペルーに行ったことがあって
「セビーチェとアンティクーチョはおいしいから絶対食べよう!」
と言われて食べた記憶がうっすらとあるんだよねぇ。。。

一度思い出すと
「うーん、ペルー料理食べたいぞ!」
と、なり
「さすがに東京でもペルー料理屋なんてそうはないでしょ」
と調べたら
何と東京に出なくても川崎で何軒かヒットするじゃんeye

何で???
と、これまた調べてみたら
川崎って工業地帯だから南米の出稼ぎ労働者が
結構いるからだそうで。
なるほどねぇ。。。

インティライミ」って店が川崎駅のすぐ近くにあるのを発見。
ということで
川崎駅の近くに住んでいる会社のお友達・N村さんをお誘いして
昨日行ってきました。

飲み物。
私は右のアンデスビール。
N村さんは左のインカコーラ。

001

リトルワールドで食べた記憶が
うっすらと残っていたセビーチェ。

002

魚介のサラダって感じですかね。
これがウマイ!!!激ウマ!!!happy02
パクチーのドレッシングっぽいのがかかってるので
苦手な人はダメかもしれませんが
私はパクチー大好きなので
この味はものすごく気に入りました!
食べるほどに辛さがちょっときつく感じます。
トウガラシかな?
ビールが進みますbeer

これまたうっすらと記憶に残っていたアンティクーチョ。

003

牛肉の串焼きって感じかな。
ジューシーで激ウマ!!!happy02
下のソースが後から出てきたのですが
この緑のソースが串焼きに合う!合う!!

004

一見辛いソースなのかな?と思ったらそうでもなく。
材料はパクチーとニンニクかな?

名前忘れたけど魚介のスープ。
米も入ってるのでリゾットみたいな感じ。

005

これがもう!魚介のダシがよく出てて激ウマ!!!happy02
ひっくり返ってジタバタしたいくらい激ウマでしたlovely

この時点で結構お腹がいっぱいになっていたのですが
次のお皿も注文しちゃってあったのでsweat01

ハチノス、じゃがいも、インゲンの炒め物、だったかな?

006

これがねーイマイチなお味でした。。。despair
前の3皿が激ウマ過ぎただけに残念感がひとしお。。。
さっきの緑のソースがまだ残っていたので
かけたらおいしくなりましたがcoldsweats01
・・・が緑のソース、ニンニク入ってますからね。
どうやら摂取し過ぎたようで
今日1日ニンニク臭かった私sweat01
あんまり他人に接近しないようにしてたし
フリスクとか食べて臭い消そうとがんばったけど
きっと臭いと思った人もいたに違いない。。。sad

オーダーは最初に全部注文しちゃてて
ホントはチャーハンも注文しようとしたんですが
お店の人に
「食べきれないと思いますよ。。。」
と遠慮がちに言われチャーハンは取り止めました。
でもお店の人が言うとおりでした。
本当にお腹いっぱいで。
でもその割にはお値段もお得で
一人2,850円moneybag
それでお腹いっぱい。しかもすごーーーくおいしいhappy02

デザートもいろいろあって
食べたかったんですが
料理を食べ終わってから注文しようとすると
「すいません。今日はデザート売り切れてしまって。。。」
とのお返事weep
おいしそうなスイーツが色々あったので
食べてみたかった。

お店の入り口が一見怪しげな感じでcoldsweats01
店内も見えない為
入るのを一瞬ためらいますが
中は全然普通なので
安心してお入り下さいgood

日本人のお客さんがほとんどですが
夜10時が近づく頃になると
スペイン語を話すお客さんの割合が増えてきました。
川崎在住のペルー人の方たちですかね。

ホントおいしかった!!!
すっかりペルー料理大好きになってしまったhappy02
他にも食べたいメニューがいっぱいあるので
ここはリピート必須ですshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アフタヌーンティー@フォーシーズンズホテル丸の内

6/19(日)に行ってきました。
A吉さんのお別れ会を兼ねて。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13090581/

