« ドーナッツ再び | トップページ | 魔法の靴 »

三井記念美術館でセレブな気分に浸る

昨日は午後半休しました。
"オーダーメイド♪"の靴&インソールを受け取りに行こうと思って。
(靴の感想はまた明日にでも。)
時間に余裕があった為
初めて三井記念美術館に行ってみました。
竹PYONちゃんのブログに
三井家の茶箱と茶籠」展に行ったことが書いてあり
自称:茶人のtakecoとしては
「これは行ってみねばなるまいrock
と思ったわけです。

和服で行くと
入場料800円が500円になる、と書いてあるので
「をを!」と思ったのですが
午前中は会社なので
まさか着物で行くわけにもいくまい、と。
それに平日に和服で行く人なんてそんなにいないよね・・・
などと思っていたら
それはとんでもない認識違いで。。。

ほとんど和服の人ばっかりやん!!!wobbly
何?ここってそーゆー美術館だったのか!

和服の人9割。
残りの1割も割とちゃんとしたお洋服。
・・・私はといえば
昨日の朝はご存じの通りの暴風雨だったので
ズブ濡れになってもいいように
ジーンズ&スニーカー・・・coldsweats01
因みに私以外のそういう服装の人は
いかにも美大生って感じの若者クン1名だけでした。

そういえば学生の頃アメリカでホームステイした時に
ホストマザーに言われたことがある。
ある日美術館に行くことになって
やはりいつも通りのジーンズで行こうと思っていたところ
朝食後に
「今日は美術館に行くからスカートを履いてね」と。
昨日の着物集団の中で居心地の悪い思いをする中
そんな記憶が頭をよぎったのであった・・・
他の美術館はともかく
また三井記念美術館に行く時は
着物かちゃんとした洋服で行くことにしよう。think

という話を会社のランチ友達のM山さんにしたら
現在もお茶のお稽古を継続中の彼女が言うには
昨日は何やらお茶の研究会のようなものがあったんだそうで
お茶の先生クラスの人たちが
その展示会にどっと流れたのではないか?とのことでした。
なんだ、そうだったのか。そうだったのかも。coldsweats01

で、展示の方はというと
さすが三井家のお茶道具だけあって
絢爛豪華shine
蒔絵や銀などのきらびやかなお道具の数々・・・
ため息が出ました。
今更ながら三井家って
とんでもない大金持ちだったんだな・・・と思いました。

名古屋にいた頃
犬山にある国宝の茶室「如庵」の新年のお茶会に
行ったことがあるのですが
そのレプリカが展示されていました。
如庵も元は三井家のお庭にあったんだそうで。
まったくどんだけ金持ちなんだ・・・

となかなかセレブな気分に浸った午後でした。

|

« ドーナッツ再び | トップページ | 魔法の靴 »

美術・芸術」カテゴリの記事

コメント

「おおっ、オーダーメードシューズ?!」と、靴で悩む私は目が釘付けになってしまった。あ、ランナー用なのね。でも、足ってすごい大事なんだよね。ほんと、靴ひとつで体への影響がものすごいよね。
三井記念美術館、すごいんだね~。いやいや、しらなかった。お恥ずかしい・・・coldsweats01(昔、そこから近いところで働いていたと言うのに)ほんと、見てるだけで、一瞬ながら、優雅な気分になれるよね。
それにしても、それだけの財力を、もっと国に還元しようよ、なんて思っちゃうのは私だけ?

投稿: モンブラン | 2008/05/25 12:59

>モンブランちゃん
あの辺で働いていたんだー
日銀の近くのせいかbank多いよね。
私は毎週ぴあを買っているんだけど
美術館情報のところに
三井記念美術館って載ってないんだよね。
あんまり大々的に公開してないのかな?
私も竹PYONちゃんのブログ読まなかったら
存在を知らなかったもんね。
でも旧財閥系のお家は
こういう私的な美術館って持ってるんだろうね、きっと。

投稿: takeco | 2008/05/26 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/41280196

この記事へのトラックバック一覧です: 三井記念美術館でセレブな気分に浸る:

« ドーナッツ再び | トップページ | 魔法の靴 »