« 佐野元春という人物 | トップページ | 皇居RUN、再び »

映画「ハゲタカ」感想(7回目)

私がよく行く映画館は川崎駅周辺の3つのシネコンなんですが。
その内の2つで6/6から「ハゲタカ」を上映しています。
でもTOHOシネマズ川崎はいよいよ明日(7/10)で上映終了みたいでweep
もう1つのチネチッタは終了リストにまだ載ってないので
もう少し続きそうですshine
早く終わってくれた方が私も全うな生活に戻れる・・・と思うんですが
でも終わっちゃったら次は鷲津さんにいつ会えるの???cryingと思ったり。
ファンの心は複雑なのであったthink

さて7/4土に「ハゲタカ」7回目の鑑賞へ。
今回はモンブランちゃんと一緒だったので
川崎ではなく、みなとみらいのワーナーマイカルへ。
ワーナーマイカル、Web予約で100円手数料取られました!angry
私はWeb予約をよく利用しますが
手数料取られたの初めてです!
もう絶対この映画館では観ない!と思っていたのですが
ここはワールドポーターズの5階にあり、
アフター映画のお買い物とかが結構楽しいcoldsweats01
なので手数料を取られた怒りも忘れ、
「楽しいから、またここで観よっか?」
などと言っていた私たちなのでしたbleah



で、7回目の感想ですが
今回は"Point of No Return"というテーマで書いてみようかと。

Point of No Return.
回帰(または帰還)不能点、と訳す。
元は航空用語らしい。
その地点を越えると元に戻ることを許されず
ひたすら前へ進むしかない地点のことを示す。

ドラマ版の6話最後で
鷲津はやっと過去のしがらみから
解放されるわけなんだけど
毎回観る度に思っていたのは
「そうは言ってもこの人は
 もう元へは戻れないんだよな。。。」
だった。

人一人を死に追いやってしまい
泣いていたあの頃にはもう戻れない。
鷲津には鷲津なりの正義があってハゲタカやってるわけなんだけど
外科的処置を振るうには
「情に厚い男」ではいられなかったはずだ。
彼はもう Point of No Return を越えて
あまりにもはるか遠くまで飛行してきてしまったのだろう。

で、映画の方。今度は劉について。
あの400万円が舞い散るシーンですが
あそこで劉は守山に言う。
「賢い人間は運命に逆らわない。戻れ、元居た場所に」

あれはパッと見、守山を蔑んだ言葉のように思えた。
所詮お前は誰にもなれないんだから
おとなしく元の派遣工に戻れ、と。

でもあれ、そういう意味じゃなくて
守山の為を思って本心から「戻った方がいい」と
言ったんじゃないだろうか?
そしてもしかしたら劉は、自分自身
運命に逆らわなかった方が良かった、と思う気持ちがあるんじゃないか、と。
逆らわなければ
彼は今も中国の田舎で
貧乏かもしれないけど
家族と暮らして幸せだったのかもしれない。

ハゲタカ的記号論において
「メガネ」が物語を読み解く重要なファクターであることは
ファンの間では周知の事実なんだけど
劉のメガネの着脱に注目してみると、これまたおもしろい。

守山とファミレスでご飯食べてる時、
彼はメガネをしていないのだ。
(あのシーンの最初で
 「ヤだなー雨は」と劉が言うのが、何だか意味深な気がする。
 彼の死を暗示しているような。
 ハゲタカ・ワールドにおいて死はいつも雨とペアだから。
 あ、治クンのお父さんの葬式は降ってなかったかcoldsweats01

で、400万が舞うシーンだけど。
最初、劉はメガネしてるんだけど
あのシーンの終わりでは
やっぱりメガネしてないんだよね。

劉はそれこそ「札束で人の顔引っ叩くような」やり方で
守山を利用したけど
でもそれとは相反する
守山と真摯に向き合う心も同時に持っていたんじゃないかな。
己の目的の為にモノの様に利用しようとする気持ちと
その相手に対して「人」として真っ直ぐに向かい合う気持ち。
そんな気持ちが一人の人間の中で両立するのは
ものすごく矛盾を感じるんだけど
でも、そうなんじゃないかな、と思える。

因みに鷲津と劉がマンダリンオリエンタルのラウンジで
思い出話をするシーン。
あそこで劉は
「強くなれ。あの言葉はオレのバイブルだ」
と言いますが
あの時もメガネ外してるんですよね。
でその後の
「楽しかったんだろ?鷲津」
ってところではメガネをしている。
実に興味深いと思いませんか?



さてここからはちょっと砕けた話を。

パンフレットに載っている
映画のセット・小道具についてのページ。
「鷲津ルーム」には
画家の恒松正敏さんが
鷲津をイメージして描いた抽象画が掛かっている、と
書いてある。
この絵を毎回ちゃんと見よう、と意識しつつも
毎回見忘れているbearing
7回も観ているのに7回ともだ。
・・・もっとも、ドラマの方も
10回観てようやく
「あれ?この場所ウチの会社じゃん!」と気づいた私なので
さもありなん、って感じなのですがsweat01
次こそはちゃんと絵をrockと思いつつ
DVDを入手するまで結局絵は見えないかも、、、と思ったりbleah

それと4回目の感想で
最後、劉の生家を訪ねる時の鷲津さんの服装を非難(?)した私ですが
よくよく考えてみれば
最初、南の島に鷲津を訪ねてくる芝野さんの服装も
「リゾート地に来るのに、その服装はどうよ」って
感じですよねcoldsweats01
この二人、結局似た者同士なのかも。

そういう意味では村田さんはエラい!
本物の方の劉一華を訪ねる時の服装、
見事に現地人ですgood
中国語の発音もスバラシイ!
(半年習っただけの私の評価なので
 アテになりませんがcoldsweats01



さて、あと何回映画観に行けるかしら?
(まだ行く気なのか?>私coldsweats01

|
|

« 佐野元春という人物 | トップページ | 皇居RUN、再び »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

キャッホー♪今夜7回目が見られるとは~~crying

 takecoさん、いつもながら すごい表現力というか感性ですね。。。

>彼はもう Point of No Return を越えて
>あまりにもはるか遠くまで飛行してきてしまった
 
私、ドラマ版ハゲタカの各回 軽~く10回以上は見てると思いますが、いかにボ~ッとして見てたかわかりました。(一番リピート回数多いシーンはtakecoさんの会社の鷲津&アランheart04視点はどこよ!!!)

>運命に逆らわなかった方が良かった、と思う気持ちが
>あるんじゃないか、と。

私もそう感じました。彼自身が「ここがめざしてたどり着いた場所なのか?」という迷いと怖れの中にいるのかな。

>「メガネ」が物語を読み解く重要なファクター
そ、そうだったんですか!全然気づかなかったsweat01
yahooのBBSに「あんたはいったい近視なのか遠視なのか!」みたいなコメがあって、私もオンナジこと思ってたので大爆笑でした。

>毎回見忘れている
その見落としとは違うのですが・・・
鷲津さんがネクタイ直したりベスト着たりしてるシーンがあまりに素敵なのでheart04沼田さんと中延さんがブルーウォールについて何やら説明してるシーンは毎回セリフ聞いてませんcoldsweats01

>そんなの書いたらまた6時間コースですよ

そんな大長編になりますか!
ラブレター書くには真夏より枯葉の頃の方が良いかもしれませんねmapleでも、その頃ってマラソンシーズンかな?

先週から上映時間が仕事中に重なり行けなくなっちゃった~。でも、10日で終了という表示が消えて来週分がまた出てました\(^▽^)/
どのみち行けないと思うけど、興収が良いってことですよね♪嬉しい~

 今までの最長コメかなsweat01では、この辺でおやすみなさいsleepy

投稿: アン@みやぎ | 2009/07/10 01:28

>アンさん

アンさんほど楽しみにしててくれる人がいると
ブログの書き甲斐がありますshine
ホントいつもありがとうございますnote

7回目の感想、早く書かないと
8回目に行けないですからね。
家に帰ってからあんまり書く時間がとれないので
会社の休憩時間にちょっとづつ
書き溜めましたよ。。。
がんばりましたscissors

