« 「大琳派展」「スリランカ展」@東京国立博物館 | トップページ | 「ハゲタカ」映画化?! »

焼きたてパン曜日:あずきロール

を焼きながら「東京国際女子マラソン」をTV観戦した
そぼ降る雨の日曜の午後。
・・・ホントは今日は「あずきロール」じゃなくて
「パインちぎりパン」を焼くつもりだったのだ。
だけど「パインちぎりパン」が大失敗weep
焼くまでに至らず、しょうがないので
来週焼くつもりだった「あずきロール」を
急きょ繰り上げることになったのだ。
「パインちぎりパン」大失敗で
正直マラソン観戦はすっかりおろそかになっていたthink

今日は午前中に走ってから
パン作り&TV観戦をしようとしていたのだけど
朝からあいにくの雨で。
なので少し早い11:30からパン作り開始。

ブログで焼きたてパン曜日の作成日記を書いている人は結構いて
何気にパインちぎりパンの作成日記をいくつか読んでみると
キットに入っているドライパインの量が少ない、というものがちらほら。
見てみると4切れ。うーん確かに少ないかも。
というわけで近所のスーパーにドライパインを買いに行くと
ドライパインは売ってなかったweep
ちょっと離れた大きいスーパーまで遠征しようかとも思ったが
面倒だったのでまぁいいか、と普通のカットパインを買って帰った。
そんなに違わないっしょ、と思ったわけだ。

粉とドライイーストを混ぜ、ぬるま湯を投入。
力いっぱい捏ねる、捏ねる。
タネのでき具合はすこぶるいい感じ。
ここでキットに付いていたドライパインを投入。
ここまでもいい感じ。
で、ここで買ってきた生のカットパインを刻んだのを投入。
・・・ここから悲劇が始まった。
カットパインを入れてタネを捏ねると
いい具合にまとまっていたタネが
どんどんドロドロと液状化してきたのだ!
あ、そうか、生パインだから水気が増えたわけだ。。。
と小麦粉を追加投入。
しかしちょっとやそっと追加投入してもタネが全然まとまらない!
生パインそんなに水分多かったのか?
大さじ5~6杯分くらい小麦粉を投入したけど
タネはあいかわらずドロっとしたままだ。

しょうがない。もうこのまま一次発酵させよう。
とボールに移そうとするも
この焼きたてパン曜日のキットは
ビニール袋に材料を入れて捏ねやすくするって作成工程になっていて
ドロっとしたタネがビニール袋にぺったり着いてて落ちてこない!
手で何とか落とそうとするも
タネが手にどっさりとまとわりつくだけで
どうにもボールに移せない。
・・・ここでパインちぎりパンを断念することに。
ううっ、パインちぎりパン食べたかった。残念crying

私はまだ手作りパン経験5回の初心者なのに
レシピ以外の応用をいきなり試そうとしたのが
そもそもの間違いだったのだ。
パインをたくさん味わいたい、などと欲を出したが為に
こんなことに。。。weep
思えばたとえパインの量が少なくても
焼きたてってことだけで十分おいしいのだ。
生パインを入れるまでのタネの状態だと
パン焼き成功間違いなしだったのに。。。

基礎も身についてないのに応用などできるわけがない。
この黄金律を改めて思い知った今日のパン焼きでしたsad

だけどまだ12:30。
来週焼くはずだったあずきロールのレシピを見てみると
自分で用意する材料は卵1個とバター20g。
これならウチにある。
というわけで
急きょあずきロールの制作スタート。

バターを加えて捏ねるところまでは順調。
ここに水にひたしてふやかし
水を切っておいたあずきを投入。
さっき失敗したパインちぎりパンのことが頭をよぎる。
このあずきも水を含んでるよなぁ。
あんまり捏ねるとタネにまた余分な水分が入って
タネがドロドロになったりしないだろうか?
レシピにも
あずきを入れてからあんまり捏ねると
あずきが細かくなり過ぎるから注意、って書いてあるし。

ということであずきが7割がた混ざったところで捏ね終了。
・・・やっぱりあずき入れる前より
タネが若干ゆるくなってる気がする。
が捏ねに使ったビニール袋からは剥がれる状態だったので
ボールに移し一次発酵。

40分後、フィンガーチェック。
うわ、指にタネがくっついてくる!
これじゃ穴の状態がどうかなんて分かったもんじゃない!
でも膨らみ方はちょうどいいし
これ以上だと発酵しすぎになるかも、と
次の工程に移ることに。

生地を切り分けて成型。
うーん、やっぱりべたつく感じ。
カッティングボード、手、めん棒に軽く打ち粉。
何とか成型する。
・・・大丈夫だろうか?
これも失敗したら私はもう立ち直れないぞ!!!
今や意識はすっかりパン作り一辺倒。
レースは渋井陽子が独走体勢なのは気づいてたけど
ほとんど意識の外だったdespair

二次発酵完了。
おぉ!いい感じになってるぞ!
うまくいくかも!
ここで前に失敗した塗り玉子。
塗り過ぎないように、さらっと、さらっと。
で180度に予熱したオーブンで15分。
タイマーをセットしたところで
尾崎好美が渋井陽子を抜いてトップに立った、と
アナウンサーが叫んでいた。
解説の増田明美、Qちゃんともに
今回は渋井陽子に優勝させてあげたいみたいだったけど
このレースに特に思い入れのある選手がいなかった私としては
「あらら、、、」と思ったに過ぎませんでしたcoldsweats01
というか今回はパン焼きに意識が向き過ぎてて。。。

焼き上がり。
おぉ!成功ではないか!
パンがちょっと膨らみ過ぎて3つくっついてしまったけどsweat01
Image006

いや、見た目は成功でも
前みたいに粉っぽいなんてことは、、、
柔らか~~~いheart04
大成功だ!
ふわっとした柔らかいパン生地にあずきがほんのりと甘い。
一次発酵後の時点では
どう考えても失敗だったんだけど
どこかの工程で何だかリカバったらしい。
(何がリカバリの原因だったのかは不明coldsweats01

ともあれおいしいあずきロールができて良かった!
しかしパインちぎりパンが悔やまれてならない。
いつか材料揃えるところから自分でやって是非再トライしたい。

焼きたてパン曜日は残りあと2箱。
ここんところ毎週順調に消化しているが
再来週にはまた新たに1箱来る。
このままきちんと消化し続けよう。

|

« 「大琳派展」「スリランカ展」@東京国立博物館 | トップページ | 「ハゲタカ」映画化?! »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

たけちゃん、

思うに「カットパイン」を入れたことによる失敗は、水分だけでなく、パインアップルが持つ「酸」ではないでしょうか?

見ました、見ていました東京国際女子マラソン。

フィットネスクラブに行き、ちゃりんこではテレビに遠すぎて、トレッドミルでは音が取れず、また足元も危ない。ってことで、「エッジ(エアーウォーカー)」にのって126分。いい有酸素運動となりましたhappy01

渋井さん、残念だった、本当に勝ってもらいたかった。勝たせてあげたかった。インストラクターさんも「今回は、すっごく、体を絞っていますね」って感心していたんですがね。

あずきパン成功してよかったねwink。たけちゃんの強さは、立ち直りのはやさなんだね。マラソンにも適応するんだろうね。

投稿: たまちゃん | 2008/11/17 08:45

>たまちゃん

そうだねー
生のパインを入れることによって
材料のバランスがくずれちゃったと思うのよdespair
ドライパインの増量だったら
何とかなってたと思うんだけどねぇ。。。
まぁでも失敗しないとうまくならないものさ、何事も。
・・・と前向きになってみるhappy01

エッジってのは脚を前後にスイスイって動かすヤツ?
ステッパーみたいなヤツの方かな?
126分ってスゴイね!
那覇マラソンに向けてバッチリ調整してるねwink

来週は千葉国際駅伝を見ながら
パン焼きかな?
来週は他にレースなさそうしthink

投稿: takeco | 2008/11/17 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/43134121

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きたてパン曜日:あずきロール:

« 「大琳派展」「スリランカ展」@東京国立博物館 | トップページ | 「ハゲタカ」映画化?! »