« 充実のFridayNight | トップページ | 水源をよむ »

レッドクリフ part2

やっと観てきました。
日曜日の朝一番上映。
入りは6~7割程度といったところか?
まぁ封切から3週間だし、
天気も良かったからねsun

※以下、ネタばれ有です。ご注意下さいdanger

箇条書きで。

・part1よりも更に原作から離れていった感じがしたthink
 まぁ必ずしも原作に忠実に映画化しないといけないわけではないし
 ジョン・ウーが描きたい三国志、なので。。。

・孔明の出番が少ない気がしたweep
 孔明ファンの私としてはこれは悲しい。。。

・10万本の矢のエピソードは、まぁ原作に近くて
 takeco的には問題なし。
 しかし電車内に貼ってあるチラシに
 矢が刺さりまくった船の画がバンバン使われてましたが。。。
 初めて観る人にはアレはネタばれなのでは?
 私は初めて三国志読んだ時、
 「え?3日間で10万本の矢なんて一体どうやるの???」
 と思い、
 そりゅあーワクワクしながら読んだからなぁ。。。
 あの絵を先に観てると、結果が先に見えてしまわないだろうか?

・七星壇を築いて、孔明が「雨乞い」ならぬ「風乞い」をやるシーンが
 なかった。。。weep
 孔明が一世一代の大ペテン師ぶりを発揮する
 大好きなシーンなのにぃ~bearing
 でもあれは周瑜から逃げる為に必要であったことで
 この映画では周瑜と孔明が友好的に描かれているので
 要らないシーンなのか?
 映画の中で孔明が「東南の風は吹きます」と言った時点で
 「え?アンタが吹かせる、と大ボラ吹くんじゃないの?」と
 思わずガックリと肩を落としてしまいました。。。

・曹操のキャラ設定が何か破綻している気がした。
 特に矛盾を感じたのが
 疫病で苦しむ兵士を鼓舞するところと
 小喬の茶で作戦開始が遅れるところ。
 曹操のキャラであれはアリなんだろうか?

・連環の計が割とあっさりと描かれていた。
 私は連環の計を仕掛けたのは龐統って描き方が好きなので
 ここで孔明と並ぶもう一人の天才軍師を出して欲しかったなぁ。。。

・part1の感想でトニー・レオンは兜が似合わない、と書いたが
 part2では途中から周瑜は兜をかぶっていなかった。
 (代わりにエンジのハチマキみたいなの。)
 衣装さんもやっぱりトニー・レオンに兜は似合わない、と
 思ったのだろうか?happy01

・戦闘シーンは相変わらず長いが
 part1で慣れたからか、まぁこんなもんか、って感じ。

・映画の終盤、曹操と周瑜が剣の切先を交えるシーン。
 あれ、ジョン・ウーの様式美炸裂!って感じですよねぇ
 確か「フェイス/オフ」にも同じシーンがあって。
 あっちは拳銃でしたが。
 他のジョン・ウー映画にもきっとあるのでは?って感じが。

結論:
part1のDVDは買ったが
part2は孔明の出番が少なかったので
こっちはDVD買わないかもcoldsweats01

|

« 充実のFridayNight | トップページ | 水源をよむ »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/44814863

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ part2:

« 充実のFridayNight | トップページ | 水源をよむ »