« なんちゃって箱根駅伝完走記 | トップページ | 2007NYCマラソン完走記(その2) »

2007NYCマラソン完走記(その1)

さて1ヶ月も経ってしまいましたが、、、
やっと書きますよ。2007NYCマラソン完走記。

初めてのフルマラソンはやっぱりホノルルかなぁ、と思ってて
去年そのホノルル完走を果たし
正直2回目もホノルルでもいいかなぁ、なんて思っていたんですが。
でもねー何かニューヨークに呼ばれてる感じがしたんだよ(笑)。
いや、ホントに。
何だか分からないけどニューヨークって
特別な感じがあるんだよね。
前世、もしかしたらニューヨークに住んでたのかもしれん(笑)。
あー昔、前世占いとかいうのをやってもらったことがあって
私の前世は100年くらい前のアメリカ人男性(!)で
レスキュー隊員だったそうな。
・・・いや前世の話がテーマではないんだよ、今日は。

1週間休みをとろうと思うと
どうしてこうも仕事が立て込んでくるのかねー
出発前日の10/31、22時くらいまで残業してたな。
去年のホノルル前日もそうだったけど。
スーツケースはもう10/28に発送しちゃってたんで
後は機内持ち込みの手荷物だけささっとまとめればいいだけなんだけど。
朝9時に成田集合だから
6時半くらいには家出た方がいいだろうし
それだと出来るだけ早く寝たいし。
でも結局疲れてたんで家に帰るとお風呂だけ入って
さっさと寝てしまい、
朝4時に起きて荷造りと身支度。
で6時半に家を出たのであった。

9時ちょい前に成田第1ターミナルに着き、
先に送ってあったスーツケースを受け取り
9時にマラソンツアーデスクへ。
航空券などをもらい
後はJFK空港で集合するまで適当によろしくやって下さい、とのこと。

あ、言い忘れてましたが
今回のニューヨーク行きは初めての海外一人旅だったりします。
前回のホノルルはジョギングクラブのメンバと
6人での参加でした。
NYCマラソン行くに当たり回りに声を掛けてみたのですが
誰もニューヨーク走りたい、って言わなかったんだよねー。
ニューヨークに呼ばれてる(?)感じがしていた私としては
「別に一人でもいっか。
 一人と言っても一応ツアーだし。
 英語圏だから言葉も何とかなるし。
 マラソンに出る人ばっかりだから
 同じツアーの人とも共通の話題があるし」
てなわけで、ニューヨーク行きを決行することにしたわけです。

全日空NH010便は11:00発だからまだ大分時間がある。
とりあえず日本円を換金して
朝ごはんがまだなので目に付いたマクドナルドへ。
マクドナルドへはめったに行かない私なのですが
何だか普段食べないものを食べたい気分だったのだ。
マックグリドルのセットを注文。
前に誰かがメープルシロップと肉っていう組み合わせがダメ、とか
言ってたけど
私的には別にOKだったなぁ。
基本的にパンケーキは好きだし。

あとは特にやることもないので
さっさと入国審査へ。
そして免税店をブラブラする。
お、私の大好きなロクシタンのリップグロスのセットが売ってる!
しかもハニー、オレンジ、チェリーの3本セットだ。
早速GET!4,500円也。
更にブラブラしてみたが
特に買いたい物もないので
さっさと出発ゲートへ行って
地球の歩き方を予習する。
回りを見ると
マラソンツアーっぽい人ばかりだ。
今日NYへ旅立つ人なんて
マラソンの人ばかりなんだろうなー。

飛行機に乗り込むと
回りから聞こえてくる会話がやっぱりマラソンネタばかりである。
私は一番窓側の席だったのだが
お隣もそのお隣も
同じツアーに参加のおば様2人組だった。
大阪からのご参加だそうである。
そうこう言っている間に
飛行機は飛び立つ。
さっそく機内食が出てきて
パパっとと平らげると
テキパキと化粧を落とし、
保湿をしっかりして、さっさと寝る。
寝不足だから眠りに落ちるのは早い。
あ、今回アイマスクは
花王の「蒸気でアイマスク」を持っていったのだけど
これ結構便利よ。
光はしっかりシャットアウトしてくれるし
じんわり暖かいのが気持ちいい。
Eye

後は眠っている間に一路NYへ。
・・・しかし、毎度撮っちゃうんだよね~翼の写真(苦笑)。
P1010173
※写真はクリックすると大きくなります。
 よろしかったら拡大画像でお楽しみ下さい♪
 以下の画像も同じくです。

12時間という長~い飛行時間の後、
やっとJFK空港に到着。
現地時間12/1、AM10:30。
入国のところで回りの人たちが
「あれ、松岡修造じゃない?」と
ざわざわと騒いでいる。
みんなが見ている方向を見ると
あ、ホントだ。スラッと背の高いがっしりしたガタイの人が!
帰国後、松岡修造のWebサイトを見てみると
どうやらフィギュアスケートのグランプリファイナルの取材の為に
この頃カナダに行っていたようなので
その乗り継ぎだったのかもしれない。

入国時に、またもや指紋が認識できず引っかかった。
去年のホノルルの時もそうだったので
もう慌てないが。
顔の脂をつけようが、認識パッドの方をふき取ろうがNG。
審査官は面倒くさそうな顔をして
私のパスポートをクリアファイルに突っ込むと
「あそこのオフィスへ行け」と言う。
・・・もうちょっと丁寧に扱ってくれないかなぁ。
別に悪さをして指紋が認識できないわけではないのだ。
ホノルルの審査官はもっと親切だったゾ!
行けと言われたオフィスに行くと
ヒマそうな風情のオフィサーが4人ほど。
善良そうな私がテロリストとかであるはずはなく
「旅の目的は?」「観光」
「何日いるんだ?」「6日間」
と簡単な会話とパスポートチェックで無罪放免。
到着ゲートで同じツアーの人たちが集合し
お迎えのバスに乗って一路NYの市街地へ。

まずは昼食。
イタリアンだったのだが
このパスタが味がしない。。。
味付け、してないんと違うか???
まぁ散々機内食食べた後なので特にお腹も空いていない。
無理に食べることもないので適当につまむ。

昼食後、再びバスに乗って
Jacob Javits Convention Centerへ。
NYCマラソンEXPO会場で、ここでゼッケンを受け取るのだ。
P1010175_1

中はこんな感じ。
P1010176_1

当日のゼッケン、タイム計測の為のチップ、
前日のInternational Friendship Run用のゼッケン、Tシャツなどを
受け取る。
ツアーガイドの現地在住のお姉さん(ちょっとImpact強し)から
「前日のパスタパーティ用のチケットが入っているか
 ちゃんとチェックして下さいね」
とバスの中でしつこく言われていたので
すべての荷物受取後、チェックしてみると
あれ?パスタパーティのチケットらしきものなんてないゾ!
スタッフらしきお兄さんを捕まえて質問すると
あそこで聞けと端のカウンターを指差される。
カウンターで怪しい英語を駆使して質問すると
「あらやだ、またXSよ」
と囁きあうスタッフのお姉さん達。
大会参加記念のTシャツはサイズが選べるのだが
アメリカンサイズだ。
XSでも大きいくらいだよ、と思いながらXSをもらったのだが
どうやらお姉さん達の会話から判断するに
このTシャツの袋にパスタパーティのチケットを入れているようで
XSの袋にパスタパーティの券が入ってないケースが
頻発しているらしい。
無事パスタパーティのチケットをGETし
EXPO会場でお買物。

まずはアシックスのブースで
NYCマラソンのコースが簡易的に描かれた
半袖Tシャツを買う。
このTシャツは実は先日の「何ちゃって箱根駅伝」の時に
着たのだが
NYCマラソンのコースを説明するのに大変役立った♪
それからナイキのブースへ行ってみる。
あら、日本では見ないようなかわいいウェアが。
ふとランニングタイツが目にとまる。
去年のホノルルマラソンは
普通のTシャツとトレーニングパンツで走ったのだが
ハーフを過ぎた辺りで膝と太ももの関節が痛くてたまらなくなり
走れなくなったのだ。
一緒に出場していたジョギングクラブの人が
その時初めてランニングタイツを履いたそうで
「これ大枚はたいて買った甲斐があったよ。
 脚全然痛くならなかったもん」
と言っていたのが、頭によみがえったのだ。
今回もTシャツとトレパンで走ろうと思っていたのだが
「タイツ履くと楽って言ってたよな、そういえば」と
思わずタイツを買ってしまった。
ホテルで履いてみて
違和感あるようだったらやめればいい、と思って。

結局当日はこのタイツで走ったわけだが
これが絶大なる効果を発揮した。
30km地点までは脚は全く痛くならなかった。
その後も
膝はさすがに30km地点を過ぎた辺りで痛くなってきたが
(たぶんフォームに改善の余地あり、と思っている)
太ももの関節に関してはゴールまで全然痛くならなかった。
今回の旅でホテル同室となったたまちゃんが言うには
CW-Xのタイツだともっと効果があるんだそうな。
何ちゃって箱根駅伝でお近づきになった
東京国際女子マラソン出場のSさんも
本気のフルはやっぱりCW-Xだそうである。
よし、私も冬のボーナスで絶対CW-Xを買うゾ!と
息巻いている。
ここ最近会社のランチ友達の皆さんと
「冬のボーナスで自分にご褒美、何買う?」なんて話を
していましたが
私がきっぱりと「ランニングタイツ!」と言うと
何やらエイリアンを見るような目で見られたりするのでした(苦笑)。

EXPOでは有名人(ランナーとしての有名人って意味ね)の
サイン会とかもやっていた。
この人はよく知らないけど有名人らしい(男の方ね)。
P1010177_1
会場の人がみんなバシバシ写真を撮っていたので
つられて撮ってみた。
誰かこの人が誰か知ってる人がいたら
コメントつけて下さい(苦笑)。

ホテルに着いて荷解きすると
もう夕暮れ時のいい時刻である。
同室のたまちゃんと適当にホテル近辺を散歩する。

夕暮れ迫るタイムズスクエア。
P1010178_1

映画「ゴーストバスターズ」のオープニングに登場する
ニューヨーク中央図書館。(この映画を持ち出す私って(苦笑))
NYCマラソン当日のスタテン島行き専用バスはこの前から出発します。
P1010179

ロックフェラーセンター前のスケートリンクはまだ整備中だった。
P1010181

夕暮れせまる聖パトリック教会。
P1010183_1

あーやっぱり1日で書ききるのはムリだ!!!
急遽タイトルの後に(その1)を追記(苦笑)。
次のイベント鈴鹿の前に何とか書き終えたいので
ちょこちょこ小出しで書くことにします。
できれば(その3)か(その4)くらいで書き終えたいなぁ、、、の予定。
今日のところはとりあえずここまで。

|

« なんちゃって箱根駅伝完走記 | トップページ | 2007NYCマラソン完走記(その2) »

ジョギング・マラソン」カテゴリの記事

コメント

「走り」も「書き」もお疲れ様♪
夢中になれる事があるって素晴らしいよね!
(その2)では「ROMANCE」を期待してるよ~

投稿: CAROL | 2007/12/10 22:28

CAROLもカメラ片手に世界進出(?)して下さい!
「ROMANCE」かぁ~
「ROMANCE」は、、、
あったらとっくに自慢してるね、きっと(^o^)。

投稿: takeco | 2007/12/10 23:58

Romance,ほれ、あったじゃん、
TAKEKOさんのコロン、ロマンスだったよね?????
それとも、たまちゃんが一足先に旅立ったNYで、何かあったかな??

投稿: たまちゃん | 2007/12/14 22:37

確かに香水は「ロマンス」だったけど
ロマンス・・・
うーん、うーん(←記憶を手繰り寄せる音)
やっぱりない(^^;

投稿: takeco | 2007/12/29 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/17325873

この記事へのトラックバック一覧です: 2007NYCマラソン完走記(その1):

» ノースウエストの機内食  関西空港発サイパン行き [サイパン・グアム旅行記の写真集]
復活したノースウエストの関西発サイパン便の機内食です。今日は何かな?と期待していた機内食は?カレーライスでした!チキンカレーの超甘口のカレーでした。中には大きなチキンが3つ入っていました。デザートはいろいろなフルーツを小さく刻んだこのデザートが付いていました。その他にクリームの入ったパンケーキが付いていました。... [続きを読む]

受信: 2007/12/25 13:16

« なんちゃって箱根駅伝完走記 | トップページ | 2007NYCマラソン完走記(その2) »