« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

ベルリン旅日記[9]:ベルリンマラソン完走記(下)

さて、心おきなく年を越す為に
やり残した仕事を片付けなければ。
実家で弟のパソコン借り、
ベルリンマラソン完走記、やっと最終回です!


ここでベルリンマラソンのコースをおさらいしておこう。
Strecke09

まずスタートゲートをくぐるまでに約15分。
まぁ大規模マラソンではしょうがないですthink
タイムはシューズに着けたチップで計測されるから問題ないし。

スタートゲートをくぐってすぐに
前日に真下に行って見たジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)。
黄金の天使像の塔で
一旦ランナーの群れは2つに分かれ、すぐに合流。
その後しばらくは旧西ベルリンの繁華街。
日曜日の朝だというのに、沿道の応援が多い。

ベルリンの街並みはちょっと不思議な感じだ。
もちろん歴史ある街なので古い建物が並んでいる街ではあるのだけど
現実から半分くらいズレている
異空間のような感じがする。
テレビ塔から受ける印象もそうなんだけど
街全体が何だか昔のSF映画に出てくるような街、の印象を受ける。
特にスタート地点から2・3kmあたりから12・3km地点あたりまでの
街並みは特にそんな感じだ。

水のみの給水所が5km毎。
9km地点以降からは更に5~7km毎に
水・スポーツドリンク・紅茶・バナナ・オレンジのエイドステーション。
スポーツドリンクはタケダのBasicaという
国内では聞いたことのないスポーツドリンクだった。
味は・・・微妙。
紅茶はなぜか温かいものが出た。
マラソンで温かい飲み物が出たなんて初めてだ。
ヨーロッパ人は冷たい紅茶なんてありえない、って感覚からだろうか?
しかも妙に甘い。
だけど糖分補給は大事なので
これも適度にいただくことにする。
あと、バナナはありがたかった!banana
私はバナナさえあれば何kmでも走れるのだ!
・・・ってのはちょっと表現がオーバーなんだけどcoldsweats01
でも10km毎にバナナが確実に補給できるなら
手ぶらでフルを走り切れる。

私はいつもフルを走る時は
エネルギー切れ防止の為に
ウィダーinゼリー(のエネルギー)をウエストポーチに入れて走るんだけど
今回のベルリンではこのジェルを半分しか飲まなかった。
バナナが充分出たので
ホントは半分さえ摂る必要はなかったのだ。
荷物を減らす為に半分飲んだようなものだった。
次回ベルリンを走る時は手ぶらでもいけるなぁ。

走り進むにつれて、だんだん暑くなってきた。
日本の9月と違ってベルリンの9月は
気温も湿度も低めで走りやすいと聞いていたのに。
湿度は確かに低いが、気温が高い!
あとで聞いたところによると
この日の最高気温は26度くらいだったようである。
・・・暑いはずだよbearing
優勝したゲブレセラシエも35km地点までは
世界新更新間違いなしのペースだったのに
あまりに暑すぎて最後の5km極端に失速し、
世界新更新はならなかったようだ。

私はというと
15kmあたりから何だか膝が痛くなってきていた。
やっぱり夏場の走り込み不足かなぁ。。。
それもあるんだろうけど
両足の人差し指の爪が何だか痛い。
急遽靴を替えたのが良くなかったのか?
爪が痛くて変にかばった走り方をしているのが
膝に悪影響している気もした。
ハーフの辺りに来る頃には
かなり膝が痛くなってきてた。
この地点で膝が痛くなるなんて
ここ最近のレースではなかったことだ。
が、走れなくはないので
何とか走り続けることにする。

走り続けることができたのは
応援がものすごかったせいもある。
ホント、沿道の応援が途切れないのだ。
さすが歴史上多くの名作曲家を生み出した国だけあって
音楽の演奏による応援が多い。
生バンドはもちろんのこと、
片手でハンドルをくるくる回しながら演奏するストリートオルガン、
フライパンをたたいて演奏するビストロのシェフ達、などなど。
NYCマラソンの応援もすごい、と思ったけど
ベルリンマラソンの応援もそれに勝るとも劣らないものだった。

