« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

「ハゲタカ」再放送決定

え~相変わらず「ハゲタカ」後遺症です(笑)。
なので珍しく平日なのにblog書いちゃいます。
絶対再放送決まるだろうな、とほぼ確信しながら
毎日HPチェックしてたら
やっぱ決まりましたね、再放送

しかし、6月とは遅すぎる。
だって7月にはDVD出るんでしょ?
再放送するならもっと早くやらなきゃ。
しかもBSって私見られないんですけど。。。
(見られない私が悪いのか?でも私には録画があるからいいもん。)

このドラマ、きっと再放送繰り返す毎に
視聴率が上がっていく稀なドラマになると思う。

たぶん今口コミで評判がどんどん広がってると思うから
GWの深夜枠辺りで再放送できないのかな?
それでも絶対視聴率取れるって、今度は。
とtakecoは思うけどな。

会社の休憩時間に必ずハゲタカのドラマディレクターblogを
チェックしてしまう私(苦笑)。
私の投稿が載ったらトラックバック張ろうと待ち構えてるんだけど
未だ載らない。。。
たぶん投稿数ものすごいんだろうなー
あんまり印象的な文章書けなかったし。
(胸がいっぱいで当たり前のことしか書けなかった。。。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「ハゲタカ」最終回

はぁぁぁ・・・終わっちゃいましたね、「ハゲタカ」。
こんなに夢中になって観たドラマも珍しい。
終わっちゃって何か脱力、、、です。

第5回が鷲津が撃たれるという非常に衝撃的なシーンで終わったので
(いや、そもそも第1回が鷲津が撃たれたシーンから始まったので
 ある意味分かってはいた展開だったが、、、それでもねぇ。。。)
「え、どうなるの?最終回はどうなるの???」と
正直この一週間は仕事が手に付かなかった(苦笑)。
あ、仕事はちゃんとしてましたよ、それなりに(汗)。
でも何かこう、ふと気が抜けると「ハゲタカ」最終回の展開を
あれこれと考えている私(苦笑)。
はっきり言ってビョーキな一週間でした。

そこまで中毒症状になっていた私にとっては
正直最終回は「ちょっと」物足りなかった。
いや、冷静に考えていいラストだったとは思う。
でもこの物足りなさは何だろう。。。
と、今日1日いろいろ考えて、分かった。
私はあくまで氷のようにクールな鷲津が好きだったのだ。
それが脇腹撃たれて、リハビリでやっと歩けるようになって、
社会復帰した時に何か毒気が抜けていたのが物足りなかったのだ。

確かに相変わらずやり手で、古巣のホライズンに一泡ふかせて
「アラン、お前には何も見えてない」とクールに決めるところは健在なのですが
第5回まで見せていたあの冷徹さが無くなっていたのが
takeco的には物足りなかったな・・・
もちろんこのドラマは鷲津自身の再生の物語でもあるので
このラストでドラマ的には良かったとは思うのだけど。
というか、いつまでも冷徹のままの鷲津だったら
このドラマ終わらんがな、、、って感じだし(笑)。

それにしても鷲津を演じた大森南朋さん、素晴しいです!
すっかりファンになってしまった。
ドラマ開始前の予告を見ていた時は
ドラマのおもしろさは充分伝わってきたものの
「大森南朋?誰それ?脇役が随分豪華だから大丈夫かな?」って感じでしたが
第1回の放送を観た時点でそんな思いは吹き飛びました。
この役者さん、非常にうまいです。
日本にもこんなうまい役者さんいたんだ、って思いました。
何より鷲津のメガネ&スーツ姿にもう惚れ込みました(笑)!!!
ハゲタカ関係のサイトをいろいろ観てみると
鷲津のメガネ&スーツ姿にやられたのは私だけではないようで(笑)。
だってホントにかっこいいんだよね。。。

是非続編を希望したいところなんだけど、
希望する心の裏で「それはないかもな」と思っている自分がいる。
鷲津を演じた大森南朋さんが
何となくそういう展開を望まないタイプの役者さんのような気がするからだ。
ググって大森さんの公式サイトまで行って日記とかも読んでみたけど
(かなりエキセントリックな日記だった。。。)
この人、かなり職人的な役者さんのような感じがする。
「ハゲタカ」は視聴率こそあまり振るわなかったものの
(最終回の視聴率はまだ見てないけど)
このドラマかなり反響は高い。
そしてこのドラマで大森南朋という役者の株もかなり上がったことは間違いない。
そんな状況でもう一度鷲津を演じるというのは
いわば柳の下のドジョウをすくうようなもので
そういう冒険心がない展開を
職人的役者は決して望まないと思うからだ。

とはいえ
大森南朋さん以外の鷲津なんてもう絶対考えらないから
続編はないかな、、、というのがtakeco的予想。

あー原作本もとうとう買っちゃったよ。
でも鷲津のイメージがドラマとはかなり違うとのことなので
とりあえずドラマの熱が冷めるまでは封印だな。。。
(原作は原作でこれまたかなりおもしろいとの話だか。。。)

7月のDVD発売が待たれます。
・・・幸か不幸か録画しちゃったから、それまで繰り返し見ちゃうだろうなーきっと。
既に(本放送含めて)3回観てるし、、、ヤバイ、マジで中毒。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」

私は元々NHK制作のドラマって好きな方だ。
変に視聴者に媚びてないところがいい、っていうか。
特に社会派の骨太ドラマなど
「おおぅ!」と唸ってしまうドラマを過去いくつも観てきた。

古くは第二次世界大戦下の日米外交を描いたドラマ「マリコ」とか。
このドラマ良かったな~。その後何度か再放送されたけど
再放送の度に見て号泣したもんなー
このドラマ観て泣かない人は人間じゃないと当時かなりマジで思った。
あ、念の為言っておきますが私は「マリコ」はかなり子供の頃に観ました。
・・・たとえ観たのが子供の頃でもある程度歳バレるってば(苦笑)。

最近は大河ドラマほとんど観なくなってしまったけど
大河ドラマの「山河燃ゆ」も好きだった。
これまた第二次世界大戦ものなのだけど
(そういえば大河で戦時中モノ扱うのって珍しいよね)
このドラマも良かったよなー

割と最近のものだと「クライマーズ・ハイ」とか「マチベン」とかも良かった。
(そーいえば「マチベン」は役者を変えて第二弾やるらしいね。)

さてさて前置きがながーくなりましたが。
2/17(土)から放送されているドラマ「ハゲタカ」に
かなり激しくハマっています。
全6回なので次の土曜日で最終回ですが
これ絶対DVD買う!!!と今から息巻いています。
あらすじとかは面倒なので上記リンク先の公式HPを観て下さい、って感じなんですが。
takecoがここまで激しくハマっているポイントとしては
ドラマ全体の作りが「カッコイイ」ことがあります。

まず台詞回しがカッコイイ。
いい土台がないといい家は建てられないから、
名作と呼ばれる映画・ドラマには名脚本が必須なのですが
このドラマ、台詞がかなりカッコイイと思うのです。

演出もかっこいいです。
かっこいい、というか、単に私のツボにハマっているだけなのかもしれないですが(苦笑)。
第2回の密談の料亭で、札束満載のジュラルミンケースと共に、
くるりと立ち上がって立ち去る鷲津とか、
第4回の最後の方の株主総会のシーンで、大空電機の調査資料を後ろに放り投げる鷲津とか、
(あの時の鷲津のスーツが三つ揃えなのがまた私のツボだった(笑))
第5回の最後の方のシーンで、銃を向ける治に対して鷲津が言う「・・・撃てよ」って台詞とか、
毎回画面に向かって「かっこいい・・・」と両手を握り締めて呟いてます(笑)。
もうtakecoのツボ所満載です。

映像もかっこいいです。
会社のランチ仲間の人が「画面がブルーっぽい感じ」と表現していましたが
寒色的な、というか硬質な画像、な感じがします。
これがまたかっこ良さ度をUPさせています。

衣装がまたいいです。
「デキる男のスーツ見本市」って感じです。
takecoのブログで何度か「いい男は弓を引く姿が似合う」という
訳の分からない法則を紹介していますが
(大体日常生活で弓引く姿なんてなかなか見せられないではないか。。。)
1個法則を追加します。
「デキる男はレジメンタル・タイが似合う」!!!
鷲津の衣装は基本的に仕立ての良さそうなスーツですが
レジメンタル・タイの出現度高いです。
これがまたかっこいいんです。
我こそはデキる男、と思っている男性諸氏は是非レジメンタル・タイで決めてください(笑)。

というわけで、久々にハマるドラマに出会ってしまったtakeco。
たぶん小説も買っちゃうなー・・・

因みにこのドラマのエンディングに毎回流れる唄と映像も秀逸です。
takeco的ショート映像の名作、ネスカフェCM「朝のリレー」に匹敵します。
上記公式サイトで見られるのでドラマ観てない人も是非!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007多摩川リバーサイド駅伝

うーむ、また2ヶ月もブログをサボってしまった。
書くネタはいろいろあったんだけどねぇ・・・
2月の3連休に有休1日足して台湾に遊びに行ったり。
映画も観たり(1本だけだけど、、、「マリー・アントワネット」)。
名古屋出張があったんで久しぶりに友達と食事♪なのは良かったんだけど
出張日が日曜だったり(何でよりによって日曜なんだー!!!)。
腰痛になったり(単に筋肉が凝り固まっていただけらしいが、、、ほぼ回復)。
でもまぁこれらのことを全部書くのもメンドいので(笑)。

で、また駅伝ネタです。
「またかよ!」と自分でも突っ込み入れたくなります、ハイ。
昨年の私の駅伝デビュー「2007多摩川リバーサイド駅伝」に今年も出場しました。
メンバはいつものみなさんです。

※ちなみに去年の多摩川リバーサイド駅伝体験はこちら

今回の私の担当は第3区3km。
ホントは5kmくらいの方が調子が出ていいんだけど
今回は腰痛になったこともあり、あんまりしっかり練習してないので
3kmにしてもらった。

思えば去年の多摩川リバーサイド駅伝は
観測史上稀に見る超強風の日だった。
今年も風はそれなりに強かったが
それよりも何よりも、、、超!超!超!寒かった。
走り始めてしまえばいいのだけど
順番を待つ間が寒くて寒くて凍えた。
(おかげで体調を崩し、翌日は午前半休をとるハメになった。
 でも昼頃体調復活したっぽかったので午後から出勤したが。。。
 うーん、回復早!)

記録自体はいつもと同じ17分台だった。
腰痛が完治したらもっと真面目に練習しよう。
(完治したら、って完治してないのに走ったのか、って感じですが(苦笑))。

まだまだ寒いが日も長くなってきたし、ジョギング日和です。
今週末も走ります。
もう1個会社関係で所属しているジョギングクラブがあって
そちらのメンバと一緒にレインボーブリッジを走ります!
3/24、レインボーブリッジを走っている集団を見かけたら、
私がその中にいるかもしれません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »