« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

クリスピー・クリーム・ドーナツ

Doughnuts

流行に敏感な人たちには今更な話題なのでしょうが
やっとクリスピー・クリーム・ドーナツ食べましたよー。
新宿はたまにしか行かなくて
行く度に気になってたんだけど
いつもものすごい行列なんだよねー
今日は天気も悪かったし
時間帯的にグッド・タイミングだったのかもしれないけど
(私が通りかかった時は19:00くらいだった。)
「お、いつもより若干列待ちが少ない気がする」と
並ぶことにしました。

途中でボックス買いの人は別の列に分けられたので
列の進みが案外早かった。
ボックス買いも惹かれたのですが
いくら健康診断が終わったばかりとはいえ
(あ、今週月曜日健康診断だったんですー)
いきなりドーナツどか食いはマズいので
おとなしく2つほど店内のカフェで食べようと。
まぁ時間的に夕飯はドーナツですね。
不健康な・・・

途中でうわさに聞いていた
出来立てオリジナル・グレーズドの試食が配られる。
まだあったかいよぉ。
うわ、ふわふわだ~。うまーい♪

結局並び始めてから40分くらいで注文できた。
何を食べようか迷ったけど
グレーズド・レモン(上の写真手前ね)と
チョコレート・グレーズド・クルーラーにした。
グレーズド・レモンはもちーっとした生地に
甘酸っぱいレモンクリームがおいしい!
チョコレート・グレーズド・クルーラーは
思ったよりも生地がシッカリしてる。
結局並んでる時にオリジナル・グレーズドも
試食でもらってるから計3個。食べ過ぎかなぁ・・・?

ともあれ、ずーっと食べたかったので
やっと食べられて満足!です。

そういえばカフェに
「新規オープン店スタッフ募集中」の案内があった。
勤務場所が有楽町駅から徒歩1分とある。
どうやら2号店が有楽町駅にできる、ということのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「ハゲタカ」続編プラン

はぁ~再び終わってしまいましたね、「ハゲタカ」。
今回は私の熱心なロビー活動(飯島常務?)のおかげで
回りの人も随分観てくれたようである。感謝感謝。

会社のランチ仲間のM川さんなどは
昨夜5回目を見て、続きがどうしても見たくなったらしく
HDDに残っていた前の放送時の第6回を続けて見てしまったとのこと。
曰く「ちょっとすんなり終わり過ぎて肩透かしな感じがした」そうで。
そうでしょうそうでしょう、とうなづく私。
※因みに私が初めて最終回を見た時の感想はこちら

同じくランチ仲間のM山さんは
ハゲタカ再放送中の22:00~23:00に実家に電話をしたところ
お母さんから「ハゲタカ見なさい」と言われたとか。
もちろんです。お母さんは正しいです!
今週この時間帯に電話を掛けるなんてもってのほかです。

私は今週はそんなに仕事が忙しくなかったのをいいことに
なるべく21時までには帰宅するようにし
22時にはしっかりTVの前に陣取って全6回全部観ました。
・・・DVD買ったのに何で再放送観る必要があるのか、と問われそうですが
おそらく日本中、いやNHKワールド・プレミアムでも再放送してるので
世界中のハゲタカ・ファンが
例え本放送観ていても、DVD持っていても
今回の再放送を観たはずなのだ!

会社の皆さんにはハゲタカにロケ地としてウチの会社が登場する、と
吹聴して回ったので
とりあえず第1回目は観てくれた人が何人かいたようで。
(ダメなんだな~第1回目にはウチの会社出てこないんだな。)
「DVD貸してよ」依頼もちらほら舞い込んでいるので
来週から本格的にハゲタカ啓蒙活動を開始する予定。
だがこのDVD-BOX丸ごとは貸せないんだな。
だって素敵な写真が満載なんだもん!!
中身のDVDだけ別ケースに入れて貸し出す予定。

ところでハゲタカ続編は見たいけど無理なような気がする、と
以前Blogに書きました。
最終回で鷲津は浄化しきっちゃってるから。
だけどその前の話なら出来るんじゃないかな、と。
あと、別の人を主人公にしたストーリーならできるんじゃないか、と。

と、いうわけでtakeco的続編プランを2つ考えてみました。

ハゲタカ続編プランその1:鷲津がハゲタカになるまでを描くドラマ
いわば「スター・ウォーズ」方式。
エピソード4~6が先に製作されて、1~3は後から作られた。
1~3ではアナキンがいかにしてダースベーダーになったのか、を描いたように
鷲津がどういう過程を経てハゲタカになったか、を描くドラマなら
続編として成り立つ気がする。
三島製作所のおやっさんの葬式で
「帰れ!人殺し!」と由香ちゃんに言われ
芝野さんに「それが資本の論理だ」と言われたところから始まり、
アメリカに渡って、
経済の勉強をする間にいろんな精神的葛藤があって、
やがて凄腕ファンド・マネージャとして頭角を現し、
クラリスに「Buy Japan out!」と言われ、
村田さん、中延さんをスカウトしてチーム・ホライズンを結成し、
「お久しぶりです、芝野さん」で終わるドラマ。
・・・いいなぁ、書いててワクワクするよ(笑)。

ハゲタカ続編プランその2:治クンが再生するまでのドラマ
本編のその後を描くなら、主人公は治クンですね。
いわゆるスピンオフ形式。
インサイダー&鷲津誤射で警察にしょっ引かれ
すっかり堕ちた偶像になってしまった治クン。
「戻って来い、もう一度」と鷲津に言われたところからドラマは始まり、
もう一度表舞台に帰り咲き、最後に西乃屋旅館を買い戻すところまで。
表舞台返り咲き手段はまたITかなぁ。
おじいちゃんの世話とかしてたから介護ビジネスでもいいかも。
そしてもちろん治クンの再生には
鷲津ファンドやあけぼの光学や東洋テレビが絡んでくるワケで(これは必須!)。

というわけでやっぱ続編観たい!
・・・とまたNHKのサイトに書き込みに行ってしまった(苦笑)。
因みにtakecoが本放送後に書き込んだメッセージは
ちゃんと反映されてました!
10ページの1469です。何気にうれしい。
さっき書き込んだメッセージは反映してもらえるのかしらん?

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

やっぱり花火の写真はムズカシイ@多摩川花火大会

昨年も行った多摩川花火大会ですが
今年も行って参りました。
日本の夏はやっぱ花火ですよね。

※昨年の多摩川花火大会のblogはこちら

昨年は17:00に二子玉駅集合だったのですが
今年は男子な皆さん&Iちゃん、Mちゃんが
場所取り&食料調達をして下さる!という
何ともボランタリーあふれる申し出により
私とTちゃんは17:40二子玉駅集合ということになった。
(場所取り隊&買出し隊の皆さん、本当に感謝!感謝!!)

前日までは猛暑!猛暑!!猛暑!!!な
何とも暑い日々が続いていたけど
この日は猛暑中休みなのか
空はむしろ曇りがちで
雨降るんじゃないか、ってくらいな天気で。

今月初めの夏祭りで浴衣着たから
今回は結構すんなり着られて
17:40、二子玉駅に降り立つと
すごい人!!!
身動きできない!!!
バス停側はすごい人なので高島屋側に出ました、と
Tちゃんからメールがあったくらい。

堤防の氷屋の屋台の下辺りに場所取りした、と
連絡があったが、
あまりに急斜面なので浴衣&下駄ではとてもじゃないが降りられない。
しょうがないので
斜面の下側の小道に出られる道を模索する間に
目印の氷屋はどんどん遠ざかる。
回りはだんだん暗くなってくるし。
ひょえ~このまま暗くなってしまったら合流できないじゃん!
と、思ったらやっと下の道に降りられる道に出て
急ぎ足で氷屋の位置まで。
やっと先発隊の皆さんと合流。やれやれ。

取ってあった場所は斜面になってて
これは座り姿勢で見られるから、楽かも?と思ったら
安定して座れるポイントというかツボみたいな場所を見つけるのが
大変で。
うまいこと座った、と思っても
5分10分するとズルズル~っと下にズリ落ちている有様(苦笑)。
これは、花火終わるまでにお尻の筋肉付きそうだな~などと
思っている間に19:00になって花火開始。

昨年、花火の写真はきれいに撮れない、と悟ったので
今年は撮らないでおこう、と思っていたのだけど
やっぱりきれいなのでつい撮ってしまった。
だけどやっぱり失敗作の連続(苦笑)。

これなんて明らかに狙った花火消えてからシャッター切ってるし。
Hanabi1

これはまだマトモな方か。。。
よく見ると、下の方の花火はニコちゃんマークが横を向いた形?
実はハートマークとか、キティちゃん、ニコちゃんマークの花火は
結構上がっていた。
昨年はドラえもん型花火もあったんだけど
今年はなかったな。藤子不二雄事務所からクレームがついたのか?
Hanabi2

ターゲット、ズレてます。。。
Hanabi3

これはソコソコ、いいんでないのかしら???
Hanabi4

というわけで花火撮影には
まだまだ課題を残した今年の花火大会でした。

今年は川崎市と世田谷区の同時開催、ということで
右でも左でも花火が上がる、という豪勢な構成。
だが右側の世田谷の花火は
手前の木に邪魔されて
高く上がった花火しか見えない!!!
誰かあの木を切り倒してくれ~、ってカンジ。
それでも左を見たり、右を見たりと
首はテニスのラリー観戦状態。
明日はお尻だけじゃなく、首も筋肉痛状態?と
あやぶまれたが
今日はどっちも筋肉痛になってない。ほっ。
(まさか明日筋肉痛が?!いや、そんなはずは・・・)

しかし、毎度花火大会で思うのは
誰かこの辺に家買ってよ~、ってことですね。
悠長に屋上でバーベキューでもしながら花火見物、なんて
是非やってみたいものです、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「ハゲタカ」カウントダウン設置しました

あぁ今夜こそ早く寝ようと思ったのに
またこんな時間になってしまった。。。

遅ればせながら、「ハゲタカ」カウントダウン設置しました。
もっと早くに気付けば良かった。
ココログのブログパーツに無かったので
気付くのが遅かった。
他のサイトにあったのだ。

しかし、カウントダウン見たさに
自分で自分のサイトに何度もアクセスしてしまいそうだ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「ハゲタカ」のケータイ待ち受け画面が!

ハゲタカ再放送まであと一週間!
takecoはNHKのハゲタカ公式サイトを1日1回は必ずチェックします。
するとディレクターのブログにこんな記事が!!!

「ハゲタカ凱旋」まであと1週間!待ち受けをゲット

えええ~!ホント~?!
早速ケータイでNHKのサイトへ!
ホントだ!ハゲタカの待ち受け画面が!!!
(takeco喜びのあまり踊ってます~)
もちろん鷲津の待ち受けをGET!
う~かっこいい!
何てイキなことをしてくれるのかしら、NHK!
受信料払ってて良かったワ。
しかしどうせなら第4回の株主総会で
「こんなもの、どうでもいい」書類ブァサ~っと放り投げるの図、を
待ち受けにして欲しかったなぁ~

Takeco*Magazineとしても
是非再放送前に各回の見所特集
(もちろん超個人的趣味に走った見所特集)
なんてやってみたいなぁ~
と思っている間にあと1週間になってしまった。
できるかな?
今週はたぶんそんなに仕事忙しくないから
(課長は心配していた案件が意外にさっさと片付いたから
明日から夏休みにする!とか突然決めてるし。
課長がいないなら、私もノンビリ仕事しよって感じだし。)
書けるかも。

みんな8/19(日)からのハゲタカ再放送、見ようね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

横浜ダービー

と言うんだそうだ。
同じ横浜市をホームとするサッカーJリーグの試合。
ダービーと聞くと思わず「馬?」と思ってしまう私は
オヤジ化が進んでいるのでしょうか?(涙)

私はサッカーは基本的に日本代表戦しか観ない
エセ・サッカーファンだったりします。
(サッカーファンというよりも、実は軽い国粋主義者なのかも?)
が、本物のサッカーファンの間では
今度の横浜ダービーは最後???とかいうことで
熱く盛り上がっていたらしい。
お仕事仲間のT君が
「行きますか?」と声を掛けてくれたので
くっ付いて行くことにした。
何しろサッカーの生試合観戦は
名古屋時代にMちんに連れてってもらった1回きりである。
その時の印象がとても良かった。
サッカーだけじゃなく、スポーツってやっぱ生で見るといいよね、ってのは
最近つくづく感じていることではあるし。
(T君、ありがとう!感謝してるよぉ~)
ということで8/11、灼熱の土曜日。
帰省客とサッカーファンでごった返す新横浜駅に降り立つ。
向かうは日産スタジアム!なのである。

