« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

「ブロークバック・マウンテン」

先月観た「クラッシュ」
本年度アカデミー賞主要部門を二分した映画、
ブロークバック・マウンテン」を観て来ました。

金曜日(3/24)のレイト・ショーで観に行ったのですが
正直未だに消化不良の映画です。
何て感想を書いていいのか分からない。。。

この映画がゲイのカップルを主人公にした映画であることは
広く知られている事実だと思うんですが
私が今まで観たゲイ映画とは
明らかに毛色が違います。
私が今までに観てきたゲイ映画には
「アナザー・カントリー」や「モーリス」があり
これらの映画にはかなり感動したりもしてきた私なんですが。

「アナザー・カントリー」や「モーリス」が
英国パブリック・スクールを舞台としていて
キラキラした美少年君たちがホモってるのは
ある意味浮世離れした感じがします。
※もちろんこの2本は「同性愛=世間からタブー視されているもの」
 に対峙した人間を描いている映画であって
 単なるお耽美映画ではないことを強く主張しておきますが。

それに対して「ブロークバック・マウンテン」は
妙にリアルなんです。
主人公の2人が美少年君でないのが余計に
「たぶん世に実在するゲイな人たちって実際にはこうなんだろうな」
と思わせるような。

[以下、かなりネタバレです。未見の人は読まないように。]

またこの2人にはそれぞれ奥さんがいて
ちゃんと子供までいるのが単なるゲイ映画ではない感じがします。
(ゲイの人たちって異性は全くダメなんだと思ってました。)
このそれぞれの奥さんの描き方がまた興味深い。
イニスの奥さんは夫がゲイであることを知って
激しく拒否反応というか、嫉妬ですね、あれは。
夫に自分より愛してる人がいて、
しかもそれは女じゃなくて男なんだから
その精神状態たるや尋常なものではないでしょう。

それに対してジャックの奥さんは
おそらく全て知ってるんです。
だけどイニスの奥さんとは正反対で
知らないふりを通すんです。
ジャックの死後、イニスから電話がかかってきて
ラリーン(ジャックの奥さん)は
電話の相手が夫の恋人であることを知りながら
あくまで知らないふりを通します。
それがスクリーンからにじみ出てました。
アン・ハサウェイ、単にきれいなだけの女優さんじゃないですね。
この2人の奥さんの対照的な描き分けが見事でした。
この電話のシーンのラリーンのマニキュアの雑な塗り方が
彼女の心情を表していて
「こういう演出、好きだなー」としみじみと思ってしまいました(苦笑)。

「アナザー・カントリー」や「モーリス」が
同性愛を描くことによって
タブーな存在への社会の反応の醜さを描いているのに対して
「ブロークバック・マウンテン」では
もちろんそれも描かれてはいるんだけど
そこまで強く表現されていないような気がする。
それよりも
「許されない恋を選んでしまった辛さ」みたいなのの方が
強く表現されていた気がする。
どこかの映画評で読んだ気がするんだけど
この映画の主題は別に同性愛じゃなくても
不倫でも描けると思う、と書いてあった。
確かにそうだ。
「許されない恋」という点では
同性愛も不倫もそうだもんね。
今は結構何でもありのご時世になってきたから
不倫も同性愛も昔ほどタブー視はされてないと思うけど
でもまぁ不倫の方が同性愛よりは社会的蔑視が軽いのかな?
とはいえエルトン・ジョンも男と結婚するご時世だからねぇ。。。

何となくこの映画の感想が書きにくい理由が
分かってきた気がする。
この映画、観てる人の心の一番哀しい体験を
フラッシュバックさせる効果があるんじゃないかと思う。
哀しさが極まって嘔吐してしまうくらいの体験を。
この映画観終わった後、何となくみぞおちの辺りが痛いような
そんな気さえした。

そういう意味でこの映画は「救い」がない感じがしたのだ。
イニスはジャックが死んだことによって
むしろ苦しい想いから解放されたではないか。

何となくまとまりのない感想になりましたが。
ホントに消化不良なんで。。。
役者の演技、監督の演出ともにすばらしいです。
間違いなく完成度の高い映画です。
それは分かるんですが、、、
観終った後のあのどうにも痛い感じが
諸手を挙げてお勧め、って感じではないのです。
うーん、今回は星つけられない。評価不能。