35km地点にあるのがカイザーヴィルヘルム教会。
有名な観光名所だ。
戦時中の爆撃によって崩れた尖塔が
修復されずにそのまま残されている。
広島の原爆ドームのような役割を担っているわけだ。
そこを過ぎるとKaDeWeなどのデパートが立ち並ぶ
ベルリンの目抜き通りだ。
応援の人がひと際多い。
ここまで来ればゴールまでもう少しのはずだ。
・・・だけどフルマラソンは35km過ぎてからが
一番辛いのだweep

ところで今回、
私はランドレのスカートの裾のところに
本名の名前の方をローマ字書きしたテープを
貼っていた。
海外のフルマラソンを走ったことのある方は良くご存知と思うが
名前をウェアに貼って走ると
沿道の人たちから名前を呼んで応援してもらえるのだ。

私はウェアの景観(?)を損ねるのが嫌なのでcoldsweats01
名前を貼って走ることはしないのだけど
今回はツアコンの人がわざわざ用意してくれていたので
拒否するのも何だか悪いな、ということで
初めて名前付きで走ってみたわけである。

ところが私の本名は
ローマ字書きしたものを英語読みすると
どうも本名とはかけ離れた音になるようだ。
(私の本名をご存知の方は想像してみて下さいcoldsweats01
学生時代にアメリカでホームステイした時も
なかなか名前を覚えてもらえなくて苦労した思い出がある。
(私のような人こそ、英語名を付けて名乗った方がいいのよね、きっと。)

そんなわけでランドレの裾に貼り付けた名前を
沿道の人が何人か呼んで応援してくれたわけだが
いかんせんそれが自分の名前に聞こえないのだ。
ワンテンポおいてから
「あれ?もしかして今私の名前呼んで応援してくれた?」
となり
せっかく呼んでくれた人には
手くらい振って応えたいわけだが
それができない、ということが
レース中3度くらいあった。
英語になると発音が変わる自分の名前を
うらめしく思ったりしながら走っていた。

ところが
40km地点あたりで素敵な奇跡があった。
ゴールまであと2km「苦しいよぉ~」と思いながら
走っていた時のこと。
はっきりと私の名前を呼ぶ声が聞こえたのだ。
「○○(←私の本名)さーん、がんばってー」
日本語だ!!!
だけどちょっとだけ外国語アクセント。
誰?と思って振り向くと
黒人の、手脚がひょろりと長い少年だった。
高校生くらいか?
その長い両腕をぶんぶん振ってウィンクしてきた。
「何で日本語知ってるのー?」
そう聞きたかったが、こっちはもう体力が限界状態である。
かろうじて手だけ振って応えた。
あの少年は日本語勉強してるんだろうか。
外国人に私の名前が正確に発音できる人がいるとは思わなかった。
(因みに私の名前を漢字で書いて、正しく読める日本人も少ないですdespair
素敵な奇跡に、感謝shine

日本語がうまい少年のウィンクに力をもらって
最後のダメ押しの石畳を駆け抜ける。
ヒザが痛くなってる身にこの石畳は辛いweep
だけどこの石畳を抜ければ
ウンターデンリンデンだ!
やっとブランデンブルク門が目に入ってくる。
あの向こうがゴールなのだ!

だけど今まで散々書いてきたが
ベルリンマラソンはブランデンブルク門がゴールではなく
門をくぐり抜けた400mほど先がゴールなのだ。
ブランデンブルク門をくぐる時までのことは今でも良く覚えているのだけど
正直、門をくぐってからゴールするまでのことを
全く覚えていない。
それはこのブログを書いてるのがレースの3ヶ月も経った後だからではなく
レース直後からそうだったのだ。
門をくぐってからは、"Ziel"と書かれたゲートを見ながらひたすら
「あそこまで行けばもう走らなくていいんだ」
とうわ言のようにつぶやき続けていたことだけは覚えている。

・・・の割には。
帰国後、ベルリンマラソンのDVD販売サイトで、
ゼッケンを入力してゴール時の映像を見られるので
見てみたのだけど
私はゴール直前で帽子を脱いで
しっかり髪を整えてゴールしているところが映っていたcoldsweats01
いや~ホントに記憶にないんだけどsweat01
無意識のうちにやっていたらしいです。

ベルリンマラソン、ホント良かったです。
想像以上でした!
また是非!走りたいと思えるレースです。
そしてベルリンマラソンを走ったことがないランナーのみなさん、
絶対!走った方がいいです。
期待を裏切らない感動と興奮が得られること間違いなし、です。


はぁ~、やっと最終回まで書き切りました!
これでやっと年が越せますcoldsweats01
2010年の目標は
「マラソン完走記は早めに書く」だな。。。

では皆さん、良いお年を~!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

焼きたてパン曜日:木の実ベーグル

12月は忙しくてパンを焼く時間が取れなかったweep
次のが来てしまったので
大急ぎで1箱消化することに。
今回焼いたのは「木の実ベーグル」です。

Img_0366

木の実、と言っても
砕いたクルミが入っているだけですcoldsweats01
でもクルミ好きなのでうれしいhappy01

レシピに載ってる形が
クレセント形とむすび形だったんだけど
どっちもおいしそうに見えなかったので
「やっぱりベーグルはこの形でしょ?」の
穴あき形に。

もっちりしてておいしい~happy02
明日の朝もベーグルですrestaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の共演

今日のお昼、多摩川サイクリングロードで
M山さんと合流。

サドルの高さを比べてみたんですが
こうやって並べてみると
ほとんど同じですね。。。
Image004

M山さんのはサイズが私のより1つ小さいんですよね。
私のは530mm、M山さんのは470mm。
なので単体で見ると
M山さんのサドル位置は高めに見える。
が、私のと並べてみるとほとんど同じ高さ。

というわけで
しばらくこの高さで乗ってみることにした。

M山さんの自転車は色がビビッドできれいですよねshine
(同じtokyobikeです。)
私もビビッド・カラーの方が好きなんだけどなぁ。。。
今のtokyobike26にはアースカラー系しかないのでしょうがないthink
地味目な分は衣装を派手にしてカバー(?)しますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケニアの紅茶

NYCマラソン以来のRUN友・たまちゃんから
素敵なものが送られてきました。
ケニアの紅茶ですcafe

Img_0365_5

アフリカって何となくコーヒー、ってイメージがあるんだけど
ケニアは紅茶も結構評判が高いようだ。

ケニアの紅茶なんて、飲むの初めて!happy02
たまちゃんのお勧めはミルクティーだそうなので
ミルクを温めて
そこに少量のお湯に浸しておいたティーバッグを入れて
濃い目に煮出していただいてみました。

おいしい!

ストレートでも飲んでみたけど
確かにたまちゃんの言うとおりミルクティーに向いてそう。
(ミルクティーというか、チャイに向いてる。)
ストレートでもおいしいけど
ちょっと渋味があって
この渋味がミルクに煮出すといいコクになっておいしいのだ。

冬の夜長、しばらくこのミルクティで楽しませてもらおう。

たまちゃん、素敵なプレゼントをありがとう!!!present

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自転車デビュー

会社の友人・M山さんに大分前から散々勧められていたのですが
とうとう買っちゃいました、自転車。
今日、届きましたbicycle

Img_0364_3

tokyobike
tokyobike26(Almond Green)です。

リアルtakecoをご存知の方には
「ピンクじゃないの?」
と言われそうですがcoldsweats01
(tokyobike26にはピンクないけど、sport9sにはあるのだ)
服にピンクが多いので
自転車はピンクと合いそうなグリーンにしてみた、というワケ。

さっそく多摩川サイクリングロードで乗る練習。
・・・お尻が痛いッスweep
今までママチャリしか乗ったことがなくて
こういうスポーツタイプの自転車は初めてなんだけど
ママチャリみたいにサドルにクッション性がないのよね。。。

M山さんに自転車の写メを送ってみると
「サドルが低すぎるんじゃないか?」とのこと。
でもあんまりサドルが高過ぎてもこわいんだよね。。。
明日、多摩川サイクリングロードで会えそうだったら
サドルの高さを見てもらう予定。

早く乗るのに慣れて
あちこち出掛けたいなぁ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ピエール・エルメのケーキ