暑い!暑い!とにかく暑い!
日産スタジアムに着くと開場予定時刻1時間以上前だというのに
既にすごい人である。
Waiting

炎天下、ノロノロと進む自由席客の列に並ぶ。
先週末の京都も暑かったが、こっちも相当なものである。
ただ時折吹く風が心地よい。
回りはというとレプリカのユニフォームの人が圧倒的に多く
(というかほとんどがマリノスのユニフォーム姿だったが)
生サッカー試合初心者のtakeco的には
その独特な雰囲気に圧倒される。

17:00開場予定ではあったが、結局早めに開場したようで
私たちも16:00ちょい過ぎには
スタジアムの中に入っていた。
T君のダッシュのおかげで
私達はフィールドのほぼ真ん中寄りの席をGETできた。
T君、Good Job!
見上げるとスタジアムの上にまだ陽は高く、
フィールドではFマリノス-横浜FC両チームのジュニアリーグ(って言うのかな?)の
少年達が前座試合をしている。
この暑い中よく走れるよなーエライよなー
と少年達の若さをうらやみつつ(?)試合開始を待つ。

やがて陽は落ち、スタジアムに照明が煌々と灯り、
青く浮かび上がった芝生に両チームの選手達が現れる。
ウォーミングアップを始めた選手達に
両チームの応援団は既にテンションMAX。
跳ぶわ叫ぶわ旗振るわで
生サッカー試合初心者takecoは
「試合始まる前からあんなハイテンションじゃ
 試合終わる頃には神経切れるんじゃないのか?」
と正直呆れ気味だったりする。
とはいうものの
ここまで夢中になれるものがあるのってうらやましいな、という
気持ちがあるのも確かなのだが。

やがて1階席はほぼ埋まり、2階席もかなりな入り具合。
この日の入場者数、5万3千人の見守る中
19:00、いよいよキックオフである。

最初はマリノスがやや押し気味ではあるが膠着状態。
そういえばマリノスのユニフォームってフランス代表っぽいなー
この赤いソックスとか見ると何となくアンリとかいそうだよなー
とか
そんな余計なところに目が行く。
ふと身のこなしがきれいな選手が一人、目に付く。
フィールドを駆ける脚も早いし、
ボールをキープする時の動きも何となく華麗ではないか。
脇のオーロラビジョンで確認すると
マリノスの8番・マルケスという選手だった。
こういう個人的お気に入り選手を見つけると
試合を見るのが楽しくなる。
と、個人的楽しみに走っていると
前半30分、マリノスがゴール。
その後一時的に動きが緩慢になった気がしたが
前半終了間際にまたマリノスがゴール。
何だか一方的な試合になりそうだなぁ、と思ったところで前半終了。

冷たい飲み物が欲しくなったので売店へ。
が、当然の如くすごい人である。
ハーフタイム終わってもまだ注文にたどりつけない。
が、次の次くらいなので
がんばって待つことにする。
待ち列から見えるモニターには
フィールドに戻ってくる選手達が映っている。
と選手交代の表示が。
え、私が前半お気に入りの選手にしたマルケスが交代してしまった。
何でだよ~と心の中で一人ブーイングする。

やっとジュースを買って席に戻る頃には
マリノスは3点目を入れていた。
更に後半17分、20分と立て続けにゴールを入れ、
既にサッカーの試合とは思えない点数になり始めていた。
どっちのファンでもない私としては
ゲームは拮抗してる方がおもしろいんだけどな、と
多少不満気味ではあったが。
結局後半37分で横浜FCが1点を返しはしたものの
最終的には8-1でマリノスが勝つ、という
「え、この点数は高校野球ですか?」みたいな結果となっていた。
マリノスの大島という選手に至っては
ハットトリック+1点という大快挙を成し遂げていたし。

試合終了後、応援お礼回りをするマリノス選手達。
手前に何気に中澤が写ってるの分かるかな?
後ろには、あまりな試合展開ですっかり意気消沈な横浜FCサポーター席が。。。
Gameset

というわけで
ある意味歴史的な試合を見ることができたのであった。
今度は是非!日本代表戦観戦に挑戦したい。
代表戦ならばtakecoも熱く応援できる自信(?)があるのだ。
でも跳んだり跳ねたり
傘振ったり(←マリノスの応援。びっくりした。ヤクルトの応援かと思った。)は
きっとしないと思うが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今さら、犬神家

トラウマの話をしよう。

昔、高校時代の同級生Kちゃんと
旅行に行った時のことだ。
夜、ホテルでTVを点けると映画「犬神家の一族」がやっていた。
市川崑監督、石坂浩二が金田一を演じてたヤツだ。
何の気なしに見始めた。
・・・・・怖かった!!!
特に菊人形の首がゴロンと落ちるシーンが衝撃で
Kちゃんと二人して
「ぎゃーーー!!!」
と、それはすごい叫び声をあげたものだ。
正直、強盗か痴漢か、とホテルの従業員が飛んできそうなくらいの
叫び声だった。
(幸い、誰も飛んで来なかったが。)
その夜、眠るのが怖くて
一晩中Kちゃんと話して過ごした。
翌日、当然といえば当然の睡眠不足で
体調は絶不調だった。

そんなトラウマがあるので
昨年末、「犬神家の一族
のリメイクがロードショーになった時、
観に行くべきがどうか、非常に悩んだ。
過去の怖ろしい経験からいくと
観に行くなんて、ハナっから却下である。
しかし。しかし!
リメイク版の犬神家には、なぁんとあの菊之助クンが出るというではないか!
観に行くべきか、行かざるべきか。
ハムレットのような思いをしている間に
上映期間は終わってしまっていた。

で、先日。
歌舞伎座でNINAGAWA 十二夜を観て
菊之助クンのかっこ良さを再認識すると
やっぱりリメイク版犬神家が見たくなったのだ。
折りしもDVDレンタルも開始からそろそろ1ヶ月が経ち
借り易くなってきている。
が、しかし。
あの菊人形の首ゴロンのシーンの恐怖体験が
私を苛むのだ。
怖い→でも菊之助クンは見たい→怖い→でも菊之助クンは見たい→以下無限ループ。
そこでふと思い出したことがある。
そういえば会社のランチ仲間Nさんは
横溝正史ものの映画が好きだと前に言っていたではないか。
DVDの犬神家を一人で家で見るのでは
昼間でも怖いかもしれないが
誰かと一緒に見れば、例え怖くても恐怖は半減するのではないか?

早速Nさんに話を持ちかけたところ
快く同意いただいたので
DVDを借りて
いそいそとNさんちに伺ったわけである。

で、結論。
全然怖くなかった!!!

思えば、例のトラウマの犬神家を見たのは
まだ私がteenagerだった頃である。
さすがに私も大人になった。
それが怖いという感覚を鈍化させたのか?
それに、犬神家は今ではすっかりパロディに使われることも多い。
特に湖から脚ニョキのシーンとか。
そういう昨今のTV事情が恐怖感を鈍化させたのか?
でも何と言っても一番の原因は
やっぱり菊之助クンがカッコイイからであろう。
(結局そこなの?と自分にツッコミを入れたくなるが。)
白ゴムマスクの不気味な佐清が登場しても
そのマスクの下にあるのが菊之助クンの顔だと思うと
「かっこいい~」と思わずつぶやく私を見て
Nさんは横で呆れたように笑っていたが。

というわけで
菊之助クンのおかげで
私の長年のトラウマは見事霧散したのであった。
takecoは基本的にホラーはダメであるが
先週封切りになった「怪談」はもちろん観に行く予定である!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そうだ、京都行こう…などという穏やかな旅ではなく

名古屋人にとっては、京都って気軽に行く場所なんだけど。
神奈川県民になった今の私にとっての京都は
なかなかどうして立派な旅先のはずだ。
のぞみで行っても2時間かかるしねぇ・・・

関係ないけど、列車の旅は2時間が限度だ。
お尻が痛くなる(笑)。
過去列車に揺られて3時間の旅、というのを
3度ほどやったことがあるが、
往路でつくづく嫌になって
復路はもれなく飛行機で帰ってきた。
基本的に飛行機乗るの好きだしね。

話は戻って。
新幹線で片道2時間というtakeco的列車乗車時間限界値の旅先・京都に
「日帰りで行ってきますっ!」
と会社のランチ仲間の皆さんに高らかに宣言した時
「泊りじゃないの?わざわざ京都まで行くのに??」
ってな反応だった。
時間もお金もそれなりにかかるし、
まぁ日帰りだともったいなくはあるのかも。

もっと余裕ある時に行けばいいものを
そんなにあわただしく京都に行ったのにはワケがある。
それはお守りを見つけてしまったからだ!!!

