« 焼きたてパン曜日:トマト白パン | トップページ | 焼きたてパン曜日:もちきびベーグル »

何ちゃって箱根駅伝2008完走記+アルファ

昨年、会社関係の人たちと
箱根駅伝の往路をタスキをつないで走ろう、という企画がありまして。
※その時の模様はこちら

あまりに楽しいイベントだったので
毎年やろう、ということで今年も11月22日(土)に実行することに。
昨年と同じ3連休の初日。
去年は途中、大渋滞で走者をピストン輸送する車が全く動かなくなってしまったけど
今年もまた同じ目にあうのでは???

でもその教訓を生かしてか
今年はバイクを2台チャーター。
去年は1台で先導するはずが
途中、渋滞に巻き込まれた車に代わり
バイクがピストン輸送。
今年は1台がピストン輸送、もう1台が先導という役割か?

私には問題が1つ。
この日はアミノバリューランニングクラブの練習日と重なっていたのだ。
練習は13:00から東京工芸大学で。
小田急の本厚木駅からバスでウダウダと30分ほど行ったところだ。
この日の練習メニューは30km走。
アミノの練習も出たいが、箱根も走りたい。
ということで両方とも参加することに。
午後からアミノの練習会なので
午前の割と早い時間帯に5km程走らせてもらうことに。

メールで送られてきた区間割を見ると
私の今年の出走区間は
戸塚中継所からガスト鵠沼店まで。
箱根駅伝でいうところの3区の最初の部分1/3くらいだ。
次の走者にタスキを渡す予定時間が9:30。
何とか午後にはアミノの練習会に間に合うだろう。

当日。
4:30起床。眠いsleepy
この季節、この時間はまだ真っ暗だ。
とりあえずストレッチをして目をしっかり覚ます。

箱根を走るランニング服に着替える。
気温がイマイチ読み切れないので
薄手の長袖TシャツにNikeのランニングタイツ。
NikeのはCW-Xのタイツほどピチピチじゃないから
ランスカなしで走るのは全然OKなんだけど
さすがにこのまま電車に乗るのは恥ずかしい。
で、ランニングタイツの上からトレパンをはく。
上は長袖Tシャツの上に長袖のジャージ。更にその上からウィンドブレーカー。
後は戸塚中継所に着いてから調整、ということで。

アミノの練習で着るランニングウェアと、箱根を走り終えてから着る服を詰めた
バッグを持っていざ出発。

7:20、JR保土ヶ谷駅。
ここに私の前の2区の最後の部分を走るS藤さん、
私の後を走るF君が集合することになっている。
私は保土ヶ谷駅で降りるのは初めてで。
東口と西口とあるけど、どっちだ???
取りまとめ役のK藤さんに電話すると
「東口。にぎやかじゃない方」と言う。
にぎやかじゃない方って。。。sweat02

東口のバスターミナルに行くとS藤さんが既に来ていた。
バイク隊その2のS木さんも。
今はバイク隊その1のI田さんが先導しているらしい。
S木さんはビデオ係として先回りしてきた、とのこと。
先導したり、(後できっと)走者ピストン輸送したり、ビデオ係やったり。
バイク隊、大活躍ですshine

取りまとめ役のK藤さん、レンタルしたワゴン車で到着。
進行状態は若干遅れ気味、という。
4:30読売新聞社前、スタートが遅れたからだという。
・・・真っ暗で読売新聞社が分かりにくかったからだそうだ。
まぁ4:30だからねぇ。。。night

第1走者は昨年は108km、全行程を伴走しきった鉄人・M氏。
今回は第1区22kmを一人で走る。
M氏にとっては22kmなんて大した距離ではない。
今は第2区の前半を走るOさんにタスキが渡っているとのことだけど
鉄人M氏は伴走して走り続けているそうだ。さすがだ!

8:00。M氏とOさん、
I田さんの先導バイクとともに保土ヶ谷駅東口バスターミナル到着。
タスキはS藤さんに。
S藤さんは11km走って、戸塚中継所で私にタスキを渡す予定。

走り始めたS藤さんを見送り、
M氏、Oさん、F君、私はワゴン車に乗り込み、一路戸塚中継所へ。

車は戸塚中継所に到着。
車から降りると寒い!寒いじゃないか!!
下のトレパンはとりあえず脱ぐとして
上は長そでジャージは脱ぐが、ウィンドブレーカーは着たまま走ろう、と判断。
手袋も着用。
ストレッチしながらS藤さんの到着を待つ。

そうこうするうちに
横の道路がだんだん混み始めているのに気づく。
・・・3連休初日だからねぇ。
そろそろピストン輸送のことを考えるべきか?
私の次に走るF君、バイクでの輸送もできるけど
「takecoさんが走るところ5kmだし、ついでに走っちゃったら?」と
回りに乗せられ
私の走る区間も一緒に走ることになった。
・・・実は私が走る区間は5kmではなくて
Google Mapで測ったら7.5kmあったんだけど。
でもF君は普段から長い距離走ってるみたいだし、
私も一人で走ると道間違えないかとちょっと心配だったりで
伴走者がいるのはありがたい。

9:00。S藤さん、戸塚中継所に到着。
タスキを受け取ってにっこり笑って記念撮影。
この辺が本物の箱根駅伝と違って緊張感全くなし。
タスキをななめ掛けし、いよいよスタート!である。
6分/kmで走るから
7.5km先のガスト鵠沼店到着予想時刻は9:45だ。

最初はゆるやかな登り坂が続く。
休日の朝だ。歩道に人は少なく走りやすい。
見上げると空は雲ひとつない快晴。
冬の入り口特有の澄んだ高い空だ。
一緒に走っているF君が
「あ!富士山見えますよ!」と
右前方を指さす。
ホントだ!富士山がすごくきれいに見える!
絶好のランニングコース、絶好のランニング日和ではないか。

2~3km走ったあたりからだろうか?
車道からやや高めのところに住宅が軒を連ねる通りに入る。
車道は平地なんだけど
歩道は住宅の前に付くようにやや高めの位置を通っている。
各家々の玄関のところは道がくぼんでいて、
家々の境目は道が出っ張っている。
つまり歩道はデコボコを下って登って下って登ってを
小刻みに繰り返す非常に走りづらいコースになっていた。
本番のレースは交通規制してて
選手は車道を走るから苦にならないだろうけど、
一般ピープルの私たちはデコボコ歩道という
意外な難所を走ることになった。

おまけに日が高くなってきて暑い。
とりあえず手袋は外してウィンドブレーカーのポケットへ。
次の信号で止まったらウィンドブレーカーも脱ごう、と
思っていたのに
こういう時に限って信号待ちがなく、実にスムーズに進んでしまった。
結局ウィンドブレーカーは着たまま次の中継地点まで行くことに。

だんだん賑やかな通りに入ってきた。
そろそろ藤沢駅が近いらしい。
藤沢駅を通り過ぎればすぐにガスト鵠沼店だ。

「あ、ガストの看板!」と
F君とともに指さす。
ガストは私たちの進行方向右側にあるんだけど
私たちは左側を走っている。
向こう側に渡れる信号はないのか?と
キョロキョロしてると
ガストのところにatsukoさんがいるのを発見!
前日から「行けそうだったら応援に行くよ」と
言ってくれていたのだ!
atsukoさん、ありがとう!とブンブンと手を振る。
バイク隊その2のS木さんも着いてて
私たちの到着をビデオ撮影。
一緒に走ってきたF君にタスキを渡すのも変な感じなんだけど
次の走者はF君なのでここでタスキを渡す。
F君はここから更に9km先の茅ヶ崎漁港前まで走ることになる。
ガスト到着は9:45。Just in Timeだ。

atsukoさんとしばし立ち話。
atsukoさんはこれから海方面に行って写真とか撮りたいとのことで
ここでお別れ。
私はガストの中で食事中の
バイク隊1、2のお二人と合流。
車は早速渋滞に巻き込まれてちょっと遅れている。
私の荷物は車に乗っかっているので
車がこないことには着替えもできない。
(財布も車の中なので、ジュースとか頼んじゃったけど
 このままでは無銭飲食だ!
 携帯はあるからEdyなら払えるんだけどねぇ。。。
 でもバイク隊の2人がいるから正確には無銭飲食にはならないが。。。)

F君がすでに次の地点に向かっているので
バイク隊1のI田さんはF君を追っかけて先導役に復帰することに。
車を待たずに先に出発した。
バイク隊2のS木さんは私とともに車を待つことに。
車が着いたらM氏を乗っけて茅ヶ崎漁港前まで運ぶ。
本当はF君の次はH原さんが走ることになってたんだけど
残念ながら急きょ仕事で走れず、鉄人M氏が代走することになったのだ。
だけどH原さん、楽しみにしていたので
諦めきれなかったらしく、
4:30に読売新聞社前に現れ、
M氏と一緒に品川まで走ったそうだ。
・・・ちなみにH原さんはこの日徹夜で
走った後またすぐに職場に戻ったそうだ。。。熱いゼ!
(でも徹夜後に走るなんて、良い子はマネしないように!)

10:15。やっと車到着。
S木さんはM氏を乗せて茅ヶ崎漁港前へ。
私は荷物を受け取り、後は歩いて藤沢駅に向かいます、と
みなさんとお別れ。
ホントはこのままみなさんと箱根まで向かい
温泉に入って、打ち上げに参加したいけどねぇ。。。

ガストのトイレで着替え。
シャワーが浴びられないのは残念だけど
着替えると大分さっぱりする。

藤沢駅で軽く食事。
あんまり時間がないからベッカーズで適当に。
11:00。小田急で相模大野経由、本厚木に向かう。
電車の中でしばし爆睡。

12:30。東京工芸大学、着。
体育館の更衣室で着替える。

13:00。アミノバリューランニングクラブ、練習開始。
各クラスに分かれて、今日は30kmを走る。
私は7分/kmで走るクラスに参加。
全員揃ってストレッチした後、
アミノバリューを飲んでから出発。

午前中に引き続きいい天気だったから油断した。
長袖TシャツとCW-Xのタイツ&ランスカという服装で走ってたんだけど
日が傾くにつれてどんどん寒くなってきた。
走ってるから体はまだ温かいんだけど
手が冷たくてかなわない!
しまった、午前中に走ったときの
ウィンドブレーカーと手袋があるんだから
この状況を見越して持ってくるんだった!
17:00近くなって辺りはすっかり真っ暗になって
もう手の感覚がなくなるほど寒くなった頃、やっと練習完了!
30km、完走しました。みんなで拍手。
やりとげた充実感はあるが、、、とにかく寒い!!!の一言。

因みにこの日1日の歩数は54312歩だった。
(走ってる間も万歩計は持っていた。)
この日の走行距離、37.5km。
フルマラソンに近いじゃん!
レースの日でもないのに。

と疲れ切ってはいたが
心はなかなかすっきり爽やかな秋の1日でした。

|

« 焼きたてパン曜日:トマト白パン | トップページ | 焼きたてパン曜日:もちきびベーグル »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/43237899

この記事へのトラックバック一覧です: 何ちゃって箱根駅伝2008完走記+アルファ:

« 焼きたてパン曜日:トマト白パン | トップページ | 焼きたてパン曜日:もちきびベーグル »