« スイス旅日記:シャモニで山と縁がないことを悟る | トップページ | スイス旅日記:そしてユングフラウはいかに? »

スイス旅日記:ツェルマットでやはり山と縁がないことを悟る

ローザンヌからツェルマットへの移動途中、
マルティニでトイレ休憩。

Img_0821

風景がすごーく綺麗だったのよshine

Img_0817

Img_0820

池の水のきれいなことshine

Img_0814

池のほとりに人が来ると
餌がもらえると思って鳥が寄ってくるのは
万国共通。

Img_0813

ツェルマットは排気ガスの汚染から街を守る為
ガソリン車の乗り入れが禁止されている。

ツェルマット駅から一つ手前の駅テーシュ駅でバスを降り
列車でツェルマット入り。

テーシュ駅の改札。

Img_0822

Img_0823

この列車に乗ってツェルマット入り。

Img_0824

で、ツェルマット入りしたわけだが、、、
寒い!しかも曇ってるweep

観光する気半減だが、がんばってあちこち歩くrock

Img_0826

Img_0827

Img_0828

Img_0829

ツェルマットは何が有名かというと
そりゃーマッターホルンの勇壮な姿が見られる、ということですよ。
でもご覧の通り雲ってましてね、、、マッターホルン見えずgawk

でも時折わずかに陽が射す瞬間があってね。
ちょっと期待したわけですよ、
「もうちょっとしたら晴れたりする?」なんて。

ここにはゴルナーグラートっていう展望台があってね。
列車で片道30分強を昇っていくと
マッターホルンの姿がそれはそれは美しくみられるそうな。
万が一曇っていてマッターホルンが見えなくても
氷河とか他の山々が見えるかも、だから
あきらめるのはまだ早い、とガイドブックに書いてある。
んじゃ、行ってみようか、ということで
ゴルナーグラート駅行きの列車に乗ることにした。
往復で日本円6,000~7,000円と結構お高めな運賃gawk

途中で2~3箇所の駅で停まりながら
終点ゴルナーグラート駅を目指す。

・・・まぁ車窓をお楽しみくださいませよ。

Img_0830

Img_0831

Img_0832

・・・終点に着くまでに
もはやほんのわずかな期待の炎さえ消え失せましたよbearing

で、ゴルナーグラートに着いたわけだが。。。

Img_0837

こんな感じですわsad

Img_0833

こっちに見えるのがマッターホルンだよ、の表記が
またしても心に寒風を吹き付けるtyphoon

Img_0835

ここまで来ると
私は前世で山の神様に恨まれるようなことを
何かやったのではないかしら?と疑いたくなるsad

空しくゴルナーグラートを後にしたのであった。

救いは夕飯のチーズフォンデュがおいしかったことnote

Img_0841

Img_0842

スイスと言ったらチーズとチョコです。
ってか現地日本人ガイドに言わせると
スイスって野菜を食べる習慣がほとんどないんだそうだ。
じゃがいもくらいしか。
なので朝と晩はパンとチーズ。
お昼はその他にスープとかそれくらい。
チーズで全ての栄養を賄おうとしているのか???
そういえばツェルマットへの道中、放牧中の牛の姿だけは
たくさん見たので
確かに乳製品は充実しているのであろう、と納得できた。

でもね、スイス滞在最終日
ユングフラウヨッホに行くから、と早起きした朝sun

マッターホルン、見えたーーー!happy02

Img_0844

Img_0845

Img_0847

Img_0848

Img_0849

うれしいんで写真いっぱい撮ってしまったcoldsweats01

|
|

« スイス旅日記:シャモニで山と縁がないことを悟る | トップページ | スイス旅日記:そしてユングフラウはいかに? »

旅行」カテゴリの記事

コメント

池と木の風景がキレイですね~heart02
東山魁夷の絵のようですshine
スイスって、列車の値段、すごく高いんですねbearing
山の天気が悪くて残念でしたが、
最終日にマッターホルンが見えてよかったですねup
とんがってますね~fuji
野菜を食べる習慣がないsign02
不思議な国ですねcoldsweats01

投稿: クリス | 2010/11/22 13:39

>クリスさん

スイスは時期的に紅葉がすごーく綺麗なシーズンでmaple
特にマルティニは綺麗な池と相まって
紅葉した樹がきれいshine

スイスは基本的に物価が高かったですが
(スイスフランの為ユーロ安の恩恵を受けられずweep
山を登る鉄道は特に運賃高かったですね。
まぁ設備作るのにそれだけお金がかかってるってことなんでしょうがthink

朝食はホテルのバイキングなのですが
バイキングなのにサラダバーがないのが
ちょっと違和感あって。
で聞いたら「野菜を食べる習慣がない」とwobbly

投稿: takeco | 2010/11/23 08:45

麓からでも、美しいマッターホルンが見れてよかったねgoodきっと、そうそう簡単に観れないものなんだよ!
チーズフォンデュ、おいしそ~deliciousチーズ好きな私としては、ぜひぜひ味わいたい!heart04
野菜は、寒いからあまり育たないんだろうね。
ドイツも、「これでもかっ!」ってくらい、イモしかなかった印象が…。
(ビタミンは何で補うのだろう・・・?)

投稿: モンブラン | 2010/11/23 19:20

>モンブランちゃん

ホント最後にマッターホルン見られて良かったhappy01

スイスもじゃがいもだけは
ホント良く食べたよ。
お隣の国だけに
ドイツと似てるのかもね。
でも去年行ったベルリンの方が
食の面では明らかに充実してた。。。gawk

投稿: takeco | 2010/11/23 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/50094542

この記事へのトラックバック一覧です: スイス旅日記:ツェルマットでやはり山と縁がないことを悟る:

« スイス旅日記:シャモニで山と縁がないことを悟る | トップページ | スイス旅日記:そしてユングフラウはいかに? »