と、唐突に言われても「???」ってなものでしょう。
説明しよう。
先日、ふと思いついて、家の机の中を整理していた。
すると京都のお守りが3つほど出てきたのだ。
自分で買ったヤツもあるし、誰かのお土産でもらったヤツもある。
古いお守りって確か返納しないとイケナイのよねぇ・・・
確かエハラさんもミワさんも某イズミな番組で言ってた気がする。。。
そう思うといてもたってもいられなくなった。
行かなきゃ、行かなきゃ、京都行かなきゃ!ってなもんである。
その日は台風だったんだけど
お守り握り締めて、豪雨の中飛び出して行きそうなくらいの勢いだったのだ。
そう、takecoの座右の銘は「思い立ったが吉日」です。
というよりは「猪突猛進」?ま、どっちでも。

現在も名古屋に住んでる、大学の後輩・N川に声を掛けたところ
「私も行きますぅ~」とのことだったので、
京都で落ち合って一緒にお守り返納行脚の旅に出ることに。
私は旅行に行く時、割とN川に声を掛けることが多い。
私は健脚な方で、旅先ではかなりテクテクと歩く。
1時間くらいなら平気で歩く(1時間なら走り続けるのも平気よ、ウフ)。
N川も健脚なのでその辺の感覚が合うのだ。

前の会社の同期の子と一緒に旅行した時、
私があまりに歩き続けるので、
同行の彼女はだんだん不機嫌になっていった。
思えば彼女は割とお嬢様タイプだった。
鬼のように歩く旅には慣れていないのだろう。
あの時は確か2時間ほど歩き続けた上に
最後観光フェリーに乗りたくて
間に合わない!、と走ったからなぁ。。。
フェリーには間に合ったが、
彼女は死にそうなくらい肩で息してたもんなぁ。
そういえばそれから彼女とは疎遠になった(笑)。
旅友には条件って必要なんだな。

・・・今日はやけに話が脱線するな。
前置きがえらく長く、全然本題に入れないではないか。

で、先週日曜日、京都に行ってきたわけです。
私は松尾大社、鈴虫寺、八坂神社のお守りを返しに。
N川も「私もお守り出てきましたぁ~」と地主神社のお守りを返しに。
N川なんて、そのお守りを誰かからのお土産でもらったらしいのだが
何とお土産用の袋に入ったまま、封さえ切っていなかった、というのだ。
それではご利益があるどころか、神様に恨まれそうだ。

AM10:00、京都駅のホームで待ち合わせ。
・・・暑い!暑い!!暑い!!!
ホームが暑い空気でもわ~んとしている。
梅雨が終わって、一気に暑い夏が来た感じだ。
駅を出て、まずはバスで40分ほど揺られて松尾大社へ。

松尾大社

Matsuo

日曜だからか地元の人が境内でフリーマーケットなんてやってる。
あれ、前に来た時はむしろ寂しい感じの神社だったと思うんだけど
今日は人が多いからかな?
何か前来た時と違う感じがする。
・・・などと思いながら、とりあえず参拝し、お守りを返納。
よし、ミッションその1、完了。
松尾大社には酒造りの名水を汲む井戸があるそうで
お酒の資料館なんてものがある。
酒豪のN川が見たいというので、立ち寄って行くことに。
因みにお酒の試飲はありませんでした(笑)。

次の目的地・鈴虫寺は松尾大社から約1kmくらい。
当然歩く。が、炎天下である。暑い。

鈴虫寺に向かう途中、何だか見覚えのある風景が。。。
あれ、この風景、この風景???
記憶がフラッシュバック!
あ、ここだよ!前に来たの!松尾大社と思ってたの、ここだよ!
そこは松尾大社ではなく、松尾大社の摂社・月読神社だったのだ!
いくらフリマで人が多いとはいえ、雰囲気違いすぎると思ったもんなー
Tsukuyomi

じゃ何で松尾大社だと思い込んでたか、というと
前に来た時、月読神社で買ったお守りに「松尾大社」と書いてあったからだ。
まぁ摂社だからお守り共通なのかもしれんが。
じゃお守り違うところに返しちゃったわけか。。。
でもまぁ系列(?)の神社なのでOKでしょう。
ということで月読神社にもちゃんと参拝。

鈴虫寺
更にテクテク歩く、歩く、歩く。
やっと鈴虫寺に。
Suzumushi

この写真ではお分かりいただけないが
さすが人気寺だけあって、門をくぐるとすごい人が並んでいた。
会社で「鈴虫寺ってどんな神様なの?」と聞かれた時、
「一つだけお願い事をすると、お地蔵さんが金の草履を履いて
 テクテクやってきてお願い事をかなえてくれるそうなんですよ」
と言ったら
「・・・ホラー?」
とドン引きされた。
え、何で???どこがホラーなのかしら?
後日、金の草履と言うのは私の勘違いだったことが発覚したが。
・・・最近どうも金目のものに意識がいってイケナイ。

ここは確か住職さんの話がおもしろいので人気の寺だが
私たちの目的はお守り返納である。
確か説法は前に来た時に聞いた。
というわけでお守りのみ返納して立ち去る。
ミッションその2、完了!

さて、次の目的地は八坂神社であるが
せっかく嵐山にきたのである。
渡月橋くらい渡っていこうじゃないのよ、と
渡月橋に向かうことにする。
が、私の持っている地図だとイマイチ方角が分からない。
ちょうど地元の女子高生らしき2人組が通りかかったので
聞いてみると
「あっちの方角です」
と教えてくれる。
「ありがとう」
とニッコリ笑って行こうとすると
「え、歩くんですか?!かなりな距離ですよ」
と驚かれる。
「あぁ、大丈夫大丈夫」
とヒラヒラ手を振って踵を返す。
あとでウチに帰って距離を測ってみたら
鈴虫寺から渡月橋までは3.2kmほどであった。
そういえば、炎天下1時間くらい歩いたもんなぁ。
走れば20分くらいなんだけどねぇ(笑)。

1時間、鬼のように歩いてやっと渡月橋到着。
Togesukyo
この写真は歩いてきたのと逆方向から撮ったヤツだけどね。

歩き続けてかなりお腹が減っていたので
ここらでお昼にする。
ちょっとフンパツして、渡月橋を渡りきってちょっと歩いたところの
熊彦に入り、
松花堂弁当を注文する。
この松花堂弁当が美味かった!

八坂神社
昼食後、バスで再び京都市中へ。
次の目的地は八坂神社である。
四条河原町でバスを降りる。
八坂神社へ行く前に、鍵善良房でくずきりを食す。
さっきお昼を食べたばかりではあるが
甘いものは別腹である。
やっぱ夏の京都に来たからには
鍵善のくずきりは外せない。
・・・冬でも食べるけどね。器に氷入ってるけど(笑)。
鍵善は人気なのでいつ行っても並んでるけど
並ぶ価値はあるもんねぇ。

で、八坂神社は鍵善から歩いてすぐである。
あれ、門を工事してる。
Yasakakoji

工事中の門をくぐり、八坂神社へ。
参拝してお守りを返納。
ミッションその3、完了!
これで私の今回の京都旅行の目的は果たされた!

さて次はN川のお守りを返納する為に地主神社へ。
地主神社は清水寺の中にある。
八坂神社から円山公園に抜け、高台寺の脇を通るルートへ。
高台寺の敷地が終わる辺りに
人力車が何台か停まっていて
車夫のお兄さん達が客引きをしている。
と、何故か車夫のお兄さんの一人から
私は英語で話し掛けられた!
お兄さんはもちろん日本人である。
私がお兄さんの方を振り向いても、
お兄さんは何故かカタコトの英語で話し掛けて来る。
「・・・・・」
認めたくはないが、私は夏、かなり色黒な人になる。
どうやら色が黒いので東南アジア系の人に見られたらしい。
・・・ふん、いいもんね。前にもこーゆーことあったもんね。気にしないもんね。
実は気にしているが。

二年坂から三年坂へ。
この辺は両脇にお店が並んでて楽しい。
タラタラと歩いてようやく清水寺に。
Kiyomizu
N川もようやくミッション達成である。

帰りは五条坂を下り、降りきったところでバスに乗り京都駅へ。
明日は仕事である。
19:06京都発ののぞみに乗ることになっている。
京都駅に着くと18:00なので
ちょっとお茶でも、とJR京都伊勢丹の6階へ。
本当は都路里のパフェが食べたかったのだけど
ここは超長蛇の列。
これに並んだら19:06のに乗れない。
しょうがないのでそのお隣のマールブランシュに入り
やはりパフェを食べる。

帰りは本当は駅の売店でいづうの鯖寿司を買って
新幹線の中で食べながら帰ろう、と思っていたのだが
パフェでお腹がいっぱいになってしまい、
何ともオマヌケな京都旅行のシメとなってしまった。

しかし、京都は楽しい。
また今度ゆっくり時間がとれる時に行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏祭り2007

梅雨も明けたし、夏だ!祭だぁ!!ということで
昨夜、お祭りを2種ハシゴしてきました。
CITTA'の夏祭り川崎山王祭です。

せっかくのお祭りだから浴衣で行きましょう、ということで
浴衣一式を持って出勤。
帰りがけ会社の人に「旅行??」とか聞かれる。
えっと、浴衣入れてるの紙袋なんですけど?
いくらなんでも旅行に紙袋では行かないっす(汗)。

会社のランチ友達のNさん、Mさんと待ち合わせて
生まれも育ちも川崎の生粋の川崎人=Nさんちへ。
Nさんちで浴衣に着替える。
私はそういえば去年は浴衣着てないから
1年のブランクがあるが大丈夫だろうか?
Nさんちの洗面所にこもり、鏡を見ながら
あーでもない、こーでもない、あ、帯が何か短い、巻き過ぎ??
などと試行錯誤しながら、どうにか浴衣完了。
因みにtakecoは浴衣の場合、帯は文庫にしか結べません。
こんな感じ。
Obi
1年ブランクがある割には、ちゃんと形になってます(←自画自賛)。

MさんはNさんに着せてもらって完了。
Nさんが何とネットで調べたというお太鼓の変形のような
粋な帯結び。
ネットで見ただけで結べてしまうなんてNさんお見事。
takecoは先生に横についてもらって
10回くらい練習しないと結べません(笑)。
Nさん自身は貝の口に結んで
いざお祭りに出発!

まずはCITTA'の夏祭り。
うぉ、風強い!裾がひるがえります。ひょえ~。
しかしイタリアを模した街に祭囃子が鳴り響き、提灯が揺れているとは。
さすがMIXカルチャー大国、日本。何でもありです。
チネチッタのお向かい辺りの広場に櫓が。
Yagura

あれ?何となく人少なくないか?
でもまぁそんなことは気にせず、まずは空腹を満たす為に
屋台で買物。
焼そばを買って、ちらほらと櫓の回りで踊る人たちを見ながら食す。
ふーん、川崎音頭ってのがあるのね。初めて聴いた。

因みにtakecoは結構盆踊りって好きです。
岐阜県出身のtakecoは昔、郡上の徹夜踊りとか行ってました。
郡上踊りの中に「かわさき」っていう盆踊りがあります。
郡上なのに「かわさき」?
この「かわさき」がなかなか物悲しいメロディで好きです。
踊れます。もちろんです(自慢気)。
郡上踊りには「春駒」ってのもあります。
これは「かわさき」とは対照的にものすごく明るいです。
踊りも飛び跳ねたりと結構激しいです。
激しいので踊るとグッタリします。
徹夜踊りで疲労がピーク達した頃、「春駒」のイントロが聞こえてくると
正直うんざりします。が、踊ります。
疲労感スーパーMAXで、疲れを通り越してナチュラル・ハイ状態です。

話がそれました。
チッタの方はイマイチ人が少なめなので
稲毛神社の山王祭の方へ移動。
途中、銀柳街を通る時、
川崎人のNさんがいうには
Docomo2.0のCM
(長瀬君が分身して妻ブッキーと瑛太を追いかけるヤツ)の撮影を
したのが銀柳街なんだそうで。
そういえばそんな感じが?
写真撮るために横断歩道の真ん中で立ち止まる私。
何て迷惑な(笑)。
Ginryugai

稲毛神社に近づくにつれて、凄い人人人!
うーん、今日の祭はこっちの方がメインらしい。
人波を掻き分けて、ご本尊までたどり着き、とりあえずお参り。
Honzon1

Honzon2

喉が渇いたので、屋台で台湾式かき氷を買う。
氷が柔らかくておいしー。

帰りは再び銀柳街を通ってチッタへ。
お、さっきよりは多少人が増えている?
でも稲毛神社のすごい人波に揉まれた後だと
やっぱり少ない(笑)。

Nさんちでちょっとくつろがせてもらってから
帰りました。
やっぱ祭はいいです。気分が高揚します。
日本の夏はやっぱり祭です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »