« 五月大歌舞伎 | トップページ | Yogo 有楽町 »

オトナ語の謎

GWにまだ読んでない本を整理していて
その時見つかった本。

オトナ語の謎。
糸井重里 監修/ほぼ日刊イトイ新聞 編

まだ名古屋にいた頃、友人・Mちんに「おもしろいよ」と薦められて
買ったのだった。

昨日から通勤のお供に読み始めたんですが、、、

お、おもしろい!面白過ぎる!

電車の中で笑いをこらえるのが困難なくらい。
(単に私のツボなだけなのかもしれないけど。)

今後1週間ほど、
JR南武線で文庫本を読みながら、
肩を震わせて笑いをこらえている人がいたら
それはきっと私ですbleah

|

« 五月大歌舞伎 | トップページ | Yogo 有楽町 »

読書」カテゴリの記事

コメント

私も読んだよwink

オトナ語バージョンの童話とか、笑えるよね~。

若い子が、はりきって「落としどころが」とか「意識はあっておりますでしょうか」とか言うのを聞いて、そんなん言えば、仕事ができるように見えるってもんでもないのよ~と思っているけど、

自分も、別に何も頼んでないのに、メールの最後に、「以上、よろしくお願いします」とか、ちょっとした資料を送っただけなのに「よろしくご査収のほど」とか書いてるのよね。

投稿: TAKEPYON | 2009/05/20 23:03

>TAKEPYONちゃん

私も常日頃から
メールに「お世話になっております」とか書きながら
「この人初めてメールする人なんだけどね」とか
自分にツッコミ入れてるんで
もうツボにハマリまくりの表現が満載で
電車の中だってことを忘れて噴き出しちゃうのよ~
まいるわcoldsweats01
おもしろいよね、この本。

投稿: takeco | 2009/05/22 00:44

takecoさん
コメントありがとうございました。( ̄▽ ̄)
実際に職場で使っていると聞きなれた言葉なんですが
改めて書かれると不思議で面白い言葉なんですよね。
「言った言わないの問題」などは、上司が契約関連でもめた時によく口にするので、聞くたびに笑ってしまいます。

投稿: 日月 | 2009/06/15 00:09

>日月さん

コメント&TB受付ありがとうございました♪
入社したての頃は
自分でもおかしいと思っていたカタカナ語を
今当り前のように使ってて
この本読んで愕然!とさせられましたねcoldsweats01
「この件、向うはアグリーしてるんでしょうか」とか
「関係者間でコンセンサスをとっておきます」とか
最初の頃、これ聞いて失笑していた自分なのに
今自分が普通に使ってる表現だしgawk
いやいや、オトナになるのってコワイですsweat01

投稿: takeco | 2009/06/15 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/45069013

この記事へのトラックバック一覧です: オトナ語の謎:

» 「オトナ語の謎。」 監修 糸井重里 [日々の書付]
私が社会人になったとき、いちばん初めに気になった言葉は 「よろしくどうぞ。」でした。 「どうぞよろしく」じゃなく「よろしくどうぞ」? その時はオトナというのは、なんだか変な言葉をつかうのだなぁと思ったものですが、社会人経験が長くなった現在では、心のどこかでおかしいと思いつつつも、今日もオトナ語の中で仕事をこなしてゆくのです。 「午後イチのミーティングでタスクを書きだして。 ルーティンはマンパワーでやっつけよう。」 「はい……。」 ※ミーティングはブリーフィングという場合も。 ... [続きを読む]

受信: 2009/06/12 11:31

« 五月大歌舞伎 | トップページ | Yogo 有楽町 »