お値段が4,290円にしては
食べ物いっぱい。
ドリンクも2時間以内お代わり自由。
お茶の種類も変えられます。

メニュー。

Img_1088

テーブルセッティング。

Img_1089

プラムのジャムは
スコーンにちょっと付けていただきましたが
スコーン用のジャムは別にあったので
(クロテッドクリームもあったし)
ジャムはお土産にもらって帰りましたhappy01

ここのアフタヌーンティーは
3段皿じゃないんですよね。

Img_1090

2人分です。
手前の和牛バーガーがここのアフタヌーンティの特徴みたい。
サンドイッチじゃなくてハンバーガー。
でもお肉はすごくジューシーだし
すごくおいしかったです。

Img_1091

Img_1092

スコーンがすごくホロホロッとした感じで
おいしかったhappy01

お茶は、、、
最初にアイスの中国茶が来て(名前忘れたcoldsweats01)。
その後またアイスのオリジナルティーを注文(最初のテーブルセッティングに写ってるヤツ)。
冷房も効いててそろそろホットがいただけそうだったので
ハイビスカスティーを注文したら、ポットで出てきました。

Img_1093

その後はカカオ66%のホットチョコレート。
エスプレッソとそうじゃないヤツがあって
私はエスプレッソを注文。
マシュマロが付いてます。

Img_1094

M山さんはエスプレッソじゃない方の
ホットチョコレートを注文したら
結構大きなカップで出てきてびっくり。
それだけでお腹いっぱいになりそうな感じだったsweat02

エスプレッソのチョコレート、濃いかな~と思ったら
そうでもなく意外と飲みやすかったです。

〆は撮り忘れたけどお抹茶で。

「今日はセレブな気分でshine」と申し合わせて
ドレスコードはワンピースということに。
なかなかラグジュアリーな午後でしたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コクーン歌舞伎:盟三五大切

35

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/11_kabuki/index.html

6月18日(土)に観てきました。
コクーン歌舞伎は初めて。
1階前方の座席はすべて取り払われ
座布団に座っての観劇。
昔の芝居小屋っぽい雰囲気にしたい、という
制作側の意図なんでしょうね。

1階後方とか2階席は通常の椅子席で
どう考えても椅子席の方が楽だと思うんですが
せっかく菊之助クンが出るのでアップで見たいheart04
と座布団席に挑戦rock

名古屋のスーパー一座の公演で
座布団席は経験有りだったので
どんなもんかは分かってたんだけど、、、
やっぱりお尻が痛くなったsad
でもそこは想定内だったので
脚を崩しやすいふんわりスカートでの観劇。
これが大成功good
でも座布団が割と小さめなので
脚をくずし変える度にお隣の人に脚が当たり、、、sweat01
着物で座布団席の人もチラホラいた。
すごいなぁ。。。

歌舞伎って現代では
伝統工芸って感じで
何だか高尚なもの的扱いなんだけど
(チケットも高いしねgawk
江戸時代にはもっと大衆文化な感じのもので、
コクーン歌舞伎はきっとそういう
大衆性みたいな部分を大切にした公演にしたいって理念で
やってるんだろうな、と思った。
(でもチケ代は通常の歌舞伎と同等だったけどgawk

演出がなかなか斬新。
クラシック音楽を取り入れてみたり。
(ヴィスコンティの「ルードヴィヒ」で使われていた
 ワーグナー「最後のピアノ曲」のオーケストラアレンジが使われてた。)

芝居終盤に舞台に本物の雨を降らせたり。
(ものすごい雨量でしかも結構長時間降ってて
 それでも舞台はそんなに水浸しになってない。
 あれどうやってるんだろう???)

