« 八ヶ岳合宿レポ(避暑編) | トップページ | ケーキバイキング@田園調布倶楽部アクアラウンジ »

最近読んだ本の感想など

旧友・ミキティからのリクエストにお答えして
最近読んだ本の感想を。
・・・最近、と言ってもここ半年くらいですがsweat02
昔に比べて本を読む時間が少なくなったのは否めないcoldsweats01

 


「ブラバン」津原泰水

学生時代に部活をやってた人には
なかなか共感できる部分が多い小説なんじゃないかなconfident
高校時代と、そこから四半世紀を経た大人との時代を交差しながら
物語は進みます。

目次の次のページにいきなり登場人物34人の紹介があって
のっけから面食らうsweat01
・・・が一人一人がくっきりと描かれてて
読んでいるとそれほど混乱することはない。

個人的には
来生(物語の語り手=他片の友達の優等生)と
安野先生のエピソードが一番胸に来たなぁ。。。

こういう話は夏に読むのがいいですねぇshine
(私が読んだのは2月だったけど。)
まだ読んでない方、お盆休みにでも是非。
ノスタルジックな気分に浸れます。


「鴨川ホルモー」万城目学

既に映画にもなったりしてるので
既読の方も多いと思います。

私は万城目さんの小説はこれが初めてだったのですが
この方、文章が非常にうまいですね。
(・・・プロの作家の方にエラそうな物言いですがcoldsweats01
「純文学も書けるゼ」的文章力で
荒唐無稽な世界を描くものだから
そのおもしろさたるや、ハンパじゃないです。

・・・最後のホルモーがなかなか泣けましたweep
イイですgood


「君たちに明日はない」垣根涼介

坂口憲二・主演でNHKでドラマ化されたものの原作。
主人公の職業がリストラ面接官というのに興味を惹かれて
前から気になってたのですが
NHKのドラマがおもしろかったので
ドラマ放映後購入。

小説の方はHシーンの描写がすごく詳細でcoldsweats02
「・・・ここまで書かんでもいいんじゃね?gawk
な感じがあったのですが
ドラマの方ではそんな描写はもちろんカットhairsalon

小説、ドラマどっちもおもしろかったですgood
続編の「借金取りの王子」の方も買ってあるので
そちらも早く読もうthink


「パレード」吉田修一

この人の小説「パーク・ライフ」は
私には合わないなぁ、、、と思ったのですが
「7月24日通り」はなかなか気に入った。
この人はキャラクターの設計が実に絶妙なんだよねshine

「パレード」も映画になったので
既読の方も多いと思います。
この小説、おもしろかったです。
最終章がなかなか「衝撃」です。
「えっっっ!そうだったの?!?!shock」な。。。

映画の方が2010/10/6にDVD発売みたいだから
レンタルして観よう。
最後を映画ではどういう風に作ってるのか興味あるmovie


「GOSICK」桜庭一樹

正しい綴りは"gothic"ですcoldsweats01
私のタイプミスなのではなく、こういうタイトルなのです。
何か意味があるのでしょうが、すいませんそこまでは読み取れませんでしたcoldsweats01

桜庭一樹は前にアガサ・クリスティの評論をTVで聞いて
「あ、この人おもしろい」と思い
今回初読しました。

探偵役のヴィクトリカと助手役の一弥のやりとりが
ややウザいと言えばウザいのですが
(ちょっと少女マンガチック)
ストーリーの進め方は非常におもしろいです。
特にトリックの仕掛け方が壮大でおもしろい。

・・・が、殺しの理由に「ロマン」を求める私としては
「え?こういう理由で殺したの???」
な点がちょっと残念despair
「ロマン」がない。
私はクリスティや横溝正史のような殺しの理由が好みですshine

が、ストーリー展開とトリックのおもしろさはイイです。
続編もあるようなので
また読んでみよう。


「告白」湊かなえ

これまた映画の原作なので
既読の方が多いと思われますが。

これおもしろかったですね。
一気に読み切りましたよ。
久しぶりに寝るのを忘れて読みました。
(読んだのが金曜日で良かったcoldsweats01
 月~木だったら翌日の仕事に支障が・・・)

読んでいて決して気持ちのいい話ではないのですが
グイグイ引き込まれます。
そして最後、「こう来たか。。。」みたいな。

映画の方も松たか子の演技が絶賛されているので
観てみたいです。
川崎の映画館でもまだギリギリ見られそうですねぇ。。。検討してみようconfident

|
|

« 八ヶ岳合宿レポ(避暑編) | トップページ | ケーキバイキング@田園調布倶楽部アクアラウンジ »

読書」カテゴリの記事

コメント

万城目学、なんか濃いぃ感じで敬遠してたのよ。読んでみよう。

オピニオンリーダー(流行の先を行く目利き)が身近にいないとアーリーマジョリティ(一般人だけどやや早乗り)になれないってのは、いやオトコ絡みの話ではなく、あなたの話なのよー。すすめられた本・作家に、ほんとハズレがなかったもんなー。

自分で選んだ本がハズレだったりすると腹が立つ。
なにごとにも先達はあらまほしきかな。

さて長引いたマイ・リーマンショックも、派遣だがひと安心できそうな職場を見つけて、終息したもよう。いらん脂肪の撃退と読書に励むわ。

投稿: ミキティ | 2010/08/09 21:05

>ミキティ

万城目さん、文章力があるから
結構すぐ読めちゃうよwink

> オトコ絡みの話ではなく

そうだったのか。よかったcoldsweats01
ゲロ袋持って名古屋にすっ飛んでった方がいい???と
思ったよ。
・・・あ、その話はココでしなくてもいい?coldsweats01

リーマンショックだったのかぁ。。。
大変だったのね。
しかしリーマンショックだと食費削って
脂肪は付かないのでは?

投稿: takeco | 2010/08/09 23:23

わたしも読んだよ、「GOSICK」
「GO SICK」なんだろうね。ビョーキなのは、幽閉されてる名探偵なのか、その母親なのか、なんだか謎がありそうですね。

いわゆる名探偵の出てくる推理物は、やっぱりライトノベルっぽさが鼻について、大人になるにつれて読まなくなったけど、これは、文章もこなれていて、読みやすかった。

万城目さんも最近読んだ。
プリンセス・トヨトミがちょっと気になります。

投稿: TAKEPYON | 2010/08/10 10:22

>TAKEPYONちゃん

「GOSICK」は壮大な密室トリックがよかった。
おもしろかった。
あれで殺しの理由に満足がいくものだったら
いうことなかったんだけど~

プリンセス・トヨトミは
私も気になってるwink
文庫になるのを待ってるんだhappy01

投稿: takeco | 2010/08/10 23:08

読んだわ、ホルモー。

金原瑞人(児童文学の翻訳者)が解説で「これを面白いと思う自分は大丈夫だろうかと思った」てなこと書いてて、確かに出版前にこの原稿読んだら不安になるよなーと思った。
ホルモーで青春文学。ホルモーなのに恋愛小説。
プリンセストヨトミも気になってたから読んでみよう。

やっと涼しくなって読書ができる。アガサ・クリスティー生誕130年特集も撮りだめしてあるからたいへんだわ。

ところで、包帯は痛々しいが手がきれいね、あいかわらず。

投稿: ミキティ7 | 2010/10/17 18:07

>ミキティ

ん?名前の後についてる「7」は?

金原瑞人って金原ひとみのお父さんなんだよね。
金原ひとみの小説は読んだことないけどcoldsweats01

ホルモー、すぐ読めちゃったでしょ?happy01
この人の文章は読みやすいgood
帯状疱疹で篭城中に
本も読もうと思ってたんだけど
今月末の旅行に備えて
HDD空けとかんと!と
映画消化する方に時間を費やしてしまった。
(映画6本消化した。感想はまた来月1日に。)
小説はスイスの行き返りに読むよ。
またヨーロッパだから
本読む時間はいっぱいありそうだsmile

> 包帯は痛々しいが手がきれいね

えへへ、Dankehappy01
発疹の痕がきれいに消えるのを祈ってますshine

投稿: takeco | 2010/10/18 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/49093383

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本の感想など:

« 八ヶ岳合宿レポ(避暑編) | トップページ | ケーキバイキング@田園調布倶楽部アクアラウンジ »