« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ホノルルマラソン06

さて年の瀬も押し迫って
実家に帰ってきています。
12月は全然Blog書いてなかったけど
これは年内に書いておかねば・・・
ということで
実家の弟のパソコンを借りて書いてます。

12/8~12/13とホノルルマラソン出場の為、
ハワイに行ってきました。
1週間休むとあって
仕事はギリギリまで押していたのですが
何とか終了。
スーツケースはもう2日前に発送してあるので
機内持ち込みの荷物だけ
8日の朝あたふたと詰め込み
午後3時頃成田に向かって出発したのでした。

日本は冬でもハワイは常夏。
コートとか邪魔よね、ということで
今回初めて空港の荷物預かりを利用することにしました。
空港に着くなりコートをスーツケースにしまっちゃってる人もいたけど
帰りお土産で荷物が膨れ上がることを思うと
余計な荷物はないに越したことはないもんね。
コートと手袋は帰国日まで預かってもらうことに。
6日間で1800円くらいだったかな?
でもこれ便利だったわぁ~
これからも冬に暖かい国に行く時は利用しよう。

今回の飛行機はChinaAirlines。
ハワイに行くのに中国の航空会社ってのも
何だか変な感じ・・・
でも機内食はおいしかったし
ちょっぴり覚えた中国語も使えたし(謝謝、くらいだが。。。)
まぁ良かったかも?

と約7時間程の飛行の後、ホノルル空港に到着。
日本は冬でもハワイはさわやかな初夏を思わせる気候。
うーん、やっぱハワイっていいよなー

今回は航空会社と宿だけがセットのツアー。
なので一応お迎えが空港まで来ており、
無条件でDFSギャレリアに連れて行かれたり、とかは
あったものの(苦笑)
簡単な説明さえ聞いてしまえば
後はほとんど放ったらかし、って感じのものだった。
まぁ全部決まりきってて自由度のないツアーは
私はあまり好きではないので
その方がむしろありがたかったりする。

で、早々に解放された後、ホテルのチェックイン時間までには
まだ時間があるよね、ということで
先ずはコンベンション・センターに
マラソンのゼッケンを取りに行く。
うーん、気分が盛り上がってきたぞー!

それでもまだ時間が余っているので
いろいろ観光してみることにする。

先ずは同行の一人がパールハーバーに行ってみたい、
ということで
TheBusに乗ってアリゾナ記念館に。
ところで行ってみるまで気づかなかったのだけど、
この日は何とパールハーバー・アタックがあったその日なのであった。。。
日本人少な!!!
ってゆーか日本人他にいないぞ・・・
でもまぁリゾート地の華やかな一面だけ見ててはいけないのよ、というわけで
厳粛な気持ちで展示を見て回る。

館内を抜けて出た庭は真珠湾に面していた。
南国らしい椰子の木が雲一つない快晴の空に伸び、
目の前には青々とした海が煌めく。
左手の方角に白く平たい建物が海上に浮かぶ。
アリゾナ・メモリアル。
その下には真珠湾攻撃で沈んだ戦艦アリゾナが今も沈んでいる。
65年前の惨劇なんて全く想像できないくらい
真珠湾はきれいだった・・・

再びバスに乗ってホノルル市街地へ。
そしてホテルに着いてチェックイン。
時間はもう夕方4時を回っていた。
ちょっとだけ休憩してすぐにカピオラニ公園に向かう。
ホノルルマラソン・ルアウに参加する為だ。
要は前夜祭のようなもの。
テントのケータリングで適当に食料をピックアップし
ステージパフォーマンスを見ながら食べる。
有名なウクレレシンガー、ジェイク・シマブクロのライブもあった。
MCによると何とジェイクも今年は走るという。
しかも12:00からゴール地点でライブまでやるというではないか。
つまり何が何でも12:00までにはゴールしないといけないのだ。
がんばれ、ジェイク。
その日の夜はちょっと小寒かったので
早々にホテルに引き上げることに。

9日は午前中はコンベンション・センターで
JAL主催のホノルルマラソン説明会に参加。
今回同行のメンバー6人はホノルルは初めての人ばかりなので
コース下見の代わりに参加することにしたのだ。
ホノルルマラソンロゴ入りストラップがもらえたり、
ピンバッチがもらえたり、とちょっとうれしかった。
今後ホノルルを走ることがあっても
もうこの説明会には出ないと思うが
初めての人にはなかなか有益な情報が得られる説明会だと思う。

説明会後はアラモアナ・ショッピングセンターに移動。
ジャッキー・チェンの店で昼食後、夕飯まで自由行動ということに。
私はそのままアラモアナ・ショッピングセンターで
お買い物三昧に明け暮れたが(苦笑)
他のみなさんはビショップ・ミュージアムとか行ったようだ。
友人Teddyはハワイ出発前までの激務がたたり
体調をくずしたようでそのままホテルへ戻りダウンしてしまった。。。

アラモアナで買った大量のお買い物を一旦ホテルに置き、
夕飯に行く前に最寄のABCストアに行く。
明日(マラソン当日)の朝ごはんを買っておく為だ。
聞くところによると
マラソン前日はおにぎり等は夜になるとすべて売り切れてしまうそうなのだ。
ABCストアでおにぎり2個、ヨーグルト、V8のフルーツ版を買っておく。

夕飯はマリオット・ホテル1階のビュッフェ。
マラソン前夜なので炭水化物をいっぱい採りましょう、ということで
パスタなどを意識的に採る。
で明日は朝早いので8時にはホテルに引き上げる。
前日のうちにゼッケンをTシャツにつけ、
シューズにチャンピオン・チップをつけてさっさと寝る。

マラソン当日。
朝2時半、起床。
まずは朝ごはんを食べる。
メークはどうせ落ちるのでしない(笑)。
日焼け止めだけは顔を含め、日光にさらされる部分に
まんべんなく塗る。
そして足の指とか腋とかにワセリンをたっぷりと塗っておく。
擦れて痛くなるといけないので。
そして寒さ対策用に日本で買っておいた
300円くらいの安い透明カッパ(捨ててもおしくない値段のもの)を着て
待ち合わせのホテルロビーへ。

外はまだ真っ暗だ。
見ると似たような格好をした人達が
静々とスタート地点のアラモアナ・ショッピングセンター前に向かっている。
この光景を「ゾンビのようだ」と形容した人がいるが
正にそうだ、と思って笑えた。

私は目標時間が5時間台でゴール、だったので
5時間台の地点に並ぶ。
他のみなさんはもうちょっと目標時間が早いようで
前の方へ行く。
午前5時。
花火が上がる。
向かいのガラス張りのビルにそれが映ってすごくきれい。
いよいよスタートである。

が、スタート地点までがなかなか進まない。
タイムはチャンピオン・チップで正確に取れるので
あせることはないのだが
結局スタートの花火が上がってから
スタート地点にたどり着くまで15分はかかった。
しかもスタートしてからも1km地点くらいまでは
人ごみが激しくて
走れたもんじゃない。

が、何といっても42.195kmである。
最初からとばして行っては最後まで体力が持たないだろう。
昨日の説明会でも言っていたので
前半はとにかく抑え目にいくことにする。
2~3km地点からそろそろ走り出すことにする。

まだ夜明け前のダウンタウン。
クリスマスのイルミネーションが光る。
そういえば前にハワイに来た時は
ほとんどダウンタウンって見なかったけど
こういう形で通るのも何だか楽しい。

ダウンタウンを回って再びワイキキ中心地へ。
ブランドショップが立ち並ぶ道路を過ぎて
ゴール地点のカピオラニ公園の脇を過ぎる。
その辺りでちょっと左足親指の付け根が
痛いことに気づく。
まずい、靴擦れしかかってる。
ワセリンしっかり塗ったつもりだったのに
塗り忘れたんだろうか?
ちょうどトイレに行きたかったこともあり
トイレ休憩することにする。
トイレ後、左靴下を脱ぎ
ウエストポーチに入れておいたバンドエイドを
靴擦れしかかっているところに貼る。

因みに42.195km中トイレに行ったのは
この1回だけだった。
全給水所で給水したにもかかわらず。
後はきっと下に出る前に汗になってしまったのであろう(苦笑)。

そろそろ夜が明けかかっている。
目の前にダイアモンド・ヘッド。
最初の難関だ。

カハラの高級住宅街を過ぎて、カハラ・モールへ出る。
ホームステイしてた時に2度ほど買い物に連れて来てもらったところだ。
こんなところまで自分の脚でこようとは・・・と
感慨にふけるのもつかの間。
ここからはひたすら平坦なハイウェイを延々と走るのだ。

ハイウェイの途中で「ハーフ」という表示が見える。
やっと半分まできたか、といった感じ。
だけどこのハーフへ来た辺りで
膝と太もも付け根の外側の関節が痛くなってくる。
前半も走って休んで、って感じだったけど
走ってる時間の方がまだ長かった。
後半は明らかにそれが入れ替わることになる。
心臓も肺もまだまだ元気いっぱいなのに
関節が痛くて長く走れないのだ。

ハーフ表示を過ぎても延々と無味乾燥なハイウェイを走り抜けると
深々と入り込んだ美しい湾に差し掛かった橋を渡る。
ハワイカイだ!!!
懐かしい。前に1週間ホームステイしたところ。
湾沿いの家々にはデッキがあり、そこにボートが着いている。
ここをキャシー(ホストマザーね)の車で通る度に
「いいなー老後はこんなボートデッキのある家に住みたいなー」
なんて思ったものだ。

ハワイカイの閑静な住宅街を駆け抜ける。
・・・いや、それは嘘でこの頃にはもう歩いてる時間の方が長かった(苦笑)。
住宅街に入ってしばらくするとJAIMSという
これまた1週間通った学校の前を通り過ぎる。
JAIMS、懐かしいなー
ちょうどこのJAIMSを通り過ぎた辺りで
コースは緩やかに蛇行し
折り返し、ゴールのカピオラニ公園を向くことになる。

再び無味乾燥なハイウェイ。
ハイウェイが終わる辺りがまたカハラ・モールのはずなんだけど
なかなか見えてこない。
当たり前だ。前半より明らかに歩いているから。
ようやくカハラ・モールが見えてきて
再びコースはカハラの住宅街へ。

カハラの高級住宅街を抜けて再びダイアモンド・ヘッド。
もうこの頃になるとほとんど走っちゃいない。
やっとあと1kmという表示に差し掛かる。
その表示のところで
もうゴールした人らしいフィニッシャーズTシャツを着た
日本人女性が
「あと1kmです。がんばって!」と
声を掛けていた。
私はその時前方しか見てなかったので
声掛けてる人がいるな、くらいにしか気づかなかったのだけど
ゴールしてから聞いたところによると
それは有森裕子さんだったらしい!
・・・全然気づかなかった。
もっとまじまじと見ておくんだった。。。

やっとカピオラニ公園に入る。
しかし、ゴールが遠い!
公園に入ったらすぐかと思ってた。
あと少し、、、最後の力を振り絞ってがんばる。
ゴールする瞬間は写真に写る為、ちょっとでも走らねば、と
がんばってちょっとだけ走る。
人間がんばれば限界を超えられるものだ。
そしてやっとゴールゲートをくぐったのであった!

足が痛くて座りたいのは山々だけど
とにかくTシャツだけはもらいにいかねば、、、と
地図を見る。
げげ、よりによって一番奥じゃん。。。
と心の中で悪態をつきながらヨロヨロとTシャツ配布所までたどり着く。

あとは手近な木の陰に横になる。
もう1歩も歩けない。。。

少し木陰で休憩してから
ホテルへ戻り
まずはシャワーを浴びる。
で、夕飯の時間まで惰眠をむさぼる。
もう何時間でも寝られそうな感じだ。

夕飯は焼肉。
消耗したエネルギーを補充しなければ。
で、夜は脚にアンメルツヨコヨコを塗りまくって眠ったのであった。

朝、アンメルツのせいか筋肉痛がほとんどない!
夕べ焼肉食べに行った時は
歩くのが大変だったのに。
アンメルツ効果絶大。

この日はレンタカーを借りてドライブ。
東の方を海岸沿いに走って
ノースショアまで行きたかったんだけど
残念ながらクアロア・ビーチまで。
クアロア・ビーチは人がいなくてきれいだった!
ここで1日海を見ながらのんびりしても飽きないと思った。
次にハワイに来た時は
そんな贅沢な時の過ごし方もしてみたいなぁ。

夜はマリオット・ホテル1階のイタ飯屋で食事。
明日は帰国の為荷造りして就寝。

翌朝は夜も明けやらぬ早朝、
お迎えのバンに乗ってホノルル空港へ。
出国の後、スタバで軽く朝食。
あとは出発まで免税店で買い物し
行きと同じくChinaAirlinesで帰国したのであった。

東京は雨。どんよりとした低い雲。
ハワイのあの青い空がもうなつかしくなってくる。
でも旅は非日常だから楽しいのかもね。
ここが私の日常。
そして日常もそれなりに楽しいじゃないの。
Life goes on.
またどこかの国に走りに行きたいな。

P.S.
1月8日の午前にTBSでホノルルマラソン06の特番が
放映されるようです。みんな見ましょう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »