« 不都合な真実 | トップページ | そうだ、京都行こう…などという穏やかな旅ではなく »

夏祭り2007

梅雨も明けたし、夏だ!祭だぁ!!ということで
昨夜、お祭りを2種ハシゴしてきました。
CITTA'の夏祭り川崎山王祭です。

せっかくのお祭りだから浴衣で行きましょう、ということで
浴衣一式を持って出勤。
帰りがけ会社の人に「旅行??」とか聞かれる。
えっと、浴衣入れてるの紙袋なんですけど?
いくらなんでも旅行に紙袋では行かないっす(汗)。

会社のランチ友達のNさん、Mさんと待ち合わせて
生まれも育ちも川崎の生粋の川崎人=Nさんちへ。
Nさんちで浴衣に着替える。
私はそういえば去年は浴衣着てないから
1年のブランクがあるが大丈夫だろうか?
Nさんちの洗面所にこもり、鏡を見ながら
あーでもない、こーでもない、あ、帯が何か短い、巻き過ぎ??
などと試行錯誤しながら、どうにか浴衣完了。
因みにtakecoは浴衣の場合、帯は文庫にしか結べません。
こんな感じ。
Obi
1年ブランクがある割には、ちゃんと形になってます(←自画自賛)。

MさんはNさんに着せてもらって完了。
Nさんが何とネットで調べたというお太鼓の変形のような
粋な帯結び。
ネットで見ただけで結べてしまうなんてNさんお見事。
takecoは先生に横についてもらって
10回くらい練習しないと結べません(笑)。
Nさん自身は貝の口に結んで
いざお祭りに出発!

まずはCITTA'の夏祭り。
うぉ、風強い!裾がひるがえります。ひょえ~。
しかしイタリアを模した街に祭囃子が鳴り響き、提灯が揺れているとは。
さすがMIXカルチャー大国、日本。何でもありです。
チネチッタのお向かい辺りの広場に櫓が。
Yagura

あれ?何となく人少なくないか?
でもまぁそんなことは気にせず、まずは空腹を満たす為に
屋台で買物。
焼そばを買って、ちらほらと櫓の回りで踊る人たちを見ながら食す。
ふーん、川崎音頭ってのがあるのね。初めて聴いた。

因みにtakecoは結構盆踊りって好きです。
岐阜県出身のtakecoは昔、郡上の徹夜踊りとか行ってました。
郡上踊りの中に「かわさき」っていう盆踊りがあります。
郡上なのに「かわさき」?
この「かわさき」がなかなか物悲しいメロディで好きです。
踊れます。もちろんです(自慢気)。
郡上踊りには「春駒」ってのもあります。
これは「かわさき」とは対照的にものすごく明るいです。
踊りも飛び跳ねたりと結構激しいです。
激しいので踊るとグッタリします。
徹夜踊りで疲労がピーク達した頃、「春駒」のイントロが聞こえてくると
正直うんざりします。が、踊ります。
疲労感スーパーMAXで、疲れを通り越してナチュラル・ハイ状態です。

話がそれました。
チッタの方はイマイチ人が少なめなので
稲毛神社の山王祭の方へ移動。
途中、銀柳街を通る時、
川崎人のNさんがいうには
Docomo2.0のCM
(長瀬君が分身して妻ブッキーと瑛太を追いかけるヤツ)の撮影を
したのが銀柳街なんだそうで。
そういえばそんな感じが?
写真撮るために横断歩道の真ん中で立ち止まる私。
何て迷惑な(笑)。
Ginryugai

稲毛神社に近づくにつれて、凄い人人人!
うーん、今日の祭はこっちの方がメインらしい。
人波を掻き分けて、ご本尊までたどり着き、とりあえずお参り。
Honzon1

Honzon2

喉が渇いたので、屋台で台湾式かき氷を買う。
氷が柔らかくておいしー。

帰りは再び銀柳街を通ってチッタへ。
お、さっきよりは多少人が増えている?
でも稲毛神社のすごい人波に揉まれた後だと
やっぱり少ない(笑)。

Nさんちでちょっとくつろがせてもらってから
帰りました。
やっぱ祭はいいです。気分が高揚します。
日本の夏はやっぱり祭です!

|

« 不都合な真実 | トップページ | そうだ、京都行こう…などという穏やかな旅ではなく »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/16002326

この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭り2007:

« 不都合な真実 | トップページ | そうだ、京都行こう…などという穏やかな旅ではなく »