12/24、クリスマスイブは残業でしたweep
しかも22:30まで。
ちなみにその前の日12/23も出勤でした。
祝日なのに。。。何でーーー!shock

でも24日は帰ってきてからちゃんとケーキ食べましたrestaurant
ホントは前にブログに書いた
LoveCakeProjectのケーキを注文したかったんだけど
取りに行く時間がなさそうだったので
三越のお歳暮を注文したついでに
カタログに載っていたピエール・エルメのケーキを
注文しておいたのだ。

「ケーク デ ヴェール ユズ エ アズキ」です。
Img_0361_2

Img_0363_2

ライム風味の小豆を入れて焼き上げた抹茶と柚子のパウンドケーキ。
それを、ローストアーモンドと抹茶入りホワイトチョコでコーティング。
さらに銀箔で飾りつけ。
クリスマスケーキではないんだけど、
緑色だし、まぁクリスマスっぽいでしょwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大田区ロードレース完走記

今年の走り納め。
ベルリンマラソンでRUN友になったRちゃんと一緒に走ってきました。
私がベルリンマラソンで着ていたピンクのランドレを
Rちゃんが気に入って一緒のランドレを買ったので
「じゃあお揃いのランドレで走ろう」という
実に女子的なノリhappy01で出場を決めたレース。

10kmと10マイル(約16km)の2種目があるんだけど
2週間前にNAHAマラソンを走った後なので
軽めの10kmでエントリー。

お揃いのランドレは半袖なので
真冬のこの日、アームウォーマーだけでは寒いかなぁ、
ランドレ隠れちゃうけどウィンドブレーカー着て走ることになるのかなぁ、
と思っていたのだけど
今日はびっくりするくらいの快晴sun
日なたにいるとポカポカと暖かいので
ウィンドブレーカーは着ず、アームウォーマーのみで出走。
手袋もしなかったけど
充分暖かい1日でした。

大田区ロードレースの感想:
・大井ふ頭中央海浜公園の陸上競技場をスタート/ゴールとする
 3周の周回コース。
 (私の苦手な周回コースthink
・給水は水のみ。1周に1箇所あるので最大で3回給水できる。
・コースはフラット。アップダウンは全くなし。走りやすい。
 それに加えて出場者が少ないので
 それも走りやすさの要因の一つ。
・が、出場者が少ないせいか応援も少ない。って言うかほぼ皆無。
 たぶん運営側から頼まれた地元の女子高生?が
 3箇所くらいで応援してくれていたが
 3周目くらいになると彼女達も飽きてきたのか
 応援してくれなくなっていたgawk
・完走証はもらえるがタイムの印刷はなし。
 ちゃんとRCチップ着けて走るんだから
 タイムの印刷くらいはしてほしかったなぁ。。。despair
・出場者が少ないからか、物販も一切なし。

というわけで小じんまりとした地味なレースでしたがcoldsweats01
コースは走りやすいし、レースの緊張感もそれなりにあるので
レースペースの練習のつもりで出るのにはいいのではないでしょうか?
1年を締めくくるレースとしてはなかなかいいな、と私は思いましたgood

レース後は川崎まで移動し
ラゾーナでコラーゲン豚しゃぶpig
モンシュシュのケーキセットcakeで疲れを癒しました。
↓モンシュシュで食べたモンブラン。クリスマスツリーがかわいいwink
Image001_2

Rちゃん、お疲れ様でしたshine

| | コメント (7) | トラックバック (0)

NAHAマラソン完走記

前エントリーでも書いた通り
いやーな思い出ばかりが残った那覇遠征ですが、、、
完走記を書かないのも主義(?)に反するので
ざっくりと完走記を。
(ベルリンマラソン完走記よりも前に
 NAHAマラソン完走記を書くことになるとは。。。)

来年以降「NAHAマラソン出ようかな~?」と思ってる人の
お役に立てればうれしいです

以下、なるべく時系列順に。

・スタート地点のトイレは激込み。
 絶対数が少ないのか?数はあるけど配置の問題か?
 スタート地点にはなるべく早く着くように行って
 (まぁこれは鉄則ですが)
 トイレはしっかり済ませましょう。
 でもベルリンもゴールドコーストもNYCも
 スタート地点のトイレはスムーズだったけどなぁ。。。

・うわさ通り、前半は緩やかなUpDownが続く難コース。
 そんなに急な坂ではないのですが
 緩やかなのがダラダラ続く感じで
 結構体力消耗します。

・暑い!sun
 12月とはいえ、沖縄は南国です。
 長袖で走っている人もいましたが
 日焼けしたくない、とかいう理由がない人は
 絶対!夏のレース仕様で走った方がいいです。
 今年は後半曇り空だったので
 暑さ対策的にはかなり助かりましたが。。。

・コースの道幅が狭いです。
 思うように前に進めずにイラっとします。
 ヒジ打ちにあっても平常心で走るくらいの心構えで
 臨みましょう。

・給水所のドリンクはほとんどが水です。
 私設エイドで若干お茶等出してくれるところもありましたが
 私が今回把握した限りでは
 前半途中でアミノバリューのエイド×1箇所、
 後半途中のポカリスエットのエイド×1箇所
 以外は水しかなかったです。
 可能なら粉末状のスポーツドリンクを持って
 走った方が良いでしょう。

・私設エイドの数はめちゃくちゃ多いです。
 私設エイドで出してくれるものは
 -飴
 -バナナ
 -みかん(みかんじゃなくて沖縄の何とかいう柑橘系のものだったかも?)
 -黒糖
 -塩
 -ちんすこう
 -サーターアンダギー
 などなど。
 人生で一番たくさん黒糖を食べた1日でした。
 ちんすこう、サーターアンダギーはありがたいのですが
 さすがにレース中は、水分を奪われるのでちょっと。。。
 一度、黒糖だと思ってもらって食べたら
 細かくしたサーターアンダギーだったことが。。。coldsweats02

・沿道の応援はうわさ通り、途切れることなく多いです!
 「ちばりよー」の声援が飛び交います。
 小っちゃい子供からご老人まで
 たくさんの人が応援してくれます。


今回のレースは、アイツのせいで
(前エントリーご参照)
いい思い出がないレースとなってしまいましたが
そんなんでNAHAマラソンの印象が悪いまま終わってしまっては
日曜日の朝早くから
あんなに応援してくれた那覇の人たちに申し訳ないですね。。。despair

悪いイメージを払拭する為にも
もう1度出るべきなんだろうか・・・?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

無事、那覇から帰ってきましたが・・・

気分は最悪bearing

まぁタイムがあんまり良くなかったってこともあるのですが
(ベルリンより練習量増やしたのに
 タイムは悪かった)
今回は旅行自体が最悪だった。。。

今回の旅メンバーに
私のやることなすことに一々ケチをつけてくる人が約一名いて
もう初日から気分は最悪angry
たぶん私のことが嫌いなんだろうけど
(私、何か気に障ることやったのかしら???)
あそこまで逐一揚げ足とらなくてもいいと思うんだけど。

おかげでレース当日は怒りながら走ったので
レース自体の印象まで悪くなってしまったpout

やっぱ旅のメンバー構成は大事だなー
NYCでも、ゴールドコーストでも、ベルリンでも
いいRUN友ができて
私、今まで走る旅ではメンバーに恵まれてきたのに。

まぁ今回はフル走る割には
全く練習してない人達ばっかりだったから、ってのも
あるのかもなぁ。。。
(だってハーフでリタイアした人達ばっかりだったもん。。。
 現地に来て「走りたくない」とか言ってるし。
 だったら何しに来たんだよ?ってカンジ。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日から那覇へ

仕事が超~繁忙期なのですが
振り切って(!)明日から那覇行ってきますwink
12/6那覇マラソン走ってきますrun
12/4~12/7那覇滞在の為、
ブログへのコメントを承認後公開形式にさせていただきますね。
・・・最近スパムがたまに付いてるのよねdespair
スパムじゃないコメントは
12/7帰宅後に公開処理をしますので
ご安心下さい。

それじゃ、行ってきま~すairplane

・・・しかし、那覇の前にベルリンマラソン完走記が
書き切れなかったことだけが心残りだsad

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空飛ぶモンティ・パイソン40thアニバーサリーBOX

衝動買いしてしまった。。。coldsweats01
これ、大好きなんだよね~

Image007_2

シリー・ウォークのフィギュア付き・・・coldsweats02
だからこんなに箱がデカいのか。

DVD8枚組みだからなぁ。。。
冬休みにがんばるか。
iPhoneに転送してちょっとづつ見るって手もアリだな。

因みに私は
「スペイン宗教裁判」のスケッチが一番好きですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネマ日記(2009年11月分)

