« 渋谷表参道 Women's Run 完走記&スイーツ巡り | トップページ | 久々に「ハゲタカ」で盛り上がった♪ »

今回の地震を経て決めたマイルール

地震が起きた時、私は川崎の職場にいたので
被災地に比べれば被害なんてないに等しいんですが。。。

でも精神的にショックと言えばショックでしたね~
だって私がそれまでに体験した地震で
一番大きかったのが震度3だったので。
因みに阪神淡路大震災の時の名古屋の震度です。
今回の地震、川崎の震度は震度4または震度5弱。
こわかったです。
生まれて初めて本気で机の下にもぐり込みましたから。

地震から10日が経ち、
原発や停電の心配はまだまだあるものの、
今日になってスーパーで食パンや牛乳がようやく入手できるようになった。
(買占めに走った人達、おのれの愚かな行動を反省しなさい。)

不幸な出来事は神様からの試練、なんて綺麗事は言わない。
だけど、転んでタダで起き上がるんじゃ悔しいじゃないのよ。

というわけで
今回の地震を経て自分の生活に取り入れたマイルールがある。
覚書としてブログに書いておこうと思う。

ルールそのoneライフラインは常に持ち歩く

男性は大抵ポケットに携帯とお財布くらい入れて
持ち歩いてると思うんですけど
女性はポケットにモノを入れて持ち歩く習慣ってないですよね。
地震が発生した時、私はテスト用のマシンが置いてある
専用の棟にいました。
そこは携帯の電波が届かないので
今まで持っていく習慣がなかったんですが。

地震発生時、持っていた外部との通信手段は
内線用のPHSのみ(構内であれば外線もかけられる)。
とりあえずそれだけ持って避難したわけですが。
この時ほど、携帯とiPhoneを手元に持ってないことを
後悔したことはなかったですね。
幸い避難場所で同じ部の人と遭遇できたので
一緒にワンセグ見させてもらって
状況は分かりましたが。

たとえ電波が繋がらなくても
いざという時のサバイバルに必要なものは持ち歩こう、
そう思いました。

で、そのサバイバルに必要なものってのを
cute携帯
cuteiPhone
cuteお財布
cute家の鍵
としました。
携帯とiPhoneはどっちか1個でいいんじゃ、とも思いましたが
携帯はワンセグでいざという時TVが見られます。
iPhoneはネット、twitterでの情報収集、
そして何より帰宅(もしくは安全な場所に避難)する為のナビになります。
・・・まぁ充電されていることが前提条件ですけどね。

ルールそのtwo家はいついかなる時もきれいにしておく

今回の地震発生後、電車は止まりましたが
私は徒歩で無事帰宅できました。
地震のショック後、自宅でお風呂に入り自分のベッドで眠れたことが
どれほどありがたかったか。

徒歩での帰宅が難しかった為、会社に泊まった人も何人かいましたし
都内で足止めを食らい、帰宅難民になった友人も何人かいました。
家でまったりとお風呂に浸かりながら
「私の家まで来られるなら泊めてあげるよ、と
 躊躇なく言えるように家をきれいにしておいた方がいいなぁ」
と思いました。
来客がある前日に一生懸命掃除して何とか体面を保つ、
というのではダメだ、と。

地震翌日の土曜日、もちろん節電しながらではありますが
家の中を丁寧に掃除した私。
断捨離もそうですが
自分の為の心地よい生活空間は
いざと言う時に他人を助けることにも役立つ、と。

ルールそのthree節電

3/11の帰宅後、寒かったので普通にエアコンを入れてしまいましたが
夜のニュースで既に電力不足が報じられていたので
3/12(土)からはエアコンを入れるのをやめ、今日に至っています。
3月にしては寒い日が多かった今週でしたが
エアコン入れたいのをグッとこらえ
毛布に包まって寒さをしのぐ。
・・・意外と耐えられるものです。

