« シネマ日記(2009年9月分) | トップページ | ベルリン旅日記[4]:エキスポ編 »

ベルリン旅日記[3]:市内バス観光編

ベルリン第1日目は市内バス観光。
自由行動でいいじゃんgawkと言いたいところではありますが
このバス観光はベルリンマラソンのコース下見と
エキスポでのゼッケン受け取りを兼ねているので
まぁおとなしく参加することに。

バスの車窓から見たベルリンの街。
(以下、車窓からの写真が多いので
 車内が写り込んでて見づらいものもありますが。。。)
Img_0138_2 Img_0139

Img_0140 Img_0141

Img_0142 Img_0143

途中、朝市をやっているところが。
Img_0144 Img_0145
本当はこういうのを見て歩くのが楽しいんだよね~
今回の旅行では残念ながら時間がないので
無理そうだがdespair

KaDeWe(カーデーヴェー)。
ベルリン一大きな老舗デパートです。
Img_0147
元デパガとしては
是非行きたいところなんだけどね~
(血が騒ぐ!)
これも時間の都合で今回は行けず。
車中からとベルリンマラソン当日外観を見るだけで我慢。
(ベルリンマラソンではKaDeWeの前を走るんです。)
次回訪問時には是非中も見たい。

ベルリン動物園駅。
Img_0149
ベルリン動物園に近いのでこの駅名。
略してツォー駅と呼ばれる。
ベルリンにはSバーンとUバーンという鉄道網があって
Sバーンは地上、Uバーンは地下鉄。
ツォー駅はSバーンの拠点駅の一つ。

ところで今回ベルリン到着後、いきなりガイドに言われたことが
「Sバーンが止まってます」ということだった。
電気系統の故障らしかった。
結局私達が滞在している間中、Sバーンは復旧せず
ベルリン市内の移動にはもっぱらUバーンを利用することとなった。
・・・しかし何で1日で復旧しないのかしらね?

今年のベルリンマラソンの沿道での応援は
例年より少なかったらしい。
Sバーンが止まっていたせいだという。
いや~、それでも応援多かったよ。
さすが世界5大マラソンの1つ、と思ったもん。
でも毎年このマラソンに来ているガイドが言うんだから
少なかったんだろうな。
これでSバーン動いてたら
さらに多い応援だった、ということか。

ベルリンフィル・ハーモニーホール。
Img_0151

「カラヤンのテント」と呼ばれているらしい。
形状がサーカスのテントのように見えるからだ。
車窓の写真からだとよく分からないと思うけど
(シャッター押したタイミングが悪かった。。。)
本当にテントみたいな形です。

メルセデス・ベンツ社屋のてっぺんには
ベンツのマークが。
Img_0152

ポツダム広場のソニーセンターのてっぺんには
富士山を模した屋根が。
Img_0153

ポツダム広場から少し東に行ったところ、
マルティン・グロピウス・バウでバスを降りる。
ここでベルリンの壁跡がよく見えるからだ。
Img_0157

ベルリンの街では今でも壁がどこにあったのかが
はっきり分かるように地面に印してある。
こんなふうに。
Img_0156

"Mauer"というのは、英語の"Wall"。
ちなみに私が最初に覚えたドイツ語は
"Wo ist die Mauer?"-「ベルリンの壁はどこですか?」
"die"というのは定冠詞。英語でいうところの"the"。
定冠詞をつけて「壁」というだけで
ベルリン市内ではそれが「ベルリンの壁」を指すことになる。

お次は「チェックポイント・チャーリー」
ベルリンが東西に分断されていた頃、
東西を行き来するのに使われた検問所だ。
Img_0166

今ではこんなふうに
写真が撮れる観光名所になっている。
兵隊さんの間に立って写真を撮るのは有料です。
Img_0168

東ドイツの国民車だった「トラバント」。
かわいい。
Img_0174
でも性能的にはイマイチだったそうだ。

さていよいよベルリン一の観光名所、ブランデンブルク門です。
Img_0176

レース当日はちょうどこの方向から門を走り抜けました。
ちなみにブランデンブルク門がゴールではなく
門をくぐりぬけた400m程先がゴールです。
すっかり消耗しきった最後の400mはそりゃあ辛いのなんのって。。。
詳しくは「ベルリン旅日記:ベルリンマラソン完走記」にて。
Coming Soon!

門の下から上を見上げるとこんな感じ。
Img_0180

門を背にしてベルリン市街を見るとこんな感じ。
左手に見えるのはベルリンのランドマーク、テレビ塔。
昔のSF映画に出てくるロケットみたいでかわいい。
Img_0181

ペルガモン博物館。
博物館島にある美術館・博物館の一つだ。
あいにく工事中だったので外観が残念な感じ。
Img_0188
ここで1時間ほど中を自由見学。

中にはこんな風に巨大遺跡が復元してあって圧巻。
(写真はフラッシュを焚かなければOK。)
Img_0189 Img_0191

古代バビロニア王国のイシュタール門。
青と黄金のコントラストが美しい!
Img_0192

カエサル像。
Img_0200
写真では分かりませんが
上げた左手からホコリがついたクモの巣の残骸が
垂れ下がってましたgawk
ちゃんとお掃除しようよ>博物館の人

お昼です。
ここはドイツです!ドイツといえばビールbeerです。
これは白ビール。
Img_0201

麦の味がはっきりしてて
コクがあっておいしかったな~
もちろんおつまみはソーセージ&ザワークラウト(マッシュポテトも)。
Img_0204

ランチの後は
ベルリンマラソン・エキスポ会場へ。
続きは「エキスポ編」にて。

|

« シネマ日記(2009年9月分) | トップページ | ベルリン旅日記[4]:エキスポ編 »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

ドイツ語レッスンまで、
ありがとうhappy02

この市内観光編を見ただけで行ってみたくなりました。美しい(美しそうに見える)街、ビールにソーセージ。でも、このブランデンブルク門あとの400メートルってこと聞いて、すっかりひけてしまいましたweep

投稿: たまちゃん | 2009/10/05 08:47

ブランデンブルク門大きいね~happy01
ここを目ながら遠くから走ってきて、通り抜けるのは気持ちよさそうだけど、さらに400は確かに辛いかも。

お酒強くないけど、ビール美味しそう。土地の気候にあったビールが作られるから、絶対産地で飲むのが、同じ銘柄でも美味しいよねscissors

投稿: TAKEPYON | 2009/10/05 21:39

>たまちゃん

ベルリンはホント素敵な街だったよshine
ベルリンマラソンはまた是非走りたい。
ブランデンブルク門でゴールだと
美しいんだけどね~
400mというビミョーな距離が辛い。。。coldsweats01

>TAKEPYONちゃん

ブランデンブルク門の少し先がゴールって
知ってたからいいけどね。
あれ知らずに走ってたら辛いね。
え、ゴールまでまだあったの?みたいな。
そこで心が折れるね、絶対bearing

私もお酒にあんまり強くないから
たくさん飲めなかったけど
ビールはホントおしかったよgood

投稿: takeco | 2009/10/05 23:42

ぉ~、ゼッケン受け取るために市内観光できるなんて、いいじゃない!しかも、すっごく名所が多いわね!
でもやっぱり、「ベルリンの壁」は行かなきゃね!いいなぁ。そしてブランブルグ門をくぐってからマラソンゴールなんて、贅沢~!(でも本人たちはつらいのよねcoldsweats01

投稿: モンブラン | 2009/10/12 19:39

>モンブランちゃん

歴史がある街だからね~
観光名所はいっぱいあるよscissors
歴史だけじゃなく
戦時中に数奇な運命を辿った街でも
あるしね。。。

ベルリンの壁にはちゃんとタッチも
してきたよ~

投稿: takeco | 2009/10/12 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/46388575

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン旅日記[3]:市内バス観光編:

« シネマ日記(2009年9月分) | トップページ | ベルリン旅日記[4]:エキスポ編 »