« ハワイ道中記:第2日目(6/19) | トップページ | ハワイ道中記:第4日目(6/21) »

ハワイ道中記:第3日目(6/20)

いよいよ今日から学校である。
そしてホームステイ、スタート。

8:00にホテルロビーに集合し、バスに乗る。
30分くらいで学校につくそうである。
そういえば学校がどの辺にあるのか
全然知らなかったのだが
昨日行ったハナウマ湾の割と近くだった。
ハワイカイという界隈である。

30分ほどで学校到着。
周りを緑に囲まれた
地上2階建ての平べったい感じの建物。
うーん、近くに娯楽施設が一切ない!
こういう環境では
学生は学業に専念せざるを得ないだろう。。。

9:00、オリエンテーション。
今日から1週間、
午前:会話、
午後イチ:Business Writing、
午後ニ:プレゼンテーション、
といった授業を受ける。
午後からの授業は全員一緒だが
午前の会話は3つのクラスに分かれて行う。
私のクラスの担任はJohn。
なんと名字が私と一緒だ!
まさか異国の地で同じ名字の人に会うとは思わなかった。
(因みに私は生粋の日本人です。
 私の名字がスミスだった、とかそういうわけではありません(笑))

オリエンテーション後、早速会話のクラス。
まず最初はお決まりの自己紹介なんだが
そこでJohnは私たちに英語名をつけなさい、と言った。
英語名か~
発音むずかしいかもしれないけど
できればちゃんと自分の名前を呼んで欲しいんだけどな~
などと心の中で思っていたのだが
実はこの英語名が後々実にいい効果を発揮しはじめた。
そして意外と便利なのである。
ま、その話はまた追い追い。

英語名を付けるのはなかなかむずかしい。
Web上でのハンドル名なんかもそうなんだけど
本名からあまりにかけ離れた名前だと
自分の名前ではないようで何だか違和感を感じる。
このblogでは"takeco"と名乗っているけど
これだってちゃんと本名に因んでつけているのだ。
(私の本名を知ってる人には分かると思いますが。)
私の本名のファースト・ネームは
カタカナの「キ」で始まる。
なので「キ」で始まる名前にしよう、と思った。
この時、たまたま座った順番で
私の自己紹介の順番は5番目である。
もうこうなると
自分の前の人の自己紹介は半分くらいしか聞いてなくて(苦笑)
頭半分で自分の英語名をあれこれ考え始める。

「キ」で始まる名前、、、何がいいかな?
すぐに思いついたのは「キャリー」だった。
SATCのキャリー・ブラッドショー。
演じてるサラ・ジェシカ・パーカーはスリムでオシャレだし。
よし、キャリーにしよう。決定。
綴りは本来"Carrie"とするところなんだろうけど
これまた本名に合わせて"K"で始めることにした。
"Karrie"-うん、あんまり違和感ない。
SATCのキャリーは好きなんだけど
私はMr.Bigがあまり好きではないのだ。
(むしろ嫌い。エイダンの方が断然いいのにー)
なのでちょっと変えて"Karrie"。いい感じだ。
もしこのblogで"Karrie"と呼びかけてコメント付けてくれる人が
いたとしたら
それは私のハワイ仲間の人たちだと思って下さい(笑)。

会話のクラスには
ボランティア(たぶん?)で近所に住む人たちが
約30分くらいゲストでやってくる。
1日3人づつ。
で、この人たちにインタビューするんだが
これが結構大変で。
でもいい練習になったけど。

12:30から1時間が昼食。
みんなが一斉にカフェテリアで食べる。
が、この時も気は抜けないのであった。
各クラスに来ていたゲストたちも一緒にお昼を食べる。
内緒話をするわけにいかないので
当然食事中も英語となる。
うーん、なかなかうまいこと仕組んでありますね。。。

13:30からはBusiness Writing。
コンピュータ・ルームでの授業。
各PCにはシマンテックのpcAnywhereが入っていて
生徒が書いた英文を
プロジェクタで前に映せるようになっているのだ。
が、午後イチにコンピュータ・ルームでの授業はツラかった。
午後イチなので眠い。誰が何と言おうと眠い。
コーヒーでも飲みながら受けられると良かったんだけど
コンピュータ・ルーム内では飲食禁止なのだ。
実際居眠りしてた人もいたとかいなかったとか(苦笑)。
私は眠いながらも何とか持ちこたえました。
学生時代はよく居眠りしてましたけど
今回のは学生の頃とは違って全額自分で出してるし。
まぁ出した分の元は取らなきゃならない、と。

Business Writingの後、30分の休憩。
そして15:30からプレゼンテーションのクラスである。
5日間で3種類のプレゼンをします、と言われる。
1つ目は自己紹介、
2つ目は職場で改善したいことのプレゼン、
3つ目はお客さんに何か買って貰う為のプレゼン。
が、プレゼン慣れしてない日本人の私たちは
モジモジしてしまって、あんまり積極的に前に出なかった為、
結局3つの予定が2種類のプレゼンしか出来なかったのであった。。。
おまけに先生による指名制ではなくて
立候補制だったので余計に。
この辺も個性を重んじるアメリカゆえか???
この日は結局3人しかプレゼンできず
残りは次の日以降にやることになった。

17:00、授業終了。
1階に降りて行くとホスト・ファミリーが迎えに来ている。
しかし前もって写真とかもらってるわけじゃないので
誰が自分のホスト・ファミリーなのか分からない。。。
大体ホスト・ファミリーの名簿をもらったのが
出発の前々日だったくらいなので。
スタッフが引き合わせてくれるのを待つ。

私のホストファミリーは
夫婦2人で同居の子供とかペットとかはいない家庭であった。
年齢とかは不明。
が、この日はパパさんが迎えにきてくれていて
どうやら子供が独立した後のご夫婦、といった年代だった。
学生の時、ホームステイしていた家もそんな感じの家だった。
学生の時もとてもいい家にホームステイしたんだけど
今回も結構「当たり」な家かも、と思いちょっとホッとする。
たった1週間とはいえ、
気の合わない人だったら疲れるもんね。

家に帰るとママさんがパートから帰ってきていた。
ママさんは職場が家から遠いらしく
私が朝起きると(6:30)、
既に出かけていていなかった。
学校へはパパさんが車で送っていってくれたので
パパさんはいるんだが
彼は愛するママさんと一緒に早くに朝食を食べてしまう為
私は朝ご飯は一人だった。

思えば学生時代のホームステイも
朝は一人だったなー
老夫婦といえども
二人とも働いてたんで。
学校まで距離があったんで
何と私が行っていた学校の隣にある
小学校のスクールバス(!)に乗って通っていたのだ。
当時私は21歳。
いくら東洋人が若く見えるとはいえ
小学生に混じってバスはねぇ。。。
でもあれで1ヶ月通ったよな。
最終日には結構涙ぐんで
小学生たちと別れを惜しんだものだ(苦笑)。

さてさて。
ママさんがテキパキと家の中を案内してくれる。
夫婦のバスルームは2階の寝室の横にある為
1階のバスルームは
私が好きな時間に好きなように使っていい、と言われる。
ラッキー。
これも学生時代と同じパターン。
家族の誰かとシェアだと
使う時間とか気を使うもんね。

ママさんが私を案内している間
パパさんは裏庭のBBQコンロでステーキを焼き始める。
この日のメニューは確か
ステーキ、野菜サラダ、ガーリックトースト
そして私に気を使ってか、ご飯。
私は日本人のクセにあんまり米飯を食べない人間なんだが。。。
でもせっかくのご好意なのでご飯も食べることにする。

そして食後
ママさんとドライブがてら
カハラ・モールへ買物に行く。
ママさんには3人孫がいるのだが
(パパさんとはお互い再婚らしく、別々に孫がいるのだ)
おもちゃ屋さんであれがかわいい、これもかわいい、と
大喜び。
私はこの日結局何も買わなかったのだが
ママさんはかわいい孫の為に
いろいろと買物をしていた。

7/2のblogに載せた
青いノースリーブ・シャツは
ホントはこの日既に気に入っていた。
ちょっと高いかな、と思ったんだけど
後日やっぱ買いたい、と思い
再びカハラ・モールに行くことになったのだった。。。
ママさん、2度も連れて行ってもらってスミマセン。

とこんな感じで学校&ホームステイ初日は
好調にスタートしたのでした。

|
|

« ハワイ道中記:第2日目(6/19) | トップページ | ハワイ道中記:第4日目(6/21) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/5169558

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイ道中記:第3日目(6/20):

« ハワイ道中記:第2日目(6/19) | トップページ | ハワイ道中記:第4日目(6/21) »