« 焼きたてパン曜日:イチゴメロンパン | トップページ | 大分むぎ焼酎二階堂のCMが素晴らしい! »

シネマ日記(2011年1月分)

2011年の目標、というのをイロイロ立てて早1ヶ月が過ぎた。
その目標の1つに
「1ヶ月に最低3本は映画を観るrock」ってのがある。
今月は無事達成scissors


・ユージュアル・サスペクツ[録画]

この映画は前にも1回観てて
今回が2回目かな。
初めて観た時は衝撃だったなー、ラストが。
「えっ!カイザー・ソゼって○○だったの???」
あまりの驚きに観終わった後、しばらく動けなかったもん。

すごいよねー、だって最後に顔がガラっと変わるんだよ。
すごい役者だな、と思ったよ。
・・・観てない人の為に、あまり多くは語らないがcoldsweats01
観たことない人は絶対観た方がいい!と
自信を持っていえる一本。

この映画、初めて観た時は大分前なので気づかなかったんだけど
これ若き日のベニチオ・デル・トロが出てるんだね。
今回観て初めて気がついた。
あと我がベスト1映画「ア・フュー・グッドメン」にも出ている
ケビン・ポラックも出てる。
私はガブリエル・バーンが割と好きで
1回目にこれを観たのは彼目当てだったんだけど
いやー、この映画は大きな収穫だった!な傑作です。

・カッコーの巣の上で[録画]

気楽に観られるコメディは
30分づつ分割して観たりするので
HDDから消えるのが早いんだけど
シリアスな映画はじっくり腰をすえて最初から最後まで
イッキに観ないと気がすまない。
なのでHDDにはシリアス映画ばかりがどんどん残っていく。。。

なので今年はHDDの底(?)に溜まっている
シリアス映画を月に1本は消化するぞ!
・・・というわけで今月のシリアス映画はこの
「カッコーの巣の上で」。

この映画をずっと観たいと思っていたのは
製作:ソウル・ゼインツ、監督:ミロシュ・フォアマン
という「アマデウス」コンビが
その9年前に製作した映画で
これまたアカデミー賞をとっている映画だから。

まぁ、予想通りの超シリアス映画でしたよcoldsweats01
でも精神病院のシーンとかすごく明るくて
これを統制しようとする病院側が本当にゆがんで見えた。
主演のジャック・ニコルスンがすごいね。
今更言うことじゃないけどcoldsweats01

この映画、原題を
"One flew over the cuckoo's nest"って言うんだけど
これを「カッコーの巣の上で」って邦題にしたのは
ちょっと片手落ちだな。
この"One flew"ってのが映画のラストを象徴してるんだから。
まぁどういう邦題にするか、ってのは難しいと思うんだけどね。
因みに「カッコーの巣」ってのは精神病院の隠喩なんだそうで。

ここからちょっとネタバレだけど
最後にネイティブ・アメリカンの"チーフ"が
マクマーフィ(ニコルスンの役)を殺しちゃうところ、
(もう涙無しでは観られん!!!)
あれ、子供の頃に観てたら分からなかったかもね。
こういう映画はある程度大人になってから観ないと
分からないような気がする。

ところで全然話が違うんだけど
セサミ・ストリートに
クッキーモンスターがやってる
"Monsterpiece Theater"ってのがあって
そこで有名な映画のパロディをやってたのが
私すごく好きだったんだけどhappy01
「カッコーの巣の上で」も"Monsterpiece Theater"でやってて
それがこれ↓

"Monsterpiece Theater"の大のお気に入りが
「郵便配達は2度ベルを鳴らす」なんだけど
そういえばこれもジャック・ニコルスン主演の映画だったねぇ。。。

これ、すごく良くできてると思うのよhappy01
ちゃんと数字と職業が覚えられるようになっている。
そして単純におもしろいhappy01
今見ても笑える。
「郵便配達は2度ベルを鳴らす」、映画は観てないんだけど
小説は読んでて
これ確か奥さんが愛人の男と結託して夫を殺しちゃう話なんだけどねぇcoldsweats01
"Monsterpiece Theater"は原作の面影が全くないsweat01

・20世紀少年 第1章[録画]

ARATA君が出てるってんで観てみたんだけど、
まるで別人になってるcoldsweats01
しかしすごい豪華キャストだよね、これ。
NHK大河ドラマ並だ。

監督が"TRICK"の堤幸彦なので
「ともだち」の信者の新興宗教っぽいカルトな雰囲気の撮り方が
さすがお手の物って感じ。
思ったよりおもしろかったんで
2章、3章もTVでやるようなら観てみようかな。

|

« 焼きたてパン曜日:イチゴメロンパン | トップページ | 大分むぎ焼酎二階堂のCMが素晴らしい! »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

またも、そそられる「映画日記」だねぇgood
ベニチオ・デル・トロ、出てるなら見たいな。
カッコーの巣って、精神病院の隠喩だったんだ~。
タイトルしか知らなくて、まるで想像つかなかったcoldsweats01
ARATA君の映画も見てみたいなぁ~。彼は、ほんとに役柄でがらっと印象が変わるから、根っからの役者だねwink
それにしても、やっぱり子供時代から、見ているもの&見方が全く私とは違うなぁ~。
うちはセサミ・ストリートは、いつもフェイドアウトしてたから…coldsweats01これじゃあ、英語が得意になる要素がないなぁ。

投稿: モンブラン | 2011/02/05 00:17

>モンブランちゃん

ベニチオ・デル・トロ、あんまり出てないんだよ。
まだ駆け出しの頃だからだと思うけど。
一番最初に死んじゃうしcoldsweats02

ARATA君も「20世紀少年」は出番少ないね~。まぁ他に大御所が多すぎるからcoldsweats01
見た目もちょっとオタクっぽい感じなんだけど
声ですぐARATA君って分かったhappy01
ARATA君は声も素敵なのよねheart04

セサミは子供の頃よりも
大学生になってからの方が一生懸命見てたねcoldsweats01
あれは大人が観ても充分視聴に耐える番組だと思うgood

投稿: takeco | 2011/02/07 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/50750658

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ日記(2011年1月分) :

« 焼きたてパン曜日:イチゴメロンパン | トップページ | 大分むぎ焼酎二階堂のCMが素晴らしい! »