伝統芸能である歌舞伎を愛する
ハイソな人達はおそらく目をむくような演出なんだろうなthink

でもこういう観客を楽しませようとする
サービス精神あふれた演出、私は好きだけどhappy01

菊之助クンは仇討ちを志している赤穂浪士を翻弄する芸者の役。
「ファム・ファタール」ってヤツですねwink
運命を狂わせる妖艶さたっぷりheart04
十八番のイナバウアー(?)も披露shine
ホント体が柔らかいのよのねぇ。。。

歌舞伎のストーリーって
結構韓国ドラマも真っ青の
ものすごい偶然が重なって、ってものが多いんだけど
このお話もご多聞に漏れずそんな感じのお話でしたsmile

生首を見ながらご飯食べたり、とか
なかなかグロい場面もあるんだけどshock
まぁある意味夏向きなお話なのかもcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

札幌旅日記~ちょっと足をのばして小樽へ

札幌から小樽へは電車で大体片道40分くらい。
石造りの建物が並ぶステキな街だっていうじゃないのnote

というわけで
今回はレースの翌日小樽に行ってみることに。

地図を見てみると
こじんまりしてて歩き回りやすそうshine

JR小樽駅から
すぐ目の前の中央通をてくてくと前進すると
ほどなくして、、、

小樽運河!

Img_1055

レンガの建物、好き!happy02

Img_1056

小樽港。

Img_1059

Img_1058

Img_1057

道と海の間に柵がないのよね。。。
夜、酔っ払いとかが確実に海に落ちそうなんですがshock

くぅ~洋館マニアの血が騒ぐぜ、この街並みhappy02

Img_1060

↓今回の旅でのベストショットだと思っている一枚。

Img_1061_2

どーです?
ユトリロの絵のようなこの構図(自画自賛)。
2階のドアの用途がイマイチ良く分からず
何気に「ナニコレ珍百景」ですがsmile

再び小樽運河。
さっきと逆方向から。

Img_1062

Img_1063

Img_1064

旧大倉倉庫。
昔の小樽の豪商の倉庫だそうで。

Img_1065_2

お、ステキな建物発見!happy02

Img_1066_

旧川又商店と言って
茶や紙、文具を扱っていた問屋なんだそうだ。

Img_1067

どうです、この昔の料亭のような造り。
私は古い洋館が大好きなんだけど
こういう二階に木の手摺がある建物にも結構心惹かれるlovely
昔の料亭とか遊郭なんかの建物も大好きなのだheart04

Img_1068

ほら、木造の建物とレンガの煙突って組み合わせが
すごく斬新happy02

Img_1069_2

↓こちらは倉庫みたい。

Img_1070_

これらの建物が全部繋がってて
結構大きな建物なのよ。
余程の豪商だったと思われますconfident

↓海猫屋。

Img_1072

小林多喜二、村松友視の小説にも登場する
料理屋だそうです。
・・・どっちも読んでいませんcoldsweats01
今度小樽に来る時はどっちか読んでから来てみよう。
で、気に入ったらここで食事してみよう。
今回は写真だけ。

↓今回の旅で2番目に気に入っている写真。

Img_1073

何となくアンドリュー・ワイエスの絵っぽくない?happy01
・・・画家のパクリの構図はすべてベストショットかsmile

かつて「北のウォール街」と呼ばれていた小樽。
物資の輸送拠点として栄え、
商社、銀行が立ち並んでいたそうです。

こちらは旧三井銀行 小樽支店。

Img_1076

Img_1075

↓大正硝子館。

Img_1077

こちらも元豪商の建物だそうで。
石造りと瓦屋根の組み合わせの
和洋折衷感がステキshine

何だか昔の映画のセットみたいな街並みshine

Img_1078

気に入ったわ~小樽heart04
また来よう。
小樽ではお寿司が食べたかったのだけど
朝ご飯を食べ過ぎてお腹が空いておらず
食べられなかった、という心残りもあるしsmile

