« 食べ過ぎで調子悪い。。。 | トップページ | 地震! »

TOEIC

今日TOEICを受けた。
会社で半年に一度TOEICのIPテストというものを実施してくれる為
受けるようにしている。

・・・毎回思うのだがTOEICは本当に時間が少ない。
今日もいつも通り時間が足りなく
最後の10分は本当に集中力フル稼働で必死にマークシートした。
思うにTOEICは再考していると時間がなくなるように
問題数が決められていると思う。
つまりReadingに関しては
一度問題を読んだら、問題を再読することなくすぐに解答しないと
全く時間が足りなくなるのだ。
おまけに2時間休憩なしである。
終わると毎度のことながらグッタリと疲れる。

ところでみなさんはTOEICのReadingの方ってどういう順番で解きますか?
Readingは1つ目が穴埋め、2つ目が間違い探し、3つ目が記事を読んで設問に答える、
ですよね?
私はListeningが終わると即座にページをパラパラと後ろの方へめくり
3つ目の記事を読んで設問に答える、に取り掛かります。
何でかというと時間が足りなくなった場合
穴埋めや間違い探しはまだ直感で何とかいけるからです。
3つ目は1つの記事を読んで3~4問くらいの問いに答える形式な為
時間が無くなった場合に失点する範囲が広くなる、と思っているからです。

最初の頃は順番通りに解いていましたが
この方式に変えてから20~30点は稼いでいる気がしています。

しかしTOEIC受けるたびに
せめて1ヶ月前くらいは勉強しよう!と思うのですが
勉強したためしがありませんね。。。
勉強してないくせに
いつもTOEICが終わるとドーンと落ち込みます。
あ~もっと英語勉強しなきゃな~と。

次(1月か?)はちゃんと勉強して受けようっと。
(毎回この誓いを繰り返す。。。)

|
|

« 食べ過ぎで調子悪い。。。 | トップページ | 地震! »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

takekoさん。

最近はどこの会社もTOEICを社員に受けさせるみたいですね。
かつ、何点以上ないと昇格しない、と。
うちの会社、私が入社してからそんな制度ができまして。
あるって知ってたらパスしてたかも。
そんな”大学入試でわざわざ英語ないとこ進んだのに”はめられた私が
やって効果あった(・・・が、おかげで海外飛ばされた)方法は
ずばりtakekoさんの既に気づいている”時間”対策です。

私が使ったのはPCソフトとして売っている教材(確かアルクとか言うとこの)
なんですが、当たり外れよりまず、”ある一定時間にいかに
読むか+答えるか”という内容でした。
一文あたりに費やすことの出来る時間を体に覚えさせる、ということです。
これは”英語を覚えるより”即効力があります。
”?”と思われるかもしれませんが、私はこれで100点位変わりました。
(・・・元がひどかった、からかもしれませんが・・・参考まで。)

投稿: Rabi Zan Su | 2004/08/03 07:55

こんばんは、RabiZanSuさん。

確かにテストって実力よりもテクニックが大事、みたいなのは
ありますね。
内容の理解度どうこうよりも
問題をこなすテクニックがないとダメ、みたいな。
しかしテクだけで100点アップというのもすごいですね。

海外って「飛ばされた」になるんですか?(^^;
栄転ではなくて?
ウチの会社の場合は行かされるとしたら
インド、中国、韓国あたりですねー
まぁ私の場合たとえ900点とろうとも
行かされる心配はありませんが。。。

投稿: takeco | 2004/08/04 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/1057710

この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC:

« 食べ過ぎで調子悪い。。。 | トップページ | 地震! »