« 第2回能登和倉マラソン:能登ミルク編 | トップページ | Tokyo Running Style Collection 2010 Spring »

第2回能登和倉マラソン:レース翌日お楽しみ編

能登の旅連載もいよいよ最終回です。

まずは和倉温泉唯一(?)の観光地、
辻口博啓美術館。

和倉温泉出身のカリスマ・パティシエ辻口氏が
運営している美術館。
展示物は辻口氏制作の飴細工。
これは去年見たので今年はスルーcoldsweats01
お目当てはこの美術館のカフェで味わうスイーツcake

昨年ここで食べて感動したケーキ「エーグル(黄色い方)」は今年もオーダー。
もちろんケーキ2個がデフォルトなので
もう一つは「セラヴィ」に。
辻口氏の出世作のケーキですね。

Img_0447

ドリンクは「ロッソ」というアイスティ。
ジンジャーエールで割ってあります。
ケーキの前にあるパイ菓子は
「YUKIZURI」というお菓子の試食。
最初字面を見た時は
「行きずり?
 行きずりの人
  ↓
 行きずりの恋
  ↓
 ここは日本海
  ↓
 波waveが打ち寄せる崖
  ↓
 shockshockshock
な連想が頭をよぎり
「何て物悲しい名前のお菓子なんだ。。。」
と思いましたが
「行きずり」じゃなくて「雪吊り」なんだそうだgawk
これって「ゆきつり」って読むんじゃないの???

そんなこんなで「YUKIZURI」、
北陸限定で絶賛発売中だそうです。
http://www.c-exis.co.jp/recommend/index_090729.html
売り上げの一部は辻口基金という
石川県の子供たちの為に使われるお金になるそうでdollar

辻口美術館のカフェから臨む日本海。

Img_0446

対岸に見えるのは能登島。
ここもマラソンコースです。

お次はお土産を買いに「食祭市場」へ。
観光バス等でよく連れて行かれる類の場所ですね。
まぁおみやげ物が手っ取り早く買えるのでgood

Img_0448

お土産を一通り買った後
揚げたてはんぺんを一枚購入。即食restaurantうまい!

空港へのお迎えバスが来るのにまだまだ時間があったので
足湯でまったり。

Img_0451_2

Img_0450

↓気持ち良さそうにふやける私の足。外反母趾気味foot

Img_0452

まだ時間があるので
これまた去年も行った「ごま屋」へ。
ゴマのスイーツが各種あるお店です。
去年はゴマアイスにしましたが
今年は寒かったのでゴマのロールケーキを。

Img_0453

というわけで今年の能登の旅は終わり。
来年も行きます、絶対rock

|
|

« 第2回能登和倉マラソン:能登ミルク編 | トップページ | Tokyo Running Style Collection 2010 Spring »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

YUKIZURI・…短い間によくあれだけの想像を…coldsweats01
でも、辻口さん、言葉遊びとして、ちょっぴりひっかけてるのかな?って気もするけど、読み過ぎかしら?まあ、見た目では、「行きずりの恋…日本海の崖から…」というのとはほど遠くはあるけど、「そういうさみしさを忘れる”スイート”をあなたのハートにheart01」。。。。なんて、そんな私も実はかなりの妄想癖があるのだす。。。coldsweats01
う~む、食べ物目的になら行ってみたいが…。(まあ、ウエアもかわいいのが多いしねぇ・…)

投稿: モンブラン | 2010/03/14 22:32

>モンブランちゃん

いっそのこと日本語名「雪吊り」って名前の
お菓子でよかったのでは、と思ったりcoldsweats01

能登和倉万葉の里マラソンは
10kmの部もあるよ。
10kmならちょっと練習すれば走れるようになるよ!
(と、そそのかしてみるbleah

投稿: takeco | 2010/03/15 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/47795407

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回能登和倉マラソン:レース翌日お楽しみ編:

« 第2回能登和倉マラソン:能登ミルク編 | トップページ | Tokyo Running Style Collection 2010 Spring »