さて、札幌旅日記はこれにて終了。
来週は何だか食べるイベントが盛り沢山なので
そっち系のエントリが多くなりそうsweat01

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

札幌旅日記~観光編

去年は北海道初上陸だったので
札幌の代表的な観光所を大体観た。
なので今年はもうちょっと違う所を。

土曜日は霧雨&寒かったのですが
気にしないrock

有名どころは、、、といいつつ
TV塔は撮るsmile

Img_1038

去年見損ねた
中島公園の小堀遠州作の茶室・八窓庵も見る。

Img_1039

Img_1040

Img_1041

3枚目の写真、
人影が写ってますがカメラを構えた私です。
超常現象的なものではありませんので
まぁお気になさらずcoldsweats01

ここの茶室でお薄がいただける、と勝手に勘違いしてたのですが
そんなサービスはありませんでした。
外から茶室をぐるっと見るだけdespair

豊平館、今回は中にも入ってみました。

Img_1042

ステキな洋館なのですが
見られるお部屋が少なくて、、、残念despair

洋館といえば、、、とパラパラとガイドブックをめくる。
「ろいず珈琲館 旧小熊邸」というカフェがあって
そこは由緒ある古い洋館のようだ。
よし行ってみよう、とそぼ降る雨の中向かうことに。

今回初めて市電に乗ってみました。
写真撮るの忘れましたが
いわゆる「路面電車」ですね。

札幌って不思議。
地下鉄もあるのに路面電車もある。
私の生まれ故郷・岐阜も昔路面電車が走ってて
それは岐阜は地下に水がたくさん含まれていて
地下鉄を掘ることができなかったからだ、と聞いたことがあるんだけど。

路面電車、、、どうやって乗るんだ???
スーパーの袋に野菜を詰めたおばさまが横にいたので
地元民に違いない、と聞いてみると
一律170円で降りる時に払えばいい、とのこと。

市電で「ロープウェー入口」まで。

ろいず珈琲館 旧小熊邸

Img_1043

ちょっと和のテイストが強めの洋館ですね。
内装もとってもステキで
漆喰の白い壁に落ち着いた茶の柱や梁。
色ガラスをはめ込んだ凝ったデザインの窓。
とても落ち着けるステキなカフェでした。
設計は田上義也氏。
フランク・ロイド・ライトに師事してたこともあるそうで。

フルーツシュークリームは、まぁ普通でしたcoldsweats01
(なので「食べ物編」の方には書いてない。。。)
でも珈琲館だけあって
コーヒーはおいしかったです!

ここでコーヒーをいただいている間に
雨がものすごい降りになってきてrain
「こりゃ、明日は晴れたとしても
 道がぐちゃぐちゃだぞ」
と翌日のマラソンを思い憂鬱になったのでした。。。despair

この時期、札幌には
ライラックの花がいっぱい咲いてますhappy01

Img_1051

宿泊したJRタワーホテル日航札幌の
お部屋からの眺め。
札幌市内が一望できます。

Img_1052

Img_1053

Img_1054

お部屋からの写真は滞在3日目の月曜日のもの。
晴れてよかったhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

札幌旅日記~食べ物編

到着した土曜日のお昼は
新千歳空港の「朝市食堂」で。
去年もここで食べて気に入ったので。
まかない丼をオーダー。

Img_1037

北海道はやっぱり海の幸がうまい!!!happy02

去年はここで何食べたんだっけ?と
ブログを見てみたら
去年もまかない丼を食べてましたcoldsweats01
しかし去年の写真を見て、ん?何かが違う。

↓こちら去年の写真。

Img_0531

そう、イカの刺身が一列分少ないweep
でも、エビはグレードアップしてる?良く分からないけど。
しかしブログってのは便利だねぇ。。。smile

土曜日の夜食べたスープカレー。
去年は「カレー&ごはんカフェ オウチ」で食べましたが
今年は「カリー・ディ・サヴォイ」にしてみました。

Img_1044

去年食べて
「北海道の野菜って何てうまいんだ!」と感動したスープカレーshine
「カリー・ディ・サヴォイ」のは辛さが6~0で選べるようになっていて
「3」が普通。
本当なら「3」にしたかったのだけど
明日はレース。走る為に北海道まで来たのだ。
辛さに胃がびっくりしてお腹をこわすといけないので
ここは自重して「2」の「少し抑え目」で
「道産地鶏カリー」をオーダー。
去年食べたのよりスパイシー。でもおいしいhappy02

しかし、悲劇が。。。

ブロッコリーを食べようとしていた時、
フォークの刺し方が甘かったのか
フォークから抜けて、スープの中へポチャンsweat01

げっ、カレースープが服にはねた!!!shock
お気に入りのピンクのTシャツにカレー色のしみがぁ!!!
このTシャツまだ1回しか着てないのに!!!

そこからは正直スープカレーの味をあまり覚えていない。
早く食べて、どこかで染み抜きを買って
早く汚れをとらなきゃ!!!

と大急ぎで食べ、
ドラッグストアで染み抜きを購入し
ホテルへすっ飛んで帰って
染み抜き。。。
落ちなかったらホテルからクリーニングに出してもらうか。
幸い今回はここで2泊3日だから
帰る日には受け取れるでしょ。。。

がんばった甲斐あって
カレーのしみはほとんど目立たないくらいには
落とすことができました。
みなさん、スープカレーを食べる時は
濃い色の服で行きましょう。

しかし、もっと「カリー・ディ・サヴォイ」のカレーを
しっかり味わいたかった。。。
ここはまた今度リベンジだな。
・・・濃い色の服でsmile

レース後に札幌の大丸地下で買った
北菓楼のジャンボシュー「北の夢ドーム」。

http://www.kitakaro.com/cream_puff/

Img_1050

「夢不思議」とどっちにしようか迷ったのですが
ホイップクリームも食べたかったので「北の夢ドーム」に。
そういえばこれも去年食べたんだったな。
去年は1個だったけど今年は3個happy01
ええ、ジャンボシューですよ?
一人で3個食べましたよ?それが何か?smile

レース当日の朝と翌日の朝は
ホテルのビュッフェ。
ここのホテル、朝食ビュッフェがすばらしくてhappy02
レース当日の朝は控えめにしたつもりだったのですが
それでもちょっと食べ過ぎてしまって。。。coldsweats01
翌日の朝は心置きなく朝食を堪能しましたrestaurant
食べ過ぎてお昼ご飯が要らなかったくらいですsmile

日にちは代わってレース翌日の月曜日。
今回は小樽まで行ってみました。

いい天気だったんだけど
到着した10時頃はまだ涼しい感じで。
しかしお昼に近づくにつれてだんだん暑くなってきましたsun

で、ソフトクリームshine

Img_1080

本当はこの店の斜め前で売っていた
「はちみつソフト」というのを食べたかったのだけど
修学旅行のガキ娘どもがキャアキャアいいながらたむろしていたので
邪魔くさく
こちらのソフトにしました。

ルタオのチョコプリン。

Img_1082_2

プリンというより
濃厚な、でもさっぱりしているチョコクリーム、といった感じ。
残念ながらイートインがありません。
デジカメを腕にぶら下げていたから
明らかに旅行者と思われたようで
「保存があまり効きませんが。。。」と心配そうにお店の人。
「大丈夫です!すぐそこで食べますから!」
とたくましく言い放つ私coldsweats01
お店のエントランスの外にベンチがあるもんね。
(なければ立ち食いするつもりだったが。。。coldsweats01
食べ終わった入れ物は
頃合いを見計らってお店の人が回収に出てきてくれました。
エライ!

「マルセイバターサンド」で有名な六花亭。
あずきソフトがおいしそうだったので、ここでもソフトをcoldsweats01
コーヒーも無料サービス、とのことで。

Img_1083

ちなみに、写真のタイムスタンプを見てもらえば分かりますが
ソフトクリーム~チョコプリン~あずきソフトまで
所要時間30分sweat01
飛行機の時間の都合で
13:00には小樽を出なければならなかったので
何だか変な焦りがあったようでcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

第31回JAL千歳国際マラソン完走記

今年も行ってきました、JAL千歳国際マラソン。
アフターも楽しみたいのでハーフでのエントリー。

http://www.city.chitose.hokkaido.jp/chitosejalmarathon/kousiki/index.html

前日の土曜日は雨が降ったり止んだりの寒~い1日でしたが
当日は打って変わって快晴sun
おまけに暑いwobbly
去年より暑かったんじゃないかなdespair

去年の2泊目の宿、JRタワーホテル日航札幌
とっても気に入ったので
今年は2泊ともこちらのホテルに宿泊。
レース当日の朝は
専用バスが会場まで送り届けてくれるので楽チンですgood
バスに乗る時
ホテルからのサービスです、ということで
カチンコチンに凍った水のペットボトルをいただきましたpenguin
これがレースが終わる頃に
ちょうどヒンヤリしたお水になってて
とってもありがたかったですshine

今年は会場で預ける荷物にカメラを入れたので
去年は撮れなかった写真がいろいろ撮れましたcamera

当日のスタート地点。

Img_1045

このレースはここのスタート地点の道のように
未舗装の道を走るので
脚にはとてもいいのですが
いかんせん天気にコンディションを左右され。。。

前日が雨だったので
コースぐちゃぐちゃだろうなぁ、と心配してたのですが
水はけがいいのか
ご覧のようにきれいさっぱりshine
帰ったらシューズ洗わないと、と思っていたのですが
そんな心配は無用でしたhappy01

荷物預け所へ向かう道。

Img_1048

炊き出し隊のみなさん。

Img_1046

Img_1047

自衛隊のみなさんまで総出での炊き出し。
一体何を炊いているのかというと。。。

Img_1049

このジャガイモです!「インカのめざめ」happy02
道外にあまり出ることがない希少種だそうです。
どうです、この黄金色!
スープの色とかじゃないですよ。
こういう色のジャガイモなんです。
これが叫びたくなるくらいウマイ!!!happy02
ゴールした後にいただくので余計にうまい!

去年と同じですがレースの情報を。

cuteコースの特徴cute
アップダウンの多い森の中を走るコース。
途中横断歩道の進行を停止させられる可能性ありshock

cute給水cute
アミノバリュー、水。

cute給水所でもらえるものcute
水に浸したスポンジ。
10km以降ではバナナ、輪切りレモン、クッキー等。

cute私設エイドcute
なしcoldsweats01

あいかわらず応援が少ない大会ですcoldsweats01
コースが森の中だからしょうがないかも、ですね。
緑のトンネルの中を
マイナスイオンをたっぷり浴びながら走れる
気持ちの良いコースで私は気に入ってます。
このレースの名物(?)信号による停止、
去年は1度引っかかりましたが
今年は1度も引っかかりませんでした。

にもかかわらず
残念ながら今回、ハーフのワースト記録を更新してしまいましたbearing
今年は去年より暑かったのと
体重がちょいと増加気味でしてsweat01
でもイモも食べたいし
また来年も参加しようかな~note

完走Tシャツ。

Img_1084

Img_1085

こちらは参加賞のタオル。

Img_1086

このへん(千歳)、熊が有名なのかな?
コース中にも「クマ注意」って看板があるもんねshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シネマ日記(2011年5月分)

千歳のことを書きたいんだけど
写真がまだ整理できてないdespair
なのでまずはこちらのネタを。。。

5月はGWもあったので10本観ましたscissors
いやもうHDDがいっぱいいっぱいで、意地でも観るぞ、とsweat01

・劇場版TRICK、霊能力者バトルロイヤル[録画]

映画版の3作目。
このシリーズは好きなのでずっと観てますが
さすがに映画館に行ってまで、というほどではなくなったthink
TVで十分。
松健、いいんですかね、こういう役でもcoldsweats02
いきなり馬に乗ってたり、「ばんさんけつま」ってお経のごとく呟いたり、は
TRICKワールドですが。

奈緒子は暴れん坊将軍が好きだったはずなんだけど
その絡みが何でないのかな?ってのが不足感。
スタッフさん達も昔の設定はもう忘れちゃってるのかしら?

・パフューム-ある人殺しの物語[録画]

昔、ケン・ラッセル監督の「ゴシック」という映画を観たことがある。
もう観てて途中で気持ち悪くなって
「うえぇ~~~早く終わってくれぇ~~~」と
嘔吐感と闘いながら
それでも最後までがんばって観た、という感じの映画だった。
映画としての出来がどうこうではなく
とにかく気持ちが悪い、そんな映画だったsad

そんな映画は「ゴシック」くらいだろう、と思っていたのだけど
この「パフューム」という映画は
それに匹敵するくらい気持ち悪い映画だったsad
「うぇ~~~気持ち悪いよぉ~~~」
とこれまた久々に嘔吐感と闘いながら
何とかがんばって観た映画となった。

でも何か色々と暗示的な映画ではありましたね。
最後のあれ、主人公は食べられちゃったんですかね?
展開としてはアリだな、と思いましたが。

・クイズ・ショウ[録画]

硬派な映画だった。。。
でもこういう映画、私は好きconfident
1950年代のまだまだTV黎明期な頃の実話なんだそうで。

視聴者参加型の勝ち抜きクイズ番組で
視聴者の受けが悪いヤツがずっと勝ち続けてて
視聴率が下がり気味なので
家柄が良い大学講師のさわやか美青年を対抗馬に立てよう、と
問題とか答えとか事前に教えちゃって、ってことを
やってたそうで
それが訴えられて裁判が終わるまで、のお話。

何ていうか、、、むずかしいよね。
TVは慈善事業じゃないんだから
ある程度視聴率取らないといけないのは当然だし。
日本でもあった「納豆ダイエットの話は実はでっちあげだった」ってのと
クイズ番組の件はちょっと違うと私は思ってるんだけど。
ウソだったとして誰がどういう被害を被ったの、って観点で。

見応えあるいい映画でしたgood

・潜水服は蝶の夢を見る[録画]

これまた硬派な映画だったんですが
主演の人が大変だったよね、あれ。
顔の麻痺状態とか特殊メイク技術なんだろうか・・・?

主演は最初ジョニー・デップで話が進んでいたんだそうだ。
でも実際に主演したマチュー・アマルリックでよかったと思う。
ELLEの編集長役だから、独特な色気がほしいので
やっぱフランス人俳優で良かったな、とwink

しかし「閉じ込め症候群」って大変よね。。。
私だったら絶対生きる希望なくすと思うdespair

・エレジー[録画]

ペネロペ・クルスとベン・キングズレーの
何と歳の差30歳の恋愛ドラマ。

これだけ歳の差があると
おっさんの方が苦しいよね。。。
彼女が若い男と浮気してるんじゃないかと
ディスコまで追っかけて行っちゃうあたり痛々しいdespair

・20世紀少年②/③[録画]

②と③は続けて観ちゃったんだけど。

②は「トヨエツ!カッコよすぎるだろ!!!」
と逆に引いてしまった。
あの教会のステンドグラスを破って飛び込んでくるところ。

③は
「ああ、やっぱりともだちはこの人だったか。
 だって①の時の髪型で分かっちゃったもんね。」
※私は原作漫画を読んでいません。

カンナ役の子がイマイチだったgawk
肝心なセリフを言う時に
何かビミョーにテンポがズレるのがすごい違和感だった。
堤さんも苦労したに違いないsweat02

ARATA君は①だけの出演かと思ったら
②でも③でも出てきて
最終的には結構重要な役だった。
変なオタク風メガネをかけてて
いつものステキ度は封印されていて残念だったがbearing

・シャーロック・ホームズ[録画]

2回目。やっぱこの映画好きだわheart04
続編が楽しみ。

しかし2回見てつくづくこの映画の音楽は素晴らしいなーと思った。

・スウィーニー・トッド[録画]

ミュージカルの方の感想でも書いたんですが
こういう映画は苦手だ。。。
いや、普通の映画でやってれば普通に観れたんですが
この題材をなぜミュージカルで?ってところがどうにも。。。

しかしジョニー・デップは唄うまいなぁ。
あれ吹き替えじゃないよねkaraoke

・セックス・アンド・ザ・シティ2[録画]

ドラマがすごく好きだったんだけど
映画になると全然ダメダメですねdespair
映画1作目もそうだったけど
キャリーのバカ加減が
観てて腹立たしく。。。
ドラマの時はそうでもなかったんだけどなぁ。。。

もう続編は作らない方がいいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »