« 2007多摩川リバーサイド駅伝 | トップページ | 「ハゲタカ」最終回 »

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」

私は元々NHK制作のドラマって好きな方だ。
変に視聴者に媚びてないところがいい、っていうか。
特に社会派の骨太ドラマなど
「おおぅ!」と唸ってしまうドラマを過去いくつも観てきた。

古くは第二次世界大戦下の日米外交を描いたドラマ「マリコ」とか。
このドラマ良かったな~。その後何度か再放送されたけど
再放送の度に見て号泣したもんなー
このドラマ観て泣かない人は人間じゃないと当時かなりマジで思った。
あ、念の為言っておきますが私は「マリコ」はかなり子供の頃に観ました。
・・・たとえ観たのが子供の頃でもある程度歳バレるってば(苦笑)。

最近は大河ドラマほとんど観なくなってしまったけど
大河ドラマの「山河燃ゆ」も好きだった。
これまた第二次世界大戦ものなのだけど
(そういえば大河で戦時中モノ扱うのって珍しいよね)
このドラマも良かったよなー

割と最近のものだと「クライマーズ・ハイ」とか「マチベン」とかも良かった。
(そーいえば「マチベン」は役者を変えて第二弾やるらしいね。)

さてさて前置きがながーくなりましたが。
2/17(土)から放送されているドラマ「ハゲタカ」に
かなり激しくハマっています。
全6回なので次の土曜日で最終回ですが
これ絶対DVD買う!!!と今から息巻いています。
あらすじとかは面倒なので上記リンク先の公式HPを観て下さい、って感じなんですが。
takecoがここまで激しくハマっているポイントとしては
ドラマ全体の作りが「カッコイイ」ことがあります。

まず台詞回しがカッコイイ。
いい土台がないといい家は建てられないから、
名作と呼ばれる映画・ドラマには名脚本が必須なのですが
このドラマ、台詞がかなりカッコイイと思うのです。

演出もかっこいいです。
かっこいい、というか、単に私のツボにハマっているだけなのかもしれないですが(苦笑)。
第2回の密談の料亭で、札束満載のジュラルミンケースと共に、
くるりと立ち上がって立ち去る鷲津とか、
第4回の最後の方の株主総会のシーンで、大空電機の調査資料を後ろに放り投げる鷲津とか、
(あの時の鷲津のスーツが三つ揃えなのがまた私のツボだった(笑))
第5回の最後の方のシーンで、銃を向ける治に対して鷲津が言う「・・・撃てよ」って台詞とか、
毎回画面に向かって「かっこいい・・・」と両手を握り締めて呟いてます(笑)。
もうtakecoのツボ所満載です。

映像もかっこいいです。
会社のランチ仲間の人が「画面がブルーっぽい感じ」と表現していましたが
寒色的な、というか硬質な画像、な感じがします。
これがまたかっこ良さ度をUPさせています。

衣装がまたいいです。
「デキる男のスーツ見本市」って感じです。
takecoのブログで何度か「いい男は弓を引く姿が似合う」という
訳の分からない法則を紹介していますが
(大体日常生活で弓引く姿なんてなかなか見せられないではないか。。。)
1個法則を追加します。
「デキる男はレジメンタル・タイが似合う」!!!
鷲津の衣装は基本的に仕立ての良さそうなスーツですが
レジメンタル・タイの出現度高いです。
これがまたかっこいいんです。
我こそはデキる男、と思っている男性諸氏は是非レジメンタル・タイで決めてください(笑)。

というわけで、久々にハマるドラマに出会ってしまったtakeco。
たぶん小説も買っちゃうなー・・・

因みにこのドラマのエンディングに毎回流れる唄と映像も秀逸です。
takeco的ショート映像の名作、ネスカフェCM「朝のリレー」に匹敵します。
上記公式サイトで見られるのでドラマ観てない人も是非!

|
|

« 2007多摩川リバーサイド駅伝 | トップページ | 「ハゲタカ」最終回 »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/14341873

この記事へのトラックバック一覧です: NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」:

» ハゲタカ [お金に関する本や映画を紹介するブログ]
ターゲットになっているのは老舗旅館、おもちゃメーカー、そして大手電気会社。いずれもテレビ局にとっては大手広告主。ドラマのモデルは想像できるから、民放じゃ広告料集めにくいドラマですね。 [続きを読む]

受信: 2007/03/22 10:05

« 2007多摩川リバーサイド駅伝 | トップページ | 「ハゲタカ」最終回 »