« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009国際千葉駅伝TV観戦記

焼くパンがなかったので
(秋冬シーズンはパンを作りながらマラソン&駅伝観戦がお約束)
今回は家事をしながら観戦。
が、3区だけはかぶりつきで観戦rock
だって久しぶりの竹澤クンの走るお姿ですhappy02

竹澤クン、髪が伸びてたなぁ~
キミは短い髪の方が似合うよ!
社会人になったからって髪を伸ばしちゃイカン!
などとチャチャを入れながら
「でもやっぱりステキだわ~heart04
とハートマークをまき散らしながら観戦。

1位でタスキをもらって
竹澤クンのところで2位以下を大きく引き離して
4区へのタスキリレーだったんだけど
できれば3位くらいでタスキもらって
2人抜いて1位、ってのが絵的に美しかったんだけどな~shine

しかし日本、がんばりましたねcrown
学生選抜もケニアを抜いて2位とはすごいですnotes
ケニア結構有名な選手出てたのに。
ロンドン五輪の長距離は期待できる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花形歌舞伎@新橋演舞場

何ちゃって箱根駅伝の翌日は
新橋演舞場で花形歌舞伎を鑑賞です。
この「動」と「静」の振れ幅が3連休スペシャル(?)ですshine

最近着物を着ていなかったので
今回は着物で観劇に行くつもりだったのだ。
1週間前にちゃんと帯結ぶ練習もしたし
(1年くらい着物着てないので、ちゃんと着られるか
 不安だったのだcoldsweats01
半襟だってちゃんとチクチク縫い付けておいたのだ。

だけど当日は曇り空cloud
予報では雨降りそうな感じだったので
結局洋服で行ったのですが
雨は私が帰宅するまで持ちこたえました。
・・・だったら着物で行けば良かったdespair
せっかく半襟付けたんで
近々着物で出歩く機会を強制的に作ろうrock

お芝居の方は夜の部だったので
「三人吉三巴白浪」と「鬼揃紅葉狩」。
私のご贔屓、菊之助クンは両方にご出演happy02
「三人吉三巴白浪」の方はお嬢吉三という
女装の盗賊役。
立役も女形も見事に演じられる菊之助クンにぴったりな役でしたgood

「鬼揃紅葉狩」の方は八百媛という山の女神役。
こっちは亀治郎さんがメインだったので
出番は少なかったけど
金色に輝く姿が美し~~~lovely

・・・というわけで精神的にささくれ立っていたここ最近
ステキな心の休日でした。
やはり美しいもの(というかこの場合は人)を観ると
心が潤いますmist

TAKEPYONちゃ~ん!
誘ってくれてありがとうね~~~happy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

何ちゃって箱根駅伝2009完走記

今年も参加しました!
会社関係の有志で実施している
箱根駅伝の往路をタスキをつないで走るイベント。
今年で3回目の開催です。

1週間前の天気予報では11/21は雨だったのですが
参加者の日ごろの善行の賜物?
当日は見事晴れましたsun

私の担当走区は
2007年:小涌園~芦之湯フラワーセンター、約4km
      (いわゆる5区の一部)
2008年:戸塚中継所~ガスト鵠沼店、約7.5km
      (いわゆる3区の一部)
2009年:箱根湯本駅~ローソン宮ノ下店、約6km、
     芦之湯フラワーセンター~往路ゴール、約5km
      (両方とも、いわゆる5区の一部)

一昨年以来の5区担当。
普段多摩川沿いのフラットなところしか走ってないので
坂道苦手なんですが。。。
午前中用事があって、時間的に5区じゃないと無理だったので
しょうがないですdespair

3連休の初日なので
箱根湯本駅周辺は観光客でめちゃ混みですwobbly
観光客でごった返す箱根湯本のお土産店街を
ランニングウェアにタスキを掛けて走る私。
超、違和感。メチャメチャ浮いてるsweat01
・・・・・・・恥ずかしいsad
あそこ歩いてた人たちは
「何なの?この人?」と思って
見てたんだろうな~・・・

しかしそんな恥ずかしいなんて
甘っちょろいことを言っていたのもつかの間。
500mほど行って橋を渡った辺りから
山です!登り坂です!
脚がとたんに上がらなくなる。
スピードはガタ落ち。
たぶん8分/kmくらいになってたと思う
フルの最後の最後、もう疲れ果てた時くらいのスピードになってた。
が、「歩いたら負けだ!」の一念で何とか走り通す。

ローソン宮ノ下店で次の走者にタスキを渡す。
とりあえず任務完了!

