« 花畑牧場のメロンパンとアイス | トップページ | 多摩川リバーサイド駅伝完走記 »

マクベス@世田谷パブリックシアター

萬斎さまの「マクベス」観てきました。

『マクベス』

W.シェイクスピア作 河合祥一郎訳 『マクベス』より
[構成・演出] 野村萬斎

[出演] 野村萬斎/秋山菜津子/高田恵篤/福士惠二/小林桂太

2010年03月06日(土)~2010年03月20日(土)
世田谷パブリックシアター

Img_0473

Img_0475_2

「マクベスってどんな話だったっけ?coldsweats01」な状態だったので
しっかり本を読んで予習してから行きましたpencil
でもそれが良かった気がする。
話の筋を追うのに必死ならずに済み、
芝居の造りそのものを味わうことができたのでgood

大体、主人公の名前が「マクベス」なのに
他にも「マルコム」「マクダフ」と似たような名前の人も出てくるのよdespair
混乱する、っつーのgawk
もっと区別しやすい名前にしてよ>シェークスピア
予習してあったのでその辺の混乱を免れることができました。

マクベスはもちろん萬斎さま、
マクベス夫人は秋山菜津子さんなんだけど
他の登場人物を全て
高田恵篤/福士惠二/小林桂太の3人で
演じているところがすごい!
冒頭の3人の魔女も、3名の俳優さんで演じてるのだ。
しかもこの3人、肉体表現がかなり豊かで
素晴らしいですshine

古典なだけに大胆な解釈で展開するのでは?と
思っていたのだけど
意外とまっとうな解釈での演出でした。

「マクベス」といえば
冒頭の3人の魔女のセリフ
「きれいはきたない、きたないはきれい」
が有名ですが
これをより強調した造り、になってましたね。
「きれい」と「きたない」のあざなえる縄の如き連続性、ってのかな?
そんな感じの造りでした。

まぁ話が話なので
見終わった後スッキリ、というよりは
ドーンと腹に重い石を抱え込んだような状態になりましたがsweat02
でもいいお芝居でした。
萬斎さん、かっこ良かったしheart04

|

« 花畑牧場のメロンパンとアイス | トップページ | 多摩川リバーサイド駅伝完走記 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

いいですねえheart04
秋山さんのマクベス夫人、いざとなると腰がひける夫のお尻をたたいて、暗殺させる強い妻、上手にやってるんだろうなあ。

シェークスピアのマクベスって、実は単細胞な小物なのに、うっかり乗せられて王座についちゃった男って感じですよね。

投稿: TAKEPYON | 2010/03/21 20:53

私はいつも、「先入観がなく観たほうが、いろいろ感じられるんでは?」と考えて、予習しないことが多いのだけど、確かに、細かい部分とか、人物同士のつながりで「???」となることも多々あり、予習って大事なんだな、と思うこのごろ・…。
秋山菜津子さんって、知らなかったけど、写真で見る限りだと、なかなか妖艶さも出せそうな、素敵な役者さんなのね。
takepyonさんの言うように、マクベスって、小物で、上に立てるような器じゃないのに、まんまとそそのかされて、悪人代表みたいになってて、ちょっとかわいそう。
どっちかっていうと、「マクベス夫人」が悪だよねぇ。
 
私も、かなり飛躍した演出をそうぞうしてたけど、意外と正統派だったんだね。

投稿: モンブラン | 2010/03/21 22:51

>TAKEPYONちゃん

前にTAKEPYONちゃんと「我が魂は輝く水なり」観に行った時も、秋山さんは巴御前を演じてたもんね。
こういう強い女役が似合うよね、秋山さんはconfident

マクベスは武将としては一流の人だったんだろうけど
分不相応に玉座を望んだのがいけなかったのか、
放っておいても魔女の予言通り王になれたかもしれないのに
欲に駆られてダンカン王を手にかけたのが
いけなかったのか。。。think

>モンブランちゃん

私も必ずしも予習する方ではないんだけどねwink
シェークスピアってちょっと難しいし、
マクベスは有名な戯曲だから
観客がある程度知ってることを想定した造りに
なってるかな?と思ったので
今回は予習していったのよ。
「ロミオとジュリエット」くらい分かりきってる話なら
予習の必要もないんだけどね。。。bleah

投稿: takeco | 2010/03/23 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/47861728

この記事へのトラックバック一覧です: マクベス@世田谷パブリックシアター:

« 花畑牧場のメロンパンとアイス | トップページ | 多摩川リバーサイド駅伝完走記 »