電化製品は使っていない時はプラグを抜きます。
余計な電力を使わないよう、夜は早めに寝て
その分朝早く起きます。
最近は朝もう6時くらいから薄明るいので
カーテン開ければ照明なしでも何とか過ごせますし。

節電とはちょっと話題が違いますが
社員食堂が食料調達不足の為、営業時間があやういので
3/14からお弁当を作って出勤しています。
朝早く起きているのでお弁当作りも苦にならず。
社会人になってから1週間お弁当作り続けたのって
初めてじゃないかしらん。。。

ルールそのfour結局最後に頼りになるのは体力

これは新規ルールではないのですが、今回つくづくそう思った、ということで。

今回の体験で一番頼りになったのは
「私は42.195kmを何度も走ってる」という自信でした。
会社から家の距離は約7kmで大した距離ではない為
余裕で歩けました。

今回友人の一人が新宿で帰宅難民になりましたが
新宿からウチまでの距離を測ってみると
約15km。
ハーフマラソンよりも短い距離です。
私が新宿で帰宅難民になったら迷うことなく歩くことを選びます。
(ただし靴はせめてスニーカーくらいにはしたい。)

ためしに測ってみると
東京ディズニーランドからウチまでの距離は約30km。
これまた走れる距離なので、ましてや歩くことは可能です。
道はiPhoneで分かるので(充電さえ残っていれば)
もし、ディズニーランドで遊んでて交通網がストップしたとしても
私には歩いて帰るという選択肢があります。
「芸は身を助く」ではないですが
趣味がこんな時に心の支えになってくれるとは
思ってもみませんでした。

ルールそのfive代替案のない"No"には耳を貸さない

まぁこれも自分の中では新規ルールではないんですが。

今回、東京電力や政府の対応に批判しかしない人の何と多かったことか。
で、批判ばっかりして
じゃあどうすればいいと思うのか、っていう自分の意見がない。
ひどい人だと
「そういう難しいことは政府の人が考えること」とか平気で言う。

代替案が出せない人間に"No"と言う資格はない。
"No"と言うだけなら
「おもちゃ買って~~~!」と泣き叫ぶだけの子供と一緒だ。
話にならない。

自分の頭で考えることを放棄しないこと。
Googleでちょっと調べて知っている気になるのではなくて、ね。

twitterでも書いたんだけど
故ケネディ大統領の大統領就任演説を一語入れ替えた句を引用して
本日のブログを終えたい。

My fellow Japanese:
ask not what your country can do for you
-- ask what you can do for your country.

|

« 渋谷表参道 Women's Run 完走記&スイーツ巡り | トップページ | 久々に「ハゲタカ」で盛り上がった♪ »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

お、ひさびさのアップ、節電生活してるのね。

名古屋はトイレットペーパーとカップ麺が棚にあまりないくらいでこれといって変化なし。普通に残業してるのが変な感じ。節電しても東日本に送電できるわけじゃないから(変電して送れるけど量がかぎられてるそうな)ヤシマ作戦も盛り上がらない。(←エヴァン下リオン用語らしい。やるじゃん、エヴァおた。)

「約7kmで大した距離ではない」・・・ここにびっくりしたわ。そうはいっても現代人なんで、風邪とか気をつけてー。ほなまた。

投稿: ミキティ | 2011/03/22 06:03

家をいつでも「泊まっていきなよ」と言えるように…っていうのは、私も思った。ま、普段ならうちは山の上なので、誘っても嫌がられるくらいなんだが、頑張れば横浜から歩ける距離だし。

神奈川のボランティアの窓口を探してみたけど、被災地に1週間くらい行ける、っていう人は別として、こちらにいて何かできることはっていうと、一番は被災者のホームステイ先だった。
まあ単身世帯なので、さすがに受け入れは躊躇するけど、本当に他に手がないときは、うちへ、と言えなければと思います。

買占めはねwobbly、電池やマスクは小さいので買占めに走ったひともいるだろうけど、お米とかトイレットペーパー何袋も買って歩いてた人を見たわけじゃなし、そんなに大勢買い占めた人がいるとも思えないですよ。

来週でいいや、って思ってた人も今日買っとこうって集中した結果と入荷が止まったことのダブルパンチな気がする。
こんなこと思うのも、報道がずいぶん信用できないものだな、って思ったからかも。

ツイートなので、真偽は確かではないけど、棚が空になったコンビニを通りがかったときに、残った商品を手に取って「困りました」って言ってる映像撮らせてくれって頼まれたっていうのがありましたよ。

被災して、家族の名前を呼びながら歩いている人の前をカメラマンが後ろ向きに歩いて撮ってる映像も何度も見たけど、その方が悲しんでるのは紛れもなく事実だけど、「じゃ、カメラまわしますンで、よろしく」っていうやり取りが見えるようで…pout

投稿: TAKEPYON | 2011/03/22 21:15

さすがだ!前向き、パワフル!それに、人のことを思いやる気持ちにあふれてて、頭が下がるよcrying私は実は、ちょっぴり力がぬけちゃって、自分のことでも投げやり気味…。でも、「家の中をきれいにしておく」っていうのは、結構、身につまされる。いざというとき、人を泊めてあげれる、っていうのもあるし、必要なものを即座に見つけられる、ってのもあるよね。
うちの会社、ずうっと前に、災害用グッズを派遣も含めて配ってくれてて、それがすごくコンパクトで、実際に使うことはなかったけれど、毎日持ち歩くのもさほど邪魔にならないので、バッグに入れてます。
携帯は、今回、Webも含め、使いまくった。ポータブル充電器の必要性を感じたよscissors

あとは確かに、ついついモノグサって、つけっぱにしていたpcの電源とかも、しばらく離れるときはシャットダウンして、もとから抜く癖がついたし、こまめにflair消すようになったし(いかにサボっていたかがバレバレcoldsweats01)
はっきり言って、今まで、便利すぎ、快適過ぎたんだよね。お店なんて、海外とか行くと、宵の口なのに、クローズしちゃってたり、ヨーロッパなんて、街燈暗くて、節電してる東京の街と同じくらいじゃないsign02
まあ、食べ物はねぇ、買占めは止めてほしい。フルタイムで働く1人暮らしの人とかだと、本当に大変だよね。せめて必要最低限の物(米、トイレットペーパ-とか)は、こーなったら一時的な配給にしちゃうとか。とにかく、みんなにいきわたるようにしてほしいよね。


それにしても、身を助ける芸があるっていいなぁ。私はな~んもできなくて、情けない…。せめて他人に迷惑かけないよう、自分のことはさっさとできるようにしないとcoldsweats01

あ、でも、地震後に歩くのって、ちょっと危ないらしいよ。(余震で、いろんなものが崩れたりするからね)

いや~、でも、参考になりますshine。私ももっといろいろ考えながら生活しようrock

投稿: モンブラン | 2011/03/22 22:17

震度5弱って、そんなにすごいんですか??
今回は、自宅のエリアは、震度4だったんですが、
車に乗っていたので、震度4がどんなものか分からなかったです...
持ち物のことや家をきれいにしておくこと、
ものすごく納得しました。
そんなに難しいことじゃないですしね。
体力は大事ですよね。
私も、相当距離歩ける自信はあるけど、
方向音痴が心配です;;;

投稿: クリス | 2011/03/23 18:54

>ミキティ

沖縄でも乾電池とか品薄っていうからねーthink
関東圏の親戚とか友人とかが
「送って」と依頼するらしい。
今乾電池の工場とか24時間フル稼働で増産してるらしいけど
市場に出回る頃には余るんじゃ、、、な予感coldsweats01

寒いがなるべく厚着して
風邪引かないように節電に励むよrock

>TAKEPYONちゃん

そんなに山の上の方に住んでるの?happy01

3/11に家に帰ってきてから
「しまった、誰か家に帰れない人
 連れてきてあげればよかったなぁ」
と思ったのよね。。。
自分だけのうのうと風呂に入って申し訳ない、みたいな。

ボランティア調べたんだ。えらい!
ちょっと現地には行けないし
ワンルーム住まいなので
ホームステイもちょっと無理なので
やっぱり節約してその分義援金として寄付、
くらいかなぁ。

空になったコンビニの棚で写真は
私のTLにも流れてきてた。
あざといよね~

>モンブランちゃん

会社が災害グッズなんて配ってくれるんだ?
いい会社じゃんhappy01

確かにヨーロッパは夜、店が閉まるの早いから
日本で夜遅くまで明るい生活に慣れてると
不便だなぁ~と思うけど
あれ、ちゃんとエコなんだね、って
今更ながら気づくねwink

地震の後の夜道は確かにあぶないね。
電気もきれてて足元とかよく見えないしね。
でもお風呂にも入りたいし、
気持ちよい寝床で寝たい~と
たぶん歩いてしまうでしょう、私coldsweats01

>クリスさん

怖かったですよ~shock
でも名古屋も震度4だったんですね。
東北とはいえ、あれだけの大規模地震だと
遠く離れた名古屋でもそれだけ揺れたんですね。。。

断捨離のおかげで本やCDが雪崩状態にならなくて
良かった、と思いました。
せっかく人助けのつもりで
家に連れてきてあげたのに
本の片付けとか手伝わせるハメになっちゃったりしたら
ありがた迷惑ですもんねcoldsweats01
今後も自分の為、いざという時の人助けの為、
断捨離と掃除はしっかりやりたいと思いますrock

投稿: takeco | 2011/03/23 19:53

mailtakecoさん、すごい、すごい!

さすが、とってもわかりやすくまとめてあるな~happy02
私のは北国に住む主婦目線で書いた災害グッズなので、オフィスで働いている方との必要物品の違いが興味深いですね。

 特に私なんか在宅ワーカーなので、帰宅までの苦労がまったくない。仕事部屋とリビングの距離が数メートルだしcoldsweats01
もっとも有用な情報は道端の「〇〇中学校で給水やってる?」「今、水なくなって取りに行ったから、別の給水所のほうが早いよ」的な生ツイッターの方がキャッチしやすいscissors、等々・・・
地方と大都市圏では情報ツールの必要度も異なるのでしょうね。第一、生活用水確保のために新雪集めるなんて都会じゃやれったって無理smile

>ルールそのtwo家はいついかなる時もきれいにしておく

ここ、ここ!
私も激しく共感です!
地震の落下物の片付けは二日くらいで終わったんですけど、その後、延々とやり続けてるのは断捨離=整理・片付けです。引越ししてから20年分の煩悩なのでエンドレスにかかりそう~coldsweats02

投稿: アン@みやぎ | 2011/03/25 01:16

>アンさん

いや、私が挙げた災害グッズは
充電ありき、の前提ですからね。
震災直後は役に立つかもですが
2日も停電が続いたらきっと役立たずですねdespair
アンさんが今回の震災で体験した
「いざという時に本当に役に立つもの」を発信していくことは
今後絶対どこかで誰かの役に立つと思いますrock
・・・まぁ役に立つような状況は
あんまり起こってほしくないですが
日本は地震列島ですからねぇ。。。despair

こういう大きな地震があると
普段の身の回りの整理整頓はホント痛感しますねthink
自分が生きていく上で本当に必要なモノ・要らないモノが
よりクリアになった気がしますshine

私の方はおおよそ元の生活に戻りつつありますが
アンさんのところはまだまだ大変な日々が
続くと思います。
心を強く持ってくださいねclover
また「鷲津さん」「少佐」のお話をしに
お邪魔しますwink

投稿: takeco | 2011/03/26 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/51182966

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の地震を経て決めたマイルール:

« 渋谷表参道 Women's Run 完走記&スイーツ巡り | トップページ | 久々に「ハゲタカ」で盛り上がった♪ »