« スイス旅日記:ツェルマットでやはり山と縁がないことを悟る | トップページ | スイス旅日記:お買い物事情 »

スイス旅日記:そしてユングフラウはいかに?

スイス滞在最終日。
ようやくマッターホルンを拝めた後
バスでグリンデルワルトへbus

この日はスイス観光のハイライト、ユングフラウヨッホという
ヨーロッパで一番標高が高い「駅」に行くのだ。
標高3,454m。
因みに富士山は標高3,776m。
そんな高さまで列車で行っちゃうのだ。
スイス人ってすごいこと考えるのねwobbly

途中"ゴッペンシュタイン(Goppenstein)というところで
バス丸ごと乗り込む列車eyeというのに乗る。

こんな列車なのよ。

Img_0851

Img_0852

こんな風に列車に乗り込んでゆく。

Img_0854

Img_0855

で、車を丸ごと何台も乗っけて
列車は進むわけだ。
すごいよね。

揺れて危ないから
サイドブレーキを引いて
ギアはローに入れとけ、と。

Img_0857

列車に乗ったバスからの車窓。

Img_0858

Img_0859

そんなエキサイティングな列車を体験しつつ
バスはグリンデルワルトに到着。

Img_0862

ここも街がカワイイhappy01

Img_0860

Img_0868

奥に見えるのがヴェッターホルンという山。

Img_0866_2

グリンデルワルトの街をぶらぶらした後
クライネ・シャイデック行きの列車に乗り込む。

Img_0863

ところでグリンデルワルト駅の向こうに見える
この山なんだが、、、

Img_0864

アイガー、という山なんだそうな。
私は山は全然知らないんだけど
その時周りにいたおじさん達が
「えっ、アイガー?happy02
と急に色めきだした。
何?そんなに有名な山なの???

聞くとアイガーの北壁、というのは
登山家の間では難攻不落な登頂ルートとして有名らしい。
過去何人もの登山家の命を奪ってきたそうだshock

で、ここが北壁。

Img_0865

帰国してから調べたら
「アイガー北壁」っていう2008年のドイツ映画があった。
しまった、観てからスイス行けば良かったなぁdespair

グリンデルワルトからクライネ・シャイデックへの車窓。

Img_0870

Img_0871

おい!曇ってるぞ!!!
またしても、またしてもか???bearing

クライネ・シャイデックで乗り換え。
ユングフラウ鉄道~note

Img_0872

Img_0873

Img_0874

クライネ・シャイデック~ユングフラウヨッホの車窓。

Img_0876

Img_0877

途中、アイガーヴァント駅とアイスメーア駅に5分程停車。
窓から景色を観てみよう、というわけだ。

こちらアイガーヴァント駅の窓からの風景。

Img_0878

Img_0882

ここ、アイガー北壁のど真ん中なんだそうだeye

因みに、アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山をまとめて
オーバーランド三山なんていうそうだ。

Img_0879

何となく記念に壁タッチ。

Img_0880

こちらアイスメーア駅の窓からの風景。

Img_0883

Img_0884

そしてクライネ・シャイデックから列車で登ること約1時間。
ようやくユングフラウヨッホ到着~fuji

まずは何はともあれ
スフィンクス・テラスと呼ばれる展望台へ!dash

晴れてるよーーー!
絶景ーーー!happy02
良かった、ちゃんと見えるよーーー!
山の神様、ありがとうkissmarkkissmarkkissmark

Img_0890

Img_0886

Img_0885

Img_0889

スフィンクス・テラス、実は足元がシースルーで怖いshock

Img_0891

そしてこんな高いところにまで鳥?

Img_0892

お次は氷河をくり抜いて造ったという
「氷の宮殿」へ。

Img_0893

足元がツルツルで超怖いshock

Img_0897

Img_0900

次は雪原に出てみる。

寒いーーー!風強いーーー!
雪がまぶしいーーー!

Img_0901

Img_0903

ここも同じく下つるつるで、
旗が立ってるところから建物に引き返す道が
こんな風に下り坂になってるから転んでる人多数coldsweats02

Img_0904

因みに気温ですが、、、

Img_0906

マイナス7度wobbly
日本語表記がありがたいのか何なのかsweat02

寒い時はホットチョコレートに限るwink

Img_0905_2

因みにクリンデルワルト~ユングフラウヨッホの運賃なんですが
やっぱりお高くて。
往復で日本円にして15,000円弱くらい。
まぁ固い岩盤を掘ってトンネル造ったわけだから
しょうがないんですかね。。。

Img_0914

|
|

« スイス旅日記:ツェルマットでやはり山と縁がないことを悟る | トップページ | スイス旅日記:お買い物事情 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

登山電車面白いね。
でも、やはり、車が動いてしまうのでは!?っていう気がする。よく大丈夫だわね。
でも、電車でこんな高地まで登れちゃうって、すごいね~。


アイガーの北壁って私、子供の頃に読んだことある。大戦中か、もうすぐ開戦って頃の話で、、、子供文学全集か、もしかしたら教科書とか、副読本かも。

投稿: TAKEPYON | 2010/11/24 00:53

山がすぐそこまで迫っていてすごいですね!!
スイスに来た、って感じがしますねfuji
列車の運賃がやっぱり高い...down
私は「乗り鉄」なので、この列車に乗って上まで行ってみたいですbus
でも寒いのは嫌だなぁ~coldsweats01

投稿: クリス | 2010/11/24 20:57

>TAKEPYONちゃん

富士登山で苦しんだ私としては
「じゃあ富士山にも鉄道敷いてよ!rock」と
言いたくなりましたsweat02

アイガーの北壁、そんな子供の頃から知ってたの???
さすがTAKEPYONちゃん!
小さい頃から本好きだったのね~book

>クリスさん

山好き鉄道好きなら
スイスはもってこいの旅行先だと思いますよ!
私が今回乗る機会がなかった
グレッシャー・エクスプレス、
ベルニナ・エクスプレスとか
景観が楽しめる列車がいっぱいありますし!
是非行って下さい!wink

投稿: takeco | 2010/11/25 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/50108921

この記事へのトラックバック一覧です: スイス旅日記:そしてユングフラウはいかに?:

« スイス旅日記:ツェルマットでやはり山と縁がないことを悟る | トップページ | スイス旅日記:お買い物事情 »