ホントはラストは走る気なかったんだけど
何となく弾みで走ってしまった
芦之湯フラワーセンター~往路ゴールまでは
ほとんど下りなので
上りに比べれば全然楽でしたが。

2週間後に迫った那覇マラソンは
前半ダラダラと登り坂が続くコースらしいので
今回の箱根RUNは、いい刺激入れになった、と
いうところでしょうか。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Love Cake Project!

ボランティアとか、「愛は地球を救う」とか苦手なんだけど
このプロジェクト、発想がステキshine

LOVE CAKE PROJECT/ラブケーキプロジェクト
http://www.worldvision.jp/involve/lovecake.html?link_id=m0003

Lovecake1_2

ウチの会社のスイーツ博士・N田さんに
今年の2月に連れて行ってもらってとっても気に入った
オーボンヴュータンも参加してる!happy02
※他の参加パティシエは↓ここ
http://www.worldvision.jp/involve/lovecake2.html

オーボンヴュータンのケーキ、予約しちゃおうかな~cake

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょっと期待できるかも?NHK「外事警察」

http://www.nhk.or.jp/dodra/gaiji/

2~3日前に予告で見て、久々にアンテナに引っかかりました。
NHK土曜ドラマ枠だし。
そう、名作「ハゲタカ」を世に送り出したNHK土曜ドラマ枠です。

明日(というか今日なんだけど)から放送だな、と上記Webをチェックしてみたら
訓覇Pと堀切園Dの作品だそうじゃないですか!
これは期待できそうですup

| | コメント (8) | トラックバック (0)

オルセー美術館展

2週間に1回参加しているRUNの練習会会場が
今週は砧公園だったので
それなら帰りに世田谷美術館に寄って「オルセー美術館展」を観よう、
ということに。

シャワー施設とかはないから
練習会が終わった後、着替えてそのまま行くしかないdespair
自分的にはちょっと気持ち悪いけど
真夏じゃないからそんなに汗臭くはないっしょ、、、と
自分に都合よく考えることにcoldsweats01
だって私は今文化活動に餓えているのよ!!!bearing
と強行的に実行決定rock
練習会の後、世田谷美術館へ。

オルセー美術館展、とはいっても
上記リンク先からも分かるように
アール・ヌーボーの工芸品を中心とした展示。
まぁ絵画だったら世田谷美術館ではやらないだろうしねcoldsweats01

土曜日の昼間だというのに
入りは3~4割程度?
でも美術館はこれくらいの方が見やすい。
あんまり混んでるとじっくり鑑賞するどころじゃないもんねgawk

展示数は少なめだったけど
いい企画展だった。
ルネ・ラリックの飾りピンとか
ため息が出る美しさshine

マキシム・ド・パリのクッキー(この企画展用の)とかあって
思わず手が出そうになったけど
最近お菓子食べすぎなので我慢することにthink

ジョギング&美術鑑賞の両方が楽しめる砧公園、Goodです。
私は駒沢公園よりも砧公園の方が好きだな。
ジョギングコース的にも。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

東日本実業団駅伝、TV観戦記

昨年はレースの1週間後に録画放映でしたが
今年はレース当日の昨日午後に録画放映。
当日放送しただけでも、多少進歩でしたが、、、
生放送して欲しかったです!>TBS

しかし、ヒヤヒヤしましたね。
藤田選手の富士通、
ニューイヤー駅伝出られなかったらどうしようかと思いましたよcoldsweats02

2区と3区がブレーキでしたねdown
最後、藤田選手と阿久津選手ががんばって
ちょっと盛り返しましたが。
今回は若手登用が主眼だったようなので
この結果を元に
ニューイヤー駅伝までにベストな体制に持っていってほしいです。