余談ですが
以前同じくアン・リー監督作品の
「恋人たちの食卓」という台湾映画を観たのですが
これすごく良かったです。
観る機会がある方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

初めての駅伝体験記

どうも最近天気に恵まれてない気がする。
昨年10月の名古屋→川崎への引越しの際には
搬出日搬入日とも雨に見舞われた。
今年1月は関東一帯に大雪が降った日に
わざわざTOEIC(IPテストね)を受けに行った。
そして一昨日(3/19)。
関東圏は記録的な「春の嵐」で
12年ぶりに「風塵」が観測され
強風のためあちこちで電車が止まったらしい。

そんな記録的な強風の日曜日、
私は"2006 多摩川リバーサイド駅伝in川崎"に出た。
朝方は雨が降ってたけど
出掛ける頃には上がっていたので
ツイてる、ラッキーと思った。
確かに雨に降られなかったのはラッキーだったが
あんなものすごい強風に見舞われるとは思ってなかった。。。

この駅伝、近辺ではかなりポピュラーな駅伝なのか
参加者がかなりたくさんいたのに驚いた。
多摩川河川敷のスタート&ゴール地点に到着すると
結構な人だかりだった。
この寒いのにランニング&短パンの
超本気モードのチームから
エビフライの着ぐるみや
萌え~なメイドの扮装をしたチームまで
参加チームは種々雑多。

私はロングの部の第4区3kmを走る。
3kmだったら週末だけだけど走ってる距離だから走れる、
と思って引き受けた。
私がタスキを受け取る第3区の人のスタートを見届けてから
第4区の待機ゾーンに行く。
待ってる間も風はビュンビュン吹いている。
そう、本当にビュンビュンとうなりながら吹いているのだ。
向かい風だとキツいな、と思う。
前に週末走ってた時に
ものすごい向かい風のところを走ったことがある。
本当に進まないのだ、これが。
そのときの記憶がふとよぎる。

私のチームの番号がマイクで呼ばれる。
第3区のランナーが中継地点に近づいてきた合図だ。
待機ゾーンから中継地点に出て待つ。
第3区のランナーに「お疲れ様!」と叫びながらタスキを受け取る。
タスキをかけながらストップウォッチモードにした腕時計を
ピッとスタートさせる。
私はヘナチョコランナーなので
いつも3kmを20分くらいで走る。
今日もそんなくらいで走れれば上々。

しかし。
周りに走る人たちが他にもいっぱいいる為
やはりつられて早く走ってしまったらしい。
1km地点、時計を見ると3分30秒くらい。
ヘナチョコランナーの私には早過ぎるペースだ。
このままでは後半もたない、と思い
ペースをやや落とす。
と、ここでものすごい向かい風になる。
いやでもペースは落ちるが
体力消耗度は倍増。
2kmまでがやたらと長く感じられる。
2km折り返した地点で
いつもより疲労感が高いのに気づく。
いつもだと2kmくらいだとまだ余裕があって
鼻歌くらいは歌えるくらいなのに(もちろん実際には歌わないが)。
やはり前半のハイペースと強風がたたってるらしい。

中継地点が見えてくる。
タスキを外す。
あと少し、全力疾走。
第5区走者の「お疲れ様です!」の声に迎えられて
タスキを渡す。
コースを外れながらストップウォッチを止める。
17分48秒。
おお、私にしては上々なタイム!

会場内の特設テントでマッサージサービスをやっていたので
脚をマッサージしてもらう。
16:00から打ち上げで一旦解散となったので
マッサージ後、駅伝会場から宴会会場への
ちょうど中間辺りにある銭湯に行く。
走ったあとだから汗かいてるし
何よりも強風でしかも寒かったから暖まりたい!
みんな考えることは同じらしく
銭湯は出場したランナーのみなさんでにぎわっていた。
折りしもWBC対韓国戦の中継中。
銭湯の待合室から何度もどよめきと歓声がわく。
結果は6-0で日本の勝利。
待合室のおじさん達はすっかり祝杯モード。
私は野球はそんなに好きじゃないんだけど
それでも日本の勝利はやっぱりうれしい。
駅伝を終えた爽快感とWBCの日本決勝進出。
何となくいい気分で宴会会場へ。

宴会では調子に乗って飲み食いしすぎた為
体重が1kg増えてしまった。。。ヤバイ。
今週は食事制限しないと(苦笑)。

走るってのは基本的に個人競技だ。
野球とかサッカーとかバスケなんかはチームプレーで、
チームゆえのむずかしさ、ってのが当然ある。
でもそのチームでの勝利ってのは
一人での勝利よりも喜びが倍増、いや倍々増、
いや人数分乗?した喜びがあると思う。
個人競技には味わえない醍醐味だ。
長距離走は個人競技だけど
駅伝となるとチームプレーに変わる。
ゴールをチームで喜ぶことができる。
いいな、駅伝っていいな、と
何となくうれしく思った1日でした。
ハンパじゃない寒さではあったけどね。。。

20060319ekiden
※今回の駅伝参加記念のTシャツ。うーん、イマイチかわいくない・・・(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初めての駅伝挑戦

ハワイ仲間のTeddyからの依頼で
初めて駅伝に挑戦することになりました!
ちょっとワクワク。

2006 多摩川リバーサイド駅伝in川崎

元々この駅伝に出る予定のグループの一人が
出られなくなったらしく
Teddyに依頼が来たらしいのですが
Teddyはこの日荒川市民マラソンに出るので
私にこの話が回ってきた、というわけ。
3kmだったら週末走ってる距離だし
3kmの区間だったら走れそうなのでOKすることに。

楽しみだな~
年明けの箱根駅伝とか見て
結構感動するんだよね~
まぁ距離が短いんで全然違うだろうけど。
タスキでつなぐ感動、っての?(苦笑)

せっかく誘ってもらったので
足を引っ張らないように
今週は平日にも1回くらい走って練習しとかないと。
がんばるぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なぜだ?!U2公演延期

今週一番悲しかった出来事、それは。。。

U2日本公演延期!

正直川崎に転勤になって良かったわ~って思ったさ(笑)。
日産スタジアムなら、仕事定時に終わってすぐ行けば
何とか行けるし。
先行予約で2時間がんばってチケット取ったのにぃ~!!!
早く再公演の決定してくれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おめでとう!「クラッシュ」オスカー受賞!

ほら言ったでしょう?
クラッシュ」がアカデミー賞の脚本賞とるって(自慢気)!
そしたら脚本賞どころか
作品賞まで受賞しちゃったじゃないの!
すごいすごい!おめでとう!
自分が名作!と思った映画が賞をとるのは
何だか自分のことのようにうれしい。
でも先週のblogにも書いたけど
作品賞は予想外だった。
アカデミー賞作品賞は
大作が受賞する確率が高いので
そういう意味では「クラッシュ」は小品なんだな。

「クラッシュ」以外の作品賞候補だった作品は
観てないんだけど
「ブロークバック・マウンテン」か「ミュンヘン」が
取るんじゃないかなーと思ってた。
でも「ブロークバック・マウンテン」はゲイ映画らしいし
「ミュンヘン」は中東問題を扱った映画だし
アカデミー賞は保守的だから
一番の華である作品賞に選ぶには
そういう社会的に物議をかもしだしそうな映画は
選べなかったんだろうな。
※実際にこの2作品は物議をかもしだしてるらしい。
 「ブロークバック・マウンテン」は
 敬虔なキリスト教文化が根強い街では上映禁止らしいし
 (キリスト教的にゲイは禁止らしい)
 中国的には同性愛は精神的障害扱いなんだそうだ。
 この作品で監督賞を受賞したアン・リー監督は
 中国系の人なのに
 ゲイ映画だから中国での上映予定はないらしい。
 「ミュンヘン」も実際にこの事件の関係者である
 遺族から実話と違うとかいろいろ言われてるらしいし。

同性愛、中東問題よりは
人種差別問題の方が
アカデミー賞的にはOKだったということか???

ともあれ。
「クラッシュ」はいい映画です。
観る人を選ぶ映画だと思うけどね。
でも一種の「救い」を感じられる映画ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »