« 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その1) | トップページ | 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その3) »

能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その2)

ランチ後、大会事務局になっている
和倉温泉観光会館にゼッケンを取りに。
ここに来てようやく人の賑わいがupwardright

ゼッケンをもらった後、
15:00からの講演会を聞く為に観光会館の大ホールへ。
入りは7~8割程度?
でも終了する頃にはほぼ100%の入りになっていた。

講演者は
・磯繁雄(早大競走部監督)
・渡辺康幸(早大競走部駅伝監督)
・市河麻由美(元マラソンランナー)
・大森重宜(この講演会のコーディネーター、
 元400m障害選手。今は七尾市で神主。すごい転身だsweat01

まずは磯監督のレクチャー。
パワポを使って、走るフォームの分析などを見せてくれる
本格的なレクチャーだった。
特に竹澤クンと駒野選手(昨年の箱根5区ランナー)の
フォームがどう違うか、を
科学的に分析していて大変見ごたえがあった。
磯監督によると
竹澤クンのフォームは長距離というよりは
短距離のフォームを改造したような感じ、とのことだった。

次が渡辺監督の箱根駅伝の経験談。
まぁ雑誌とかで読んだ話の焼き直しって感じ?
話の途中で三輪君を紹介。
「三輪は今年は5区で東洋大・柏原君に抜かれ、
 昨年も7区で駒大・堺君に抜かれ、と
 いつも早稲田は三輪で逆転されている、
 と思われるかもしれませんが、、、」
と本人を前になかなかブラックなことをおっしゃるcoldsweats02
でも
「三輪は、多忙で不在がちな主将・竹澤に代わって
 チームをよくまとめてくれた。」
とほめることも忘れない。

三輪君がちょっと自己紹介。
「ホントは明日10kmを走るはずだったんですが
 監督からフルにしろ、と言われ
 急きょフルの練習に切り替えました。
 準備不足でいい走りができないかもしれませんが。。。」
渡辺監督が
「三輪には3時間で走れ、と言ってありますので
 ぎりぎりサブ3を狙う人は
 三輪に付いて走れば大丈夫です。」
と言う。
でも実際には2時間29分だったからねぇ。。。
渡辺監督の言うことを鵜呑みにして
付いて走った人は大変だったかもsmile

ここでコーディネーターの大森さんが
「今年箱根駅伝で優勝した東洋大は
 ここんとこ毎年和倉温泉で合宿してるんですが
 明日皆さんがフルを走るコースは
 東洋大の練習コースなんですよ」
どよめく場内。
三輪君がそれを知ったのが
この時だったのかその前からだったのかは知らないが
地元の新聞には
それを知って三輪君は闘志を燃やした、と書いてあった。

因みにこんなコースです。
Cz_l

コースはともかく
右下の高低図を見てくれ!って感じ。
こんなに坂が多いコースなのだbearing
柏原君を鍛えたコースだからねぇ。。。

講演会後
宿に戻ってまずは温泉。まったり~♪
で、その後夕飯。
温泉旅館!って感じのにぎわい食卓。
P1010435_1

食事を運んでくれた仲居さんが
この宿は東洋大が毎年泊まっている、と言う。
箱根駅伝見てると、みんな知ってる子なので
うれしい、と。

それじゃあ東洋大にあやかって
私やM美ちゃんも優勝、と勢いづきたいところだが
残念ながら
私たちはそんなレベルじゃないdespair

夕食後はWBCで日本が大量得点するのを見て
22:00頃就寝
いよいよ、明日は決戦の日!なのであった。

|
|

« 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その1) | トップページ | 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その3) »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

三輪君、柏原君の顔が印象的で、顔が思い出せないけど、山登りで頑張ってた選手ですねcoldsweats01

大橋を走るんのね。気持ちよさそうだけど、
海風がキツそう。

和倉が憧れなのは…2時間サスペンスの見すぎ?
でも、辻口さんの博物館か…
確かにひたすら温泉のはしごするような温泉地かも。
夕食はさすがゴージャス!

投稿: TAKEPYON | 2009/03/13 22:31

たけちゃん、

あの大きな橋を走ったの???すごい風だったのでは?と、思いますが、いかがでしたか?

私の「初めての一人旅」(すでに「ん年前」のことですが)は、石川県、能登半島でした。大すきな場所の一つでもあります。

その数年後、友人たちと行った和倉温泉は、安い温泉宿だったので、こんな豪華な食事もなく、はっきり言って食事後もひもじい思いをしていました。

忘れられないのは、温泉の塩分が強く、いきなり湯船のお湯でシャンプーをし、全く泡立たずに困った友人たちのことです(たまは、もちろんシャワーの湯でしたので、問題なし!)。

フルマラソン、今まで一人参加の場合には、いっつもビジネスホテル、夜は近くのコンビニごはん。これじゃいけませんね。6月のJAL千歳は友人宅に泊めていただこうと目論んでいます。

投稿: たまちゃん | 2009/03/14 18:28

>TAKEPYONちゃん

大橋は風はそんなでもなかったけど
とにかくアップダウンがきつかった!

2時間サスペンス、確かにねsmile
松本清張の「ゼロの焦点」の崖も
半島の反対側にあったような。
あのどんよりとした雲と日本海には
2時間サスペンスが良く似合いますhappy01

>たまちゃん

温泉水は確かに塩辛かった!
温泉水が飲めるコーナーがあったので
普通に飲んでみたら
濃い塩水みたいなかんじで
思わずむせちゃったよ。
あれで頭洗ったら大変だねwobbly
でもお肌には問題なかったみたい。
特に洗い流さなかったけど
ベタつくこともなかったし。

今回のお宿は
M美ちゃんのコネでちょっとお得だったのbleah
ラッキーでしたshine

投稿: takeco | 2009/03/14 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/44325373

この記事へのトラックバック一覧です: 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その2):

« 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その1) | トップページ | 能登和倉万葉の里マラソン2009完走記(その3) »