それとS&B食品が出なかったのが残念だった。。。
竹澤クン。。。weep
来年のお正月三が日は竹澤クンの勇姿が見られないのね。。。crying

しかし日清食品、選手揃い過ぎですpunch
あれだけ選手層が厚くて
勝てなかったらおかしいだろう、ってカンジgawk
 
そして同時開催の女子駅伝の放送時間、長過ぎです!
(私は男子の駅伝の方が好きなのだ!<自分勝手な言い草)
おまけに藤田選手ほとんど映ってなかったweep
ちゃんと男子の方も全区間くまなく放送してほしかったなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルリン旅日記[8]:ベルリンマラソン完走記(上)

ベルリンマラソンから1ヶ月以上経って
ようやく最終回ですcoldsweats01


9月20日(日)、いよいよベルリンマラソン当日である。
AM5:45に朝ご飯のおにぎり弁当が渡されることになっていたので
AM4:45に起床。
ストレッチして身支度している間にお弁当が届く。
・・・そういえば写真撮るの忘れちゃったけど
おにぎりがデカかったriceball
しかも3つ。
同室のみどりさんは3つともペロリと平らげていたけど
私は2つでギブアップ。

AM6:30にホテルを出発。
9月のドイツの朝はひんやりと小寒い。
エキスポで買ったアディダスの上着を着ていくことにする。
走って暑くなることを考えると
小寒いくらいがちょうど走りやすい。
日本の9月のレースはまだまだ夏という感じで
体力消耗しそうだけど
ヨーロッパの9月は走りやすくてちょうどいいかもしれない。
・・・などと能天気なことを考えながら歩いていたのだけど
まさかお昼近くにとんでもなく暑くなることなど
この時点で一体誰が想像できただろうか?wobbly

Uバーンでポツダム広場駅へ。
この駅はもう私にはすっかりお馴染みだsmile
ここから戦勝記念塔手前のスタート地点まで歩く。
そんなに遠くないのでウォーミングアップにちょうどいい。

同じくポツダム広場駅から同じ方向に向かって歩いていく人多数。
何といっても4万人規模のベルリンマラソン!なのである。
ようやく陽が射し始めたエーベルト通りを北上する。
ブランデンブルク門を行過ぎて
ガラスドームがきれいな連邦議会議事堂前へ。
ここで所定の袋に詰めた手荷物を預ける。
上着も当然ここで脱ぐわけだが
ウェアは半袖なので、朝はまだ寒い!
そういう事情を配慮して
荷物預け所でアディダス提供の黄色いポンチョがもらえる。
ビニール製なので風を通さない為暖かいhappy01

↓ちなみにポンチョはこんな感じ。
Pict0022

私はレース当日はカメラを持ち歩かないので
これはツアーガイドさん提供の写真。
戦勝記念塔を臨むスタート前のWaiting Zone。
この両脇に仮説トイレ多数。
トイレの数がちゃんと充分かどうかは
そのマラソンの運営を評価する重要なポイントの一つなんだけど
ベルリンマラソンのスタート前のトイレは
数も充分だった。
多少並びはしたもののすぐ順番が回ってきたし。

スタート時間の9:00に近づくにつれて
Waiting Zoneに続々と人が集まってくる。

スタート20分前。
会場に流れていた楽しげな音楽が一瞬静まり、
小さな、本当に小さな小太鼓のリズムが聴こえてきた。
そしてその小太鼓に絡まるように聴こえてくる
フルートの細い旋律。
・・・ラヴェルの「ボレロ」だ。
そのか細い旋律はスタート地点前に屹立する人々の間を
漂うようにすり抜け、
やがてその人々の鼓動に同調するようにヴォルテージを上げていく。
・・・何て「この時」「この場所」にぴったりの音楽なんだろう!

そしてスタート5分前にボレロは終わり
続いて聴こえてきたのは
映画「炎のランナー」のテーマ曲。
ニクい演出だねぇ。。。
この曲のシーケンスだけで、もう感動で目がウルウルしてくるよ。

だがスタート前に感動してどうする?
本当の感動はこれからだ!

AM9:00、号砲。
いよいよスタートである。
Img_707224_8002_5


イカン、やっぱり最終回は1回では書き終えられなかったcoldsweats01
しかもまだスタートのとこまでしか書いてないじゃん!
書き終えられるのは一体いつだ???

| | コメント (8) | トラックバック (0)

焼きたてパン曜日:白あんパン

を焼きながら、「全日本大学駅伝」を見た日曜日。
今年はもう竹澤クンがいないから
まぁ朝適当に起きた時間から見ればいいや、と思っていたクセに
アラームもセットしてないのに
7:50にしっかり目が覚めてしまったのは何でだろうcoldsweats01
実は潜在意識的には見る気満々だったのか???

が、ご贔屓の選手はいないながら
おもしろいレース展開でしたね。
首位が目まぐるしく入れ替わる。
パン焼くだけでも時間が余るから、適当に家事でもしながら見よう、と
思ってたのに
結構しっかり見てしまったcoldsweats01

特に2区がおもしろかった。
駒大・宇賀地君が、去年中継地点寸前で竹澤クンに抜かれた無念もあったのか
今年は激走。
東海大の注目新人・村澤君とデッドヒート。
最後は経験がモノを言ったのか宇賀地君が振り切った。
村澤君は余裕があるように見えたけど
タスキ渡した後、倒れ込んでしまったので
結構いっぱいいっぱいだったのか?

村澤君は今年1月の県対抗駅伝で見て
「きれいな走り方をする子だなぁ」と注目していたのだ。
佐藤悠基君の跡を担う東海大のエースになってほしいですね。

私がファンになるランナーは
藤田選手にしろ、竹澤クンにしろ
ダイナミックに力強く走る人なんだけど
(まぁファンになるのは走りだけじゃなくて、キャラクターとかも含めてだから)
きれいな走り方をする選手、というのは
「自分もあんな風に走りたいなぁ」という別の意味の憧れを持つ。
佐藤悠基君なんてホントきれいに走るもんなぁ。
佐藤悠基君のファンではないんだけど
佐藤悠基君の走り方には、断然ファンだ。

さて、パンの方なんですが。
(いつも駅伝の話の方が長くなるcoldsweats01
今回のは「あんパン」と見た時点で
「あ、楽勝」と思ってしまった。
実際、割と楽に作れましたscissors
Image008

白あんは、キットに付いてきた粉末状の「あん」に
牛乳と砂糖を混ぜて練ると出来上がる、というもの。
塩を一つまみ、とあったのだけど
ちょっと入れすぎたのか若干塩っぽい感じにcoldsweats01
どうせ塩っぽくなるなら、桜の塩漬けとか入れるとお洒落だったかも?
今回のパンは形的にかぼちゃあんの方が
季節柄ぴったりだったのになぁ。。。
(まぁハロウィンは昨日だったけど。)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

シネマ日記(2009年10月分)

10月も結局1度も映画館に行けなかったweep
これで2ヶ月連続だ。
「趣味:映画鑑賞」という看板は下ろさなくちゃならんだろうか?

2009年10月に観た映画。


・ヘアスプレー [録画]
ミュージカル、の割には
なかなか硬派なテーマだよな、と思った。

ミュージカルって、基本的に難しいテーマを扱うには
不向きな表現方法だと思うんだけど
この映画は硬派なテーマを
軟派なものも交えて普遍的なものに押し広げ
うまいこと表現してるなぁと思った。

硬派な人種差別問題から、
経済的格差、「もう若くないから」「デブだから」という卑下までひっくるめて
「今、"在る自分"を否定するな」ってことを言いたいんだよね、つまり。
真面目にやると
「ポジティブ・シンキングっつーヤツですかgawk」と
クサい感じになっちゃうんだけど
それをミュージカルでやることによって実にキレイにまとめている。

主役のトレイシーを演ったニッキー・ブロンスキーがチャーミング。
そして脇がまた豪華だ。
クリストファー・ウォーケン、怖い顔なのにこういう役も出来るんだ。
ミシェル・ファイファーは相変わらずゴージャスな美女だし。
クィーン・ラティファは唄もうまいしカッコイイ!
そして何でトラボルタがお母さん役なんだろう???
まぁダンスができる役者ってことは必須条件だったんだろうけど。
仕草が妙に女性っぽいし、お見事な演技でした。

劇中で歌われていた歌がどれも良かった。
これ舞台版でも見たかったなぁ。。。

・トレインスポッティング [録画]
ご存知ユアン・マクレガーの出世作。
私はこれ観たことがなかった。
今回やっと見ることができたわけだけど。

実は内容はよく知らなかった。
映像が斬新でスタイリッシュで世界中で大ヒットした、ってことくらいしか知らなくて。
で、今回観て思ったことが
「こういう映画がよくヒットしたよなぁ。。。」だった。
だって、ヘロイン中毒のダメダメな若者たちの話だよ。
確かにユアン・マクレガーはかっこいいし、映像はスタイリッシュだが
それだけではヒットしまい。

