« シネマ日記(2009年5月分) | トップページ | 映画「ハゲタカ」感想(2回目) »

映画「ハゲタカ」感想

もちろん初日6/6土曜日に行ったわけですrun
気持ちが落ち着いて感想が言葉になるようになったら
ブログに書こうと思っていたのですが
いつまでも胸がいっぱいで感想書けなさそうなのでcoldsweats01
とりあえず箇条書きで所感など。
(多くの人に観てもらいたいので、ネタバレしない程度に書きます。)

・やっぱりハゲタカワールドを2時間ちょっとに詰め込むのは
 難しかったのかも。
 もっと掘り下げてほしいなぁってところもあった。
 でも最初から終わりまで目が釘付けにされてしまうのは
 ドラマと変わらず、さすが。

・ドラマの頃からのファンへのサービス?
 ドラマとオーバーラップする表現がいっぱい。
 でも元々ドラマ版の方でも
 「繰り返されるフーガ」なモチーフがあったので
 (芝野←鷲津←西野治、映画版では鷲津←劉)
 ファンサービスのみでもないのかもしれない。
 しかし何といっても一番のファンサービスは
 「買い叩く×3」であろう。
 いやぁ、まさかこの台詞が飛び出してくるとはhappy02

・鷲津さまは相変わらずクールでかっこいいですgood
 冷徹、非情。時々キレる(そして物を投げつける)。
 でも一瞬、ためらう(その時の眼の泳ぎ方がイイのだheart04)。
 しかし鷲津さまに憧れて追っかけて行った男たちって
 (あ、ホモって意味じゃなくてsweat01)
 みんな不幸になるのねsad
 西野治しかり、劉一華しかり。
 罪な男だ>鷲津

・映画版の軸の一つは「お前は、誰なんだ?」かな、と思った。
 予告編にも出てくる鷲津の台詞。
 それに対して劉は「俺は、アンタだ」と言い、
 派遣工・守山は「誰かに、なるんだ!」と拡声器で叫び、
 物語の最後、鷲津はアカマ自動車社長・古谷に向かって
 「私はファンドマネージャーです」と言う。
 思えば「お前は、誰なんだ?」という劉への問いは
 Wミーニングになっている。
 やっぱりこの脚本家、上手いよな。

・アランが出てこなかったのが残念だったweep
 ハゲタカ料亭(ドラマ観た人には分かる)も出てこなかった。
 やっぱり密談はハゲタカ料亭でやってくれないと。
 でもあれはNHK美術さんの渾身の作だから
 映画(東宝)には貸し出しできなかったのかも。
 ディレクターとプロデューサー貸し出すくらいが精一杯だったのか>NHK

うーん、やっぱり1度の鑑賞では足りないbearing
とりあえず今週金曜日のレイトショーに行こうと計画中。

|
|

« シネマ日記(2009年5月分) | トップページ | 映画「ハゲタカ」感想(2回目) »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

 takecoさん、早々に感想をお聞かせくださってありがとうございます。
私もまだ感想が胸の中で滞留してる感じで・・・そう、ホント箇条書きのコメントになっちゃいますね(でも誰かと語り合いた~いhappy02
 とにかく、続編はなしだろうと思っていたので鷲津さんを見られただけでも嬉し過ぎですweep
 鷲津の天才ファンドマネージャーぶりが見たくてウズウズしている鷲津ファンの期待に答える「そう来たかー!!!」のストーリー展開でしたね。
 ただ、↓にも書きましたが、限られた上映時間では劉の人物像が今ひとつつかめなくて。。。一回では私の方がハゲタカのスピードについていけなかっただけかも。
 というわけで、私も今週中にまた見に行きたいと思っています♪

投稿: アン@みやぎ | 2009/06/09 23:32

>アンさん

最後の鷲津の逆転のシナリオがすごかったですねheart04
「え?じゃ100年に1度の世界恐慌は鷲津が引き金を引いたの?!shock」みたいな。

あ~2回目が早く観に行きたくてウズウズしてます!!!

それに観終わった後、ぼーっとしてて
パンフレットを買ってくるのを忘れてしまったのです!
パンフレット買うためにも
早く2回目に行かないと!

投稿: takeco | 2009/06/10 22:30

takecoさん

>え?じゃ100年に1度の世界恐慌は鷲津が引き金を引いたの?!
ギャハハhappy02そういうことになりますよね~downwardright
鷲津さんたらホント恐ろしいおヒトですぅ

>何といっても一番のファンサービスは
 「買い叩く×3」であろう。
それそれ!来た来た来た~~~!って感じでした♪
> でも一瞬、ためらう(その時の眼の泳ぎ方がイイのだ
それには気がつきませんでした。私もハゲタカフリークを自称するにはまだまだですcrying
 じ・実は昨日すでに2回目行ってきましてw
一回目よりは細部が見えて理解度アップしました。やっぱりハゲタカは難易度高いので一度じゃ足りません。深いです!
で、期間中に何回か行きたいわ~。
え?鷲津がパワースーツ着て颯爽と歩く姿が拝みたいだけだろって?バレタカ・・・なんちゃって。。。coldsweats01

投稿: アン@みやぎ | 2009/06/12 00:14

>アンさん

実は私も昨日(6/11)に2回目に行ってきましてcoldsweats01
いやぁハゲタカファンは行動が似かよりますね~happy01
まぁ全国のハゲタカファンが同じ行動をとっていると思いますが。

大森南朋さんは目線の演技にすごく長けた役者さんだと
私は思ってて
他の役でもよくそういう演技をしてるんですが
特にこのハゲタカでは
鷲津の心のほんの一瞬のゆらぎを
目線で表現してると思うんですよ。

冷徹さの中にわずかに見せるゆらぎ。
そこがいいんですわぁ~heart04

投稿: takeco | 2009/06/12 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/45290280

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハゲタカ」感想:

» 映画「ハゲタカ」 追記 [ice-coffee]
今日 観てきました〜 映画「ハゲタカ」!いや〜〜〜まったく渋いです〜 鷲津さん^^ [続きを読む]

受信: 2009/06/13 11:45

« シネマ日記(2009年5月分) | トップページ | 映画「ハゲタカ」感想(2回目) »