« ルタオのドゥーブルフロマージュ | トップページ | こんなところにも鷲津中毒になった人たちが »

そして禁断のサントラに手を出す

私はかなりの「ハゲタカ」ファンであることを自負しているのですがcoldsweats01
そんな私が唯一手に入れていなかったもの、それがサントラCDです。

いや、もちろん佐藤直紀さんによるハゲタカの音楽が
素晴らしくレベルの高いものであることは認めているし、
携帯の着メロはしっかり「ハゲタカ」のテーマだったりするのですが。
「ハゲタカ」にどっぷりハマればハマるほど
「そんなことないもん。アタシ冷静だもん。」と
粋がりたい気持ちがあったりするわけで。
(何のこっちゃ、って感じなんですがsweat02

サントラを入手していないことが
「アタシ冷静だもん」の部分を支えているような
そんな気がしていたのですが。

・・・それでもハゲタカの音楽は素晴らしい。
こんな素晴らしい曲でハゲタカの世界をさらに盛り上げてくれた
佐藤直紀さんの労に報いなければ!の思いが
最後の映画館鑑賞を終えた後ムクムクと湧き上がってきて、
Amazonでドラマ・映画の両サントラを一気買いしてしまった、と
いうわけです。

ドラマ・映画でハゲタカの音楽は
もうすっかり私の中に刷り込まれているのですが
サントラの曲を聴いてからタイトルを見てみると
「おぉ、これはこんなタイトルだったのか」
と驚きがあっておもしろい。
中には自分で勝手にタイトル付けてた曲もあったりで
「え、こんなタイトルだったの?」とかcoldsweats01

しかし、ライナーノーツを読むと
佐藤直紀さんってホントに謙虚な方ですねぇ。。。
前に雑誌でインタビュー読んだ時もそう思ったけど。
謙虚なのにしっかりOutputは出す人、私好きですheart01

|

« ルタオのドゥーブルフロマージュ | トップページ | こんなところにも鷲津中毒になった人たちが »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

>takecoさま

こんばんは。
大人しくしていようと思っていたのですが、「ハゲタカ」「鷲津」というキーワードを含む新着記事多数の魔力に抗えず、またお邪魔してしまいました。

週末の新聞に「埼玉のドバイ」な結婚式場の折込広告が入っていて(我が家から近くはないのですが…)、何やら、ハゲタカ方面にアンテナが向くように仕向けられている(誰に?) 気がしてなりません。
やっばり鷲津様とは運命の出会いだったのね…heart01
…完全にハゲタカ廃人になってしまったようです。

ところで。
実は私、「禁断の」サントラ(映画&ドラマ)を早くもドラマDVDと同時に購入しておりました。
ドラマDVDを注文する時に、アマゾンの「一緒に…ねっ」という甘い誘惑に負けました。
堪え性がないです。
もちろん、i-podに落として通勤の往復に聴いております。
目を閉じれば、あのシーン、あのセリフが蘇る!
聴くものの感情を揺さぶる曲の数々。
そして、takecoさんが仰るとおり、佐藤直紀さんは本当に謙虚な方ですね。
芸術家であり、職人であり、何より真摯な超一流のプロフェッショナルu(なんだかゴルゴ13みたいな表現…happy01)。
「ハゲタカ」は才能も人格も魅力溢れる方々が結集して創られているんですね~

投稿: 美冬 | 2009/08/10 21:35

>美冬さん

お~、ドバイの近く(?)に住んでいるのですね!
すごい!

先週末はハゲタカ関係のブログを書く予定は
全くなかったのですが。。。
超個人的データ分析を書いた後は
「あとはマンダリンまでたぶんハゲタカネタはないな」と
自分でも思っていたのですが、、、
なぜ日経WOMANにあんな記事が載ってるんだ!?
何で美容院のオーナーまでもがハゲタカファンなのだ!?
というわけで予定外のブログを書いてしまう有様で。
・・・私も何かに操られているのでは?(何に?)などと
思ってみたりsweat01

ハゲタカに稀有なキャスト&スタッフが集まったのは
中心になった訓覇Pと大友Dの熱い気持ちが
引き寄せた結果なんでしょうね~
NHKの人たちがあんまりメチャクチャ働くので
「ウソついて先に帰ろうかと思った」っていう
佐藤直紀さんのコメントが微笑ましかったですhappy01

投稿: takeco | 2009/08/10 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/45880063

この記事へのトラックバック一覧です: そして禁断のサントラに手を出す:

« ルタオのドゥーブルフロマージュ | トップページ | こんなところにも鷲津中毒になった人たちが »