« 焼きたてパン曜日:メキシカンベーグル | トップページ | シネマ日記(2009年7月分) »

映画「ハゲタカ」感想(10回目)

さて、10回目です。
7/29、レディースデーに鑑賞。
映画館での鑑賞は、今度こそ本当に最後です。
10回目観に行くことにしたのは
開期を伸ばしてくれたチネチッタさんに感謝の意を表して、です。
・・・いや、単に観に行きたかっただけですがbleah
でも最終週の上映、キャパが大きいシアターに
変更になってたんですよ。
やっぱリピーター効果でしょうかcoldsweats01

10回目の感想文は、もういろんなコトに感謝を込めてshine


映画「ハゲタカ」のパンフレット記事の中で
私が一番うれしかったのは
大友監督のインタビューの中の一文でした。
「映画化の話は各社からいただいた」という部分。

ドラマ版があんなに優れた作品でありながら
視聴率7%前後だった、というのが
スタッフの方たちもショックだったと思いますが
(ディレクターズ・ブログにもそう書いてあった)
あのドラマを見て「これはすごい!」とのめり込んだファンの私たちも
ショックでしたwobbly
日本の視聴者はいいドラマを見分ける選択眼を持っていないのか?!と
憤りさえ感じたものでしたrock

でも分かる人は分かっていたんだ、と。
特に映像を作るプロの人たちは
あのドラマを観て、ちゃんとそのクォリティの高さを
分かっていたんだ、と。
それがとってもうれしかったです。


しかし、ドラマ版の時からつくづく感じていたことですが
鷲津役が大森南朋さんで本当に良かった!

映画「ハゲタカ」の見せ場の一つに
「劉の留守電を聞く鷲津」のシーンがあると思います。
あのシーン、回を重ねる毎に冷静になって観ることができたのですが
非常に難しいシーンだと思うんですよ。
あれだけ長いシーンなのに
鷲津のセリフは一言もない。
しかも動きも少ない。
大森さんはほとんど目の動きだけで
劉の死の間際のメッセージを聞く鷲津の心理を
表現している。
しかもそれで観客に飽きさせない。
これは相当レベルの高い演技だと思います。

演技力に自信のない役者だったら
きっとここで台本の変更を要求したと思うんです。
留守電じゃなくて
死ぬ間際の劉と直接会話するように。
だってセリフがあった方が表現が楽ですもん。
(takecoも学生時代にチョロっと演劇経験があるので
 余計にそう思います。)

大森さんをこの役に出会わせたすべてのことに
本当に感謝の気持ちでいっぱいですheart04


「ハゲタカ」は大森さんをはじめ
役者の皆さんの演技が揃って素晴らしいんですが
スタッフの仕事も非常に秀逸だと思います。

特に編集の見事さ。
映画版で鷲津と劉がマンダリンオリエンタルで再会した後のシーン。
線香を炊いて祈りを捧げる劉と
誰もいないミーティングルームで一人もの思いに耽る鷲津が
交互にカットバックするシーンがあります。

神と向き合う劉と、ひたすら自分と向き合う鷲津。
この対比が観れば観るほど象徴的で見事だと思いました。
※実は初回見の時、
 「え、何で鷲津のオフィスに誰もいないの?
  まさかTOBに負けたんで
  みんな愛想尽かしていなくなったとかcoldsweats02
 などとバカな想像をして焦りましたsweat02
 思えばアレ、朝のシーンなのですね。
 だって鷲津って誰よりも朝早く会社に来てそうだもん。
 いつもギリギリに出勤する私とは大違いだsweat01
 やはりデキる男は違うのだ。

私は映画「ゴッドファーザー」(Part1、ね)の終盤、
教会での洗礼式のシーンと、マシンガンでの大虐殺シーンが
交互にカットバックされるシーンが非常に秀逸だと思っているのですが
(まぁこのシーンは私だけじゃなく
 誰もが映画史に残る名シーンだと思ってると思うけど。)
ハゲタカでのこのカットバックもなかなか秀逸だと思いました。


映画「ハゲタカ」製作に係わったすべての皆さん、
素敵な映画を本当にありがとうございましたshine

あとはDVDが出るのを待つばかりです。
・・・でも映画DVDが出る前に
ドラマ版DVDをまた観ちゃうんだな、きっとsweat02

|

« 焼きたてパン曜日:メキシカンベーグル | トップページ | シネマ日記(2009年7月分) »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

takecoさん、こんばんは
このコメントは携帯から送ります^^
今夜は「@みやぎ」ではなく、アンin東京です♪

そして、今夜 シアターでのハゲタカ鑑賞最後!にふさわしい場所で見させて頂きました
六本木ヒルズのTOHOシネマズ~note
他のシアターがレイトショーだったのでヒルズにしただけなんですが。。。HARBSの特大ケーキも食べたしconfidentcakeheart04念願の満員御礼のシアターで鷲津さんにウットリできたしheart04『ハゲタカ』劇場鑑賞を堪能しつくしましたheart04

私も大森さん、柴田さん、大友監督はじめ全てのハゲタカ関係者の方に感謝申し上げます

大森さんは「これからの人生が悪い方向に向かわないように映画館に見に行ってください」
柴田さんは「映画を見た後たくさん感想を話してください」
とおっしゃっていましたが、それを実行しましたよんscissorsエヘン
感想を語る場を提供してくださったtakecoさんにも厚く御礼申し上げます

DVD出たら私も中毒症状ぶり返すと思いますsmile
六本木ヒルズでは昼夜三回連続 満席でしたしかも深夜にまだ二回も上映するみたいですscissors人気があって嬉しいです♪

投稿: アン@みやぎ | 2009/08/02 01:05

>アンさん

をを~!携帯からコメントいただけるとは!
ありがとうございますshine

六本木ヒルズは
昨日の時点でもまだ連続満席ですか~wobbly
もう近所の映画館では終わっちゃったので
ヒルズまで来ちゃいました、って人たちが
どっと集中したってことでしょうねcoldsweats01
全くハゲタカの集客力は侮れませんrock

混んでる映画館って基本的に嫌なんですが
ハゲタカは別ですよねcoldsweats01
ファンの皆さんとこの時間を共有したい、という思いがあります。

アンさんには熱いコメントをたくさん書いていただき
感謝感謝shineです。
誰のために書いてるわけでもないんですが
コメントもらえると、やっぱりうれしいですwink

感想文はもう10回目で最後(続編が作られない限りは)
ですが
ハゲタカネタはたまーに書くと思いますので
また遊びに来ていただけるとうれしいですnote

ところでHARBSは名古屋の会社なのですよんscissors

投稿: takeco | 2009/08/02 20:51

こんばんは^^
アンin東京です♪
六本木ヒルズのTOHOシネマズは昼間の部 2回は満席で、わたしは3回目の18時開始のを見たのですが、入場までにはそちらも満席heart04しかも観客層が若い!みやぎのシアターより平均年齢10歳以上は下かとsmile30歳前後の方とか20代後半の方が多いように感じました。
その後も夜8時代 11時代 2時代の上映もあるぅ!
深夜の上映ではテレ朝も隣りだし、周辺の会社のサラリーマン&キャリアウーマンにもリピーターが多そうですね ハゲタカの舞台の一つだったしwink
私もついに9回目まで見てしまいましたが、劉のラストメッセージを聴く鷲津さん いや大森さんの演技が私もイチオシですheart04何度見てもこれぞ胸キュンですcrying
takecoさんはマラソンという強力に集中できるものがあるからいいですね 私はしばらく禁断症状に耐えねばsweat02
私事ですが今日は横浜へ行ってきました
明日は…アンinソウルです♪
このフットワーク 仕事に使えよ!…なんですがsmileではでは、また~

投稿: アン@みやぎ | 2009/08/02 21:42

>アンさん

封切りから2ヶ月経ったこの映画が
まだ1日に複数回上映がある映画館がある、ってことが
「ハゲタカ」の実力を物語ってますねscissors

> マラソンという強力に集中できるもの

いや~マラソンの集中、ってのは
「ハゲタカ」と全くタイプの違うものでしてね。。。despair
日々の走り込みは正直
「あ~走りたくない~~~」と
思いながらある意味嫌々走りに出掛けるわけですよsweat02
まぁ走り始めるまでは、ですけどね。
走り始めちゃうと「うーん、爽快!」な気分になりますが。
靴紐締めてる時とかホント結構憂鬱ですcoldsweats01

今日はソウルですか~airplane
いいですねshine
グルメ&エステ三昧でしょうか。
ソウルでenjoyして
ハゲタカ禁断症状が少しでも軽くなることを
お祈りしていますよhappy01

投稿: takeco | 2009/08/03 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/45710814

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハゲタカ」感想(10回目):

« 焼きたてパン曜日:メキシカンベーグル | トップページ | シネマ日記(2009年7月分) »