11月、1本しか映画観てない。。。weep
ウチのHDDに溜まってる映画が全然消化できなかったし。。。weep

2009年11月に観た映画。


・笑う警官[映画館]

ドラマ&映画「ハゲタカ」で
主人公・鷲津をそれはそれはカッコ良く演じた
大森南朋さん主演なので
元々観に行く気だったのだが。。。

公開後1週間経って
聞こえてくる評判があまりにも悪いものばかりだったので
少々不安になっていたcoldsweats02
更に、その評判を反映したかのように
封切り2週目にして
各映画館の上映回数が激減していたwobbly
2週目なのに上映回数1日2回、とか。

「これは早く観に行かないと、早々に上映打ち切りだぞ」と
急いで観に行くことに。

(以下、超ネタバレです。)
(おまけにかなり酷評です。読んで嫌な気分になりそうな人は読まないように。)

で、観た感想。 世間の評判は正しかった。
・・・この映画はちょっと酷いthink
角川春樹監督作品って私は観たことなかったんだけど
この人の映画ってみんなこんな感じなのかな?
目の付け処とか、売り方戦略には センスがある人なので
プロデューサー業に徹すればいいのに。
今回は脚本も監督も自分でやっちゃったのが間違いだったのでは ないか、と。

演出の意図がまずよく分からなかった。
役者同士のセリフが被らないように
あえて一人の役者が全部しゃべり終えてから
次の役者がセリフを始めるように演出されている。
その上、どの役者も同じテンポでセリフを言わされている。
ここがものすごく不自然だった。
自然に芝居すれば 前の役者のセリフの語尾が終わらない内に
後の役者がセリフを被せたり、
心情を表すためにセリフを言うテンポが
シーンや役者によって違うのは当たり前だと思うんだけど
これを徹底的に排除していた。
これは明らかに意図的な演出だ。
何でこんな演出にしたんだろう?
何か意図があったんだろうけど
その意図が全然活きていないように思う。

ましてや24時間以内に射殺命令を取り消させなければならない、
という 緊迫感溢れる芝居にならないといけないのに
意図不明の演出で 緊迫感ゼロの映画になってしまっていた。
役者の立たせ方も変だったなぁ。。。
まるで舞台劇のような配置をしていた。
何で映画に舞台劇っぽい人物配置?と
これまた意図不明な演出だった。

更に人物の背景の掘り下げ不足。
佐伯(大森南朋)と津久井(宮迫)の過去の掘り下げが
全然浅いので
途中で佐伯が津久井の肩をガシッと抱くシーンとかが
すんごい唐突。
二人の壮絶な過去をきちんと描いてないと
あのシーンは活きないでしょう。
掘り下げ不足は他にもあるけど
あまりに多いのでちょっと省略think

脚本も酷かったなぁ。。。
特に南朋さんと松雪泰子のちょっとラブにゆらぐシーン。
セリフがクサ過ぎgawk
三流メロドラマを見ているような気分だった。
基本的に観た映画のことはあんまりけなさないんだけど
これは余りに酷かった。。。
私は映画を観に行くと
最後のスタッフロールが全て終わるまで
きちんと観る派なんだけど (キャスト・スタッフに敬意を表して。  
あんまり好きな映画じゃなかったな~と思っても最後まで見る。)
この映画は珍しくスタッフロールの途中で席を立って 帰ってしまった。
ただプロットは良かったと思うんで 原作はきっとおもしろいんだろう。
早速原作本を買ってきた。
今週末の沖縄往復中に読もうと思っている。

しかし、ホントに惜しい。
役者はいい人達使ってるし、
ストーリーも裏切りに次ぐ、裏切りって感じで良さそうだし
これ、ちゃんとした脚本と監督で撮れば
「ユージュアル・サスペクツ」並みの
超一級サスペンス映画になると思うんだけどなぁ。。。
本当に惜しい。

さて12月は ちゃんと映画観る時間が取れるんだろうかweep 年末年始にがんばろう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »