« ゴールドコーストへ | トップページ | ゴールドコースト旅日記:レース2日前 »

ゴールドコースト旅日記:出発

今回の旅は夜日本を発って、朝オーストラリアに着く。
夜の出発って楽でいいよね。
こっち(川崎)に引っ越してきてからの私は
遠い成田までスーツケースをゴロゴロ引き摺っていくのが嫌で
宅急便で先出ししている。
なので朝フツーに起きてから
機内持ち込みの荷物だけちゃちゃっとまとめて
15:00頃家を出た。

今回利用の飛行機はカンタス航空。
なので出発は第2ターミナル。
旅行会社から指定の集合時間は18:00。
17:30には空港に着き、
スーツケースを受け取ってからチェックイン。
カンタスはJALと提携してるから
JALにマイレージが付けられると思っていたら
「今回お客様がご利用の航空券は
 JALのマイレージ適用外でございます。。。」
とすまなそうな顔で言われた。
「えー?!そうなの?」
とこちらも負けずに残念感を満面で表現する。
が、私のそんなパフォーマンスが効果を発揮するわけもなく
ダメなものはダメだった。
残念。
久しぶりにJALのマイルを増やすチャンスだと思ったのに。

18:15、今回のツアー客が集合し
添乗員さんからざっくりと説明。
と言っても特に新しい説明はなし。
シドニー経由ブリスベン行きなので
一旦シドニーで集合となる。

とりあえずフラッと第2ターミナルを見て回る。
が特におもしろいな、と思う店もなし。
さっさと出国審査を終えて
免税店を見て回ることにする。

さて私のブログを読んで下さっている人にはお馴染みなのですが
(ってそんなに多く読者がいるわけでももちろんないが。)
私は海外旅行の自分へのお土産に
香水を1つ買うことにしている。
いつもは旅先を発つ前の免税店で買うのがお約束なのだが
今回は出発の免税店で
一目惚れならぬ一嗅ぎ惚れ(?)してしまった
香水があった。
クリスチャン・ディオールの"Escale a Portofino"だ。
Escale

柑橘系のさわやかな、
いかにも「夏!!!」って感じの香り。
よほどもうここで買ってしまおうか、と思った。
でも待て待て、まだ帰るまでにもっといい香水に出会えるかも。
・・・結論を先に言うと
結局帰りにブリスベンの免税店で
この香水買いました。
成田で買った方が1,000円ほど安かった。がっかり。
でもホント夏らしい素敵な香りです。

飛行機が発つのが20:30。
機内で夕食が出るみたいだけど
出るのはきっと21:30くらいだろう。
お腹が空きそうだから軽く食べておこう、と
カフェラテとマフィンを食す。

外はいつの間にか陽が落ちていた。
そういえば私の初めての海外旅行も夜出発だったなぁ、と
夜の成田の滑走路に点々と青白く輝く灯りを見る度思い出す。

19:55、搭乗が始まり
20:30、カンタス航空022便はシドニーに向けて出発したのであった。

チェックインがバラバラだったので
隣の席が同じツアーの客とは限らない。
今回の機の席配列は
2・4・2で
私の席は窓寄り2列の通路側だった。
手荷物を上部収納に入れ、
席に着いて機内プログラムなど眺めていると
「どうもすみません。すっかり遅くなりまして。。。」と
私に向って話しかけるおじさんが通路に立っている。
どうやら私の席の隣のお客のようだった。

こう言ってはナンだが
一目で
「あ、私の嫌いなタイプ」
と思ってしまった。
年齢は定年前後くらい。
スーツを着ている。仕事の旅なのか?
このおじさんは別に出発時間ぎりぎりに乗り込んできたわけではない。
たまたま私の方が先に座っていただけなのに
ものすごく申し訳なさそうに
「すっかり遅くなりまして。。。」などと言うあたり。
困ったような笑い顔がデフォルトになっている感じ。
・・・私は威張りちらす態度がデカい人間も嫌いだが
必要以上にへりくだる人間も大嫌いなのだ。
シドニー到着までの9時間50分、このおっさんが隣か。
何となくうんざりした。

実はこのうんざりは見事に的中した。
あれこれとうるさく話し掛けてくるタイプではなかったので
まだマシだったが
機中で寝る前に私に向って「おやすみなさい♪(笑顔付き)」、
朝起きた私を見て「おはようございます♪(笑顔付き)」。
・・・正直言って総毛立つような気色悪さを感じた。
まるでこのおっさんと一夜を共にし、朝を迎えたみたいではないか!!!
キモい!キモい!!キモ過ぎる!!!
「おやすみなさい♪」と言われた時点でキモさMAXで
実は機内でよく眠れなかったのだ!

このおっさんの謎は更に続く。
おっさんはノートPCを機内に持ち込んでいて
電子機器使用OKのアナウンスがあると
おもむろにノートPCを開いた。
・・・ふーん、スーツ着てるしノートPC持ち込んでるし
やっぱこのおっさん仕事なのかな。
などと思っていたが
キーを打つ手のあまりのたどたどしさに逆にびっくりした。
いや、別にキーを打つのが遅い人をバカにしているわけではないので
誤解しないでほしい。
飛行機にノートPC持ち込むくらいなんだから
よほどPCが手放せない人なんだろうと思ったので
このキーを打つ手つきのおぼつかなさに
違和感を感じただけだ。
・・・まぁ、世の中にはいろんな人がいるということで。。。

まだおっさんの奇行(?)は続く。
おっさんはハンディカメラを持ち込んでいた。
機内食が出るとカメラを回しながら
「夕ご飯でーす♪」
飛行機の窓から朝日が見えると
「朝になりました~♪」
・・・えーっとこのセリフの長音や♪は決して誇張ではありません。
動画にセリフをつけたい気持ちはよく分かる。否定はしない。
だけどこのおっさん、しゃべりが何だかイチイチ乙女チックなのだ!
やっぱりキモい!キモ過ぎる!

というわけで結局飛行機の中では
トータル2時間くらいしか眠れなかった。
いつでもどこでもしっかり眠れる私としては
非常に悲劇的な旅の始まりとなったのであった。

現地時間7:50(日本より1時間プラス)、シドニー着。
ここで入国し、ブリスベン行きの飛行機に乗り換える。
この飛行機の搭乗の際に眉切りバサミを没収されてしまった!
今まで機内持ち込みで1度も取られたことなかったのに!
先に書いた通り、私はスーツケースを先に空港に送ってしまうので
直前まで家で使う眉切りバサミは当日家から持ち出すことになる。
空港でスーツケースに移し替えればいいのだけど
大抵忘れてしまって
機内持ち込みのバッグに入れたまま飛行機に乗ってしまっていた。
でも今まで一度も引っかかったことなかったのだ。
昨年テロに敏感なNYに行った時でさえも、だ。

ちょっとメタボ気味の空港係員のおっさんが怖そうな顔で
「お前、ハサミ持ってるだろう?」
と言う。
「眉切りバサミなら持ってるけど」
しょうがないのでバッグから出す。
この眉切りバサミ、眉が整えやすくて気に入ってたのになぁ。

シドニー到着時に既に空はどんより曇っていたのだけど
ブリスベン行きの飛行機搭乗を待ってる間に
大粒の雨がザーザー降ってきた。
・・・何だか最近雨に降られることが多いなぁ。
ってことは私が雨女なのか???
オーストラリアの7月は乾期にあたるので
雨はほとんど降らない、とガイドブックに書いてあったが
到着早々雨とは。。。

因みに今回の旅のお供に持ってきた小説は
伊坂幸太郎の「死神の精度」。
主人公の死神が仕事をする時は
いつも雨が降るらしい。
・・・小説の中でまで雨に降られるとは、全く。

約1時間半ほどでブリスベンに到着。
雨は上がっていた。

キモいおっさんに、眉切りバサミ没収、雨と
何だか何だか、な旅の始まりなのであった。

|

« ゴールドコーストへ | トップページ | ゴールドコースト旅日記:レース2日前 »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、

なんか古いネタへのコメントですみません。

この escale a Portofino、本当に「限定」だったのね。
とてもフレッシュな感じが大好きで、今年も夏には出るのであろうと、楽しみにしていたんですが、残念ですweep

投稿: たまちゃん | 2009/08/11 14:47

>たまちゃん

もちろん昔のエントリーへのコメントも大歓迎よんwink

このトワレ、限定だったのかなー?
限定にするにはあまりに惜しい名香だと思うんだけど。
「夏~!」って感じの香りだよね~
今回のフィリピン往路復路の免税店にはなかったのね。

私のは去年のがまだ半分残ってるから
今年も愛用してるけど
これは気に入ってるから
来月ベルリン行きの免税店で買おうと思ってたんだけど
ホントにないのかしらね~weep

投稿: takeco | 2009/08/12 22:48

takecoさま、

こんばんは、あったのよ、これがheart04

なんとドバイの空港に、それも100ccのでかいボトルで。
さっすが香水、トワレなどなど、香りを多用するお国、その関係諸国の方々が多く通過する空港でありました。

でも今回は、なんとなく「香りもの購入モード」に全くならず、
往路も復路でも買わず。。。。。。。ま、11月末日にもあるだろうと、甘い考えチュwink

投稿: たまちゃん | 2009/09/14 21:16

>たまちゃん

無事に帰ってきたのねwink

私も今回は香水買わないかもなー
さすがにちょっと溜まってきちゃって
どれか一瓶使い切らないと
新しいのが置けません!

それにしても
ドドドドドド、ドバイですって!
ハゲタカファンの私の前で
ドバイという文字は禁句ですng

なんてのは冗談なんだけどbleah
今回はドバイ経由だったのね。
いいなぁ~
って映画「ハゲタカ」に確かにドバイは出てきて
ロケ地埼玉だったってことは知ってるんだけど
ドバイという国に激しく反応する私coldsweats01
ドバイマラソンっていいかも、とか
考えたりしてsmile

投稿: takeco | 2009/09/14 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/41836328

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドコースト旅日記:出発:

« ゴールドコーストへ | トップページ | ゴールドコースト旅日記:レース2日前 »