« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

小田和正という人物

11/27(木)にちょっとだけ会社を早退して
"KAZUMASA ODA TOUR 2008「きっと またいつか」♪今日も どこかで FINAL"の
ドームツアー、東京ドーム2日目に行ってきました。
ものすごいタイミングとものすごい偶然が重なって
たまたまチケットが入手できたのでした。
(ホントにSpecial Thanksです>atsukoさん)

うーん、正直このライブの感想はブログには書けない、と思ったsweat02
いろいろと思い入れが強過ぎてねぇ。。。coldsweats01
うまく文章にまとまりません。
まぁでも備忘録代わりにちょっとだけ、メモ書き程度に。

私はオフコース時代の"Three and Two"というアルバムの1曲目に入っている
「思いのままに」という曲がすごく好きなのですが
この曲、今回のライブでやってくれたんですわ。
このアルバム、オフコースが爆発的に売れる前のものなので
有名な曲ならまだしも
このマイナーな曲(たぶん。少なくとも世間一般的にはマイナーな曲だと思う)を
今のライブでやってくれるとは。。。
まさかこの曲を生で聴ける日がくるとは思わなかった。
・・・目が涙でウルウルしましたよ、マジで。

それにしても小田和正という人物はつくづく不思議だ。
私は一時期小田さんに関する文章をかなり読み漁ったことがあるんですが
知れば知るほど
この人が作る甘く切ないラブソングと
この人の人となりが一致しないのだ!!!

初めて写真を見た時なんて、そりゃー衝撃だった。
歌から想像すると
風にも耐えぬ王子様系の人だとばっかり思っていたんだけど
初めて見たその写真は
神経質そうな、人を寄せ付けない堅物っぽい表情で
私の中で何かがガラガラと音を立ててくずれていくような感覚を覚えたくらいだ。
(小田さん、ゴメンナサイ。。。)

そして実際の人となりも
私がいろんな文章を読んで理解した範囲では
自分にも厳しいが、他人にもものすごく厳しい人なのだ。
雑誌などのインタビュアーがいいかげんな質問などしようものなら追い返される。
アルバム作成時スタジオでの音作りの最中、怒って帰ってしまったことがある、などなど。
この人の一体どこからあんなロマンティックな歌が生まれてくるのか・・・
その理解しがたいギャップは今も埋まらない。

そしてすでに還暦を超えているというのに
あのハイトーンな歌声。驚異的です。
一体どんなトレーニングをしているのかしら・・・?

ともあれ。
いろいろ懐かしい思いに浸った1日でした。
私がライブからの帰宅後、昔のCDを引っ張り出し
「思いのままに」を何度も繰り返して聴いていた為に
すっかり寝るのが遅くなり
翌日会社で眠かった、というのは秘密ですcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

焼きたてパン曜日:もちきびベーグル

を焼きながら、録画してあった「桂離宮 知られざる王朝の美(NHK BShi)」を観た
澄んだ青空の土曜の朝。
今週末もマラソンの放映がなかったのでthink

桂離宮。
子供の頃カレンダーの写真で観て一目ぼれした
非常に美しい建造物。
一度行ってみたいと思いながら、
事前に参観希望申請を出さないといけない面倒くささで
結局未だに果たせていない。
この番組で観て、やはり現地に行きたくなってしまった。
今度こそ参観申請出して行ってみようかしら?
でも行くなら月見の時期moon3がいいなぁ。。。
それだと大分先になっちゃうので
春先でもいいかもねcherryblossom

この番組12/3に再放送するみたいです。
桂離宮好きのそこのアナタ、要Checkですよんgood

さて今週末焼いたのは「もちきびベーグル」。
「もちきび」とは桃太郎のきびだんごの材料なんだそうで。
ぷちぷちした食感が楽しめる
とってもおいしいベーグルになりました。
Image001

先週はブログにも書いたように
パン焼き情熱枯渇現象(?)が起き、
それなりにちゃんと焼きあがったものの
「焼きたてパンを食べる」という
この上ない幸福感を感じることができませんでしたsad

今週末はどうだったか?
情熱が復活しているかどうかは分かりませんでしたが
「おいしいパンが食べたいから、とにかく丁寧に作ろうrock」と
心に誓い、作業を開始しました。
そのおかげで今回は
もっちりした食感が楽しめるとってもおいしいベーグルが焼き上がりましたhappy01

焼きたてパン曜日はやっと在庫あと1箱。
やっと、やっと、あと1箱です!
我ながらよくがんばったよ>私
来週はもちろん福岡国際マラソンをTV観戦しながらパン焼きです。

ところで
「桂離宮 知られざる王朝の美(NHK BShi)」は
1時間50分の番組だったのでパンを焼くにはちょっと尺が足りなかった。
あと20分ほどほしいんだけど、、、ということで
前の晩に録っておいたアニメ「ゴルゴ13」をその後に観た。
・・・「桂離宮」と「ゴルゴ13」。うーん、すごい組み合わせだsweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

何ちゃって箱根駅伝2008完走記+アルファ

昨年、会社関係の人たちと
箱根駅伝の往路をタスキをつないで走ろう、という企画がありまして。
※その時の模様はこちら

あまりに楽しいイベントだったので
毎年やろう、ということで今年も11月22日(土)に実行することに。
昨年と同じ3連休の初日。
去年は途中、大渋滞で走者をピストン輸送する車が全く動かなくなってしまったけど
今年もまた同じ目にあうのでは???

でもその教訓を生かしてか
今年はバイクを2台チャーター。
去年は1台で先導するはずが
途中、渋滞に巻き込まれた車に代わり
バイクがピストン輸送。
今年は1台がピストン輸送、もう1台が先導という役割か?

私には問題が1つ。
この日はアミノバリューランニングクラブの練習日と重なっていたのだ。
練習は13:00から東京工芸大学で。
小田急の本厚木駅からバスでウダウダと30分ほど行ったところだ。
この日の練習メニューは30km走。
アミノの練習も出たいが、箱根も走りたい。
ということで両方とも参加することに。
午後からアミノの練習会なので
午前の割と早い時間帯に5km程走らせてもらうことに。

メールで送られてきた区間割を見ると
私の今年の出走区間は
戸塚中継所からガスト鵠沼店まで。
箱根駅伝でいうところの3区の最初の部分1/3くらいだ。
次の走者にタスキを渡す予定時間が9:30。
何とか午後にはアミノの練習会に間に合うだろう。

当日。
4:30起床。眠いsleepy
この季節、この時間はまだ真っ暗だ。
とりあえずストレッチをして目をしっかり覚ます。

箱根を走るランニング服に着替える。
気温がイマイチ読み切れないので
薄手の長袖TシャツにNikeのランニングタイツ。
NikeのはCW-Xのタイツほどピチピチじゃないから
ランスカなしで走るのは全然OKなんだけど
さすがにこのまま電車に乗るのは恥ずかしい。
で、ランニングタイツの上からトレパンをはく。
上は長袖Tシャツの上に長袖のジャージ。更にその上からウィンドブレーカー。
後は戸塚中継所に着いてから調整、ということで。

アミノの練習で着るランニングウェアと、箱根を走り終えてから着る服を詰めた
バッグを持っていざ出発。

7:20、JR保土ヶ谷駅。
ここに私の前の2区の最後の部分を走るS藤さん、
私の後を走るF君が集合することになっている。
私は保土ヶ谷駅で降りるのは初めてで。
東口と西口とあるけど、どっちだ???
取りまとめ役のK藤さんに電話すると
「東口。にぎやかじゃない方」と言う。
にぎやかじゃない方って。。。sweat02

東口のバスターミナルに行くとS藤さんが既に来ていた。
バイク隊その2のS木さんも。
今はバイク隊その1のI田さんが先導しているらしい。
S木さんはビデオ係として先回りしてきた、とのこと。
先導したり、(後できっと)走者ピストン輸送したり、ビデオ係やったり。
バイク隊、大活躍ですshine

取りまとめ役のK藤さん、レンタルしたワゴン車で到着。
進行状態は若干遅れ気味、という。
4:30読売新聞社前、スタートが遅れたからだという。
・・・真っ暗で読売新聞社が分かりにくかったからだそうだ。
まぁ4:30だからねぇ。。。night

第1走者は昨年は108km、全行程を伴走しきった鉄人・M氏。
今回は第1区22kmを一人で走る。
M氏にとっては22kmなんて大した距離ではない。
今は第2区の前半を走るOさんにタスキが渡っているとのことだけど
鉄人M氏は伴走して走り続けているそうだ。さすがだ!

8:00。M氏とOさん、
I田さんの先導バイクとともに保土ヶ谷駅東口バスターミナル到着。
タスキはS藤さんに。
S藤さんは11km走って、戸塚中継所で私にタスキを渡す予定。

走り始めたS藤さんを見送り、
M氏、Oさん、F君、私はワゴン車に乗り込み、一路戸塚中継所へ。

車は戸塚中継所に到着。
車から降りると寒い!寒いじゃないか!!
下のトレパンはとりあえず脱ぐとして
上は長そでジャージは脱ぐが、ウィンドブレーカーは着たまま走ろう、と判断。
手袋も着用。
ストレッチしながらS藤さんの到着を待つ。

そうこうするうちに
横の道路がだんだん混み始めているのに気づく。
・・・3連休初日だからねぇ。
そろそろピストン輸送のことを考えるべきか?
私の次に走るF君、バイクでの輸送もできるけど
「takecoさんが走るところ5kmだし、ついでに走っちゃったら?」と
回りに乗せられ
私の走る区間も一緒に走ることになった。
・・・実は私が走る区間は5kmではなくて
Google Mapで測ったら7.5kmあったんだけど。
でもF君は普段から長い距離走ってるみたいだし、
私も一人で走ると道間違えないかとちょっと心配だったりで
伴走者がいるのはありがたい。

9:00。S藤さん、戸塚中継所に到着。
タスキを受け取ってにっこり笑って記念撮影。
この辺が本物の箱根駅伝と違って緊張感全くなし。
タスキをななめ掛けし、いよいよスタート!である。
6分/kmで走るから
7.5km先のガスト鵠沼店到着予想時刻は9:45だ。

最初はゆるやかな登り坂が続く。
休日の朝だ。歩道に人は少なく走りやすい。
見上げると空は雲ひとつない快晴。
冬の入り口特有の澄んだ高い空だ。
一緒に走っているF君が
「あ!富士山見えますよ!」と
右前方を指さす。
ホントだ!富士山がすごくきれいに見える!
絶好のランニングコース、絶好のランニング日和ではないか。

2~3km走ったあたりからだろうか?
車道からやや高めのところに住宅が軒を連ねる通りに入る。
車道は平地なんだけど
歩道は住宅の前に付くようにやや高めの位置を通っている。
各家々の玄関のところは道がくぼんでいて、
家々の境目は道が出っ張っている。
つまり歩道はデコボコを下って登って下って登ってを
小刻みに繰り返す非常に走りづらいコースになっていた。
本番のレースは交通規制してて
選手は車道を走るから苦にならないだろうけど、
一般ピープルの私たちはデコボコ歩道という
意外な難所を走ることになった。

おまけに日が高くなってきて暑い。
とりあえず手袋は外してウィンドブレーカーのポケットへ。
次の信号で止まったらウィンドブレーカーも脱ごう、と
思っていたのに
こういう時に限って信号待ちがなく、実にスムーズに進んでしまった。
結局ウィンドブレーカーは着たまま次の中継地点まで行くことに。

だんだん賑やかな通りに入ってきた。
そろそろ藤沢駅が近いらしい。
藤沢駅を通り過ぎればすぐにガスト鵠沼店だ。

「あ、ガストの看板!」と
F君とともに指さす。
ガストは私たちの進行方向右側にあるんだけど
私たちは左側を走っている。
向こう側に渡れる信号はないのか?と
キョロキョロしてると
ガストのところにatsukoさんがいるのを発見!
前日から「行けそうだったら応援に行くよ」と
言ってくれていたのだ!
atsukoさん、ありがとう!とブンブンと手を振る。
バイク隊その2のS木さんも着いてて
私たちの到着をビデオ撮影。
一緒に走ってきたF君にタスキを渡すのも変な感じなんだけど
次の走者はF君なのでここでタスキを渡す。
F君はここから更に9km先の茅ヶ崎漁港前まで走ることになる。
ガスト到着は9:45。Just in Timeだ。

atsukoさんとしばし立ち話。
atsukoさんはこれから海方面に行って写真とか撮りたいとのことで
ここでお別れ。
私はガストの中で食事中の
バイク隊1、2のお二人と合流。
車は早速渋滞に巻き込まれてちょっと遅れている。
私の荷物は車に乗っかっているので
車がこないことには着替えもできない。
(財布も車の中なので、ジュースとか頼んじゃったけど
 このままでは無銭飲食だ!
 携帯はあるからEdyなら払えるんだけどねぇ。。。
 でもバイク隊の2人がいるから正確には無銭飲食にはならないが。。。)

F君がすでに次の地点に向かっているので
バイク隊1のI田さんはF君を追っかけて先導役に復帰することに。
車を待たずに先に出発した。
バイク隊2のS木さんは私とともに車を待つことに。
車が着いたらM氏を乗っけて茅ヶ崎漁港前まで運ぶ。
本当はF君の次はH原さんが走ることになってたんだけど
残念ながら急きょ仕事で走れず、鉄人M氏が代走することになったのだ。
だけどH原さん、楽しみにしていたので
諦めきれなかったらしく、
4:30に読売新聞社前に現れ、
M氏と一緒に品川まで走ったそうだ。
・・・ちなみにH原さんはこの日徹夜で
走った後またすぐに職場に戻ったそうだ。。。熱いゼ!
(でも徹夜後に走るなんて、良い子はマネしないように!)

10:15。やっと車到着。
S木さんはM氏を乗せて茅ヶ崎漁港前へ。
私は荷物を受け取り、後は歩いて藤沢駅に向かいます、と
みなさんとお別れ。
ホントはこのままみなさんと箱根まで向かい
温泉に入って、打ち上げに参加したいけどねぇ。。。

ガストのトイレで着替え。
シャワーが浴びられないのは残念だけど
着替えると大分さっぱりする。

藤沢駅で軽く食事。
あんまり時間がないからベッカーズで適当に。
11:00。小田急で相模大野経由、本厚木に向かう。
電車の中でしばし爆睡。

12:30。東京工芸大学、着。
体育館の更衣室で着替える。

13:00。アミノバリューランニングクラブ、練習開始。
各クラスに分かれて、今日は30kmを走る。
私は7分/kmで走るクラスに参加。
全員揃ってストレッチした後、
アミノバリューを飲んでから出発。

午前中に引き続きいい天気だったから油断した。
長袖TシャツとCW-Xのタイツ&ランスカという服装で走ってたんだけど
日が傾くにつれてどんどん寒くなってきた。
走ってるから体はまだ温かいんだけど
手が冷たくてかなわない!
しまった、午前中に走ったときの
ウィンドブレーカーと手袋があるんだから
この状況を見越して持ってくるんだった!
17:00近くなって辺りはすっかり真っ暗になって
もう手の感覚がなくなるほど寒くなった頃、やっと練習完了!
30km、完走しました。みんなで拍手。
やりとげた充実感はあるが、、、とにかく寒い!!!の一言。

因みにこの日1日の歩数は54312歩だった。
(走ってる間も万歩計は持っていた。)
この日の走行距離、37.5km。
フルマラソンに近いじゃん!
レースの日でもないのに。

と疲れ切ってはいたが
心はなかなかすっきり爽やかな秋の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

焼きたてパン曜日:トマト白パン

を焼きながら、「サラリーマンNEO 勤労感謝の日スペシャル」を見た
日曜の昼下がり。
・・・この日は適当なマラソン中継がなかったのだdespair

サラリーマンNEOはSeason3になって
「厚姫」とか「寿司屋のオヤジ」とか
見てて本気で腹が立ってくるコントが増えたので
その辺は適当にスルーしながら。
・・・コントに本気になって怒るなよ>私sweat02
「スケバン欧愛留」「就活一直線」は大好きなんだけどなぁ。
(ネオ工大学学生歌なんて一緒に唄っちゃうよ。)
もちろん「セクスィー部長」もheart04
そういえば紅白に出場するらしいです、セクスィー部長。

最後の「コントを読む」で
「セクスィー部長の迷い道」って解説が超笑えた。
セクスィー部長、Season4でもがんばってほしいなぁ。

さて「トマト白パン」ですが。。。
今回は完全に惰性で作ったdespair
まず捏ね過ぎた気がする。
一旦いい感じになったんだけど
たぶん捏ね過ぎて
タネがちょっとダレてきてしまったのだ。
小麦粉を追加投入すればリカバれたんだろうけど
ま、いっか、とそのまま一次発酵。

タネのダレた感じのせいで
一次発酵後のフィンガーチェックがうまくできない状態に
なっていた
(タネが指にびよ~んとくっついてきてしまう。)
でもうまいこと膨らんでるし
ま、いっか、と成型に。

成型中、さすがに手にベタついて成型できないので
ここでやっと打ち粉投入。
ウインナ型に成型して二次発酵。

で、出来上がりがこれ。
Image001

成功、なんだけど。
形、かわいいんだけど。
トマトの味がほんのりとして、おいしいんだけど。

・・・でも今までみたいな感動がない!!!bearing

なんでだろう?
自分の中でパン焼きに飽きたんだろうか?
マラソンじゃなくてサラリーマンNEOを見ながら作ったからか?
(まさかbomb
前の日に37.5kmも走って疲れていたからか?

結論。
情熱のこもらないパン焼きから生まれたパンは
感動を生まないsad

焼きたてパン曜日はやっと後1箱になったのに
今日次の1箱が来てしまったthink
よって残り2箱。
今週末には私の情熱は復活しているだろうか?(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レッドクリフ part1

他にも書きたいネタはいろいろあるのだけど
まずは観てきたばかりの「レッドクリフ part1」の感想を。
※ネタバレなので、観てない人は読まない方がいいです。
※原作との比較も書いてるので、part2観る前に
 ストーリー知りたくない人も読まない方がいいです。

とりあえずOKなんじゃないでしょうか、って感じ。
点数をつけるとすると100点満点中75点くらい?
まぁ合格でしょう。
(何か上から目線で評価している私coldsweats01

減点の25点はどこか、というと
戦闘シーンが長過ぎる。
オープニングは、長坂橋の戦いだよね?
あそこのシーンがまず長過ぎ。

それに長坂橋の戦いをやるなら
張飛が大声で叫んだんで、曹操の馬が怖がったシーンや
張飛が調子に乗って橋を切り落とすシーンもやってくれないと!!!

八卦の陣の戦闘シーンも長い。
まぁ長くても飽きさせないところがさすがなんだけど、、、長いcoldsweats01

でも八卦の陣を映像で見たのは初めてだったから
「おぉ~これが八卦の陣かぁ~」っていう喜びはあったhappy01

余計なシーンも結構あった。
馬の出産シーン、あれは要るの?って思った。
周瑜と孔明の友好関係を描きたいなら
あの後の琴の連弾シーンで十分なのでは?

尤も私はやっぱり孔明の才能に嫉妬する周瑜、って図式が好きなので
友好関係は描かなくてもいいじゃん?って感じなんですが。
でもいずれは敵味方に分かれなくてはならない友好関係ってのも
ドラマチックで好きですよ。
この映画はきっとそういう図式で描くものと思われる。

あ、馬の出産シーンでもう1つ。
軍の調練しているところに馬の難産を知らせに来る部下も部下だけど
それで調練を放り出して駆けつける周瑜もどうよ、って思うんだけど。

次に虎狩りのシーン、あれはあってもいいと思うけど
でも長過ぎ。あのシーンは絶対もっと短くてもいい。

あと孔明と孫権の妹を何だか恋仲にしようという
演出が感じられるんだけど
私の気のせいでしょうか?
孫権の妹は後に劉備の奥さんになるので
まさか孔明との悲恋のドラマにしようとしているのではあるまいな、と
孔明ファンの私としては勘ぐっているのですが。。。
だいたい孔明にはこの頃既に奥さんがいるんですが。
(しかも孔明の奥さんはブスで名高いcoldsweats01
 才気あふれる人ではあったらしいですが。。。)

それ以外はまぁ満足の出来です。
まず金城武の孔明がイメージにピッタリheart04
私がしつこいほどブログに書いている
「いい男は白が似合う」ですが
レッドクリフの孔明は白装束なんです!
これがまぁ似合うのなんのってheart02
黒目がちの澄んだ双眸、秀でた額、、、まさに孔明ですわheart01
ホントは孔明ってもっとクールなイメージなんですけどね。。。
金城武は表情も豊かで、ちょっとお茶目な感じも入れて演じてるんだけど
まぁ許容範囲内です。

最初は孔明はトニー・レオン(周瑜を演じた人ね)がやるはずだったらしいんだけど
金城武の方が絶対!孔明のイメージだって!!!

トニー・レオンの周瑜もアリだなぁって感じだけど
この人基本的に武人よりは文人の顔だなぁって思うのよね。
そのせいか兜(っていうのか?中国でも)をかぶった顔が何となくヘン。。。
孔明が寸鉄も帯びない軍師なのに比べて
周瑜は武将と軍師兼任って感じだからねぇ。。。
兜も似合わないと。。。

関羽、張飛、趙雲はイメージにぴったり!
・・・でも張飛は書を書くなんて絶対やらないと思うんだけど。
張飛は粗野だけど憎めないキャラなんだから。

たぶんこの映画、2本にするには短いんだけど
1本にすると長過ぎるって尺だったんじゃないかな?
なのでpart1に長い戦闘シーンや余計なシーンが入ってしまったのかな、と。
観ながら
「余計な戦闘シーンとか入れるんだったら
 孔明が十万本の矢を取ってくるシーンを入れてよ!!!」と
地団駄を踏んでいた私ですが
これ、ちゃんとpart2に入るみたいですね、良かった。
十万本の矢は好きなエピソードなのだ。絶対入れてくれないと!

それにしてもpart1では劉備、関羽、張飛、趙雲みんな
江東に来ちゃってるけど
この後どういう展開にするつもりなのかしらん?
原作の赤壁は
江東に乗り込んでくるのは孔明一人で
舌先三寸で孫権の幕閣を丸めこみ
(そういえばこのシーンも印象薄い感じだった。
 もっと孔明が舌戦を繰り広げる感じにしてほしかった。)
赤壁の戦いの火ぶたが切って落とされるや
東南の風に乗って
趙雲の迎えの船で帰る、って筋書きなんだけど
全員江東に来ちゃってるから、、、はてさて?

で、part2ではどこまで描くのかなぁ?
この映画は周瑜が主役だから
周瑜のお葬式のシーンまでやってほしいなぁ。
私は孔明が周瑜の葬儀の席で
さめざめと泣くシーンがすごく好きなのだ。
本気で泣いてるのか?芝居なのか?分からないシーン。
あそこまでは描いてほしいなぁ。。。

ハトもちゃんと活躍していたhappy01
MI:2を観た時は
ハトが待機しているのを見て思わず笑ってしまったが
今回は何やら敵陣を偵察するのに使っているらしいし
(でもどうやって?)
ハト、大活躍です。
(孔明が羽扇でハトを乾かしているシーンが笑えたhappy01

part2も必ず観ます!
何かpart1は唐突に終わった感じだし。
赤壁の戦いのおいしいところは全部part2に集まってるみたいだし。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「ハゲタカ」映画化?!

ちょっと!!!
この記事は本物なの???
ガセじゃないのね???

NHKドラマ「ハゲタカ」、内外からの高い評価で映画化
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081115-OYT1T00138.htm

「ハゲタカ」映画化 NHKドラマでは超異例
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008111602000148.html

う、うれしいcrying

何回映画観に行くだろう。。。
ドラマは10回以上は観てるし。
・・・正直もう何回観たか分からないくらい観ているcoldsweats01
舞台挨拶も絶対行かなきゃlovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

焼きたてパン曜日:あずきロール

を焼きながら「東京国際女子マラソン」をTV観戦した
そぼ降る雨の日曜の午後。
・・・ホントは今日は「あずきロール」じゃなくて
「パインちぎりパン」を焼くつもりだったのだ。
だけど「パインちぎりパン」が大失敗weep
焼くまでに至らず、しょうがないので
来週焼くつもりだった「あずきロール」を
急きょ繰り上げることになったのだ。
「パインちぎりパン」大失敗で
正直マラソン観戦はすっかりおろそかになっていたthink

今日は午前中に走ってから
パン作り&TV観戦をしようとしていたのだけど
朝からあいにくの雨で。
なので少し早い11:30からパン作り開始。

ブログで焼きたてパン曜日の作成日記を書いている人は結構いて
何気にパインちぎりパンの作成日記をいくつか読んでみると
キットに入っているドライパインの量が少ない、というものがちらほら。
見てみると4切れ。うーん確かに少ないかも。
というわけで近所のスーパーにドライパインを買いに行くと
ドライパインは売ってなかったweep
ちょっと離れた大きいスーパーまで遠征しようかとも思ったが
面倒だったのでまぁいいか、と普通のカットパインを買って帰った。
そんなに違わないっしょ、と思ったわけだ。

粉とドライイーストを混ぜ、ぬるま湯を投入。
力いっぱい捏ねる、捏ねる。
タネのでき具合はすこぶるいい感じ。
ここでキットに付いていたドライパインを投入。
ここまでもいい感じ。
で、ここで買ってきた生のカットパインを刻んだのを投入。
・・・ここから悲劇が始まった。
カットパインを入れてタネを捏ねると
いい具合にまとまっていたタネが
どんどんドロドロと液状化してきたのだ!
あ、そうか、生パインだから水気が増えたわけだ。。。
と小麦粉を追加投入。
しかしちょっとやそっと追加投入してもタネが全然まとまらない!
生パインそんなに水分多かったのか?
大さじ5~6杯分くらい小麦粉を投入したけど
タネはあいかわらずドロっとしたままだ。

しょうがない。もうこのまま一次発酵させよう。
とボールに移そうとするも
この焼きたてパン曜日のキットは
ビニール袋に材料を入れて捏ねやすくするって作成工程になっていて
ドロっとしたタネがビニール袋にぺったり着いてて落ちてこない!
手で何とか落とそうとするも
タネが手にどっさりとまとわりつくだけで
どうにもボールに移せない。
・・・ここでパインちぎりパンを断念することに。
ううっ、パインちぎりパン食べたかった。残念crying

私はまだ手作りパン経験5回の初心者なのに
レシピ以外の応用をいきなり試そうとしたのが
そもそもの間違いだったのだ。
パインをたくさん味わいたい、などと欲を出したが為に
こんなことに。。。weep
思えばたとえパインの量が少なくても
焼きたてってことだけで十分おいしいのだ。
生パインを入れるまでのタネの状態だと
パン焼き成功間違いなしだったのに。。。

基礎も身についてないのに応用などできるわけがない。
この黄金律を改めて思い知った今日のパン焼きでしたsad

だけどまだ12:30。
来週焼くはずだったあずきロールのレシピを見てみると
自分で用意する材料は卵1個とバター20g。
これならウチにある。
というわけで
急きょあずきロールの制作スタート。

バターを加えて捏ねるところまでは順調。
ここに水にひたしてふやかし
水を切っておいたあずきを投入。
さっき失敗したパインちぎりパンのことが頭をよぎる。
このあずきも水を含んでるよなぁ。
あんまり捏ねるとタネにまた余分な水分が入って
タネがドロドロになったりしないだろうか?
レシピにも
あずきを入れてからあんまり捏ねると
あずきが細かくなり過ぎるから注意、って書いてあるし。

ということであずきが7割がた混ざったところで捏ね終了。
・・・やっぱりあずき入れる前より
タネが若干ゆるくなってる気がする。
が捏ねに使ったビニール袋からは剥がれる状態だったので
ボールに移し一次発酵。

40分後、フィンガーチェック。
うわ、指にタネがくっついてくる!
これじゃ穴の状態がどうかなんて分かったもんじゃない!
でも膨らみ方はちょうどいいし
これ以上だと発酵しすぎになるかも、と
次の工程に移ることに。

生地を切り分けて成型。
うーん、やっぱりべたつく感じ。
カッティングボード、手、めん棒に軽く打ち粉。
何とか成型する。
・・・大丈夫だろうか?
これも失敗したら私はもう立ち直れないぞ!!!
今や意識はすっかりパン作り一辺倒。
レースは渋井陽子が独走体勢なのは気づいてたけど
ほとんど意識の外だったdespair

二次発酵完了。
おぉ!いい感じになってるぞ!
うまくいくかも!
ここで前に失敗した塗り玉子。
塗り過ぎないように、さらっと、さらっと。
で180度に予熱したオーブンで15分。
タイマーをセットしたところで
尾崎好美が渋井陽子を抜いてトップに立った、と
アナウンサーが叫んでいた。
解説の増田明美、Qちゃんともに
今回は渋井陽子に優勝させてあげたいみたいだったけど
このレースに特に思い入れのある選手がいなかった私としては
「あらら、、、」と思ったに過ぎませんでしたcoldsweats01
というか今回はパン焼きに意識が向き過ぎてて。。。

焼き上がり。
おぉ!成功ではないか!
パンがちょっと膨らみ過ぎて3つくっついてしまったけどsweat01
Image006

いや、見た目は成功でも
前みたいに粉っぽいなんてことは、、、
柔らか~~~いheart04
大成功だ!
ふわっとした柔らかいパン生地にあずきがほんのりと甘い。
一次発酵後の時点では
どう考えても失敗だったんだけど
どこかの工程で何だかリカバったらしい。
(何がリカバリの原因だったのかは不明coldsweats01

ともあれおいしいあずきロールができて良かった!
しかしパインちぎりパンが悔やまれてならない。
いつか材料揃えるところから自分でやって是非再トライしたい。

焼きたてパン曜日は残りあと2箱。
ここんところ毎週順調に消化しているが
再来週にはまた新たに1箱来る。
このままきちんと消化し続けよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「大琳派展」「スリランカ展」@東京国立博物館

金曜日(11/14)、午後半休を取って
東京国立博物館で開催中の
大琳派展」「スリランカ展」を観てきました。
「大琳派展」は11月16日(日)までの開催。
もっと早くに行こうと思っていながら
ハッと気付けばもう会期終了間際。
期間最終の土日なんてめちゃくちゃ混むに決まってる。
と、金曜に何とか午後半休をとって
上野に向かったわけでした。

Image003_2

「大琳派展」の公式サイトで込み具合をチェックすると
うげ、平日といえども10:00~17:00くらいまで
超混雑してそうじゃん!
なのでもう1つの気になっていた展示「スリランカ展」を先に観て
17:00くらいに「大琳派展」を観ることに。
1つづつ観るより、2つ同日に観たほうが料金もお得だしね。
(両展示のセット券が2,000円。当日券を別々に買うより700円お得なのだ。)

14:30頃、東京国立博物館着。
「大琳派展」は当然?入場制限をしていて
入場するのに30分待ち!
ディズニーランドのアトラクションかよ!
ま、でも予想通りなので
計画通りまずは「スリランカ展」の方に。

「スリランカ展」は表慶館での開催。
ここが私好みの洋館でheart01
私はこういうちょっと和の要素が入った
明治風のハイカラな洋館が大好きなのだ。
ここはまぁ込み具合30%くらい、って感じかな?
そこそこ人は入っていたけれど
まぁ展示物を見づらいほどではない、って感じ。
金色に輝く仏像や
煌びやかな宝石をちりばめた装飾品が素敵heart04
今世間で注目のガネーシャの像や
昔歴史の教科書で見た踊るシヴァ神の像も。
スリランカも是非一度行ってみたい国だなぁ。
ショップで象模様の絵葉書と(冷蔵庫に貼るのだ)、
同じく象模様のチケット入れを購入。
かわいいのだheart02

15:45、「大琳派展」の待ち時間はまだ30分となっている。
ちょっと休憩しよう、と東洋館のカフェでお茶することに。
ふと気付くと「秋の庭園開放」なんて立て札が。
観たい!が16:00までだweep
しまった、もっと早く気づいていれば
先に庭園を観てから「スリランカ展」に行ったのに。
※金曜日なので「スリランカ展」「大琳派展」ともに20:00まで観覧可能。
庭園観たかったなぁ、、、と嘆きつつ
カフェでマンゴープリンと紅茶で休憩。

16:30、まだちょっと早かろうと本館地下のミュージアムショップへ。
楽しそうなものがいろいろ売っていたけど
今回は何も買わず。

で、17:15。
そろそろ行くか、と平成館に向かう。
入場待ち時間10分、となっている。
まだ入場制限してるのかdespair
でもまぁ30分が10分になったなら
私も時間調整した甲斐があったというもの。
おとなしく並ぶと列はするすると進み
思ったよりストレスなく入場できた。

・・・でも入場はできたけど中はえらい混雑だった。
コインロッカーが全然空いてないwobbly
上着とバッグを入れて身軽に見物したいのに。
しょうがないので持ったまま見て回ることに。

今回の展示の最大の見ものは
俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一の風神雷神図が
一堂に揃うことだ。
この展示会場自体が込み合ってたんだけど
特にこの4双の展示はすごい人だかり。

実はこの展示を観に来るまで
風神雷神図が4双もあるなんて知らなかったのだcoldsweats01
たまたまTVで尾形光琳の特集をやっていて、
彼が一時期スランプ?のような状態にあった時
弟の乾山から俵屋宗達のすごい絵が何とか寺(名前忘れた)にあると聞いて
観に行ったそうだ。
それが風神雷神図屏風で
それを観た光琳はそれこそ雷に打たれたようなショックを
受けたそうだ。
でその寺に通いつめ、狂ったように宗達の風神雷神図を
模写したそうだ。
現代のCG技術で宗達と光琳の風神・雷神を重ね合わせてみると
見事に一致する。
CGなんてものがなかった時代に
目による模写だけでそんなことが可能とは・・・

正確な模写ではあるけど
光琳なりの個性もちゃんと盛り込まれているようで。
まずは雷神の位置。
宗達の雷神は雷太鼓がフレーム外にはみ出る構図で
それが雷神のダイナミックな動きを表現している。
だけど光琳の雷神は風神とちょうど対象の位置に描かれている。
より安定した構図を光琳は好んだようだ。

あと実際展示会場で見て思ったのだけど
宗達の風神・雷神は目線が下界に向いているのに対し、
光琳の風神・雷神は競い合うように互いを見ているのだ。
一般的に宗達の風神雷神図の方が人気が高いようだが
私も宗達のものの方が好きかな?
宗達の方が線も細めで
よりシャープな感じがするのだ。

あと本阿弥光悦の楽茶碗が3つ並んでて
これも素敵だったなぁ。。。

と芸術の秋を堪能した金曜の夕べでございましたmaple

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

焼きたてパン曜日:オートミールフランス

を焼きながら、「東日本実業団駅伝」の録画を観戦した
しと降る雨の日曜の朝。
77.5kmだから4時間弱くらいのはずなんだけど
放映自体が録画なので90分のダイジェスト版。
パンを焼くにはちょっと足りない時間だけど
観終わった頃にちょうど始まった「東日本女子駅伝」観戦を残りのパン焼きタイムに。

先週同様、ちょうど捏ねに入った時間帯が第2区。
私のご贔屓の富士通・藤田選手登場heart04
8位でタスキをもらったのに
ジリジリと順位を上げ
3区中継地点には1位の日清食品とほんの1秒差の2位で
タスキリレー。
富士通は最終的には5位だったけど
藤田選手は区間賞を獲得heart01
・・・ってのは藤田選手のブログを見て
先週の時点で知ってたけどwink
しかし藤田選手の走りは力強くてカッコ良かったですheart02
実況の土井アナも言ってたけど
「王者復活」って感じheart04
私も東京マラソンは落選しちゃったけど
とりあえず1月の新宿シティハーフ目指してがんばろう、と思った。

さてパンの方ですが、今回はこんな感じ。
オートミールを練り込んだフランスパンです。
Image002

捏ねが終わった時点で
何となくいつもよりベタついている感じがしたので
レシピに書いてある通り、小麦粉を少しだけ追加投入。
そしたらちょうどいい感じのタネになりました。

一次発酵には今回はオーブンを使用。
レシピには一次発酵は26度くらいで、と書いてあるんだけど
ウチのオーブンは発酵機能の温度が30度と40度にしか
設定できなくて。
26度の指定なのに30度は高過ぎでしょう、と思ったのだけど
先週のように低温による発酵不足で粉っぽくなってしまうといけないので
オーブンを使うことに。
でも温度がやや高めなので時間は60分指定のところを40分に。
そしたらちょうどいい感じに膨らみました。

焼き加減も今回はフランスパンなので
塗り玉子もなく
塗り過ぎで焼き具合を見誤ることもなく、成功shineと言えるでしょう。

焼きたてのフランスパンって初めて食べたんだけど
表面がパリっとしてるのに
中はすごくもっちりしてて弾力があるの!
ホカホカでおいしいnotes
今回はフランスパンってことで食事っぽくしようかな、と
バジルペースト、生ハム、クリームチーズを用意。
1個目のパンはそのまま食べたけど
2個目以降はこれらを付けて食べました。
すんごくおいしい~~~shine
どうせならワインも、と思ったけど
午後から走るつもりだったので
コーヒーで我慢。
(結局雨が上がらなくて走れなかった。
 だったらワインとともに食べればよかった。。。)

焼きたてパン曜日の残りはあと4箱。
来週末もがんばって1箱消化しようrock
年末の大掃除時に邪魔にならないように
それまでには在庫一掃を目指す!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

花形歌舞伎「伽羅先代萩」

とってもお久しぶりに歌舞伎見物。
新橋演舞場で上演されている花形歌舞伎の夜の部
伽羅先代萩」を観に。
菊之助クンが何やら歌舞伎作品中女形の最難関とか言われている
「伽羅先代萩」の政岡役に挑戦する、というのをニュースで見て
おお、それなら行かねば!と色めきたったわけであるhappy01

せっかくだから着物で行こうかしらん?などと思ったものの
昨日はあいにくの空模様で
今にも降りそうな感じだったから
洋服で。
でも気張って新品の靴で行ったのが失敗だった。
足が痛くて。。。weep
帰り道が大変だった。

伊達家のお家騒動の話で
菊之助クン演じる政岡は若君の乳母で
若君と同い年くらいの自分の息子、千松も
若君のおそば仕えをしているわけよ。
お家騒動の渦中だからいろいろと陰謀が渦巻いてるわけで
若君をかばって毒入りのお菓子を食べて息絶えちゃった千松。
(プラスαがあるんだけど説明は省略sweat01
事件の最中ではあくまでも若君を守ることに注力し
息子の死に動じない忠義心をみせる政岡なんだけど
誰もいなくなったところで千松の亡骸を掻き抱いて
よくぞ若君の身代りになった、と号泣する。
菊之助クン迫真の演技で涙がこぼれましたわ。。。weep

とはいうものの。
乳母なんで見た目が地味なんですsweat02
菊之助クンにはやっぱり華やかな
美丈夫や姫君を演じてほしいなぁ・・・heart04
まぁ役者としての幅を広げていく為には
似たような役ばっかりやってちゃダメなんだけどさ。
ファンの心理はフクザツですthink

海老蔵が素敵だった。
私は彼の演技を初めて観たんだけど
今回は役もおいしかったのか
悪の魅力あふれる役をかっこよく演じていた。
「伽羅先代萩」の前半は菊之助クン演じる政岡が中心なんだけど
後半はお家騒動の陰謀を企てる仁木弾正が中心。
これを海老蔵が演じてるんだけど
いかにも「おぬしも悪よのぅ」って感じの風貌で。
悪事の証拠の連判状巻物を口にくわえて
花道のせり舞台で上がって来るのが登場シーンなんだけど
これが何ともいえず妖しい魅力にあふれてて。
この人、女とのうわさが絶えないのがわかるなぁ、、、などと思ってしまったcoldsweats01

映画「レッドクリフ」の上映で注目を浴びてる三国志だけど
もし歌舞伎で三国志をやるなら
曹操は是非海老蔵に演じてほしい、と思った。
菊之助クンはもちろん孔明heart02
絶対私のイメージ通りの孔明を演じてくれるに違いない。
金城君の孔明も気になるから早く観に行かなくっちゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

東京マラソン2009落選

金曜日(11/7)に事務局からメールが着てて
東京マラソン2009、落選しました。残念ですweep
ボランティアも既に11/7に締め切られているし、
また駅伝仲間と一緒に応援に行くか。。。
当選した皆さん、がんばって下さいねgood

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

焼きたてパン曜日:チョコブリオッシュ

を作りながら、第40回全日本大学駅伝をTV観戦した3連休中日。
フルマラソンってトップアスリートは2時間強で走るから
パンを作りながら観戦するのにちょうどよい時間なのだ。
今回のは106.8kmを走る駅伝だから
5時間ほどあったけど
まぁ焼きたてのパンbreadを香り高いコーヒーcafeで味わいながら
じっくり観戦する時間も入れれば、ちょうど良いと言えるでしょうwink

何度もブログに書いてますが
私は早大の竹澤クンのファンでheart04
今回は竹澤クンが走る第2区がちょうどパンの捏ねタイムだったので
「竹澤クン、がんばれ!!!」と
捏ねにも力が入るちょうどよいタイミングとなりました。

しかし竹澤クン、疲労骨折なのに強行出場なんてcoldsweats02
大丈夫だったのかしらん?
2ヶ月後に箱根を控えてるからあんまり無理しない方がいいんじゃ。。。
でもゴールの伊勢神宮で
アンカーを待つ竹澤クンがTVに映ってましたが
カメラに向かってニコニコ笑いながらピースとかしてたんで
大丈夫なんでしょう。

走っている間は顔が非常に辛そうな感じでしたが
ラスト、駒大の宇賀地クンを抜き去ってのタスキリレーはお見事shine
「力を溜めてたんでしょうか?」との実況アナウンサーの問いに
「いや、意地でしょう」と答えた瀬古さんが笑えました。

さてパンの方は、というと。
Image001

前回の風車クロワッサンと違い
見た目は成功happy01
しかし食べてみて、、、、、ん?
・・・焼きたてだから、おいしいことはおいしい。
だけど何だか、ちょっとだけ粉っぽくないか?
ホントにわずかなんだけど、ちょっと粉っぽい感じがするthink
原因は何だろう?

そういえば一次発酵で今までの他のパンより
あんまり膨らんでなかった気がする。
ブリオッシュは粉に糖分が多いので膨らみにくいそうですが
今回は耐糖性のイースト菌を使っています、と
レシピには書いてあったけど。。。
フィンガーチェックしてOKだったから
そのまま進んだが、もうちょっと一次発酵に
時間をかけるべきだったのかも?
 ※フィンガーチェックとは
  パンの種に指をつっこんで、くぼみが戻らなければOK。
  くぼみが戻ってくるようだと、まだ発酵が足りないということ。

だんだん寒くなってきたから
一次発酵の温度もちょっと低かったかな・・・?

焼きも少し足りなかったのかも?
焼き時間12~15分と書いてあったので
タイマーを14分でセットしたんだけど
玉子をたっぷり塗り過ぎたせいか
焼き色がすごくついてる感じがして
12分でオーブンから出してしまったのだ。
もうちょっとしっかり焼くべきだったのかな?

でもこういう試行錯誤は好きだconfident
次回は一次発酵の温度と玉子の塗り過ぎに注意しよう。

月イチで届く焼きたてパン曜日
まだあと5箱溜まってるから
来週も可能ならトライするか・・・think

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »