« 愛知万博に行ってきました | トップページ | お茶のお稽古再開 »

「コーラス」観てきました

blogを書き始めて今日で丸1年。
早いものです。
今後ともTakeco*Magazineをよろしくお願いします。

さて今日は映画を観てきました。
フランス映画の「コーラス」です。
フランスでは7人に一人が観た超ヒット作なんだそうで。

毎月1日は映画の日で入館料が1,000円なんですが
(これって名古屋だけ?岐阜もそうでしたが)
1日が日曜祝日の場合には一番近い平日が映画の日になるんだと
思ってました。
だって日曜祝日なら確実に客が入るもんね。
だけど今日はしっかり映画の日扱いで
1,000円で観ることができました。ラッキー。

名古屋では今「コーラス」はゴールド劇場というところで
やってるんですが
ここはキャパシティ140人のミニシアター。
今日は映画の日だからかGWだからか
それともこの映画の評判が良かったからか
立ち見まで出る盛況ぶり。
私は友達のMちんと観に行ったのですが
整理券番号が何とMちんは139番、私が140番。
私の後の人からは
「立ち見になりますがよろしいですか?」と
声をかけられてました。
ギリギリ立ち見をまぬがれました。
何てラッキーな。

あらすじは上記公式サイトに書いてある通りなんですが
主役のモランジュ君を演じた実際に合唱団のソリストの子の歌声が
美しいです。
演技もなかなかうまいし。
ペピノ役の子もかわいいです。

観終わった後にMちんとも話したんですが
これがハリウッド映画なら
校長先生も超問題児のモンダン君も
すっかりいい人になっちゃって
大きな合唱コンクールとかで優勝しちゃう、なんて話に
なっちゃうんですが
その辺はさすがフランス映画なんで
何となく後味が悪いところもそのまま残してます。
私はその方が好みですが。

ラストのマチュー先生が学校を去るところが泣けます!
たくさんの紙飛行機と窓から手だけを見せて振る子供たち。。。
・・・「マチュー先生、紙飛行機全部拾っていってよ!」なんて
ハンカチにぎりしめながら冷静に思っていたtakecoだったりしますが(苦笑)。
そんな感動シーンの後に
ペピノがマチュー先生について行くところで
ほのぼのと笑わされたりします。

先生が意に反して、学校を去らねばならないシーン、というと
いまを生きる」という映画を思い出しますが
あれもいい映画だったなー。
先生が学校を去るシーンではやはり号泣しました。

あとフランス映画の学校ものというと
さよなら子供たち」というこれまた名作があるんですが
これも泣けたなー・・・

「コーラス」お勧めです。
GWしみじみと泣きたい方は是非。

|
|

« 愛知万博に行ってきました | トップページ | お茶のお稽古再開 »

映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

Takecoちゃん、こんちわ
万博、結構まわれたんだね。
俺が行った時は、祝日だったので凄い人で
人気のパビリオンは見ることができなかったよ。

映画といえば、来月「戦国自衛隊1549」が上映されるので楽しみだ~。

投稿: あかまんせんせー | 2005/05/08 13:40

あかまんさん、コメントありがとうございます♪
私は万博行ったのが平日だったので
まだ回れた方なのかな、と思います。
それでも回り切れませんでしたが。。。

「戦国自衛隊1549」って
前にあかまんさんのblogに
エキストラで出た、とか書いてあったヤツですね?
おもしろそうですね。
ストーリーも「亡国のイージス」の人が
リメイクしたとかいうことだし。
私も観に行ってみようかなーと思ってます。

投稿: takeco | 2005/05/08 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/3939747

この記事へのトラックバック一覧です: 「コーラス」観てきました:

« 愛知万博に行ってきました | トップページ | お茶のお稽古再開 »