« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

11月のチーズケーキ

今月のチーズケーキは
京都「タンタシオン・ダンジュ」の「ベイクドチーズケーキ」です。

cheesecake1128

これはtakeco的カテゴライズでいくと
濃厚系のチーズケーキです。
口に入れると滑らか~。
パティシエからのお勧めの食し方に
ブラックコーヒーと合わせるといい、と書いてあったので
ブラックコーヒーとともにいただきました。
(私は紅茶にはこだわるんですが、コーヒーにはこだわりはないので
 インスタントコーヒーなんですがね(苦笑))
さっぱり系のチーズケーキだと私は2切れづつペロリといただくんですが
今月のは濃厚系なので
1切れづつゆっくりといただくのが似合いそうなチーズケーキです。

千趣会のチーズケーキの会も残りあと2ヶ月分となりました。
毎月全国の名店のチーズケーキが届くのって楽しいです。
なので次は別のシリーズでまた注文しようかなーと思ってます。
うーん、モンブランにするかチョコレートケーキにするか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の京都で最も京都らしいものと遭遇する?

先週末土曜日(11/20)、京都に行ってきました。
お目当てはもちろん紅葉見物です。
まぁシーズンだから混んでるだろうな~とは思ってたんですが
案の定すごい混み様でした。

今回の旅のお供、Kちゃんは前日まで小倉(福岡)に出張の為、
京都で落ち合うことに。
お昼ご飯くらいから合流しようか、という感じで
私は12:23に京都着。
京都駅の新幹線ホームには修学旅行生がギッシリ!
京都駅前のバスセンターにはバスを待つ人たちの長蛇の列!
今日はどこ行っても混んでるな、と
この時点で多少腹をくくる。

まずはバスに乗って清水寺方面へ。
寒くなってきたからやっぱ湯豆腐だよね~ということで
奥丹(清水店)で湯豆腐のコースをいただく。
う~ん、やっぱり湯豆腐おいしい♪

でその後三年坂を登って清水寺へ。
と思ったら三年坂がすごい人人人!
「たぶん脇道から清水寺まで抜けられる」とKちゃんが言うので
脇道に入る。
Kちゃんは京都のD大卒(と言うとどの大学か分かりそうだが(苦笑))なので
京都には詳しい(はず)。
なのでKちゃんを信じて脇道に入って進んでいくと、何と行き止まり(怒)!
「ごめん、勘違いだったみたい・・・(by Kちゃん)」
しょうがないので来た道を戻り始めると
左手に何やら立派なお屋敷が。。。
「りっぱなお家だねぇ・・・」
と言いながら表札を見上げると、何と「山村美紗」って書いてあるゾ!
私「ちょっとちょっと!『山村美紗』ってあの山村美紗?!」
Kちゃん「うそうそ?!」
と玄関(ガラスはめ込みの引き戸になっている)のガラスから覗くと
中にはご立派な胡蝶蘭の鉢がいっぱい並んでいて
奥には何と山村美紗の特大顔写真が!
私「ねぇここ本当に山村美紗の家なのかなぁ?」
Kちゃん「・・・そうじゃない?本人以外に自分の写真玄関に飾るか?」
結構大きなお家だったので、まぁそうだったのではないでしょうか?

で、また人込みの三年坂に戻り、人の間を縫うように進んで
清水寺へ。
拝観料払って、いざ清水の舞台へ。
が、・・・あんまり紅葉してない。
3分くらい、といったところ?
人もウジャウジャ多くてウンザリしていたので
とっとと清水寺を後にして
次の予定地、泉涌寺(せんにゅうじ)へ。

泉涌寺に行く前に
バス亭近くの音羽屋でちょっと一服(笑)。
赤飯まんじゅうとお抹茶をいただく。
で、いざテクテクと歩いて泉涌寺へ。
が、ここでも嫌な予感。
あんまり混んではいないんだけど
ここもどうもあんまり紅葉してなさそうな感じ。
・・・基本的に今年は紅葉が遅いのか?

境内に着いてみると
観光客狙いか、白テントが張ってあって
甘酒を300円で販売している。
・・・冷静に考えると高いんだけど
まぁ結構歩いてきたんで(さっきお抹茶はいただいたけどね(苦笑))
緋毛氈を張った椅子に座って
ここも3分くらいといった紅葉を眺めながら、甘酒をすする。

で次。
京都の紅葉の王道「東福寺」へ。
が、その前の行程でノンビリしすぎたのか
東福寺は4時で拝観時間が終了(泣)。
それでも結構すごい人だったけど。
中には入れないけど
外から見られる紅葉を見よう、と回ってみることに。
が、どうもここも3分くらいしか紅葉してない模様。

というわけでどうも紅葉に関しては不完全燃焼な
今回の京都訪問でした。

一旦京都駅に戻り、帰りののぞみの席を確保して
さて夕飯を食べに行こう、と京都駅みどりの窓口を出ようとすると。
ヴィトンの旅行バッグを持った略式和服を着たご婦人が
前から近づいてくる。
あれあれあれ?!この人「山村紅葉」さんだ!!
私「Kちゃん!今の人山村紅葉さんだったよ!(ちょっと興奮気味)」
Kちゃん「え?誰その人?」
私「山村美紗さんの娘さんでよく2時間もののサスペンスドラマに出てる人だよ」
Kちゃん「ごめん、知らない。。。」
紅葉には満足できなかったけど
山村美紗さんの自宅を発見し、その娘さんにまで遭遇してしまうとは
ある意味京都旅行を満喫できたのかも???

あとは祇園方面へ向かい
夕飯を食べて帰ってきました。
下の写真は夕飯を食べに行く時に前を通った
知恩院のライトアップ。
やっぱいいね、京都。

20041120kyoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「博士が愛した数式」が映画に!

もう1つ書籍ネタで。
6月に私を感動の嵐に巻き込んだ小説が映画化されることになりました。

「博士の愛した数式」寺尾&深津で映画化 主人公モデルは宇野重吉さん!? from Yahoo!ニュース

Takeco*Magazine内の記事はこちら → 「博士の愛した数式」

博士=寺尾聰、家政婦=深津絵里、博士の義姉=浅丘ルリ子、成人後のルート=吉岡秀隆だそうで。
前の自分のblogにも書いたんですが
映画化するなら博士の義姉を演る女優がポイントだと思っていたんですが
浅丘ルリ子さんならぴったりだと思います。
何か配役だけ見てるとすごくいい映画になりそうな予感がしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「パーク・ライフ」読了

前から読みたいと思っていた本が文庫になっていたので
買ってみました。

4167665034.09.MZZZZZZZ.jpg

ちょっと期待してたのと内容が違ってました。
初期の村上春樹みたいなのかなー?と思ってたんですが。
私には消化不良気味な感じです。
でもまぁ芥川賞って感じはするでしょうか?(←どんな感じだ?)
薄いのですぐ読めます。
takecoの好み的には
単行本じゃなくて文庫で十分かな?といったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »