« 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その2) | トップページ | 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その4) »

能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その3)

3月8日(日)。朝6時起床。

フルのスタートが10時だから
本当は6時に朝ご飯にしたいところだったんだけど
仲居さんが朝ご飯は7時~9時じゃないとダメだという。
・・・まぁ第1回目大会だから仕方ないんだけどさgawk
(昨年までのハーフ(なかじま万葉の里マラソン)は和倉温泉よりも
 もうちょっと北が会場だった。)
フルの前の食事は4時間くらい前と
昨日の講演会でも言っていたではないの。
これは来年からは是非実行委員会の方から
各旅館に指示を徹底してほしいところだ。

でも早めに持ってきてくれ、言っておいたから
6時半に持ってきてくれた。

食事さえ済ませてしまえば
後は急ぐことはない。
何しろスタート&ゴール地点は
この旅館から歩いてすぐのところなのだ。
あんまり早くスタート地点にいて
体が冷えてしまうのもよくないので
9:15くらいにちょっと外の様子見て
あとは直前までホテルのロビーにいよう、と
いうことにした。

今回のレースは5km毎の給水地点の他に
18km、32km地点に軽食として
飴、チョコ、バナナ、パンが置いてあるという。
それなら自分では何も持って走らなくても、と思ったが
M美ちゃんが
「早いランナーが食べちゃってて
 私たち遅いランナーが行く頃には
 残ってないかもよ」
というので
確かにそうかもdespair
ウィダーinゼリーと男梅飴10個を
ウエストポーチに詰める。

因みにこのレース、補給食に関しては
全く心配ありませんでした!
私が補給食地点に行った頃でも
食べ物が十分ありました。すばらしいです!
飴に関しては結局自分で持って走ったうちの1個しか
食べませんでした。
ゼリーはさすがに軽くするために20kmを超えた地点で
飲みましたが。
このレース、食事に関しては
手ぶらで走っても問題ないかもしれません。

9:15、階下に降りるエレベータで
エドはるみの仮装をしたお兄さんとばったり。
この扮装でフルに出るという。
すごいなぁ。
因みにこのお兄さん、結構速かったです。

ロビーに降りると
ゼッケンをつけた人がいっぱい。
そんなに人泊まってないのかな、と思っていたら
結構マラソン客がいたようだ。

とりあえず外に出ていると
うぉ!スタート地点にもう人がいっぱいいる!
あの人混みなら、そんなに寒くないかも。
とロビーで待機はやめにして
スタート地点に向かうことにする。

スタート地点に一歩近づくごとに
にぎやかな高揚感が伝わってくる。
そうだよ!これだよ!
これがフルマラソン前のお祭り気分なんだよ!
昨日の閑散とした街の感じとは打って変わって
街にわくわくした活気がみなぎっている。
M美ちゃんと
「やっとフルマラソンらしくなってきたよ。
 良かったねぇ♪」
と喜び合う。

目標タイムごとにスタート地点に並ぶ。
私は4~5時間のゾーンに。
M美ちゃんはお父さんが年末から入院してて
看病とかであんまり練習できてないから、と
5~6時間のゾーンに。
私の今回の目標タイムは4時間50分。
海外でもう3回もフルマラソンを走っているので
え、そんなに遅い目標タイムなの?と思われるかもしれませんがsweat01
まぁ私は元々運動能力が低い方だし
月間走行距離も100kmくらいなので
こんなもんですcoldsweats01
昨年7月のゴールドコーストが
5時間2分28秒だったので
最悪でもそれよりは早くゴールしたい。

10:00、号砲。
いよいよスタートである。

|
|

« 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その2) | トップページ | 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その4) »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/44340399

この記事へのトラックバック一覧です: 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その3):

« 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その2) | トップページ | 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その4) »