「共感を呼んだ」ってところがポイントだったのかな?
もちろんそんなにドラッグ中毒の人が世に溢れてる、とは思いたくないけど
心理的に似たものは誰でも持ってる。

ユアン・マクレガー演じるマーク・レントンは
静脈がボロボロになるほどドラッグにのめり込んでて
そんな生活はダメだと思って何度も薬を断とうとするんだけど
「断つ前に最後の一発」とか言って
結局断てないのだ。

でもドラッグほどのものではなくても
悪癖を断とうとして断てない、ってのは誰でも持ってるもので。
明日から禁酒or禁煙するから、今夜は最後の1杯or1服、とか。
明日からダイエットするから、今夜は最後のケーキ、とか。
もう不倫の関係はやめるから、会うのは今日が最後、とか。

人間って基本的に変わらない方が楽なんだよ。
変らないことが致命傷になる、ってことが心の底では分かっていたとしてもね。

監督のダニー・ボイルは
「スラムドッグ$ミリオネア」で今年オスカーを受賞し、話題になったけど
あの映画にしろ、この「トレスポ」にしろ、
この監督は社会の底辺にいる人を
絶望の淵にいて夢も希望もない、という風には描かない。

「スラムドッグ$ミリオネア」の始まりの辺りで
ムンバイのスラム街を駆け抜ける子供達の映像がある。
本当に貧乏の底辺にいる子供達なのに、
実に活き活きと表現されている。
あふれる色彩、躍動感あるカメラワーク、大胆な編集。。。
映画館で観ていて思わず身を乗り出した。

「トレスポ」の若者達も
堕落の底辺にいるにもかかわらず
観ていてそんなに陰鬱で嫌な気分にならないのはなぜだろう?
もちろんドラッグ問題を軽く扱っているわけでは決してないのだけど。
「底辺だけど、絶望的ではない」
そんな感じがするのだ。

確かにもう1度観たい、と思う映画ではない。
だけど上手く作ってある映画だな、と思った。

・ラスト、コーション [録画]
噂にたがわずエロいっすsweat02
でもアン・リー監督なので単にエロいだけなわけではないです。
テーマがテーマなのでエロいのはしょうがないですね。。。
なかなか哀しい映画ですよ。

しかし、トニー・レオンって映画出過ぎなんじゃないの?
私が観る中国系の映画ってたいていトニー・レオンが出てる気がするんだけどgawk


今月こそはちゃんと映画館で映画観よう。
生活に文化的要素がないと窒息しそうだ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラッキー7?

「今日は10km走ろう」と思って家を出た。
近くの多摩川サイクリングロードで。

GoogleMapで距離が予め測ってあって、
5km地点にアミノバリューが買える自販機、
7km地点にゲータレードが買える自販機がくるように
走るコースを設定している。
今日は7km地点でゲータレードで給水し、
あと3km走る、予定だった。

7km地点に到着。
自販機に小銭を入れてゲータレードのボタンを押す。
落ちてきたゲータレードを取り出そうとすると
コイン投入口横のパネルに赤い「7」という数字が
3つ並んで点滅している。

何だろう、これ?
とふとその下を見ると
「7が並んだらもう1つプレゼント。
 30秒以内に欲しい商品のボタンを押して下さい」
とある。
何、これ当たった、ってこと???

うそー!うれしー!
あ、でもあと一つ何にしよう?
あーーー!迷ってる間に30秒過ぎちゃう!
早く早く!!!
とアセって思わず適当にボタンを押してしまった。

ゴトン、と落ちてきたドリンクを見てびっくり。
・・・私、デカビタCのボタンを押しちゃったらしいgawk

ま、いっか。タダだし。
・・・・・いや、良くない!!!
デカビタCって炭酸じゃん!
こんなの持って走ったら破裂するぞ!!!wobbly

というわけで今日の練習は7kmで終了しましたdespair
デカビタCを飲みながら家路に。
ま、たまにはこういうの飲んでみるのもいいか。。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »