« 最近の休日朝の楽しみ | トップページ | 不都合な真実 »

NINAGAWA 十二夜

ボーナスで自分へのご褒美第2弾。
(第1弾はコーヒーお茶うけのお取り寄せね。)
月曜日(7/23)はお休みをとり
歌舞伎座で豪遊してきました!
・・・ウソです(笑)。豪遊じゃないです。
小市民的にそれなりに楽しんできました。
観に行ったのはNINAGAWA 十二夜です。

20070723

前に児雷也を観て以来、
すっかりファンになってしまった菊之助クン主演です。
菊之助クンは女形も演る一見ヤサ男風なのに
児雷也のような荒武者を演じても似合う。
このギャップがいいんだよねぇ。。。

十二夜はご存知シェークスピアの喜劇。
菊之助クンは主役(で一連の騒ぎの源)の双子の兄妹を一人で演じる。
この演じ分けがなかなかお見事。
兄役と妹役と妹の男装を声音とか見事に使い分けている。
菊之助クンはかっこいいだけじゃないのよねぇ。
衣装とか超早変わりで入れ替わるのもなかなか見どころです。

NHK大河ドラマに信玄役で出演中の市川亀治郎も出てました。
大河ドラマの撮影もあるのによく舞台公演出られるなぁ、すごいなぁ、と
ここでも感心。しかも女形だし。

舞台がまた絢爛豪華。
シースルーミラーを多用しての
満開の桜シーンなど圧巻です。
さすが蜷川。

十二夜はストーリーも分かりやすいし
喜劇なんで笑えるシーンも満載。
気軽に歌舞伎を楽しむのにうってつけの公演です。
再演するなら、また見たいなぁ。

|
|

« 最近の休日朝の楽しみ | トップページ | 不都合な真実 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/15925521

この記事へのトラックバック一覧です: NINAGAWA 十二夜:

« 最近の休日朝の楽しみ | トップページ | 不都合な真実 »