« 叙々苑体験 | トップページ | 「フライトプラン」 »

「THE有頂天ホテル」

1/15は水曜日でレディスデーとのことで
映画を観てきました。
THE有頂天ホテル」です。

三谷幸喜作品はTVだと「古畑任三郎」や「王様のレストラン」くらいしか見てないんですが
何といっても印象的だったのは
舞台劇の「バッド・ニュース☆グッド・タイミング」。
友人から借りたDVDで観たのですが
これはおもしろかった!
抱腹絶倒とは正にこのこと。
腹筋が痛くなるくらい笑いました。

「THE有頂天ホテル」という映画に
何を期待して観に行くか、によって
この映画を観終わった後の感想が
大きく変わってくると思うんですが
「バッド・ニュース☆グッド・タイミング」のような
抱腹絶倒さを期待して行くと
この映画はおそらく期待外れになるでしょう。
この映画は小ネタはあちこちに散りばめられているのですが
その小ネタは大笑いをさせる為のものではなく
クスクス笑う、という類のものです。
笑いを楽しむ、というよりも
展開の緻密さを楽しむ、と言った類の映画でしょう。
あれだけ多くの登場人物を
よくも見事に配置したものだ、と思います。

個人的には唐沢寿明とオダギリジョーが笑えました。
二人ともふだんは絶対演らないような役で登場してます。

ちょっと疲れてる時なんかは
こんな感じの軽い笑いのとれる映画観ると
気分転換になるんじゃないですかね?
takeco的には星3つくらい、かな?☆☆★★★。

往年の名画「グランド・ホテル」へのオマージュが
スイートルームの逸話にあったのが良かったです。
特にこれといった主役が存在せず、
限られた空間と時間の中で展開する劇形式を
この名画になぞらえて「グランド・ホテル形式」と言うそうですが
「THE有頂天ホテル」も
間違いなくグランド・ホテル形式な映画ですね。

|
|

« 叙々苑体験 | トップページ | 「フライトプラン」 »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/8742352

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE有頂天ホテル」:

» 第七十六回目の元カレ日記 [★★元カレ日記★★]
 アハハハ・・・(;´▽`A   いやー・・結局、「THE有頂天ホテル」  二回目を観に行きました。  どうしても、記憶を頼りに・・ストーリーを構成していましたが・・  辻褄が合わなくなったんで・・レディース・デイに、一人で行ってきました。  二回目を観...... [続きを読む]

受信: 2006/03/17 02:24

« 叙々苑体験 | トップページ | 「フライトプラン」 »