ハゲタカにおけるメガネの意味については
自信ありますよbell
(それだけで1本ブログが書けるrock
ドラマも、鷲津さんがメガネしてない時は
どんな時か、ってのを
意識して観ると
絶対分かりますgood
たまに例外もありますが。。。

あれは演出陣の意図なのか?
大森さんの演技プランなのか?
映画の玉鉄クンも絶対同じ路線で
メガネ扱ってますね。

明日は早起きしてRUNの練習会なので
そろそろお風呂spa入って
寝ます~sleepy

投稿: takeco | 2009/07/10 22:14

takecoちゃんのブログで、しっかり勉強できるなぁ~。(パンフ、買えばよかったと反省…)

「Point of No return」
初めて聞いたけど、人生って、年齢重ねると、そんな局面がいろいろあるのでは…とも思えるよね。

札束yenのシーン、どう展開されるのだろう、何を意味しているのだろう?と、悩みながら見てましたよ、実はsweat01
私は、そうね…
>「賢い人間は運命に逆らわない。戻れ、元居た場所に」
のセリフは、「今なら、まだ間に合うぞ」の意味と、うん、やっぱり、自分も「元居た場所に戻った方がよかったかもしれない」っていう、後悔の念もあったのかなぁ、って思った。

そうなんだ、メガネeyeglassはそんなにいろんな表現をしていたわけね。
確かに眼鏡の着脱が頻繁だわ、とは思ったけど…。特に劉の場合は、メガネで武装をしている、って雰囲気、あるよね。
(それにしても、玉山鉄二、メガネ似合うねぇ。今回の役の、ちょっと冷たい感じがハマってるなあ)
いやぁ、でも、ちゃんとどこのシーンでかけて、どこではずしてるかを、考えながら見てるなんて、さすが7回目!

>「リゾート地に来るのに、その服装はどうよ」
私もそれは思った!暑いsunだろうに…。

ほんと、確かに深いね。
あれ、「ハゲタカ」脱出計画をしてたのでは?
まだあと1週間はやりそうだねsmile
この際、気のすむまで浸かっちゃえば?(ごめん、無責任発言!sweat01

投稿: モンブラン | 2009/07/10 23:14

ドラマ、TSUTAYAでいつも貸出中。1だせよだれか!ってトランプで意地悪されてる気分よ。

で、「ホワイトハウス シーズン5」が出てたのでこっちを先にみます。

投稿: ミキティ | 2009/07/11 00:00

>モンブランちゃん

ハゲタカのパンフ、今からでも遅くはない!
買いに行くのだ!run

400万のシーンは
後半アドリブだっていうからすごいですwobbly
そしてもっとすごいのは
あの400万は本物のお札を使っていた、と
いうことです!

メガネに関しては
映画の鷲津さんは
ほとんどメガネONのシーンばかりだったから
あんまり気づかないかも、なんだけど
NY時代の回想シーンと
ラストの枯田を歩くシーンでの
メガネなし→メガネON

ハゲタカにおけるメガネの記号的意味が見えますscissors

今月に入ってから
ハゲタカどっぷりからは
無理やり脱却しようとしています。
しかしジョギングしながらも
「えーっと、あのシーンのあの台詞の意味は・・・」
などと考えている私coldsweats01

>ミキティ

私が御器所に住んでる頃だったら
「今すぐ!観にいらっしゃい!!
 今から6話一気に観るのよ!」
と電話で呼びつけるところなんだけど
残念ねcoldsweats01

この際NHKオンデマンドで観たら?
でもオンライン決済に抵抗があると
ちょっと嫌かもだけど。

ホワイトハウスかー
脚本アーロン・ソーキンだよね?
私のベスト1映画である
A Few Good Menの脚本家なのだ。
ハゲタカ何回観るんだ?と
周りの人に呆れられている私ですが
A Few Good Menも
実はハゲタカに負けずおとらず何回も
観ているのだ。

投稿: takeco | 2009/07/11 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/45584876

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハゲタカ」感想(7回目):

« 佐野元春という人物 | トップページ | 皇居RUN、再び »